検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
不動産、太陽光、節税にて思い立ってからちょうど3年、2016年3月末でサラリーマンを卒業しました!現在1馬力で個人法人合わせて年収1.5億まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサル(ココ)という形で日本全国の皆さんに展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!! 【祝】2020年にロードバイクで日本一周を完走しました〜!来年は2周目に突入です(笑)
プロフィール
【所有発電所】
@茨城県潮来市  80Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   91Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   68kW 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40kW 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50kW 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44kW 32円 2016/5〜
F茨城県常陸太田  85kW 21円 2019/7〜
G群馬県安中市   57kW 27円 2020/2〜
H栃木県日光市   80kW 24円 2020/3〜
I茨城県常陸大宮 151kW 21円 2020/9〜
J群馬県安中市   79kW 27円 2020/11〜
K茨城県常陸大宮  57kW 21円 2020/12〜
L福島県いわき市  90kW 21円 2020/12〜
M福島県いわき市  90kW 18円 2020/12〜
N栃木県那須郡   64kW 21円 2021/6〜
O茨城県常陸大宮 169kW 21円 2021/6〜
P横浜屋根     12kW 27円 2021/6〜
Q栃木県那須郡   86kW 21円 2021/7【予】
R茨城県那珂市   86kW 21円 2021/7【予】
S群馬県前橋市   267kW 24円 2021/9【予】
㉑栃木県日光市   59kW 14円 2023/1まで
㉒栃木県日光市   63kW 14円 2023/1まで
合計(稼働済み) 1305kW
合計(エア含む) 1867kW

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→26.5万/月(表面7.2%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→130万/月(表面8.7%)
合計家賃収入  330万/月

※ご好評頂いている成功報酬型コンサルメニューはココ

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2018年05月07日

決めた!さらば、東電w

こんばんは、アントレです!

いやー、大雨ですね〜w
日本一周自転車旅行は、大雨の件とちょっと別のトラブルがあり、少し様子見状態となっています。

さて、その間に懸案となっていた”大物案件”を片付けたいと思います。以下の記事の件ですねw

さらば、東電w

東電さんにはお別れのお手紙まで書きましたので、後はもう、新たな新電力(彼女)を選ぶのみですw

ただ、コレ、本当に骨が折れました・・・。

イロイロあり過ぎて、どーやって選んでよいのか、真剣にやればやるほどかなりの労力が必要になりますね、コレw

まずは、コノようなサイト「電気代一括比較サービス」で勉強しつつ、読者さんからの情報も踏まえ、アントレの電気使用量としてマッチしそうな新電力を10社ほどピックアップしましたw

ひとまず、ばーっとリストアップしてみますw

@楽天のまちでんき
→支払った電気料金10Kwにつき楽天ポイントが1pt付くのが特徴ですw

Aエネオス電気
→エネオスカードやTポイントとの連携、2年間の長期割引等、全体的には車系の生活が中心の人にお勧めですかね。

Bミツウロコでんき
→再エネから積極的に電気を調達しています。2016年時点で30%だそうですw

C熊本電力
→ものすごく質素な感じですが、低コストで一本勝負している感じです。九電管轄の方にとっては確実にNo1のコスト削減と思いますが、東電管轄の方も中々お安いと思いますw

D東京ガス
→電気とガスとセットでお得!といった部分が最大の特徴です。Tポイントやワオン、ポンタ、楽天、ナナコ等々色々なポイントと連携しているのがGOODですw 東京ガスさん、かなり勝負に出ているみたいですw

Eエルピオでんき
→千葉県のLPガスの会社が主体となった新電力ですね。こちらもCの熊本電気と同様、他の新電力と比して「ポイント」や「豪華な特典」が一切無く、大きな広告も出さず、低コスト一本勝負ってな感じですw

FGREENaでんき
→100%グリーンエネルギー。何と何と100%再エネから電力を調達している会社が登場ですw うーむ、コレは再エネ発電家としては注目せざるを得ませんね〜w

GLooopでんき
→ご存知の通り再エネ企業です。上述した7件は基本料金が掛かるのですが、Looopは掛かりません!一律単価で非常に解りやすい料金体系となっていますw

Hエコスタイルでんき
→こちらも再エネ企業ですね。Gと同様、基本料金が掛からず、Gよりは安価で攻めてきているようですw

Iソフトバンクでんき
→「自然でんき」という名でサービスを提供しています。こちらも基本料金掛からずの明瞭会計ですね。孫さんのFIT40円案件からの電気が主体のようですw


っと、まあ、他にもたくさんあるようで、やればやるだけキリがないです。

取り急ぎのアントレ調査結果におけるトップ10が上述の会社達になりましたw

さて、これらを極力、Apple to Appleで比較するにはどうするのかw

いやー、大変でしたw

ただ、ほぼ全ての会社に共通している点は、、、

@初期費用無料
A解約金・違約金ナシ
B倒産・停電リスクナシ(停電はいわゆる既存電力会社と同じコンディション)


という感じで、切替による契約者側のリスクはほとんどナシ、といった感じでしたw

そりゃそうですよね、電力自由化はある意味国策ですので、契約者が簡単に、自由に切替が出来る設計になっているようですw

なので、難しいことはアンマシ考えずに、ポイポイポイポイ、時勢に応じて替えて行ってしまう、というのも手かもですねw

ということで、長くなってしまいましたので、ひとまず切りますw

次回は、アントレは一体どういうロジックでどの新電力にしたのか、恐らく、昔からの読者さんに置かれましては、「アントレならやりそう〜」って感じだと思いますが、やってしまいました。エクセルでのグリグリ比較をw

とうことで、次回はアントレなりの分析・決断をUPしてみたいと思います〜!

よろしくお願いします。

今年度よりブログランキングを以下に引っ越しました〜!
変わらぬ応援クリック、よろしくお願いしまーす!



にほんブログ村 小遣いブログ 不労所得へ

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7630657
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック