2019年11月22日

臨時の練習

帰りの会が長引いたとのことで、中2の主力メンバーであるT君とS君は、が練習に来なかった。

練習場所が学校の外にあり、時間になると、私は部員たちを連れて出掛けてしまう。
遅れて来ると、私の運転する自動車には乗れず、5キロの道のりを走ってくることになるのだ。

だが、今日は臨時の部活動。7時間目を終えて、すでに日没時間を過ぎ、辺りは暗くなっている。
前日に、「走りたくない!、と叫んでいたT君と、「」暗いところが怖い」、と興奮していたS君が、反射たすきをつけて走ってくることは、まず考えられなかった。

今日は、たくさんの臨時部員が練習に参加してくれた。
中2は、キャプテンのI君一人だけだったが、よくリーダーシップを発揮し、集中力ある有意義な練習にしてくれた。

「なかなか上手いじゃない…。」
気合いを入れてテンポ良く練習していると、上達が早いのだ。
そのときこそ、間髪入れずに、技術的なポイントを教える。
すると、さらに上手くなる。

彼らがやる気になり、モチベーションもテンションも高まったときが、指導のチャンスなのだ。

ネットティーをしていると、まったくバットにボールが当たらないK君がいた。
彼は、正式な野球部員だが、少し伸び悩んでいる。

K君は、だんだん悲しくなって、涙を流しながらバットを振り続けていた。
ボールとバットの軌道が、ねじれの位置にあると、絶対にボールは打てない。

あれもこれもと言っても、ますます打てなくなると思い、腰の回旋だけでバットを振らせてみた。
すると…、当たるのである。鋭い打球が次々と出た。

泣きべそをかいていたK君は、「少しずつバットを上げて…」、という私の指示通りに振っている。

途中で時間切れになったが、K君はこの先もがんばって練習を続けるだろう。

学校に戻ると、T君とS君がいた。
ずっとバットを振っていたという。
案の定、グランドの周りすら走っていなかった。
二人して、楽な方へ流れたのは間違いない。
もし、どちらか一人だけだったら、同じ状況だったろうか、と疑問が残る。

だが今日は、彼らがいなくても、十分練習できた。

願わくば、二人のモチベーションが高いことを祈るばかりである。
 
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9444876
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ