検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
不動産、太陽光、節税にて思い立ってからちょうど3年、2016年3月末でサラリーマンを卒業しました!現在1馬力で個人法人合わせて年収1.5億まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサル(ココ)という形で日本全国の皆さんに展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!! 【祝】2020年にロードバイクで日本一周を完走しました〜!来年は2周目に突入です(笑)
プロフィール
【所有発電所】
@茨城県潮来市  80Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   91Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   68kW 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40kW 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50kW 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44kW 32円 2016/5〜
F茨城県常陸太田  85kW 21円 2019/7〜
G群馬県安中市   57kW 27円 2020/2〜
H栃木県日光市   80kW 24円 2020/3〜
I茨城県常陸大宮 151kW 21円 2020/9〜
J群馬県安中市   79kW 27円 2020/11〜
K茨城県常陸大宮  57kW 21円 2020/12〜
L福島県いわき市  90kW 21円 2020/12〜
M福島県いわき市  90kW 18円 2020/12〜
N栃木県那須郡   64kW 21円 2021/6〜
O横浜屋根     12kW 27円 2021/3末まで
P群馬県前橋市   267kW 24円 2020/3末まで
Q栃木県那須郡   86kW 21円 2022/3末まで
R茨城県常陸大宮 169kW 21円 2022/3末まで
S茨城県那珂市   86kW 21円 2022/3末まで
㉑栃木県日光市   59kW 14円 2024/3末まで
㉒栃木県日光市   63kW 14円 2024/3末まで
合計(稼働済み) 1147kW
合計(エア含む) 1867kW

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→26.5万/月(表面7.2%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→130万/月(表面8.7%)
合計家賃収入  330万/月

※ご好評頂いている成功報酬型コンサルメニューはココ

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2021年05月16日

よいよ本格的なNon-Fit時代の到来か?

おはようございます、アントレです〜!

皆さんご存じの通り、本日より3道県が加わり、東京、大阪、京都、兵庫、愛知、福岡、北海道、岡山、広島において禁酒令が発動されております。禁酒令が出ると、家呑みが多くなり、ガースー政権へのストレスも相まって、より一層呑んでしまい以前よりも酒量が増える、という悪循環が待ち受けておりますので、該当地域の方に置かれましては何卒お体ご自愛下さいませ。また、該当地域の隣接県にお住いの方に置かれましては、該当地域からの人流の流入が活発化し、ほどなく禁酒令の対象に成ることは容易に想像ができ、既に関東ではそーなっておりますので、心の準備の程、よろしくお願いしますm(__)m

ってか、ゆるふわ緊急事態宣言だすなら、日本全体でだすべきじゃね?っと思ってしまうのは当方だけでしょうか。どーしても出せない理由でもあるのか、単に知能が低いだけなのか、、、ま、どっちでもいいか☼

さて、ソンナ話は置いておいて、今日の日経に気になる記事が載っておりました。

2AD033BD-E785-4510-855E-3BC267118EDB.jpeg

再エネ 直接調達拡大
企業、小売り介さず割安に

おぉぉ、遂に具体的な話が出てきましたね〜。ご存じの方も多いカモですが、現在の電事法のルールでは、需要家は必ず小売事業者を介して電気を調達する必要がございました。そのルールを緩和して、直接購入させましょう、というお話で、極論を言うと、北海道の企業が沖縄の太陽光発電所の電気を直接購入する、というコトが可能になる、というお話でございます。今までも小売り事業者を介しておんなじお話があったんですが、コノ、直接購入できる、という点がミソでして、もしかしたら皆さんのFIT発電所の電気を、是非売ってくれ、というよーなお話が、どこかしらの企業から舞い込んでくる可能性が高まる、という形になります。モチロン、オファーする企業もバカではないので、FIT単価に上乗せしたオファーを出してくること確実です。というコトはやはり、まずはFIT14円発電家の時代到来、というコトになりますね。

そんな時代になったら、ヤハリ土地が広めのFIT14円がよろしかと思います。脱FITからのNon-Fitということで、当然ながらアノ鬱陶しいFITルールからも離脱できる、ということで、後からパネル増設したり、蓄電池入れたりと、イロイロ発電所をパワーアップさせることが可能になります。

うーん、ドキドキしちゃいますね〜

盗難や九州の抑制、発電側基本料金等、マイナス面も出てきている太陽光ですが、時代の流れは確実に再エネに向かっていて、その主役は何をするにも簡便な太陽光であることは確実でございますので、未来に向かって引き続きガンガン進んできましょう〜!

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!


※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

卒業サポートご希望の方はココ
お勧め太陽光保険はココ
お勧め保険見直しはココ
お勧め減税対応はココ
お勧め不動産コンサルはココ
個別面談ご希望の方はココ
UATはココ
大好評のUAT3はココ
融資コンサルタントはココ
太陽光融資希望の方はココ
従量電灯化サービスはココ
ジャプラス向け団信型保険はココ
激安遠隔監視装置はココ
激安除草・メンテはココ


※編集後記※
直接取引の時代になったら小売事業者ではなく、単なるブローカー的な存在も出てくるカモですね。複数の発電家を取りまとめて、契約の授受や窓口的な役割を担うイメージです。発電家にとっては交渉や契約といった煩雑な手続きが簡素化され、企業にとっても、大規模な電気を一括契約・購入できるメリットがあろうかと思います。うーん、やろっかな笑
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10731480
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック