ファン
検索
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
お気楽さんさんの画像
お気楽さん
プロフィール

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2021年10月31日

【認知症予防!】認知症予防のための食事について













寿命が伸びて良いこともありますが、認知症など不安要素も出てきます。



今回は、認知症予防に良いと言われている食事について紹介します。



group_old.png



【目次】

1,認知症とは
2,認知症予防のための食事とは
3,認知症のリスクを上げる食べ物
4,認知症の予防になる食べ物
5,自分で調理することも認知症予防に
6,最後に









【認知症とは】


「生後いったん正常に発達した種々の精神機能が慢性的に減退・消失することで、日常生活・社会生活を営めない状態」を言います。


記憶障害と知的障害の損失で定義されている疾患ですが、主に脳血管性とアルツハイマー型の二つに分けられます。


脳血管性認知症は、脳梗塞後に発生しやすいと考えられている認知症のため多発梗塞性認知症とも呼ばれています。


そのため、予防方法の基本は脳血管疾患の食事と共通しています。









【認知症予防のための食事とは】


《認知症予防のための食事》


1,バランスの良い食事
2,摂取カロリーを守る
3,塩分を控える
4,間食、糖分を控える


認知症の予防に大切なことは脳の健康を維持することです。生活習慣病の改善と食事からの老化予防です。



《1. バランスの良い食事》


たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルの栄養バランスの良い食事をすることは、脳に必要な栄養素である魚油に多く含まれるEPAやDHAなどのオメガ3脂肪酸、葉酸、ビタミンA、C、E、ファイトケミカル(植物性化学物質:健康に良い影響を与える植物由来の化学物質の総称)、ミネラルを補うことになります。



イタリア料理に代表される地中海食は穀類(パン、パスタ類)、野菜、果物、オリーブ油、魚、ワインを主体として肉類摂取は比較的少ないのが特徴で、脂質異常症や糖尿病、冠動脈疾患、高血圧の予防になるとされていますが、アルツハイマー病のリスクを抑える効果も期待できます。



《2. 摂取カロリーを守る》


摂取カロリーに気をつけることで肥満を予防できます。肥満はアルツハイマー型認知症になりやすいだけでなく、内臓脂肪の蓄積によって高血圧や糖尿病、耐糖能異常を引き起こします。



《3. 塩分を控える》


脳血管性認知症は脳梗塞と関連性がありますが、脳梗塞の背景には高血圧が存在している場合が多いので、高血圧予防のために減塩(食塩を減らす)をし、血液中のナトリウムを排泄する働きのあるカリウムを多く含む野菜や果物、海藻類を補います。脳梗塞を予防することで、脳血管性認知症の予防になります。



《4. 間食、糖分を控える》


また、糖尿病や耐糖能異常は脳血管性認知症、アルツハイマー型認知症の発症リスクを高めます。


血糖値をコントロールするためにも、糖分の多い甘いお菓子、うどんや食パンなどの炭水化物中心の食事を控えていきます。


食物繊維は野菜やきのこ類、海藻類から摂取し、血糖値の上昇を抑えます。









【認知症のリスクを上げる食べ物】


・肉の脂身(ラードやヘッド)
・マーガリン
・ショートニング


動物性の油(魚は除く)で飽和脂肪酸やショートニングやマーガリンなどのトランス脂肪酸の過剰摂取は血中のLDLコレステロールを増やし動脈硬化を引き起こします。動脈硬化が起きると脳梗塞も発症しやすくなります。


特にファーストフードや市販のお惣菜、菓子類、菓子パンなど中心の食事になるとトランス脂肪酸の摂取量が増えるので、これらの食品の過剰摂取は控え、適度な摂取に留めることがすすめられます。









【認知症の予防になる食べ物】


・魚
・緑黄色野菜、豆類、果実類
・カレー
・コーヒー
・緑茶
・赤ワイン



《魚》


特に秋刀魚(さんま)、鯵(あじ)、鰯(いわし)、鯖(さば)などの青魚には、オメガ3脂肪酸のDHAやEPAが多く含まれています。


DHAは脳の構成成分であり、記憶力や判断力の向上、認知症予防、特にアルツハイマー病発症予防に有効であるという報告があります。


また、EPAは脳まで届きませんが、血管を拡張して血行を促進するので生活習慣病を予防できます。生活習慣病の予防により、間接的に認知症に役立ちます。



《緑黄色野菜、豆類、果実類》


緑黄色野菜ではほうれん草、小松菜、菜の花。豆類は納豆、枝豆、空豆。果実類はいちご、キウイ、オレンジに葉酸が多く含まれています。


葉酸はビタミンB群の一種であり、不足すると肝臓で作られた悪玉アミノ酸であるホモシステインという物質が増えます。


ホモシステインは動脈硬化を進行させるほか、アルツハイマー病の原因となるアミロイドβの作用を強めます。



また、血中のホモシステインが増えると認知症だけでなく、脳血管疾患を招くこともあります。


葉酸を摂取する事でホモシテインを減らすことができ、認知症予防に期待できます。



《カレー》


カレー粉に入っているウコンには、クルクミンというファイトケミカルが含まれています。


クルクミンはYangらによる報告によると、17ヶ月齢のアルツハイマー病モデルマウスにクルクミン500ppmを混ぜた餌を与え5ヶ月間飼育したところ、22ヶ月齢時のマウスの老人斑面積は17ヶ月齢時のマウスの老人斑面積に比べ、30%も減少していました。


アミロイドβが脳内にたまる速度を抑えるほか、できてしまった老人班の分解を促します。



《コーヒー》


コーヒーに含まれるクロロゲン酸はポリフェノールの一種で抗酸化作用を持っています。



《緑茶》



新茶に多く含まれるテアニンといううまみ成分(アミノ酸)には血圧上昇を抑制し、脳の神経細胞を保護する働きもあり、認知機能の低下を抑える作用があると言われています。



《赤ワイン》


少量ないし中等量の飲酒は認知症の原因にはならないのみならず、認知症の予防になる可能性があります。



赤ワインに含まれるポリフェノールには、強力な抗酸化作用があり、老化、動脈硬化、高血圧、認知症予防に期待できます。


一日250mlから500mlのワインの飲用はアルツハイマー病、認知症の発症を抑えるという報告もあります。


しかし、ワインの持つ抗酸化作用によるものと推定されるが、ワインを飲用するような生活様式が認知症の発症を押さえている可能性もあります。


また、1日に350mLのビール4本相当を越えるような大量の飲酒は認知症の危険性を高めるのでので、注意が必要です。









【自分で調理することも認知症予防に】



自分で調理をすることも認知症予防としてオススメです。


調理は何を作るか?材料はどうやって切るか?など複数の作業を同時に行うので、特に頭を使っています。


また調理の時は立っているので、身体機能も維持できます。


使わない機能はどんどん低下してしまうので、調理は1度に頭も体も使います。脳の前頭前野の活性化を誘起する可能性もあると言われ、認知症予防にも効果があると期待されています。









【最後に】



今は、科学的根拠に基づいて、認知症予防となる食事や食材の情報が出ていますので、普段から、今回、紹介したように食材を取り入れてみて下さい。



今回のブログは、以上です。








【最後に】


不老不死の研究は、いろんな分野で研究が進んでいます。


もしかしたら、私たちが生きている間に、不老不死が可能になるかもしれませんので、その日のために、出来るだけ元気で健康で長生きしていきましょう。



また、若い方で不老不死の研究に興味がある方は、その分野に進んで、私たちを長生きさせて下さい。



今回のブログは、以上です。


















不老不死は可能か?「老化」や「死」のメカニズムと大学などで行われている不老不死の科学研究について













生物にとって「老い」と「死」は避けることのできないテーマです。


しかし、近年では老化を治療可能な病気であると考える研究者が現れつつあります。



今回は、「老化」や「死」のメカニズムや不老不死の研究について紹介します。



science_nou_kenkyu.png



【目次】

1,永遠の命を求め続けてきた人類
2,「老化」を抑えるとどうなる?
3,解明されつつある「老化」と「死」のメカニズム
4,老化を抑制し、種としての「最大寿命」を延ばすには
5,「老化」の研究を行っている大学の学部や学科
6,最後に









【永遠の命を求め続けてきた人類】


古代から東西の権力者たちは、飲んだものに永遠の命をもたらすとされる伝説の霊薬、アムリタやエリクサー、仙丹などを求め続け、不老不死を願ってきました。


しかし、それらを得たものはいません。


秦(しん)の始皇帝も不老不死の薬と信じて飲んでいたのは、水銀を用いた毒薬だったと伝えられています。



そのような歴史もあってか、不老不死に関する研究は怪しいもの、魔法や魔術に類するものとされてきました。


科学技術が発達した近代でも、不死を求める富裕層や、それに協力する研究者がいますが、たいていは「非科学的である」として白眼視されてきました。


一方で、まじめな老化対策もありました。


それは、医療や美容の分野です。


それらの分野では、健康維持のために運動をしたり食事を管理したり、あるいはしわをなくそうとしたりといった研究が進められてきました。



しかし、そういうものとは別に、老化そのものを科学として研究することで、健康寿命を延ばすだけでなく、不老、ひいては不死について考える取り組みも始まっているのです。








【「老化」を抑えるとどうなる?】



生き物は老化が進むことで、視力や聴力、歩行機能などの身体能力が落ちたり、軽い病気が重篤化したりなど、さまざまな問題が生じます。


もしも老化の進行を抑えることができたなら、老人あっても介護を必要とせず、社会の中でイキイキと暮らしていくことが可能になるでしょう。



「不老不死」が本当に実現するとしてもはるかな未来のことでしょう。


その実現を目指し、老化の正体を追求する研究とは、どのようなものなのでしょうか。



「不老不死」が本当に実現するとしてもはるかな未来のことでしょう。


その実現を目指し、老化の正体を追求する研究とは、どのようなものなのでしょうか。


近年、複雑な演算を一瞬でこなすスーパーコンピューターや、IPS細胞を用いた再生医療など、さまざまな革新的技術が登場しつつある現在では、不老長寿、あるいは不老不死の実現も、夢物語とは言い難くなっています。



実際アメリカの巨大企業であるGoogleも不老不死の研究に投資しているといわれているほどです。









【解明されつつある「老化」と「死」のメカニズム】



「生まれてから死ぬまで、どのくらい生きるか」を数値化したものが「平均寿命」です。


それに対して、一個体の「種としての寿命の限界」を「最大寿命」といいます。老化研究では、これらの寿命を延ばす研究をしています。


生き物の肉体に「死」をもたらす「老化」が発生する原因には、いくつかの説が存在します。


その中でも有名なものが、「エラー破局説」と「プログラム説」です。



《細胞分裂の際に生じるノイズを原因とする「エラー破局説」》



細胞は、設計図であるDNAに従って複製(細胞分裂)されます。


しかし、すべてのDNA情報が完全に複製されるとは限りません。


ごく一部で複製ミス、いわゆる「エラー」が発生することもあります。


このエラーが蓄積し、もともとの設計図から外れた細胞に変化していくことによって、本来の機能が失われ、老化が生じていくという説を「エラー破局説」といいます。




《DNAで寿命が決まるという「プログラム説」》



DNAで寿命が決まるという「プログラム説」
プログラム説とは、「生物はDNAによって、あらかじめ老いることと死ぬことが定められている」という説です。


例えば、DNAなどで構成されている「染色体」の末端部には、「テロメア」と呼ばれる部分が存在します。


しかしこのテロメアは、細胞が分裂するたびに減少してしまうのです。



そして、テロメアの短縮が続くと、染色体の末端部が保護されなくなる「末端保護問題」が発生し、「細胞老化」が進行していきます。


つまり、テロメアの減少を抑えることが老化防止につながると考えられるのです。



この考えは「細胞の分裂回数には限界がある」という「ヘイフリック限界」にも大きく関わっています。



《DNA以外の老化要因として重視されている「エピゲノム」》



近年では、「老化はDNA以外の要因でも生じる」という説も広がりつつあります。


仮に、DNAで寿命が決まるとすると、同じDNAを持つ一卵性双生児の寿命は同一であるということになります。


ところが、多くの場合、一卵性双生児の寿命は別々です。


同様に、クローンとその元となる個体の遺伝子も、DNAが一致していますが、両者は成長するにつれ、見た目や性格、体毛の模様などに差異が生じていきます。


DNAが同一であるにもかかわらず、個体差が生じるのはなぜでしょうか。


その理由として注目されているのが「エピゲノム」です。DNAにある情報はすべてが発現されるわけではありません。


発現する遺伝子もあれば、しない遺伝子もあります。


その「発現する/しない」を制御する機構が、エピゲノムです。


このエピゲノムは、食生活や環境などの外部要因によって変動します。


そのため、同じDNAを持った個体Aと個体Bであっても、生活圏が異なれば、遺伝子発現のタイミングや内容に差異が生じるわけです。


私たちは、一人ひとり異なるエピゲノムを持っていますし、それらは後天的に変化していきます。


このエピゲノムを研究し、安定した状態に保つことができれば、従来とは異なる新しい老化対策が登場するかもしれません。









【老化を抑制し、種としての「最大寿命」を延ばすには】



老化現象に対する研究を行っている大学の学部、学科としては、全国の医学部、生物学科などが挙げられます。


テロメアの短縮やDNAの損傷、さまざまな細胞に分化できる「組織幹細胞」の減少などの老化の要因になります。



これらの研究が進むことで、テロメアを補完したり、損傷したDNAを修復したりといった治療が実現するかもしれません。


また、最新の研究としては、減少した幹細胞を補充したり、エピゲノムに関わる情報を消去して新たに再構築する「リプログラミング」などの取り組みも始まっています。









【「老化」の研究を行っている大学の学部や学科】


老化現象に対する研究を行っている大学の学部、学科としては、全国の医学部、生物学科などが挙げられます。




《「iPS細胞」で老化現象の解明や「若返り」に注力》



他の細胞に分化できる幹細胞を適時注入していけば、老化の進行を抑えることができますが、これに用いられる幹細胞には、京都大学の山中伸弥教授が開発し、研究を進めている「iPS細胞」が有力視されています。


網膜の再生医療など、さまざまな分野で活用されているiPS細胞。


この細胞の研究について山中教授は、2023年以降に老化現象の解明や「若返り」に注力すると発表しています。



もしもこれらの研究が進み、実用化されるようになれば、人類は老化した肉体を若返らせることが可能になるでしょう。


そして、最終的には最大寿命の延長だけでなく、不老長寿や不老不死も実現するかもしれません。


《老化細胞の選択的な除去に成功した東大》



東京大学医科学研究所では、世界で初めてマウスの中にある老化細胞の解析に成功しています。


さらに同研究所では、老化現象の研究を行った結果、グルタミン代謝酵素である「GLS1」を阻害することで、老化細胞を選択的に除去することに死滅させることに成功しています。









【最後に】


不老不死の研究は、いろんな分野で研究が進んでいます。


もしかしたら、私たちが生きている間に、不老不死が可能になるかもしれませんので、その日のために、出来るだけ元気で健康で長生きしていきましょう。



また、若い方で不老不死の研究に興味がある方は、その分野に進んで、私たちを長生きさせて下さい。



今回のブログは、以上です。

































【トリビア】ハロウィンの由来と起源について分かりやすく説明してみました













毎年10月31日にハロウィンが開催されます。



日本でもハロウィンをイベントとして楽しむようになってきました。



今回は、ハロウィンの語源や由来など分かりやすく紹介します。



halloween_trickortreat.png



【目次】

1,ハロウィンの由来・起源はケルト人のお祭り
2,ハロウィンの語源は「諸聖人の日の前夜」が訛ったもの
3,ハロウィンのかぼちゃ(ジャック・オー・ランタン)の由来
4,有名なジャック・オー・ランタンの伝説
5,ハロウィンで仮装するのは「悪霊対策」
6,”Trick or Treat”は1900年代が起源
7,最後に









【ハロウィンの由来・起源はケルト人のお祭り】



もともと、ハロウィンはケルト人の宗教的な行事でした。


*ケルト人はインドヨーロッパ語族の「ケルト語」を話していた集団で、いまではブリテン諸島のアイルランド、スコットランドが「ケルト系」を呼ばれています。


古代ケルトでは「ドルイド」という信仰をもっていました。


ドルイドでは10月31日が「1年の終わり」と考えられていたため、収穫祭としてかがり火を焚き、作物を神様に捧げる儀式を行っていたのです。



これだけだと「お祝い」に近いイメージですが、実は、この時期には霊界から「悪魔」「悪い妖精」もこの世にやってくると考えられていました。


あとで詳しく触れますが、ハロウィンはもともと「怖い」祭りなのです。









【ハロウィンの語源は「諸聖人の日の前夜」が訛ったもの】



ちなみに「ハロウィン」という言葉は、「諸聖人の日の前夜」という意味です。


11月1日が 諸聖人の日(All Saints’ Day)は”All Hallows” とも表記されるため、その前夜である10月31日は”All Hallow’s Even”です。

そして、これが短くなり、訛って”Halloween”といわれるようになったとされています。









【ハロウィンのかぼちゃ(ジャック・オー・ランタン)の由来】



ハロウィンといえば、くり抜いた「かぼちゃ」です。


なぜ、かぼちゃに明かりを点すのか知らない方もいらっしゃるかと思います。



もともと古代ケルト人はかぼちゃではなく、カブを使っていたそうです。



ケルト人がカブをくりぬいて火を点し、ランタンとして使っていたのは、その日は悪魔や悪い妖精が徘徊していると考えられていたため、それを避けるためです。


要するに「悪魔よけ」です。


ただハロウィンがアメリカに広まっていった当時、アメリカではカブはあまり生産されていませんでした。


代わりに大量生産されていて、加工しやすいかぼちゃを、カブの代わりに使うようになり、そのスタイルが世界中に広まり、「ハロウィン=かぼちゃ」として定着するようになったのです(ちなみにアイルランドではいまもカブが使われています)。









【有名なジャック・オー・ランタンの伝説】


「悪魔除け」としてのランタンには有名な伝説(民間伝承)があるので、紹介します。


「ジャック・オー・ランタン」の伝説は次のようなものです。



『むかしアイルランドにジャックという酒飲みの乱暴者という、ろくでなしがいた。ハロウィンの夜、ジャックは悪魔に魂を奪われそうになる。しかし上手く悪魔を騙し、自分の魂を取らないように約束をさせる。
やがてジャックは死ぬ。ろくでなしで悪事ばかりはたらいていたので、天国には行けるわけがない。しぶしぶ地獄へ向かうも、地獄の入り口には以前騙した悪魔が立っており「お前の魂は取らないと約束したではないか」と、追い払われる。
天国にも地獄にも行けないジャック。仕方がないので、カブをくり抜いて作ったランタンに地獄の火を灯し、この世とあの世を彷徨い歩くようになった。』


いまでは、アメリカでも日本でも「楽しいイベント」として行われているハロウィンですが、もともと宗教的儀式だったためかぼちゃのランタン一つとっても、このような恐ろしいエピソードが背景にあります。









【ハロウィンで仮装するのは「悪霊対策」】



ハロウィンの日には悪魔、妖精たちがこの世に来ると考えられていました。


人間の姿だと、そのまま連れさられてしまいかねません。


そこで、悪魔たちを誤解されるため、悪魔の姿に変装するようになったといわれています。


悪魔、お化け、ドクロ、魔女といった「ホラーな仮装」がハロウィンに多いのは、悪魔たちを怖がらせるからきているようです。









【”Trick or Treat”は1900年代が起源】



「ごちそうか、いたずらか」を意味する”Trick or Treat”はハロウィンではつきもののセリフです。


日本ではまだ流行ってはいないようですが、アメリカでは、ハロウィンの日には子どもたちが”Trick or Treat”の言葉で近所の家をまわり、お菓子をもらうという習慣ができています。


この”Trick or Treat”という決め言葉生まれたのは、1900年代で、最初に誰が言い出したのかは不明ですが、語呂の良さから広まったのかもしれません。


そして、1952年のディズニー映画『ドナルドの魔法使い』(原題はまさに”Trick or Treat”)で一般的に広く認知され、定着するようになりました。









【最後に】


ハロウィンの語源や由来についての紹介、いかがでしたでしょうか?


ハロウィンをされる方は、雑談のネタとして使ってみて下さい。


今回のブログは、以上です。


















×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。