検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
不動産、太陽光、節税にて思い立ってからちょうど3年、2016年3月末でサラリーマンを卒業しました!現在1馬力で個人法人合わせて年収1.5億まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサル(ココ)という形で日本全国の皆さんに展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!! 【祝】2020年にロードバイクで日本一周を完走しました〜!来年は2周目に突入です(笑)
プロフィール
【所有発電所】
@茨城県潮来市  80Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   91Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   68kW 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40kW 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50kW 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44kW 32円 2016/5〜
F茨城県常陸太田  85kW 21円 2019/7〜
G群馬県安中市   57kW 27円 2020/2〜
H栃木県日光市   80kW 24円 2020/3〜
I茨城県常陸大宮 151kW 21円 2020/9〜
J群馬県安中市   79kW 27円 2020/11〜
K茨城県常陸大宮  57kW 21円 2020/12〜
L福島県いわき市  90kW 21円 2020/12〜
M福島県いわき市  90kW 18円 2020/12〜
N栃木県那須郡   64kW 21円 2021/6〜
O茨城県常陸大宮 169kW 21円 2021/6〜
P横浜屋根     12kW 27円 2021/6〜
Q栃木県那須郡   86kW 21円 2021/7【予】
R茨城県那珂市   86kW 21円 2021/7【予】
S群馬県前橋市   267kW 24円 2021/9【予】
㉑栃木県日光市   59kW 14円 2023/1まで
㉒栃木県日光市   63kW 14円 2023/1まで
合計(稼働済み) 1305kW
合計(エア含む) 1867kW

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→26.5万/月(表面7.2%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→130万/月(表面8.7%)
合計家賃収入  330万/月

※ご好評頂いている成功報酬型コンサルメニューはココ

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2018年09月30日

FIT18円の認定手続き期限w

おはようございます、アントレです!

日本列島、台風直撃ですねw
被害が出れば出るほど保険料が上がっちゃいますね。。。
皆さん、お早めなご加入をお勧めします〜

さて、既にご存知の方も多いと思いますが、2018年度のFIT18円の認定期限が迫って参りましたw

明日傍聴する調達価格等算定委員会を前に一旦整理してみたいと思います。

まず、大前提としまして、認定には電力会社との接続同意と経産省の認定の2つの手続きが必要となります。
例年はこの手続きは同時並行でも大丈夫だったんですが、今回のFIT18円の最終手続きでは、明確に、電力会社→経産省という順序になりましたw 詳細は以下をご参考ください。

2018 年度中の認定申請等にかかる期限日について

で、具体的な経産省の期限は以下となりますw

新規/変更認定申請・事前/事後変更届出期限日:2019 年 1 月 11 日(金)

次、では電力会社の手続き期限はどーなっているんでしょうか?

■北海道電力:11月9日 (詳細はココ
■東北電力:10月25日(詳細はココ
■東京電力:11月9日(詳細はココ
■北陸電力:11月9日(詳細はココ
■中部電力:11月16日(詳細はココ
■関西電力:12月3日(詳細はココ
■中国電力:11月9日(詳細はココ
■四国電力:11月9日(詳細はココ
■九州電力:11月16日(詳細はココ

各電力会社共に、上記期限は書類不備が無い前提の期限となっているので、1週間前くらいに提出要って感じですねw

で、例えば18円候補の土地があったとしましょう。普通に考えると、一旦業者名義で申請して、後で変更申請すればいいから、まだ余裕あるよね〜っと一瞬思ってしまうのですが、ちょっと状況が変わってきているようです。今までも、恐らく今後もそうだと思いますが、その変更認定がすんごい時間がかかるんです。東電案件などは、名義変更だけで半年もかかる、というイケてない状況が続いてきましたし、今後も続いていくんでしょうw

となると、早めに物件を捌きたい業者としては、極力上記期限までに、購入予定者名義での申請をしたい、となるわけで、10月中に必死になって客付けして、顧客名義での申請をしたがる、という傾向に、どうやらなっているようです。

最後の最後まで客付けできなかった案件は、18円をスリップしたくないので業者名義で手続きを取るんでしょうが、それは最後の最終手段という感じになっちゃうんですねw

ということで、上記スケジュールを再確認してみましょう。

1週間の余裕を見ないといけませんので、ほとんどの電力会社が10月いっぱいが勝負。唯一関電のみ、11月いっぱいまでという状況であることが分かりますねw

ということで、皆さん。狙っている案件につき、上記スケジュールを意識した、早めのアクション、判断をしていきましょうw

因みに、既に業者名義で認定済みの18円や、21円以上の案件全般は関係の無いお話となりますので、ご留意をください〜!

引き続き頑張りましょう〜!

※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8149117
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック