2019年04月23日

クロア篇−8章1

 クロアたちは幸か不幸か、強力な魔人たちと出会えた。彼らの助力を得られるよう、これから交渉したい──のだが、クロアはどうも疲れてしまった。剣士の魔人とはうまく調子が合わないのだ。それゆえ、会話の主導権をレジィにゆずった。少女が「単刀直入がいいですか?」と対話の方針をたずねるので、クロアは「好きにやって」と投げやりに答えた。
「えーと、じゃあ……あたしたち、賊をこらしめるために強い人を雇いたくて──」
 リックが兜をゆらして「あんたのご主人だけじゃいけねえのか?」と口をはさむ。
「チュールにあれだけ啖呵を切れるくせして、実力ないってこたぁねえだろ?」
「クロアさまはひとりででも戦いたいと考えているんですけど、周りが引き止めるんです。この町の公女ですから、万一のことがあってはいけない、という理由で」
「ほーん、公女ねえ……」
 リックは腕組みをして、なにかを考える。
「ここは聖王の国だったな?」
「はい、ゴドウィン王が治める国です……」
 レジィは不安げに答えた。思えばこの国と魔人とは名目上、相容れなさそうな立場にある。この国では最高位の権力者を聖王と呼ぶ一方、魔人の最上位の実力者を魔王と呼ぶ。まるで正反対な集団だ。レジィが言葉をにごすのも、そういった異質さを感じてのことだろうとクロアは思った。
(この国の手助けなんかしたくない、と言ってこられてもヘンじゃないのよね)
 ここはこの大陸でもっとも神族をたてまつる国である。その風土を魔人がきらっても納得のいく話だ。神と魔とは対立する生き物なのだから。
 クロアたちの不安をよそに、リックは不意に背すじを正す。
「ワシが手伝ってもいいぜ」
 意外にも大食漢の魔人は前向きに答える。
「ワシがいる間のメシをそっちが負担してくれりゃ、かまわんぞ」
「クロアさま、ご飯付きですって」
 レジィは主人に判断をあおいだ。リックに提供する飲食費はクロアの経費でまかなうことになる。その支出を認可できるか、とレジィは問うているのだ。クロアはリックの食べっぷりをかんがみながら、「その条件を飲みましょう」と受け止める。
「経費がかさんでしまいそうだけど……背に腹はかえられないわ」
「おう、ワシもチュールに負けねえぐらい強いとこを見せてやる」
 クロアはやる気充分な相手に「ご協力に感謝しますわ」と礼を述べた。次なる候補のチュールに視線を移す。しかしこの色魔の雇用条件はどうせロクなものではない、と思うと、あまり乗り気になれなかった。
「俺は参戦しないでおこう」
 剣士はおもむろに席を立つ。
「リックの獲物を奪ってしまうからな」
「あら……それだと、こちらの人手が足りなくなりますわね」
「リックが精兵何人に相当すると思っている。ただの大飯食らいだと馬鹿にしてやるな」
 チュールは連れの女剣士と共に酒場を出ていった。クロアは安心したような残念なような、複雑な気持ちになる。
「得られたのはおひとりだけね……」
 剣士の二人組を仲間に引き入れられれば、規定の人数は充足できた。そう思うと惜しいことをした気にもなった。
「ああ、ワシには飛竜が一体いてな。そいつも傭兵の数に入れていいぞ」
「飛竜……いまはどこに?」
「さがしものをしてんだ。ワシとチュールたちも付き合ってたんだが、疲れちまってよ。ワシらだけ、一足先にこの町へ休憩しにきたわけだ」
 なにをさがしているの、とクロアはたずねようとした。だが目の端に従者の顔が目について、気持ちが逸れる。レジィは惚けた顔をして店の出入口を見ていたのだ。クロアは少女の反応をよからぬ感情の揺れだと見て、叱責する。
「あんなケーハク男を良いと思ってはダメよ」
 レジィは恥ずかしそうにうつむく。
「はい……ちょっとかっこいいと思ってしまって……」
「何人の女性をたぶらかしてきたんだか、わかったものではないわ。ねえマキシ?」
 クロアは魔人の経歴を知っているマキシに裏付けを要求した。彼はうなずく。
「昔、帝都の竜騎士の女性がチュールに攫われたという記録はあるな。それとは別に、愛人の魔人がいるとか」
「ほら見なさい。女たらしなんてそんなもんなのよ」
 クロアは貞節をおもんじる教育を受けており、多情な人物には否定的な感情をいだく。
「男も女も、ひとりの異性をとことん愛するくらいでなくちゃね」
「おや? アンペレ公には前妻がいたと聞くが……」
 まるっきり忘却していた事実を指摘され、クロアは胸いっぱいに罪悪感をおぼえる。
「お父さまの場合はちがうわ! お母さまとお付き合いしたのは、前の御夫人が亡くなったあとだったんだから。ちゃんとその時々で、ひとりの女性と恋愛していますの」
 どうにか言い繕い、クロアは父への弁明をすることで罪の意識を払拭した。レジィが「前の御夫人?」と食いつく。
「クノードさまは再婚されていたんですか」
「そうよ。屋敷じゃ話題にしないけれど、お母さまは後妻なの」
「あたし、クノードさまに前妻がいたことはぜんぜん知りませんでした」
「だいたい二十年前の話だものね……わたしもお父さまが教えてくれなかったら、知らないままだったわ」
 クロアは早死した前妻のことを話題にするのは不適当だと判断し、「時間があるときに話すわね」とレジィに言いふくめた。
 リックの視線が店の出入口に留まる。クロアはその注目のさきを見てみると、菫色の長髪の女性がとぼとぼと歩いてきた。どこか憔悴した雰囲気をまとっている。
「フィル、空いてる席に座れ」
 肌の露出のすくない女性が弱々しくうなずき、リックの隣席へ座った。

タグ:クロア
posted by 三利実巳 at 23:33 | Comment(0) | 長編クロア
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集