カテゴリアーカイブ
最新記事
写真ギャラリー
ファン
最新コメント
最新トラックバック

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年03月19日

STUDIO GHIBLI プラモデルコレクション カイに乗るナウシカ 完成!!

STUDIO GHIBLI プラモデルコレクション カイに乗るナウシカ 今回で完成記事となります。

完成まで長い道のりとなってしまいましたが、ようやく完成記事を書くことができます。
完成1.jpg
いきなり完成写真を載せてしまいましたが
一応、前回やり残した工程を書いておきます。

土台と手綱の製作がまだでしたのでそちらを書きます。
まず土台ですが、全体にマホガニーを吹きます。
土台.jpg

次にサンドイエロー→ダークイエローの順でエアブラシで吹き付けていきます。
続きはコチラ

2016年03月09日

STUDIO GHIBLI プラモデルコレクション カイに乗るナウシカ その6

STUDIO GHIBLI プラモデルコレクション カイに乗るナウシカ 製作の続きです。
今回はカイの汚しとドライブラシ、最後に装備品等をカイに装着してカイを完成させます。

カイの汚し(ウェザリング)にはTAMIYAエナメル塗料を使用します。
ブラックとブラウン等の暗い色を混色し、専用のエナメル溶剤で希釈し塗付していきます。

通常、ウェザリング後は塗料をエナメル溶剤である程度拭き取るのですが、
そのままの暗さや汚しが気に入った場合はそのまま塗料を乾かしてしまうことがあります。
今回は拭き取りはせずそのままとしました。

その後ドライブラシとなりますが、ウェザリング→ドライブラシの工程を写真に残しておりませんでしたたらーっ(汗)
下の写真はドライブラシまで施した状態のものです。
カイの眼輝かし.jpg

ここで一工夫があります。続きはコチラ

2016年02月21日

STUDIO GHIBLI プラモデルコレクション カイに乗るナウシカ その5

STUDIO GHIBLI プラモデルコレクション カイに乗るナウシカ 製作の続きです。
そろそろこのキット製作も佳境に入ってきました。

前回の記事でナウシカ本体の基本塗装が終了しております。
ナウシカ基本塗装1.jpg

ナウシカ塗装の次の段階としては、エナメル塗料による、汚しの表現とドライブラシによる立体感出し。
最終段階で目と眉のデカール貼付になります。

ここでちょっと考察なのですが
前回の製作時に少し気になっていたのが汚し表現なのですが
戦車等のミリタリー物であれば汚し表現が非常に効果的で
この汚し(ウェザリング)を実施し、その後実施するドライブラシすることにより明暗がはっきりすることにより
その効果は絶大です。

ただし、今回製作しているキットはナウシカという女の子であり
ミリタリー物の兵隊さんなどとは違うジャンルであるような気がします。
そういったことからも、あまり汚しすぎるのもかえってキットが浮いて見えてしまわないか心配なところがあります。

この辺りの塗装方法は今後の課題でもあります。
続きはコチラ

2016年02月03日

STUDIO GHIBLI プラモデルコレクション カイに乗るナウシカ その4

STUDIO GHIBLI プラモデルコレクション カイに乗るナウシカ 製作の続きです。
今回は塗装の工程です。
ナウシカに基本色を乗せていきます。

まずはナウシカの顔を塗装します。
ここはGSIクレオスの肌色(フレッシュ)を使用します。
顔に使用する塗料.jpg

次に「セールカラー」、「ホワイト」、「シャインレッド」を調色したもので2回目の塗装をします。
顔に若干のグラデーションをもたせようと試みたものですが
何分サイズが小さいため上手く影の部分が出来上がっているかは微妙です汗
ナウシカ顔の塗装.jpg
続きはコチラ

2015年12月06日

STUDIO GHIBLI プラモデルコレクション カイに乗るナウシカ その3

STUDIO GHIBLI プラモデルコレクション カイに乗るナウシカ 製作記事です。

引き続きナウシカの組立&整形を実施していきます。

今回はナウシカ本体のプチ改造からです。
ナウシカに躍動感を持たせるためポーズを変えてみます。
ポリパテ.jpg

このキットのコンセプトは、
心配する仲間たちに別れを告げ、後ろを振り返り勇んで見せるナウシカ、だと思いますので(確か原作にもそのようなシーンがあったと思うのですが)、そのようなポーズを取らせてみようと思います。
続きはコチラ

2015年11月23日

STUDIO GHIBLI プラモデルコレクション カイに乗るナウシカ その2

STUDIO GHIBLI プラモデルコレクション カイに乗るナウシカ 製作記事です。
今回はナウシカの製作になります。

ナウシカの本体の製作に入る前にナウシカが持つ銃を加工します。
パーツを切り出した状態のままですと銃口が塞がった状態ですので
極細(0.5mmくらい)のピンバイスで穴を空けます。銃身の長さ全部に穴を空けるのではなく
入口付近で良いと思います。見栄えの問題ですので。
銃の穴あけ.jpg

次に銃に肩掛けのベルトを着けてみます。
ベルトは「plastruct」というメーカーで出している0.3mm×2.0mmのプラ板を加工しました。
太さや長さは銃身とナウシカとの現物合わせですので、〇〇mmというようには表現できませんあせあせ(飛び散る汗)

続きはコチラ

2015年11月22日

STUDIO GHIBLI プラモデルコレクション カイに乗るナウシカ その1

STUDIO GHIBLI プラモデルコレクション カイに乗るナウシカ の製作記事です。
製作記事を掲載すると宣言してから大分時間が経ってしまいました。
申し訳ございません。

記事は書いていませんが、製作は進めておりました。
製作記というか途中経過を掲載しようと思います。

まずはナウシカが乗る「カイ」を作ります。
カイのパーツ胴体.jpg

上の写真はカイの胴体のパーツです。2分割構造となっておりますので、これを左右貼り合わせます。
続きはコチラ

2015年10月08日

STUDIO GHIBLI プラモデルコレクション カイに乗るナウシカ

プラモデルファンの皆さまお久しぶりでございます。

前回の「ナウシカと王蟲」の製作記事から大分間隔が空いてしまいました。
このブログの読者の皆様には大変ご無沙汰となり申し訳ございませんでした。

生活環境が変わったり酷暑の時期と重なったりと、プラモデル製作に打ち込めない状況におりましたので
どうかご容赦くださいませ。

残暑も終わりプラモデル製作には好条件な時期となってきましたので
今回からまた本腰を上げてプラモデル製作に打ち込みたいと思いますので
どうぞよろしくお願い致します。

さて、それでは早速今回選んだキットの紹介です。
今回はS「TUDIO GHIBLI プラモデルコレクション カイに乗るナウシカ」です。

箱絵.jpg続きはコチラ
プロフィール
neko1100さんの画像
neko1100
プラモデル歴約30年!ですが腕は未熟!基本は1/35MM系の素組です。たまに軌道がそれるかもしれません。 ゆる〜くやっていきたいと思ってますのでどうぞよろしくお願いします。
プロフィール
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
検索
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。