検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
不動産、太陽光、節税にて思い立ってからちょうど3年、2016年3月末でサラリーマンを卒業しました!現在1馬力で個人法人合わせて年収1.5億まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサル(ココ)という形で日本全国の皆さんに展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!! 【祝】2020年にロードバイクで日本一周を完走しました〜!来年は2周目に突入です(笑)
プロフィール
【所有発電所】
@茨城県潮来市  80Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   91Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   68kW 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40kW 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50kW 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44kW 32円 2016/5〜
F茨城県常陸太田  85kW 21円 2019/7〜
G群馬県安中市   57kW 27円 2020/2〜
H栃木県日光市   80kW 24円 2020/3〜
I茨城県常陸大宮 151kW 21円 2020/9〜
J群馬県安中市   79kW 27円 2020/11〜
K茨城県常陸大宮  57kW 21円 2020/12〜
L福島県いわき市  90kW 21円 2020/12〜
M福島県いわき市  90kW 18円 2020/12〜
N栃木県那須郡   64kW 21円 2021/6〜
O横浜屋根     12kW 27円 2021/3末まで
P群馬県前橋市   267kW 24円 2020/3末まで
Q栃木県那須郡   86kW 21円 2022/3末まで
R茨城県常陸大宮 169kW 21円 2022/3末まで
S茨城県那珂市   86kW 21円 2022/3末まで
㉑栃木県日光市   59kW 14円 2024/3末まで
㉒栃木県日光市   63kW 14円 2024/3末まで
合計(稼働済み) 1147kW
合計(エア含む) 1867kW

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→26.5万/月(表面7.2%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→130万/月(表面8.7%)
合計家賃収入  330万/月

※ご好評頂いている成功報酬型コンサルメニューはココ

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2018年10月04日

経産省に行ってきた!C

おはようございます、アントレです〜

先日開催した運動会が順延となり、今日は運動会に参戦〜
会場でブログを書くという荒技にチャレンジ中です(笑)

さて、経産省シリーズの再開ですw

前回は北海道の停電における、再エネの復帰経緯等について書きましたが、今回は再エネ全体の直近データについてまとめてみたいと思います。今回はめんどくさいのであまり図は多用せずに文字で勝負ですw 資料で言うとP16〜30あたりについて言及しますw

@電源構成に占める2016年度の再エネ比率は14.5%である。→恐らく現在は15%超えてます
A2030年度の再エネの目標は22-24%であるところ、現在15%程度。
B再エネのうち、太陽光の導入量は2030年目標の70%も進捗してしまっている=太陽光偏重
C再エネ全体のFIT認定量のうち、2018年3末時点の運転開始済みは約49%。認定量の約82%を太陽光が占める=太陽光偏重
D太陽光の発電コストは2017年で17.1円/kwh。2030年には5.1円/kwhになる見通し
E2018年度の賦課金(国民負担)は2.4兆円。一方で2030年度の目標が3.1兆円。後12年。。。もう詰んでますねw
F過去にFIT認定を受けているモノの、未稼働となっている案件が非常に多い。これらが稼働すると国民負担が爆発する。
G例えば40円案件の23%、36円案件は49%が未稼働→コレ、ちょっとまずいなぁ
H世界の発電設備の容量は2015年に再エネ石炭を初めて超えた!

ってな感じですw

ここまでをざっと総括すると、やはり太陽光偏重で導入が進んじゃっている事実と、国民負担(=賦課金)が目標を完全にオーバーランするペースで進んじゃっているようです。こりゃ、テコ入れ入ること確実ですね。特に高単価の未稼働案件がヤバいです。コレ、セコーさんがエイッと認定を遡及却下しちゃうんじゃないでしょうか。プロ市場で権利売買で値段がどんどん上がってますが、転がしているうちに、認定却下食らったらプロたちはたまったもんじゃないですねw ババ抜きみたいな感じになるかもですw ただなぁ、もう取り急ぎはそれしか手は無いですよ。稼働済みはさすがに遡及厳しいですが、未稼働ですからね。狙い撃ちされるコト確実ですw

次、我々太陽光発電家が注目すべきページを抜粋しますw
tiyoukou.png
一番上に書いてあることが全てなんですが、太陽光は2030年の目標である、6400万kwに対して、現時点のFIT認定量が7810kw、導入量が4450kwという状況です。10〜50kwの案件が多く、全体の95%を占めている。ということです。

皆さん、よろしいでしょうか。

コレ、普通に考えて、まずい状況ですよね?だって、2030年、12年後の目標認定量を既に超えちゃってるんですよ??

こりゃー、普通に考えて、ストップ・ザ・太陽光ってなっちゃいませんか?

しかも件数ベースで低圧が95%を占めていますw →ワザワザ件数ベースの表現で低圧狙い撃ちw

当方は本ブログにて今まで何度も書いてきましたが、低圧太陽光というジャンルが消滅してしまうのでは?という危惧はココから、この数字から来ていますw

普通に考えると、来年度以降の低圧は試合終了とされそうですよね。普通に考えると。

コレを打開するには、計画を変えるか、高単価の未稼働案件を一律取り消しにする、くらいしか手は無いですね。

一度認定が出ているので、いわゆる遡及対応をやっちゃうのか、遡及せずに来年度から門を閉めるのか、どちらにしても社会的影響が出ますので、難しいハンドリングが求められそうですw

セコーさん、頑張って〜!!

当方も余裕ぶっこいて案件寝かしている場合じゃないカモですね。ちょっと急ぎましょw

※明日のプレミアムセミナーでも本件最新情報をUPしたいと思います。
ご参加予定の皆さん、差し入れヨロシクお願いします〜w

※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8164675
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック