2021年06月22日

面談にて

昨日、私がすっぽかしてしまったので、今日の面談になった。
年2回の人事面談でもある。

「この半年で、私がどんな仕事をしたのか…」、を振り返ってみると、やはり、「私は働いていないのだろうな…」と思う。ただただ授業をして、部活をして、という生活の繰り返しである。

振り返ると、このところめっきり体力が落ちてしまった。
これほどまでに急降下をするものか、と体力増強について意識を払っていない自分に憤るほどだ。

この体力の衰えは、「いざ」というところで踏ん張りが利かなくなり、それが気力を萎えさせ、仕事量が減っているように思う。
それを伝えたつもりだったのだが、理解されたなかったようなので、「若手へのアドバイス」についてすこし述べてみた。

このところ若手のアドバイスについて困惑している。

どこまで言ってよいものか、分からないのである。

彼等の教育に対する貪欲さも感じられない。

アドバイスを受けようという気持ちも感じられない。

その上、自分は優れている、自分は他の人とは違う、とも思っているふしがある。

こんな風だから、私もよほどのことがないと、忠告めいたことは言わなくなってしまった。

それによって、学校としての伝統が失われ、路線が変わってしまうことも知っているが、もはや、私の手に負える状態ではなくなってしまった。

ならば、「失敗してから言うか…」、などと極めて私の生き方とは反対の状態になってしまう。

とは言っても、私の学校では、陰で皆が支え、何重にもブロックしているので、授業が崩壊したり、クラスが滅茶苦茶になったり、など目立った事件は起こりえないのだ。

だか、そのことすら、彼等は気づいていないようにも見える。

現代若者の気質だろうか…。

私は面談で、「彼等への指導が難しく、十分出来ておらず、またどうしてよいか分からないので、放置状態になっている」、と反省点を述べた。

その意味では、教頭と意見が一致した。

おかしな面談になった。




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10815708
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ