2020年09月13日

最優秀賞

中3の文化祭の二日目の舞台は、やや元気に欠けた。
一日目の舞台からは、彼らの緊張感が伝わってきて、それがパワーにつながったが、今日の舞台はそうではなかった。
審査は今日なのだ。

私の見るところ、役者たちの演技にやや空回り感があった。

テンポ良く展開はできたが、随所にセリフミスもあった。

二日目の舞台は、どの団体もレベルアップしていたので、「これで最優秀賞を取れるかな…」、と思いながら、私は写真撮影に勤しんでいた。

昨日より良くなったところは、多少まとまりが良くなったことくらいだろう。

「R君、間違えちゃったね〜。」
と、主役級の生徒に声を掛けると、「気合いが入り過ぎちゃいました」、とのこと。
それでも上手かった。

舞台演劇の評価は、「脚本と役者の演技と、舞台の一体感、そしてテンポの良さ」、だ。
中3の劇は、これらはクリアしていた。

あとは、審査員次第。
プロ2人がどう評価するか、だが、幸い、結果は『最優秀賞』だった。

R君も最優秀演技賞、脚本も脚本賞を取れた。
大道具も、シンプルかつ必要最小限だった。

もちろん生徒たちは大喜び。
途中、いろいろなトラブルはあったが、結果良ければすべてよしだ。

「おめでとう!」
私は、素直に彼らを祝福する。

もっともっと磨けるのだけれど、文化祭ではこれで十分なのだろう…。

もちろん、他の団体の劇もよかった。
随所に光り輝く部分があった。

私の学校の生徒たちは、なかなかの芸達者だ。

この成功体験が、彼らのエネルギーになる…。

彼らの純粋さとエネルギッシュなパワーに、自然に泣けてきた。

だから生徒たちと関わるのは面白い。
ファン
検索
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ