広告

posted by fanblog

2015年11月30日

ハードディスクのメンテナンスのすすめ

パソコンの故障で最も多い物理的な故障は
ハードディスクの故障です。




データ復旧のお話をしようとも思いましたが、
今回は予防のお話をさせて頂きたいと思います。




ハードディスクは人間と同じで、
夏の暑い時と冬の寒い時に調子が
悪くなりやすい事が修理をしていて分かりました。




さらに人間と同じで、ハードディスクも大きな故障の前に、
何等かのサインがある場合が多いのです。




「起動時1回では起動しない」
「音がいつもと違う」
等です。




そして修理してきた中で最も多い原因が、
ハードディスク基板の腐食による接触不良です。

dataf_001.jpg


赤丸部分の裏が接触部ですが、
こちらからも腐食で色の変色が見て取れます。




この状態を放置しているといずれ起動しなくなり、
データの復旧も簡単にはできなくなります。




もし腐食が疑われる場合は基盤を取り外し、
腐食を取り除く事で延命する事が出来ます。

dataf_002.jpg


基盤を取り外すためには
T型トルクス(星形)ねじ回しが必要になる事があります。
ハードディスクごとに違いますので、
合った物を探してください。





外しましたら、私は接点回復剤というものを
使って腐食を取り除きます。
これは接点部分の腐食を取り除き、
以後の腐食を防いでくれる効果があります。





なければ研磨剤の入った歯磨き粉を
綿棒に付け、軽く擦る事で落とせます。
水分が残ってしまうとまた腐食してしまうので、
綺麗にふき取ってください。




世の中のハードディスクの故障原因の大半は、
実はこの接点部分の腐食が原因です。




パソコンやハードディスクレコーダーがすぐ壊れるという方は、
湿気の多い所に設置していませんか?


メンテナンスと共に環境管理をする事で、
故障は格段に減らす事ができます。

人気記事
●プリンタ付格安純正インクで年賀状を安く印刷できる裏技
●高い純正インクを本当に使うべきか。それとも互換インクで良いのか。
●ランサムウェアCrypt0L0ckerへ感染したパソコンからデータが復旧できるのか
●ランサムウェアCrypt0L0ckerについての再考 (ダメもとで色々試しました)




カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集


プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。