2019年11月18日

自己主張

「自分が、自分が…」、という思いは醜い。
何かしらの成果を上げたとき、確かにその功労者はいるのだが、
「これは、僕の力で成功したんです」、などと言われると、祝福しようという気持ちが萎えてくる。

「やったことを自分で言ってしまうと、価値が消えてしまうんだよ。」
「それじゃあ、誰がやったか分からない内じゃないですか…。」
「見ている人は見ているんだよ。それに神様はみんな知っているんだよ。」

日本人の美徳と言えば聞こえは良いが、欧米ではきちんと自己主張しないと、その実績が評価されないらしい。

「丹澤先生、髪、切ったんですか?」
6ミリの坊主頭に整えた私の頭を見て、隣の先生が話しかけた。
「何で、見れば分かることを、取り立てて言うのだろう…」、とひねくれた私は、そう思ってしまう。
そう言えば以前「女性は周りの人から些細な変化に気づいて欲しいという生き物である」、と聞いたことある。

新しい服を着れば、指摘してもらいたいし、髪型を変えても、何か言ってもらいたい、と言った具体だ。

元来無骨な私は、世の女性陣のそうした「変化」を発見することもできなければ、声を掛けることもできない。一方で自分も、「できれば声を掛けて欲しくない」、と思ってしまうのである。

勝ったばかりの服を着て、「新しく買ったんですか?」、などと声を掛けられると、赤面するくらい恥ずかしく思ってしまう。

おそらく、人間付き合いが苦手なのだろう。
「女性には声を掛けるものだよ」、などと言われると、逆に意識しすぎて疲れてしまうのだ。

そんな私だから、たいていの自己主張は、あまり好ましく思えない。
多くの人は、本当は褒めて欲しくて、何かしらの声を待っているようなのだが、それに気づかないふりをして、心の中で声援を送る、という私のスタイルは、世の中には受け入れられないらしい。

私は、生徒をそういう風に見てしまうので、とてもとても褒め上手とは言えないようだ。
また、上司もそういう見方で部下を見て欲しいと思っているので、上司から「あなたの実績はなんですか? 良い点は何ですか?」などと尋ねられても、答えることに躊躇してしまうのだ。

上司ならば、部下の長所をきちんと指摘して、
「○○をされて素晴らしいですね。さすがです。先生の長所ですね。ところで、それは、どういう意識で取り組まれたのですか?」
などと、聞き出せばいいのになぁ、と思ってしまうのだ。
そうでないと、結局は何も見てくれていないんだなぁ、とやや失望感が漂ってしまう。

どこまで自己主張をするのかどうかは、私には分からない。
ただ、言い訳を強調して、さも自らの責任を回避しようとする様は、やはり醜い。

ともあれ、やっぱり私がおかしいのだろうか…。
ファン
検索
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ