広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年05月26日

朝獲れの魚でお客さまの心をつかもう!

こんばんは!

今日はじめじめしていて蒸し暑かったですね。
雨の日は頭が痛くなるのでつらいです。

低気圧の影響ですかね。。。
誰か教えてください。
そんなことはおいといて、今日のブログは「朝獲れの魚でお客さまの心をつかもう!」について書いていきますね。

いつもどうやって魚を仕入れていますか?
本部から送られてくる市場のリストを見ながら決めていませんか?

本部から送られてくる市場の魚っていつ獲れた魚か知ってますか?
確実に1日以上は経っています。

そのため店につくころには鮮度も確実に落ちてしまいます。
本部が一括で仕入れるため安くはなっているのですが、その分鮮度が落ちてしまうとがっかりですよね。
お客さまにもアピールできません。

そこで挑戦してほしいのが、朝獲れた魚を店頭にだすことです。

そのためにはまず、自分の足で漁に出ている人に魚を売ってくれるように交渉しにいかないといけません。

個人の漁師さんから朝獲れた魚を買うことにはメリットがあります。




1つ目は仲介手数料がかからないことです。

市場から買った魚には漁師から市場、市場からお店とワンステップおいています。
この漁師から市場に渡る時点で紹介手数料みたいなのが付加されます。
その分、朝獲れの魚を個人から買うと市場というワンステップをふまないので、手数料がつかず安く買えるのです。

その分お客さまに安価で質の良いものが売れるのです。

2つ目のメリットは鮮度が抜群ということです。
これも当たり前ですね。
市場から仕入れた魚は1日以上たっています。
それに比べ、個人から仕入れた魚は朝獲れた魚なので全然鮮度が違います。
刺身で食べるとよくわかりますよ。
包丁を入れたときの感触も違います。
ぷりぷりでちゃんと包丁を研いでいないと切れないときもあるくらいです。

3つ目のメリットは珍しい魚が入ってくるときがあります。

市場では出回っていない魚が手にはいるチャンスが個人の漁師さんから提供されるときがあります。
朝獲れたってだけで嬉しいのに珍しい魚だと嬉しいですよね。
店に並べるだけでも子供たちが寄ってきて、嬉がると思います。

4つ目のメリットは飲食店の方に人気がでます
鮮度がいいとなると、お客さまにも評判が出ますが、飲食店の方にはもっと評判がよくなります。
飲食店の方もお客さまに提供するため、よりよくおいしいものを探しにやってきます。
朝獲れたってことをアピールすれば少しくらい高くても買ってくれるはずです。


このように朝獲れを扱うメリットは沢山あります。
自分で個人の漁師さんに交渉しにいくのは面倒くさいですが、売上アップのためには少しくらい面倒くさくてもやるべきですよ。
売上アップのための頑張りましょう。

それではこれで「朝獲れの魚でお客さまの心をつかもう!」についてを終わります。

ツイッターもやっているのでフォローしてくれると嬉しいです。
「コバルト」と検索するとでてきます。
よろしくお願いします!

プロフィール
cobalt deskさんの画像
cobalt desk
こんにちは! 水産部門の為の勉強部屋に来ていただいてありがとうございます! ここでは、水産部門で働くうえで必要な知識を書いていっています! 新入社員の方、水産部門に興味のある方大歓迎です! わからないことがある場合は下の方に検索機能もついているので活用してください! ツイッターもやっているのでフォローしてくれると嬉しいです! kobarutodesk で検索できます! よろしくお願いします!
プロフィール
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村  
農林水産業 ブログランキングへ サイト内の魚の名前を検索する際はカタカナで入力してください!
ブログランキングへのクリックもお願いします! 応援お願いします!
検索
5月の記事ランキングベスト10
  1. 1. no img 相乗積について!
  2. 2. no img 歩留まり原価について!
  3. 3. no img アトランティックサーモンとトラウトサーモンの違いについて!
  4. 4. no img 活け締めと野締めについて!
  5. 5. no img 刺身を切るときは原価に注意!
  6. 6. no img PI値を求めてどれだけ売れるのか予測しよう!
  7. 7. no img 部門支持率について!
  8. 8. no img 魚の歩留り率を知っておこう!
  9. 9. no img 本マグロ天身とは?
  10. 10. no img 仕入売上比率について!
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。