2020年05月07日

心を育てる

GWが終わり、また平常授業が始まった。

GWは5日間の休みにしたが、この間も外部からの接触を断ちつつも、めいいっぱい生徒たちのストレスを発散させた。

私の部活動も毎日早朝から、概ね午前中行った。
外部のグランドが使えず、高校野球の練習が始まる前の隙間を狙ったのだ。

毎日の午前中練習で、選手たちはずいぶん上手くなった。
春の大会は中止になり、夏の大会もどうなるか分からない中で、皆が一生懸命練習している。

先日訪れた近隣の学校の先生は、
「うちは三ヶ月間、部活をやっていません。」
と、言っていたので、その意味でもありがたいこと。

野球技術に加え、心も鍛えることができるからだ。

スポーツの世界では、時に、上手な選手が天狗になる。
自分勝手になり、思い通りにならないと、起こったりすねたりして、チームワークを乱すのだ。

その中で、いいチームワークができたチームが勝つ。
競ったときには、チームワークの力が最大の武器になるからだ。

私のチームのT君も、運動神経抜群、野球技術もなかなかだ。
だが、心のコントロールができず、苦しんでいる。

それでも最近は、毎日の日誌に、自分の課題として認識し始めたので、練習態度がずいぶん変わってきた。

「こいつはモノになるぞ…。」
そう、高校野球の監督が言うくらいの選手なので、大事に育てなければなるまい。

練習中は、あいかわらず「わーわー」言っているが、夜になって日誌を書きながら、自分の言動や、心の状態を振り返っているようである。

最近は、後輩の面倒もよく見ているので、先々楽しみだ。

「私が、彼の心を育てますから…。」
先日私は、そう豪語した。

できるかできないかではない。
「やる」のである。

心を育てれば、その先、どんな道に進んでも、成功を収める可能性がある。

我々教師は、来るべき未来のために、そうし仕事をしているのだ。





ファン
検索
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ