カテゴリアーカイブ
最新記事
写真ギャラリー
ファン
最新コメント
最新トラックバック

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2014年06月08日

MG ザクUF2 製作中!<完成>

今回はMG ザクUF2 の完成記事です。

今回組み立てたザクはガンダムシリーズの中で「スターダストメモリー」という作品に登場したMSです。
言わいる1stガンダムとは違いますが、宇宙世紀0083という設定で1年戦争が終わった後の物語です。
ザクバズーカ.jpg

私は1stガンダム以外はあまり思い入れがないのですが、この作品は1stガンダムの世界観の続きであり
MSが戦争の中で、単に武器として無骨に描かれている設定は私の好みであります。

このザクUF2は1年戦争末期に活躍したMSとされています。
1stガンダムの作品を通して出てくるザクとは格好が若干違っていて
ちょっとボリュームがあるような感じです。

完成4.jpg
続きはコチラ

2014年06月06日

MG ザクUF2 製作中! 武器製作

MG ザクUF2 製作 今回は武器の塗装です。

前回でザク本体の塗装は完了しておりますが、このままではただの”丸腰”のザクです。
ですので今回で武器を完成させザクに持たせて見たいと思います。

あらかじめ3種類の武器を組み立しており、サーフェーサーまで吹いてあります。
武器さーフェーさー.jpg

武器は「バズーカ」」「マシンガン」「パンツァーファースト」です。
武器の塗装はそれぞれ同じ色とします。
続きはコチラ

2014年06月01日

MG ザクUF2 製作中! ドライブラシ

MG ザクUF2 製作 仕上げの続きです。
今回はドライブラシを施し、キットに立体感を与えたいと思います。

ドライブラシに使用するのはタミヤエナメルカラーの「ダークグリーン」、「イエローグリーン」、「オリーブグリーン」
「フラットホワイト」、「フラットブラック」です。

まずドライブラシをする前に前回のデカール部分の”てかり”をとって目立たなくするために
Mrカラーの「つや消しクリアー」を吹き付けます。
クリアー吹付.jpg

つや消しクリアーを全体に吹き付けることによって、キットの表面にザラつきが生じます。
これを利用して、ドライブラシの塗料がうまくのってくるようにします。続きはコチラ

2014年05月26日

MG ザクUF2 製作中! 仕上げ1

MG ザクUF2 製作 いよいよ仕上げの段階に入っていきます。
前回で基本の塗装が完了しておりますので
今回からはウォッシング→デカール貼付→ドライブラシの工程に入ります。

まずはウォッシングです。
腕のウォッシング.jpg

写真はタミヤカラーエナメルの「フラットブラック」を同じくタミヤのエナメル溶剤で薄め、極薄く塗った状態です。
ガンプラにウォッシングする場合ですが、ミリタリー系(戦車等)に施すような感じで派手(濃く)にウォッシングをしてしまうと
作品が暗くなりすぎてしまうような気がするので、私はあっさりと済まします。続きはコチラ

2014年05月25日

MG ザクUF2 製作中! 塗装編3

MG ザクUF2 製作 塗装編の続きです。
今回で本体の基本塗装が完了となります。

それでは胴体の部分を塗装していきます。
まずはMrカラー「RLM71ダークグリーン」を吹き付けます。
胴体1連結.jpg

ところで、ガンプラの塗装は説明書通りの単色では、立体感が演出できず本当におもちゃっぽくなってしまいます。
この、おもちゃっぽく見せないテクニックとして、塗料を何色か塗り重ねることで、塗装が単調にならずキットに立体感や巨大感を演出させることができます。

ですがその反面、その塗り重ねる塗料も基本となる色との兼ね合いや
自分の頭にある完成後のイメージ通りの配色となるよう塗料のレシピはいつも慎重になります。続きはコチラ

2014年05月24日

MG ザクUF2 製作中! 塗装編2

MG ザクUF2 製作  塗装編の続きです。
今回は腕と足を塗装します。

腕、足の基本塗装をする前に肘、膝やコクピットハッチ等の黒い部分を塗装します。

まず基本色の黒色ですがMrカラー「つや消しブラック」+「「セミグロスブラック」を半々程度に混ぜたものを吹き付けます。
足の塗装2.jpg
次に同じくMrカラー「グレーF36081」約70%+「セミグロスブラック」約30%を吹き付けて、グラデーションを作ります。
この部分を先に仕上げておかないと腕、足の部分が完成しませんので・・・。

ちなみに←今更と言われそうですが・・・。
今回のザクUF2の塗装ですが劇中の塗装バージョン(説明書)ではなく
ファーストガンダムのザクをイメージしております。

よってキット本来の肘や膝等は説明書通りですと、腕と足の色と同色なのですが
私のイメージで塗装しているのでこのような配色となっております。続きはコチラ

2014年05月18日

MG ザクUF2 製作中! 塗装編1

MG ザクUF2 製作の続きです。
今回から塗装編となります。

組み立て終わったパーツ全体にサーフェーサーを吹き付けます。
IMG_3794.JPG
サーフェーサーが入り込まないような箇所はパーツを分解して再度吹き付けます。
写真はインナーフレームにサーフェーサーを吹きつけた状態です。

続きはコチラ

2014年05月10日

MG ザクUF2 製作中!組立完了

MG ザクUF2 製作 今回で組立の完了です。

まずは両肩の部分を組み立ます
肩連結.jpg

シールドとショルダーは2分割されており両肩にポリキャップで取り付けます。
ところで、このポリキャップでの可動部分というのは今でもとても画期的だなと思います。

その昔作っていた最初のガンプラは全ての可動部分でプラスチックで再現されていました。
可動部分に接着剤が付いてしまって動かなくなってしまったり、無理に動かして折れてしまったりと
散々な目にあった思い出がありますが、今となっては良い思い出ですね。続きはコチラ

2014年05月06日

MG ザクUF2 製作中!5

MG ザクUF2 製作の続きになります。
前回に引き続き胴体の組立です。

腰周り(スカート部)の装甲を取り付けます。
スカート取り付け裏.jpg

サイドのスカート部を取り付けたら難関?の動力パイプの組立です。
この部分の動力パイプは数が多いのでちょっと大変です。
動力パイプ.jpg
パイプもそれぞれ種類ごとに数が違うので間違わないようにします。続きはコチラ

2014年05月05日

MG ザクUF2 製作中!4

MG ザクUF2製作の続きです。

今回は頭の部分です。
頭完成品連結.jpg
モビルスーツの顔はそのキットの命です!みたいなCMが昔ありましたが・・。
というわけで気合入れて作りこみたいと思います。
続きはコチラ

2014年04月26日

MG ザクUF2 製作中!3

MG ザクUF2製作組み立ての続きです。
今回は足の部分を完成させます。

ふくらはぎの部分を組み立ます。
ふくらはぎ連結.jpg

この部分も基本的にインナーフレームと装甲で構成されています。
装甲をはめ込む部分にポリキャップを取り付けていきます。
続きはコチラ

2014年04月18日

MG ザクUF2 製作中!2

MG ザクUF2製作の続きです。

腕の部分を2組作る工程です。
腕連結.jpg
肩の部分は2分割のパーツとなっていますので、接着剤を塗布しパーツを合わせます。
この接着部分は合わせ目が目立つ部分となりますので、合わせ目消しを行なっておきます。

使用するサンドペーパーは400番で比較的粗めの番数を使っていますが
後にサーフェーサーを吹くためこのぐらいの傷は消えてしまいます。

左肩の部分は後にスパイクアーマーを取り付けるため、あまり目立たなくはなりますが
ここはせっかくですので綺麗に処理しておきます。
続きはコチラ

2014年04月13日

MG ザクUF2 製作中!

それでは今回から実際にMG ザクUF2の製作記事を掲載します。

早速ですが完成写真です!
と、言うのは
全体.jpg
実をいいますと、訳ありで同じものを2つ所有していたので
この完成写真は、その1つを前もって制作進行させていたものです。

MGシリーズを製作するのはこれが2回目であり
その製作技術にちょっとだけ不安があったため、まずは試しに作ってみて
上手くいったら記事を掲載してみようと思っていた次第です。

この完成品は言わば先行試作型ザクです(笑)。

その結果、何とか人目に触れることを許される(気のせいだったらゴメンなさいですあせあせ(飛び散る汗))完成品が出来たと思うので
これを見本にして2体目のザクUF2の製作記事を掲載してみようと思います。

ガンプラは久しぶりなので今流行りの製作方法とはかけ離れているかもしれません。
また、長丁場になるかもしれませんが完成までお付き合いください。続きはコチラ

2014年04月06日

MG ザクUF2 キット紹介  

今回はいつものMMシリーズをちょっとお休みしまして、言わいるガンプラを製作してみようと思います。

制作するのはバンダイから発売されている 1/100スケールマスターグレードモデル(以下「MG」です)「ザクUF2」です。

箱絵.jpg実は私、ファーストガンダム世代でありまして(正確には再放送の頃&映画3部作)
子供の頃は、ご多分にもれずガンプラを作りまくっておりました。

その頃のガンプラは今のMGに比べればさすがに見劣りはしますが

その頃子供だった私達(←世代を指してます)はそのプラモデルとしての完成度の高さに惚れ込んでいたものです。

そしてそのガンプラの中でもザクは人気キットで入手するまでに要予約製品だったりしました。

雑魚キャラではありますが放送期間を通して出番がありその機能的で兵器的であるその存在が非常に気に入っていました。続きはコチラ
プロフィール
neko1100さんの画像
neko1100
プラモデル歴約30年!ですが腕は未熟!基本は1/35MM系の素組です。たまに軌道がそれるかもしれません。 ゆる〜くやっていきたいと思ってますのでどうぞよろしくお願いします。
プロフィール
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
検索
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。