検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
不動産、太陽光、節税にて思い立ってからちょうど3年、2016年3月末でサラリーマンを卒業しました!現在1馬力で個人法人合わせて年収1.5億まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサル(ココ)という形で日本全国の皆さんに展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!! 【祝】2020年にロードバイクで日本一周を完走しました〜!来年は2周目に突入です(笑)
プロフィール
【所有発電所】
@茨城県潮来市  80Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   91Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   68kW 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40kW 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50kW 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44kW 32円 2016/5〜
F茨城県常陸太田  85kW 21円 2019/7〜
G群馬県安中市   57kW 27円 2020/2〜
H栃木県日光市   80kW 24円 2020/3〜
I茨城県常陸大宮 151kW 21円 2020/9〜
J群馬県安中市   79kW 27円 2020/11〜
K茨城県常陸大宮  57kW 21円 2020/12〜
L福島県いわき市  90kW 21円 2020/12〜
M福島県いわき市  90kW 18円 2020/12〜
N栃木県那須郡   64kW 21円 2021/6〜
O横浜屋根     12kW 27円 2021/3末まで
P群馬県前橋市   267kW 24円 2020/3末まで
Q栃木県那須郡   86kW 21円 2022/3末まで
R茨城県常陸大宮 169kW 21円 2022/3末まで
S茨城県那珂市   86kW 21円 2022/3末まで
㉑栃木県日光市   59kW 14円 2024/3末まで
㉒栃木県日光市   63kW 14円 2024/3末まで
合計(稼働済み) 1147kW
合計(エア含む) 1867kW

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→26.5万/月(表面7.2%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→130万/月(表面8.7%)
合計家賃収入  330万/月

※ご好評頂いている成功報酬型コンサルメニューはココ

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2018年10月02日

経産省に行ってきた!A

おはようございます、アントレです〜

今日もお天気最高〜w 気持ちの良い一日になりそうですねw

さて、昨日の続きですw

第38回調達価格等算定委員会。いったいどんな内容なんでしょうか?

っと、あまり期待値が上がるといけませんので、結論から先に書いちゃいますが、今回の会議は今後の進め方の合意形成という感じでして、特段何かが決まったというようなことはございませんでしたw

毎年、5〜8回ほどの会議を経て、調達価格は決まってきているようでして(詳細はココ)、今回はまさに来年度単価を決めるための最初の会議ということで、そりゃ何かが決まってしまうという感じにはならないですよね〜

というものの、イロイロ気付きはあったので、当方なりの所感をシェアしたいと思いますw

まず、この手の会議はどんな組織の人間がどういうスタンスで出席しているのか、が、非常に重要と思ってまして、座席表は以下の通りでしたw
38.png
経産省サイドは省エネ・新エネ部の面々でしたが、やはり資エネ庁のエース山崎課長がメインパーソンという感じでしたねw
また、左側に消費者庁、国交省、農水省、環境省からも出席者がありました。結局何か喋ったりはしませんでしたが、変なことにならないように目を光らせている、という感じでしょうか。

あ、あと、原発関連の人は出てませんでしたね。さすがに調達単価には興味は無いのでしょうかw

そして、本会議のメインパーソナリティは、下側にいる、各委員という感じで、原則として資エネ庁が出した論点について、この委員が発言・意見を述べて、それが政策に反映されていく、という感じになります。

ということで、どんな肩書の方かというと、、、
382.png
こんな感じです〜w 誤解を恐れず言ってしまいますと、今までの各年度の単価や、来年度の単価、低圧太陽光のカテゴリーがどうなるかや、パネル増設の単価落ちや、小型風力のジャンルを消してしまったり、等々と、この方たちがイロイロ決めてるんですよ〜!!!

ということで機会があれば、是非ともこの5名の方を当方主催のセミナー(と称する呑み)にご招待できればと、勝手に思っておる次第でございます。来るワケねーだろ(笑)

次に、どんな資料が出てきたかというと、

国内外の再生可能エネルギーの現状と 今年度の調達価格等算定委員会の論点案

という感じでして、そのコンテンツは以下となっておりましたw

1.国内外の再生可能エネルギーの現状について
 (1)直近の政策動向 〔参考〕北海道胆振東部地震を踏まえた電力需給の状況について (再生可能エネルギーを中心に)
 (2)直近のデータについて(総論) (各電源の状況)

2.今年度の調達価格等算定委員会の論点案について


基本的には以前出席してきた「再生可能エネルギー大量導入・次世代電力ネットワーク小委員会」の資料の調達単価の部分を最新化した感じの資料でしたが、北海道地震における再エネの話等も入っていて、中々面白く読める資料でしたw

それでは、この資料の中身や、実際の会議での議論の内容等をアントレ目線でUPしたいと思いますが、長くなったので一旦切りま〜す!

※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8156764
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック