検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
不動産、太陽光、節税にて思い立ってからちょうど3年、2016年3月末でサラリーマンを卒業しました!現在1馬力で個人法人合わせて年収1.5億まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサル(ココ)という形で日本全国の皆さんに展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!! 【祝】2020年にロードバイクで日本一周を完走しました〜!来年は2周目に突入です(笑)
プロフィール
【所有発電所】
@茨城県潮来市  80Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   91Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   68kW 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40kW 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50kW 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44kW 32円 2016/5〜
F茨城県常陸太田  85kW 21円 2019/7〜
G群馬県安中市   57kW 27円 2020/2〜
H栃木県日光市   80kW 24円 2020/3〜
I茨城県常陸大宮 151kW 21円 2020/9〜
J群馬県安中市   79kW 27円 2020/11〜
K茨城県常陸大宮  57kW 21円 2020/12〜
L福島県いわき市  90kW 21円 2020/12〜
M福島県いわき市  90kW 18円 2020/12〜
N栃木県那須郡   64kW 21円 2021/6〜
O横浜屋根     12kW 27円 2021/3末まで
P群馬県前橋市   267kW 24円 2020/3末まで
Q栃木県那須郡   86kW 21円 2022/3末まで
R茨城県常陸大宮 169kW 21円 2022/3末まで
S茨城県那珂市   86kW 21円 2022/3末まで
㉑栃木県日光市   59kW 14円 2024/3末まで
㉒栃木県日光市   63kW 14円 2024/3末まで
合計(稼働済み) 1147kW
合計(エア含む) 1867kW

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→26.5万/月(表面7.2%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→130万/月(表面8.7%)
合計家賃収入  330万/月

※ご好評頂いている成功報酬型コンサルメニューはココ

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2021年05月13日

蓄電池を後から設置することは可能か?A

こんにちは、アントレです〜!

ゆるふわ緊急事態宣言が愛知と福岡にも展開されてしまいました。愛知、福岡の皆さんは我々都民や府民と同様に外呑みが出来なくなってしまうコトになってしまいましたね、ご愁傷様です。コレはソモソモ論なのですが、政府やマスコミはコロナの感染者数をメインKPIに指定していると思います。コレって、一体どーなんでしょうか。というのは、今後検査体制が徐々に拡充されるにつれ、感染者数の数字は順次上がっていくことが分かり切っているワケで、極論を言うと、日本人全員、つまり、累計感染者数が1億2000万人に達するまで、数字を追っていく、というコトになろうかと思います。こんなコトやってたらいつまでたってもコロナの終息宣言は出来るワケも無く、あ、正確に言えば10年後とかには出来るカモですが、その前に経済弱者がバタバタと倒れていくワケで、自分の首を自分で絞めてる感が満載でございます。一体我が国のゆるふわ政権は何をやっているんでしょうか。このままだと政治に殺されます。一刻も早く、コロナ感染のKPIを死亡者数や病床数に切り替えてもらうことを切に願う今日この頃でございます。

さて、ソンナ話は置いておいて、先日記事にした、稼働済みの低圧発電所における、出力抑制に対する蓄電池での対抗の件です。

Twitterや本ブログのコメント欄より、識者の方よりいくつかコメントを頂きました。
ありがとうございましたm(__)m

また、当方が協業している蓄電池業者さんとも話した結果、前回の記事では、

「蓄電池をパワコンよりも電柱側に設置するのであればどうやら大丈夫そう」

と結論付けたのですが、どーやら、

「NGっぽい」

というコトが判明してまいりました。

というのは、パワコンよりも電柱側に蓄電池を設置した場合、その蓄電池もパネル+パワコンと同じ、いわゆる”電源”とみなされて、電力会社的には、高圧発電所とみなされてしまう可能性が大きいことが分かりました。

うーん、そーするとキュービクルの準備等が必要となり、現実的ではないですねぇ

また、ソモソモ発電設備の出力変更になりますので、FIT単価も最新12円になってしまい、地域活用要件が出てきてしまいます。ダメですね、コレわ。

そこで、少し考えて編み出した案が、

「パワコンを減らして、減らした出力分の蓄電池を追加する」

という形です。コレなら発電設備としての出力も変わらず、高圧にもならず、出来ちゃうじゃん!というお話なんですが、パワコンが減るというコトは通常運転時のピークカットが増えるというコトなので、本末転倒、というお話になっちゃいますね笑

ということで、出てきた結論が、、、

「NGっぽい」

というコトでございます。

うーん、コノ制度の壁って何とかならないんでしょうか。

貴重な再エネ電気がドブに捨てられるのを、事業者が慮って、身銭を切ってでも蓄電池を使って拾おうとしてるのに、杓子定規な制度の壁がソレの邪魔をする。。。うーん、イケてない。イケてなさすぎる。。。

ソモソモですが、蓄電池版のFITを作って、既存発電所のピークカット分や抑制分を売電できるような仕組みを作るとか、出来ないですかねぇ。ってか、FITのような国民負担もいらないですね。蓄電池を事後追加したいならどーぞご勝手にとやった方が、無駄も減るし、再エネ比率も上がるし、誰も損しないお話なような気がするのは当方だけでしょうか。経産省にいる頭の良いとーだいせーなら簡単に制度設計出来る気がするんですが。

うーん、イケてない。イケてなさすぎる。。。

というコトで、出力抑制に対抗するには、抑制保険しか無い、という感じでしょうか。

何がともあれ前に進むしかないので、引き続き頑張りましょう〜☼

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!


※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ

卒業サポートご希望の方はココ
お勧め太陽光保険はココ
お勧め保険見直しはココ
お勧め減税対応はココ
お勧め不動産コンサルはココ
個別面談ご希望の方はココ
UATはココ
大好評のUAT3はココ
融資コンサルタントはココ
太陽光融資希望の方はココ
従量電灯化サービスはココ
ジャプラス向け団信型保険はココ
激安遠隔監視装置はココ
激安除草・メンテはココ

※編集後記※
上記は既存のFIT案件についてのお話となります。今後のFIPやNon-Fitについてはイロイロやりようあると思います。というか、パネル側への蓄電池の設置はマストアイテム化した方が良いカモですね〜☼
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10722981
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック