広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2021年03月26日

Windows server OS に Microsoft Office をインストールしても良いのか

メンテナンス先から電話があり、「サーバーに Microsoft Office をインストールしたいのですが」と連絡がありました。サーバーOS は Windows Server 2019 です。

その会社は、昨今のコロナ対策として自宅でも会計業務がこなせるように会社のサーバーにアクセスできる設定を、ある業者に依頼していたのです。私は、サーバーの設置・運用・メンテナンスのみを行っている会社に所属しています。


話を聞くと、リモートデスクトップ設定を行った業者にエクセルやワードのファイルを操作するには、サーバーに Office をインストールしてください。と、言われたそうです。

「ちょっと待ってください。サーバーに Microsoft Office のインストールは通常はしませんよ」と返答したのですが、なぜその業者はそのような答えをしたのか悩んでおりました。

そうして、サーバーのメンテナンスで顧客の会社を訪れたところ、その答えが分かったのです。ファイルサーバーを「リモート設定」していました…。ふつうはクライアントPCをリモートデスクトップとして設定します。

そんなありえない事をする業者が存在するのだろうか。ファイルサーバーを管理者でない従業員が使えるようにリモート設定する事は、ふぐの調理師が「ふぐの肝」を客に提供するくらいありえない事。

会社の管理者のみが使用する内容であればまだ許せます。しかし今回は管理者ではない事務員が使うリモートデスクトップです。さらに会計ソフトもインストールされていました。

会計ソフトが Windows server 2019 に対応しているかを調べましたが、メーカーページでは対応 OS としての記述はありませんでした。設定を行った業者は、会計ソフト会社から認定を受けた会社で、そこの紹介で来たところです。 ⇒ (追記 : 後日、再確認をしたところ会計ソフトは Windows server 2019 にインストールできる仕様でした。)

「大丈夫なんですか?」と業者に電話で聞いてみたところ、「他でもやってますが、大丈夫ですよ」との返答。「他にもやらかしてるんかっ」と心の中で絶叫しました…。

また、 Windows server 2019 に Microsoft Office を入れさせようとしていましたが、そちらも対応しているはずがありません。インストールはできるでしょう。ベースが Windows 10 ですから互換性はあります。

しかしながら、全く違う OS です。何が起こるか予測ができません。サーバーに何か起こった場合は、私が復旧をしなければなりません。何日も通うことになります。

試しにサーバーにリモートログインし、できる事を調べてみました。管理者以外が見てはいけないフォルダ名、ユーザー名一覧が丸見えです。さすがにリモートユーザーでのデータアクセスには制限がありましたが、セキュリティ構築の欠陥は明らかでした。

また、このサーバーをクラッシュさせようと考えた場合、幾つもの方法が思いつくほど脆弱です。

通常使用のためにファイルサーバーに「リモートデスクトップ設定」は行わないようにしましょう。なんてセキュリティ指南は存在しません。当然のことだからです。自動車学校で「信号は守るべきか?」と質問するようなものです。

本題に戻ります。個人で利用する Windows server OS に Microsoft Office を入れるのは構いません。問題が起こってもそれほど大変なことはないでしょう。しかし、法人ではよく運用・セキュリティの事を考えてから行うべきだと言えます。それから、マイクロソフト公式には対応しているとの発表はしていません。
posted by エコ8 at 12:00| OS関連

2021年02月18日

弥生販売のクライアントがSQLサーバーに接続できなくなった原因

メンテナンスを行った次の日、電話はかかってきました。「弥生販売のクライアントPCがサーバーに接続できなくなった」というものです。心あたりがあるとすれば、メンテナンスで行ったウィンドウズアップデートです。

メンテナンス時にウィンドウズアップデートを行う理由

毎週水曜日にあるアップデートですが、すぐに行うとアップデートプログラム自体にミスがあり、パソコンに不具合をきたすことがあるのと、仕事中にアップデートが行われてしまうと業務に支障をきたすからです。

ウィンドウズアップデート日から数日経過した比較的仕事量の少ない日をメンテナンス日に設定し、不具合が発生しても対処できる状態で行っています。

今回、弥生販売にウィンドウズアップデートで不具合が発生しましたが、このことが被害を最小限に抑えてくれたと感じます。

弥生販売のクライアントがSQLサーバーにつながらない時にする事

メーカーサイトには、この症状がでた時の対処方が書かれています。それは、SQLサーバーの置かれているパソコンのファイアーウォール設定を変更してやる作業です。

メーカーの作業概要


SQLのバージョンによって、2つファイルの保存場所が違うので事前に調べる必要があります。調べ方については、「SQL Server関連ファイルの場所を確認する」でメーカーサイトでも説明があります。

顧客の対応にて、この作業を行ってもらおうと思ったところ、すでに設定が完了していることが分かりました。

弥生販売のクライアントがSQLサーバーに接続できなくなった本当の原因

SQLサーバーのパソコンの設定に問題が無く、クライアントPCにウイルス対策ソフトなどもインストールされておらず、通信が遮断される原因が思い浮かびませんでした。

ふとある事を思い出しました。数か月前に「業務用のSNS通信アプリ」に不具合が生じ対処したことを。UTM です。今回のウィンドウズアップデートでは、おそらくセキュリティが強化される更新だったのだと予測します。

UTM の機器側でも、その大きな変化に対応できない不具合が生じたのだと考えました。UTM を納品したのは、私の会社では無く、別会社です。メンテナンス上、私の予測・対応できる範囲内では問題が見当たらないため、UTM 設置会社に事情を連絡してもらうことにしました。しかし結局、UTM が原因ではありませんでした。

数時間後、弥生のサポートセンターにやっとのことでつながり、対処することができたとのことです。方法は、先に説明しました「ファイアーウォールの設定」で本来、プライベートのチェックポックスをオンにすればよいところを、「パブリック」のチェックボックスもオンにするというものです。

s019_2.jpg


対象は「sqlservr.exe」の方だったと思います。本来はパブリックにはしないはずのものですが、応急的な対処といったものだと思います。近いうちに修正の更新プログラムが作られると思います。
posted by エコ8 at 17:55| サポート記録

2021年01月16日

PC用電源ユニット (電源BOX) の選び方 【修理屋の本気】

dengen1.jpg

パソコン用の電源ユニットを選ぶときに見るべき点を分かりやすくまとめました。
主に見るべきポイントは、以下の5つです。


電源ユニットの見るべき点
 
・電源容量 W (ワット数)
・変換効率 80+
・評価
・コネクター
・メーカー


上から重要度が高いとお考えください。
ちなみに、電源が対応しているか聞かれることがありますが、自作機やミドルタイプのパソコンはほぼ規格にそった電源ユニットが搭載されています。

ただし、メーカー製PCやスリムデスクトップPCは、特殊な電源ユニットを搭載していることがありますので、市販のものが対応していない場合があります。


電源容量 W (ワット数) の選び方

電源ユニットを選ぶ上で最も重要です。300W〜1500Wまでが容易に手に入れることができる幅ですが。修理でよく利用する容量は650W750Wです。もし、故障で交換するのならば、現在付いている電源の容量を見て、それ以上のものを選ぶので良いと思います。以下は組み立ての場合や、部品をいっしょに増設する場合などの目安をまとめてみました。


パソコンの部品の中で一番多く電力を必要とする部品は、「グラフィックボード」です。それだけで100W〜300W ほど必要になります。性能が高ければ高いほど必要電力が多くなります。次に「ハードディスク」です。1個あたり100W 前後必要となります。CPUが 60〜125W ほど、その他が100W ほどあると考えて、ハードディスク2〜3台付けても大丈夫な容量が650Wとなるからです。

もちろんギリギリよりも多少余裕があった方が電源の寿命も延びますが、余程の事がない限り、650Wで問題ありません。使う方の増設状況を予測して750W にすることもあります。それから、グラフィックが内蔵されているマザーボードがありますので、ボードを搭載する予定が無い場合は、500Wでも十分と言えます。

ちなみに1000W 以上の電源を利用している方は主に、「高性能グラフィックボード」を複数枚搭載しています。

電源容量を選ぶおおまかな目安


500Wグラフィックボード非搭載
650Wグラフィックボード搭載、ストレージ2個以内
750W高性能部品を多く使っている ストレージ3個以上等


変換効率での選び方

パソコンの電源ユニットには、「80PLUS」という指標があります。



80PLUSの種類
 
・80PLUS Standard
・80PLUS BRONZE
・80PLUS SILVER
・80PLUS GOLD
・80PLUS PLATINUM


下に行くに従って変換効率が良くなり、電気代も安くなります。といっても年中パソコンを立ち上げているような人が、変換効率の悪い電源を「80+」に変えて年間五千円程安くなるといったものです。

普通のユーザーであれば、このマークの付いている物をなるべく選ぶといった基準で良いです。修理でよく交換するグレードは「80PLUS BRONZE」、「80PLUS GOLD」が多いです。

最低限「80+マーク」のついているものから選ぶのが良いと思います。

電源の評価の見方・調べ方

最も参考になるのは、アマゾンの評価です。最近は、偽装評価も横行していますが、電源については少ないです。「メーカー」さえちゃんと選んでいれば、評価に偽りがあるとは考えなくてもよいと思います。

最低「☆4つ」あるものを選ぶようにしています。また、それよりも重要なのが、評価の数です。同じ「☆4つ」でも、なるべく総評価数の多いものの方が信用できることと、期間が経過しての評価が多く含まれる点にあります。

初期不良以外の故障は報告までに期間を要するので、発売されて間もない製品はなるべく選ばないようにしています。発売されて1年以上が経過したものを選ぶと良いと思います。


コネクターの数とタイプ

今の電源ユニットは、ほぼコネクタが対応するように作られています。ですので、あまり見る必要はないのですが、ストレージを多く取り付ける場合や、グラフィックボードを複数枚搭載したい場合は、その数を確認する必要があります。

しかしながら、足りなかったとしても、変換ケーブルを使えば事足りるケースが多く一応目をとおしておくといった項目です。

また、パソコン内部をスッキリさせたいと、取り外しのできる「プラグインケーブル」タイプを選ぶことがあります。必要なケーブルのみを取り付けることができます。不要なケーブルが多くあると、内部の空気流動性が悪くなり、パソコンの性能そのものに影響がでることがあります。パソコン修理屋としては、できる限り「プラグインケーブル」を使いたいところです。


電源ユニットのメーカーの選び方

電源ユニットのメーカーはよく見るもので8つ程ありますが、私が修理で利用するであれば以下の6つのメーカーです。

高信頼の電源ユニットメーカー
 
・玄人志向 (クロウトシコウ)
・オウルテック
・Cooler Master (クーラーマスター)
・ANTEC (アンテック)
・Corsair (コルセア)
・Thermaltake (サーマルテイク)


その時々で、相場で入手できる電源が違ってきます。在庫不足になれば仕入が割高になることもあるので、毎回違う電源を使うことになります。今まで納品したパソコンの電源ユニットは全て上記メーカーです。長年の信頼を元に選んでいます。

2021年1月現在、電源ユニットを選出してみました。



500Wから厳選2種 
玄人志向 KRPW-L5-500W/80+ANTEC NE550C

玄人志向 STANDARDシリーズ 80 PLUS 500W ATX電源 KRPW-L5-500W/80

新品価格
¥4,289から
(2021/1/16 14:54時点)


ANTEC アンテック 80PLUS BRONZE認証電源 ANTEC アンテック NeoECO Classicシリーズ 550Wモデル NE550C

新品価格
¥5,282から
(2021/1/16 14:55時点)







650Wから厳選2種 
Corsair  CP-9020211-JP PS912玄人志向 KRPW-BR650W/85+

Corsair CV650 PC電源ユニット 80PLUS BRONZE CP-9020211-JP PS912

新品価格
¥7,044から
(2021/1/16 14:56時点)


玄人志向 80Plus Bronze 650W ATX電源ユニット KRPW-BR650W/85

新品価格
¥5,855から
(2021/1/16 14:57時点)







750Wから厳選2種 
ANTEC NE750 GOLDCorsair CP-9020179-JP

80PLUS GOLD認証取得 高効率高耐久電源ユニット NE750 GOLD

新品価格
¥9,973から
(2021/1/16 14:58時点)


Corsair RM750x -2018-750W PC電源ユニット[80PLUS GOLD] PS794 CP-9020179-JP

新品価格
¥12,755から
(2021/1/16 14:59時点)




電源ユニットは価格が高ければ良いというものではありません。信頼できるメーカーで、かつ故障しにくい型番を探す必要があります。上記の電源は、それらに加え、電気料金が安くなる「高変換率」、「コストパフォーマンス」を重視して厳選しています。

2021年01月05日

OSが起動しない不具合を対処したら失敗した話


>>Checking Media Presence.....
>>Media Present.....
>>Start PXE over IPv4 on MAC: **-**-**-**-**-**.


上記のような表示が出てOSが起動しなくなったそうです。再起動しても同じ状態がループするという不具合です。

ヒアリングでは、MSCONFIG でスタートアップを制限して起動したところ、症状が出て直すことができなくなったそうです。

レジストリを元に戻すべく、「システムの修復」を行おうとしましたが、アカウントのパスワードを求められ、先に進むことができませんでした。いくらパスワードを入れても入れませんでしたが、LANケーブルを接続した状態 + 別のパソコンでアカウントのパスワードを再設定してやっと入ることができました。

sq05.jpg


そうして、念のため増設されたハードディスクを外して修復を行い、正常に起動させる事ができました。しかしです。ここからが問題なのですが、電源を落として増設したハードディスクを接続して起動したところ、以下の状態になってしまったのです。

sq01.jpg


ディバイスに問題が発生したため、再起動する必要があります。
エラー情報を収集しています。自動的に再起動します。

**% 完了


もう一度、システム修復ができるか確かめたところ、途中まで進めるのですが、「このドライブでシステムの保護を有効にする必要があります。」と出て修復が出来なくなったのです。

sq03.jpg


色々調べシステムの保護を無効に設定し、修復を実行できるようになったのですが、今回は復元に失敗し、「PCが正常に起動しませんでした」という表示が出るようになり、修復が完了しません。

sq04.jpg
sq06.jpg



増設分のハードディスクを取り外してみたり、色々試しましたが手詰まりとなってしまい、リカバリを行いました。幸いな事に大切なデータはバックアップを取られていたので、実害はほとんどありませんでした。

しかし、一度は正常に起動させることができたのに、リカバリを行うハメになってしまったのは、無念でなりません。外付けハードディスクのデータを守るため、取り外して作業を行いましたが、これが引き金になった可能性があります。

調べたところ、修復後にストレージを接続することで、上記のような問題が起こったという事例が複数ありました。同じ作業を行っている方が同じ失敗を起こさないように少しでも参考になれば幸いです。




posted by エコ8 at 18:59| サポート記録

2020年11月29日

車上荒らしにあわない為のセキュリティ対策

パソコンのセキュリティを考えるうえで車のセキュリティも考えなくてはなりません。仕事でノートパソコンやフラッシュメモリを車に積んでいる状態で車上荒らしや盗難にあってしまう可能性があるからです。

その中で最近横行している車の盗難方法があります。「リレーアタック」です。キーレスエントリーで車に近づくと勝手にカギが開いたり、ドアノブを引くだけで空いたりします。その機能を利用して、アンテナを使い信号受信感度を上げ、家の中にあるキーからの電波をキャッチして開錠するのです。

keyc.jpg


簡単な対策は信号の遮断のため、「ブリキ缶に鍵を入れてフタを閉めて保管する」というものがあります。しかし、入れ忘れたり、確実に対策できるというものではありません。市販されている電波遮断ケース等も「使っていたら、遮断しなくなった」という報告もありました。

どうにか対策ができないものか調べたところ、発見しましたのでその方法をご紹介します。
。それは、「ボタンを押さなければ解錠しない設定」にすることです。メーカー各社その方法は異なりますが、ダイハツのタントのカギでは以下の方法で設定変更をすることができました。

@ロックとアンロックのボタンを同時に8秒以上押す ⇒ インジケーターが3秒間赤に
Aインジケーターが赤に点灯中に「アンロックボタン」を一度押す
Bインジケーターが赤に点灯中に「ロックボタン」を一度押す

設定変更ができると、ボタンを押したときのインジケーターランプが赤色に変ります。同じ手順をもう一度することで元の設定に戻すこともできます。元の状態 (自動ロック・アンロック) になるとボタンを押したときにインジケーターが緑色に光ります。

この設定をしておくと、ボタンを押して初めて鍵を開ける事ができるようになります。

データの盗難のニュースを聞くと、その多くが車がらみの事件であることが多いので、こういった対策もしておくのが大事だと考え、ご紹介させて頂きました。
posted by エコ8 at 19:21| 裏ワザ

2020年10月30日

必見! 高スペックノートパソコンを格安購入する方法

先日、昔からよくパソコンの組み立てを依頼されるお客様よりパソコンの納品依頼がありました。ノートパソコンを3台とのことです。

店舗用で、お客さまと対面して利用するため、細かな仕様が指定されました。仕様にあったパソコンを、東芝、NEC、富士通、DELL (デル)、Lenovo (レノボ)で探して同等のスペックで金額の比較をしてみました。

日本のメーカーで見積もりをすると1台あたり20万円弱になってしまいました。依頼されたお客様は金額については、特に安い方が良いと言われる方ではありませんが、コストパフォーマンスから考えると割高は避けたいところです。

当然、日本メーカーの方がサポートや補償が手厚く良いところも当然あります。しかし、何か不具合があった場合には私が対応できるため、性能と価格面は重視したいと考えています。

そうして出た結論が、「Lenovo (レノボ)」でした。昔、IBMのブランドであった「ThinkPad」です。型番は、「ThinkPad E15」。第10世代の最新の インテル Core CPU が搭載されています。

また、OS も「Windows 10 Pro 64bit」が選択でき、オフィスは、「Microsoft Office Home and Business 2019 (法人向け)」が選択できます。

仕様にあったもの (Core i7) にカスタムすると15万円弱になります。これでも他と比較して十分安いのですが、ここで「裏技」が使えるのです。

ビジネス用ノートパソコン(高スペック)を格安で入手する裏技の紹介

それは、メモリを最低の 4GB 、ストレージを HDD 500GB にするのです。そうすると合計の価格は、109,032円になります。これに自分で16GB の SO-DIMM (PC4-21300 DDR4 8GB ×2枚)と、512GB SSD を購入して取り付けるのです。

パソコンの仕様を下調べをしたところ、メモリとストレージは、簡単な作業で取り付け、交換ができることを確認しています。メモリは現在搭載されている 4GB のものを外し、8GB × 2枚を取り付けます。

ハードディスクを SSD へ交換する方法は、「ハードディスクコピー機」を使います。一般的に3,000円〜4,000円で販売されています。取り外したハードディスクを SSDへまるまるコピーするのです。コピーできる条件は、元のサイズよりも大きい容量のものへしかコピーできません。

だから SSD は 512GB 以上のものを選択する必要があります。1TB にしなかった理由は、全体のバランスから十分であるのと、サーバーへデータ保存される環境なので、個々の PC に容量が必要なかったからです。

この方法だと、「ハードディスクコピー機」の金額を含めても 126,000円程で以下のようなスペックPCが入手できるというわけです。

CPU インテル Core i7-10510U プロセッサー (1.80GHz, 8MB)
メモリ 16GB
ストレージ 512GB SSD
OS Windows 10 Pro 64bit
Office Microsoft Office Home and Business 2019 (法人向け) 付属

内蔵カメラ 720p HDカメラ(マイクロフォン付)
テンキー付キーボード

どこのメーカーサイトでも上記のスペックをカスタマイズすると、20万円前後かかります。それを Lenovo では、この金額で調達できてしまうんです。

取引先の会社がレノボのパソコンを多く導入していますが、不具合も少なく良い個体が多いのも安心できる点です。
posted by エコ8 at 13:07| 裏ワザ

2020年07月25日

修理料金を安くできる「ある魔法の言葉」

先日、バイクの調子が悪くなり修理に出しました。ほとんどの故障は自分でも修理ができるのですが、原因の特定や部品の取り寄せをしていると1週間〜2週間程かかります。

495170.jpg



最近、使う頻度が高く、どうしてもすぐに修理がしたかったので、バイク修理店に持ち込みをしました。

私はパソコンの修理屋なので、修理屋として助かる頼み方に気を遣いました。「修理費用が高くなる場合は、廃車を考えています。3万円以内であれば修理したいと思っています。もし修理費用が高くなった場合は、見積り料金だけを請求してください。」と伝えたのです。

パソコンの修理見積りには10時間以上を要するものがあります。修理見積もりが高額になった場合は、修理をキャンセルされることもしばしばあります。

見積りに1万円は頂きたいのに、そんな見積り料金では依頼する人もいません。だから少しだけチェックをして修理前に最大でかかりそうな金額を伝えています。実際に最大の料金がかかる事はあまりありませんが、伝えた金額よりも高かった時にクレームになるので、そのように伝えざるを得ないのです。そうすると、修理を諦める方もいます。

本当は安く直せる可能性があるにもかかわらず、正確な見積りを無料でしていると時間がいくらあっても足りなくなります。


昔、あるお客様に「見積り料金はお支払いしますのでお願いします」と、言われて心が救われた事があります。修理を依頼する気持ちが伝わり、できる限り期待に応えて差し上げたいと感じました。

そのような経験をしているので、どんな物でも修理見積りに料金がかかるのは当たり前だと思っています。むしろ、この言葉を伝えてもらえると、ムダな作業が減るので通常よりも安く直せるんです。

パソコン修理見積りでは、部品を交換して正常に動作する事を確認するものがあります。ここで修理見積りに OK を頂くと、そのまま引き渡しをするだけなんです。もしキャンセルをされると、故障している部品に付け直して返却する事があります。

キャンセルされるとさらに余計な手間がかかってしまうんです。許容できる金額を事前に伝えて頂くと、そのような事が無くなるので、とてもありがたいという訳です。



バイクは2日で直り、修理代金も思ったよりも安く済みました。

2020年07月02日

お店に来たお客が突然キレ始め − 警察を呼ぶ事態に

ik005.jpg

歳は60代程。男性でピンク色の服を着た風変りなお客でした。突然店を訪ねてきては、買取について聞いてきました。

「あるミュージシャンのファンクラブに入っていないと買えないDVDが30本ほどある。」
「ケースは破損しているものがある。新品も混ざっている。」
「相場では30万はするものだ。買い取れるか。」と、いう内容。

査定を希望しているようでしたが、実際の品物が無いので正確な査定はできません。さらにたとえオークションなどで高額で取引きされているものでも、同じ金額では買い取ることが出来ません。

そこで私は、「実際に見てみないと査定はできない」という趣旨。それから、「30万円の相場でも、その金額では買い取りは出来ないと思いますよ。」と、伝えました。

そこでお客のスイッチが入ってしまったようです。

「はぁ?何でその金額で買えないの?」と威圧的になりました。

「例え未開封でも、初期不良なども考慮しなければいけませんからねぇ。」という内容をやんわり答えました。

内心は、そんな事はどうでもよく、威圧的な口調で会話をしてくるので、防御的に買取をしてはいけないと悟ったからです。


商品も持ってきていないのに強く言われ、断る事で頭がいっぱいでした。どうやって諦めてくれるか考えながら、実際にあった話をしました。

「今まで新品のDVDをたくさん扱って来ましたが、初期不良で返品された事が何度もあります。新品でも保管状況により、読めなくなる事があるんです」と、普通のお客様にはなかなか言わないけれども、正しい情報を伝えました。

そこでそのお客はブチ切れ、二段階に到達したのです。大声でどなり始め、私の胃の中で液体が「プシャー」と梨汁のごとく噴出している感覚が伝いました。

なんとかなだめようと、10分程やんわりと話していましたが、終わりなく暴言を吐き続けられたため、手が震え体調が悪くなってきたのを感じました。

なんとか言葉の暴力に終止符を打つべく「退店ください。退店いただかなければ警察を呼びますよ。」と、怒りの第三段階へ突入するであろう滅びの呪文を唱えてしまいました。

案の定、お客は第三形態へ進化しました。「俺は出て行かないぞ」「呼びたかったら呼べ」と開き直りながらさらに暴言を吐き続けました。

仕方ないと思い、警察へ電話を入れました。なんとそれと同時に、そのお客も同じように警察に電話をし始めたのです。

私は「店に来たお客が暴言を吐き続けていて、退店してもらえない」と、伝えたのですが、相手はと言うと「助けてください!店の人に襲われています。」

私「!?」

電話の先の警察の人「相手はナイフなど危険な物を持っていますか?」

お客「はい。持っています。今、手にキラッと光るものが見えました。」


私「!!!!?」

お客「たた、助けてください!!場所は〇〇です。殺されるーーーっ。早く来てくださいっっ」ガチャ

私「あのう。わたし何も持っていないですよね。何を演技してるんですか。おかしいですよね。」と問い詰めたところ衝撃的な返答が返ってきた。


「俺はお前に店を出ろと言われて精神的に追い詰められた。死ぬかもしれない。お前は俺を殺そうとした。だから正当防衛でウソをついた」と言ったのだ。

「サイコパス」という言葉があります。今まで私の周りにこの言葉がしっくり当てはまる人はいませんでしたが、ここで出会ってしまいました。この人に何を言ってもムダなのと、変に言い返すともっと大変な事になると悟りました。

心の中で「警察の人早く来て、早く来て」と念じながら、なるべくお客が落ち着くよう、「何もしないですから、落ち着いて下さい」とだけ、連呼し続けていました。

そうこうする事、約10分程して突然そのお客は「俺がいない方がいいんだろ」と言って店を出て行きました。その直後、待ちかねていた警官が二人お店に入って来たのです。

「こちらですか?」と言われたので、「あの人です」と、先ほど出て行ったお客が店から50mほど先の交差点にいたのが見えたので指さしました。そして一人の警察官が追いかけて行きました。

もう一人の警察官に、先ほどまであった出来事を詳細に伝えていると、先ほど客を追いかけていた警察官が戻って来て一言、「見失いました」

私「ええぇぇぇ・・」うなだれてしまいました。

話はここで終わりません。逃げたということは、何か仕返しに来るかもしれないと思いました。警官の方にも「お店は閉めておいた方がいいかもしれませんね」と助言されました。

防犯カメラを入口の方へ向け、その日は閉店する事にしました。そうすると、案の定、それから数時間後に扉をガタガタとする姿が防犯カメラに写っていました。先ほどの人物です。

その様子を見てしまったので、怖くて次の日も午前中だけ店を閉める事にしていました。そうすると、またやって来ては扉をドンドンとするのです。そうこうして体調を崩していたのもあり、一週間店を閉める事になってしまいました。

毎日のようにやってきては扉をガンガンするのです。「もう耐えれない」今度来たら警察に電話しよう。と思い待っていると、やっと諦めてもらえたらしく来なくなりました。

ずっと閉めたままにしても営業できないので、決死の思いで店を開けることにしたのです。そうして一週間ほどしたある日。やって来たのです。問題の人物が。

心臓が止まりそうになりながら、「何の用事でしょう」と尋ねると「カバンを忘れていないか」と言われたのです。当然そんなものはありません。「無いです」と即答するとすぐに店を出て行きました。

それからその人物は店に来る事はありませんでしたが、体調が改善するまで1ヶ月近くかかりました。

店舗で経営をしていると、2、3年に一度はこのような人が訪れます。
posted by エコ8 at 17:20| 取引トラブル

2020年06月02日

【ウィンドウズ10】OS入れ替え依頼を受ける前に確認すべき事

先日、ウィンドウズ7 のノートパソコンを ウィンドウズ10 にして欲しいという依頼を受けました。いつもの、よくある通常の依頼です。「ええ、いいですよ」といつものように返事をしてみると、意外な内容に落胆してしまいました。

「ジャイアントコーンだと思って買ったら、ピノ1個しか入って無かった」くらいの衝撃です。いや、もとい「これ読んで感想聞かせて」と渡されたのが聖書だった。くらいでしょうか…

普通はハードディスクを SSD に付け替えて ウィンドウズ10 を入れ、必要なソフトを数本インストール、アップデートするくらいです。もう少しあるとすれば、メールデータやエクセルデータなどの移行が少しあるくらいです。

それが今回は違いました。メールアカウントの数が20個。メールデータもその分の量があります。インストールすべきソフトの数も20本ほど、マイクロソフトオフィスのプロダクトキーも分からない状態で調べるのが大変でした。

細かいところを挙げると、移行すべきデータ大量、インストールすべきプリンタドライバー大量、弥生会計などもあるため、移行前に認証解除処理など面倒な作業が盛りだくさんでした。


極め付けがですよ。作業中にルーターが何度もハングアップしていて「おかしいな」と思っていたら、そのパソコン、どうやらアドウェア、スパイウェア満載だったんですよ。

そんなパソコンの作業をしていたら、こちらの会社の機器や回線に問題が出てしまいます。以前、別の従業員がウイルスに感染したパソコンを知らずに会社の回線につなげて長時間、作業をしていたことがありました。

少しであれば、問題はそれほどないのですが、長時間つなげていたため、プロバイダーから連絡が入りました。

「不正な通信が確認されました。早急に改善できなければ回線を遮断します。」と。

とにかく、色々と考えながら作業をしなければならず、普通だと3、4時間で終了する作業も、下準備だけで10時間以上かかりました。下準備中に判明したのが、内蔵されていたWebカメラが、ウィンドウズ10 に変更後は利用できないこと。インストールされているオフィスのプロダクトキーのマイクロソフトアカウントが見つからずインストールできないこと。

最終的に、「問題点を解決してから依頼してください」と、いう結論になりました。買い替えると高いので、OS入れ替えの選択をされたのですが、オフィスを買い直す。Webカメラも買う。作業料金も高くなることを考慮に入れると、新しく買ったものに少しづつ移行した方が作業効率が良いし、金額も安く抑えられる可能性があるくらいです。

今回、ウィンドウズ10 にする意図は、コロナ関連の影響でネット会議をしなければいけなくなったのが発端だそうです。とりあえず、安全に利用できれば、パソコンの性能はそれほど重視しなくても良い案件です。

Webカメラを搭載した中古のノートパソコンで、そこそこのスペックのものは1万円以下でもあります。

代金さえお支払い頂ければどんな作業でも頑張ります。ですが、コロナの影響で大変な時期である飲食業のお客さんなんです。そこは費用を抑えた提案をしたいと考えるわけです。

今回の経験で、どんな作業を依頼された場合でも、すぐに引き受けるのでは無く、作業内容はよく確認してから話を進めなければいけないなと感じました。

ということで、今回のケースを教訓に「ウィンドウズ10にOS入れ替え依頼を受ける前に確認する事」をまとめました。

OS入れ替え依頼を受ける前に確認すべき事

・オフィスのプロダクトキー及びマイクロソフトアカウントの有無
・移行したいソフト
・Webカメラ、カードリーダー等の必要性
・セキュリティソフトの有無
・メールアカウントの数、データ量
・移行したいデータの量
・プリンター、複合機のドライバー
・ネットワーク設定の有無
・無線LAN設定の有無

・その他 (上記以外で移行が必要なもの)


上から重要なものを挙げています。オフィスソフトの再インストールに必要なものを揃えれないケースが一番多いです。ウィンドウズ10に対応しておらず、移行できなソフトも沢山あります。これらが移行できない場合には、入れ替えを諦められる事もありますので、引き受ける前には必ず確認するようにしています。

Webカメラについては、今までは使えなくなっても問題なかったのですが、Web会議がスタンダードなものになってからは、重要な機能となってしまいました。

ウイルスバスターやノートンといったセキュリティソフトを再インストールする場合も、お客様番号やシリアルキーなどが必要になります。

メールアドレスなんて普通は2〜3個だろうと考えていましたが、今回は期待を裏切られました。20個もあれば、アカウントの移行だけで大変な作業量です。

ドライバーのインストールやネットワークの設定などは、パソコンだけ預かった状態だけでは出来ないものがあります。訪問しなければいけない作業は事前に聞いておく必要があります。

それから、最後の「その他」が意外と重要です。「その他、何か移行で大事なものはありますか?」と聞いておくのも重要なんです。「聞かれていないから、やってくれると思っていた」とトラブルになる事もあります。


普通の大手業者だと、ここまで移行作業ではやってくれません。キリがないのとやったからには、全てに責任が伴うからです。インターネットにつながりにくいと、設定をしたものに連絡が来ます。メールが突然、送受信できなくなっても来ます。ウィンドウズ10ではうまく動作しないソフトが見つかった場合でも連絡が来ます。

設定をしていなければ来ない連絡です。私がここまでする理由は、普段からお世話になっている顧客だからやっています。

そうそうトラブルになる事はありません。そういった作業をこなしながら、「この作業は常連のお客さん以外は、しない方がいいな」などと、考えながら引き受けれるラインを決めています。

2020年05月10日

知人に頼まれたヤフオクの代理落札は要注意 【トラブルに発展する理由】

auc01.jpg


よく知人にヤフーオークションの代理落札を頼まれます。そのほとんどが、すでに落札するものが決まっている出品物でした。

そんな依頼であれば、問題なく引き受けています。予定入札価格を聞いて、オークションの終了少し前にその額で入札をするだけ。落札できれば、連絡を取り、支払い、受け取りをして頼まれた人に渡すだけです。

しかしです。先日、トラブルになる可能性がある依頼をされたのでご紹介します。その依頼とは、「バイクのマフラーを落札してほしい」というものです。バイクの車種を言われ、「車検が通る、できれば純正のマフラーを5,000円ほどで落札してほしい」というものです。

「コレを落札してください」と、言われれば何も問題ないのですが、出品物自体を探さなければならないというのは、トラブルの元なので引き受けできませんでした。

どのようなトラブルが考えられるのかというと、以下のことが考えられるからです。

・車種が対応している製品ではなかった
・車検の通る製品ではなかった
・出品者がニセモノを送ってきた
・相場より高い製品であった
・取引相手となんらかのトラブルに発展した

私はバイクに詳しくないので、どの製品が車検に通るのかが分かりませんでした。さらにメーカーの純正マフラーは中古でも価格が高く、5000円で落札できるのかが疑わしいのです。

さらに安く落札できそうな出品者は評価が低すぎてトラブルになる可能性が高いのです。普段、私はちょっとくらい高くなっても評価の良い人から落札します。入札予定価格を低く決められては、時間ばかりかかって落札できない可能性が高いのです。

さらに品物が届いて不良品であった場合です。「コレを落札してほしい」と頼まれた場合は、出品者が選んだ物なので、返品作業を頼みやすいです。でも、出品者を選んだのがこちらであれば、返品作業もこちらでやる責任が出てきます。

さらに、余計にかかった送料や手数料もお詫びとして私が負担することなるでしょう。頼まれて無償・善意でやったことにしては責任が重すぎるのです。ましてや、ヤフーオークションでトラブルが起きる事はよくあることです。

詐欺に遭い警察に届けたこともあります。海外からニセモノが送られて来たこともあります。ヤフオクの現状をよく知らない人だから、依頼している人に責任はありませんが、頼まれる側はよく理解したうえで引き受ける必要があります。

例え落札物が決まっている品物の代理落札であったとしても、必ず伝えることがあります。それは「トラブルになった場合、手助けはできますが補償はできませんよ」ということです。

このような事を書くと、「神経質なヤツだな」と思われるでしょう。確かにそうなんですが・・・。過去に善意で引き受けた代理購入で一週間をムダにしたことがあるからこそ、神経質に考えるようになったのです。

ヤフオクの代理落札を引き受けれる相手は、きっと仲の良い知人だと思います。そんな仲の良い人を、つまらないトラブルで無くさない為にも、引き受けれない事は引き受けれないとキッパリと断った方が良いと言えます。
posted by エコ8 at 16:34| 取引トラブル
人気記事
●プリンタ付格安純正インクで年賀状を安く印刷できる裏技
●高い純正インクを本当に使うべきか。それとも互換インクで良いのか。
●ランサムウェアCrypt0L0ckerへ感染したパソコンからデータが復旧できるのか
●ランサムウェアCrypt0L0ckerについての再考 (ダメもとで色々試しました)




カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集


プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。