2019年03月04日

クロア篇−5章4

 クロアはトンボの案内にしたがい、人通りがすくない小道まで来た。地上には水色の頭が見える。クロアはダムトと合流するまえに、騒がしい鳥を解放した。鳥は捕獲者に立ち向かってくるかと思ったが、来た道を引き返した。白髪の男性のもとへ帰ったのだろう。
「よーし、これで降りられるわ」
 慎重に高度を下げる。よくよく見るとダムトは女性に絡まれていた。この女性が住民をたぶらかす魔人。顔を見てやろうとクロアが近付くや、女性の背中から翼が生えた。
「やぁだ、撒き餌に引っかかったってわけ?」
 女は飛びすさる。そこへ金属製の鞭が襲う。ダムトが振るう鎖鞭だ。
「乱暴しちゃいやよ」
 突如、光球が走った。光球は鞭に命中し、ダムトの攻撃を弾いた。有翼の女が「じゃあねー」と捨て台詞を吐く。と同時に翼から鱗粉のような粉が立ちこめた。
(なに、この粉……)
 クロアはめまいを起こした。粉の効果は催眠か麻痺か、とかく良からぬものにちがいないと考えた。頭を左右に振り、正気を保とうと努める。クロアが目を開けたとき、正面に奇怪な化け物がいた。人の形をしていない、獣にも似つかない、うぞうぞとうごく肉塊だ。肉塊には大きな獣の爪や目が不規則に並ぶ。とても気持ちわるくて見ていられない。だがクロアは退治を試みる。そいつは魔人が残した魔物だと見做して。
「魔物め、覚悟なさい!」
 クロアは杖を取った。魔物とは距離があるため、先端の石を飛ばす。杖による遠距離攻撃は命中し、魔物は地面に突っ伏した。だが魔物はすぐに起き上がる。わめいたと思うと、体からしなる触手が伸びて、クロアの手を打った。クロアは持っていた杖を落とす。
「魔物のくせにやるわね! ベニトラ、爪でひっかくのよ!」
 その肉体が武器である飛獣にクロアは攻撃命令をくだした。だがベニトラはうごかない。
「ベニトラ、どうしたの?」
 クロアは飛獣の不可解な態度にまごつく。そのうちに奇怪な魔物は飛翔する。魔物が触手をのばしたさきに、純白の翼が見えた。美しい天使のような者が襲われているらしい。助けなくては、とクロアは焦るものの、飛獣はうんともすんともうごかない。
「敵を倒さなくちゃ! ねえ、うごいて!」
 クロアは自身の体の下を見た。すでに術の効果が切れて、ベニトラを視認できる状態になっていた──はずなのに、そこにいたのは朱色の獣でなかった。所々の肉が削げ落ち、皮膚がただれた、醜悪な魔物だ。クロアは予期せぬ事態に直面し、悲鳴をあげた。またがっていた魔物から滑り落ちる。落下の痛みこそ感じなかったが、混乱はおさまらない。
「どうして、いつ入れ替わったの?」
 クロアは両手を地につけ、尻を引きずりながら後退する。魔物はまぶたから抜け出た目をクロアに向けた。魔物がなにごとかしゃべったようだが、クロアにはなんと言ったのかわからない。横から別の声が聞こえた。その方向を見れば白骨の騎士がいた。化け物ばかりが出現する状況に、クロアはますます混乱した。骨の手がクロアの顔に近付く。もはや魔物を退治しようという気は起きず、うごく骨の行く末を見続けた。
 クロアの視界がぼやけた。眼前を覆う骨が太さを増し、人間らしい肉が備わる。いや、人間の手だ。はっきりとそう見えたとき、手が視界から外れた。次に見えたものは、さきほどクロアが注目した白髪の戦士だった。彼は人のよさそうな笑みを見せる。
「ご気分はいかがか?」
「え? ……白い骨の、屍人じゃない?」
「はは、そんな幻覚を見ていましたか」
「幻覚?」
 クロアは腐敗した魔物を見てみる。そこには朱色の魔獣が伏せていた。ベニトラだ。そのそばにはソルフがしゃがんでおり、彼はクロアが落とした杖を回収していた。
「腐った魔物……は、まぼろし……?」
「てっきり、あなたがあの赤い魔獣に襲われているのかと思いましたぞ」
 外敵だと誤認されかけた獣がクロアに近づく。大きな舌で、放心状態のクロアの顔をなめた。クロアは自分をおびやかす者がなにもいなかったのだとわかると、うれしくなる。
「……よかったぁ」
 クロアはベニトラの首に抱きつく。温かい毛皮が心地よく、安心感で満たされた。
「して、いかな経緯で幻術に惑わされていたのです?」
 中年に問われ、クロアは己の行動を思い返した。ここで戦闘が始まった原因は──
「あ、そうだわ! 夢魔の女が変な術を使ったのよ!」
 クロアは上空をあおいだ。魔人をさがすが、空にはなにもいない。クロアが見た天使と肉塊の魔物も、幻術が引き起こした偽りの姿である。彼らはどこへ行ったのだろう。
「変わったものを連行する御仁がいますな」
 男性の視線は地上にあった。そこに水色の髪の男がいた。その後ろに、飛翔してついてくる女もいる。女は腕を後ろ手に組み、胴体を縄でぐるぐる巻きにされている。
「ダムト! 捕縛に成功したのね」
 クロアの歓喜の声とは反対に、ダムトはさげすむような目をする。
「ええ、クロア様のきつい一撃をもらいながらやり遂げましたよ」
 幻で見えた魔物はダムトだった。クロアは「わざとじゃないの」と笑ってごまかした。

タグ:クロア
posted by 三利実巳 at 23:30 | Comment(0) | 長編クロア
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集