カテゴリアーカイブ
最新記事
写真ギャラリー
ファン
最新コメント
最新トラックバック

広告

posted by fanblog

2017年02月27日

TAMIYA M1A2 エイブラムス戦車 製作記事 キットの紹介

プラモデルファンの皆様こんにちは!
ここのところとても暖かく過ごしやすい日が続いていますね。
塗装もしやすくプラモデル製作には持って来いの季節到来間近です。

さて、今回製作チャレンジするのはTAMIYAから発売されている「M1A2 エイブラムス戦車 イラク戦仕様」です。
エイブラムス箱絵2.jpg

このM1A2 エイブラムス戦車は前回作のM2A2ブラッドレーと共にイラク戦争に投入されたアメリカ軍の主力戦車です。M1エイブラムスのデビューが1980年(wikipediaより)ということから2003年のイラク戦時点で23年の月日が経っているわけですが、現在も現役で使用されているということは車体の初期コンセプトの時点でがいかに完成度が高かったかが想像できます。
箱絵2.jpg

このキットの説明書からM1A2の武装等を紹介しますが、まず戦車の主役である主砲は120mm滑腔砲を装備。(120mm滑腔砲は湾岸戦争ではイラク軍の主力戦車であったソ連製のT-72戦車が装備する125mm砲の射程外から当該戦車を破壊したそうですので、その破壊力&射程はいかに強力であったかということが窺い知れます)その他にスモークディスチャージャーや兵士が直接扱うM2重機関銃です。

説明書1.jpg

装甲は砲塔前面に劣化ウランを採用して防御力を大幅に向上させていると説明書では書かれています。
そもそも劣化ウランを採用するとどうなるのかは私の知識レベルでは対応しかねますが汗
防御力は世界的にもトップクラスの戦車であると言えるのでしょう。

さて、このキットの紹介です。
現用車輛ということもあり車体に表現されている謎の構造物は非常に多く、素組後の塗装は苦労させられるのだろうということが想像できます。
説明書2.jpg

また、前回作のブラッドレーでは表現されていなかったドライバーズハッチのペリスコープは透明部品を使用するよう指示されています(ただし透明部品を使用するのは「自信のある方」と注意書きがあります笑)。
その他として仕様がA〜Eまであるため、最初にどの仕様にするのか決めてから始めないと作り進めていくうちに今何仕様を製作しているのか解らなくなってしまいそうです笑。

では次回から早速M1A2エイブラムスの製作記事になります。

こちらで紹介しているM1A2 エイブラムスは TAMIYA から発売されております。
TAMIYAオンラインショップの商品紹介はこちらです。





AMAZONでも入手できます。

タミヤ 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.269 アメリカ陸軍 戦車 M1A2 エイブラムス イラク戦仕様 プラモデル 35269

新品価格
¥2,900から
(2017/2/27 22:21時点)


この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス: 必須項目


ホームページアドレス: 必須項目

コメント: 必須項目

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/5995942
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
プロフィール
neko1100さんの画像
neko1100
プラモデル歴約30年!ですが腕は未熟!基本は1/35MM系の素組です。たまに軌道がそれるかもしれません。 ゆる〜くやっていきたいと思ってますのでどうぞよろしくお願いします。
プロフィール
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
検索
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。