2019年05月20日

クロア篇−終章5

 賊の掃討があらかた片付き、町の上空をただよう飛兵の動きは緩慢になった。征伐から帰還した騎兵も町中の巡回にあたる。そのおかげか、飛獣で逃走をはかった賊六名のほか、町中で二人の賊の捕縛に成功する。それは兵士らの成果である。おかげで町の武官の面目は立った。
 クロアはさらに伝え虫から入ってくる情報を聞く。クノードは屋敷に帰還した、とわかった。おそらく、領主は屋敷にいたほうが官吏への指示を的確に出せるのだ。父に会うため、クロアも帰宅を果たした。
 屋敷内は多少の慌ただしさが残っていた。クロアは適当に官吏をつかまえて領主の居場所をたずね、クノードのもとへ向かう。彼は町中の情報を管理する稗官の仕事部屋にいた。伝え虫の連絡を受け取る稗官が在席し、そのとなりに武装したクノードがいる。クロアの入室に気付いたクノードが「無事でよかった」と娘の安息をねぎらう。
「クロアは飛竜のそばにいたそうだが、なにを話していたんだい?」
「ヴラドと……お母さまの身柄について話しあっていました」
 クノードが表情がくもる。
「それで、どうなった?」
「ヴラドはお母さまを返す、と言っています。でも、わたしはそれでよいとは思えません」
「なぜ、そんなことを言うんだ? フュリヤがもどるならそれでいいじゃないか」
 クロアは母の本心を明かそうか伏せるか、まよった。しかし言うと決める。
「お母さまはヴラドを……慕っておいでです」
 クノードと稗官が硬直する。知ってはならぬことを聞いたがゆえだ。クロアは続ける。
「二人を引き離すのは、よくないと思うのです。けれど、わたしだってお母さまとずっと会えなくなるのは嫌です。ですから、ヴラドを屋敷に招こうと考えております」
「……魔人はどう言っている?」
「承諾しています。お母さまも、お父さまが了承なさればそうしたいとおっしゃいました」
 屋敷の当主は考え伏せった。彼の判断ひとつで今後の動向が変わる。そんな決定はこれまでに幾度となくこなしていたはずだが、クノードは沈思黙考した。
「……お父さまはヴラドがそばにいては、お嫌?」
「良い気分はしないだろうな。強大な魔人だ、いつ人間に危害を加えるとも──」
「わたしはあの男の娘ですのよ」
 クノードが言葉に詰まった。稗官に重大な情報を聞かせてしまったことにおどろいている。
「場所を考えなさい」
「実の父親のことを隠し通すつもりなんて、わたしにはありません。ヴラドが魔人だから危険だというなら、わたしも同じくらい、危険な存在だと思います」
「そんなことは──」
「ないと言えます? お父さまもご覧になったでしょう。ヴラドは……わたしと似ています。この瞳も、怪力も……わすれっぽいところも、バカ正直な性格も!」
 クロアは上空でのヴラドの会話を思い出しながら言う。
「ヴラドはお母さまのことを思って、ここへ返そうとしているのです。あの魔人にはなんの得にもならないことなのに……他人を気遣える者が、無意味に人間を傷つけるとは考えられませんわ」
「そう、かもしれないが……」
「お父さまはヴラドのなにが気にいらないの?」
「みなにどう説明する? ありのままを公表するには人聞きが悪いだろう。フュリヤの護衛とでも言うべきか……」
「もう、隠すのはやめましょう」
 クノードがまたも驚愕する。クロアは父と視線をそらしながら話す。
「わたしは他人をだますことが好きじゃありません」
「だが本当のことを言っては……」
 クロアは第一公女である正当性を喪失する。言われずともクロアは承知の上だ。
「わたしに公女や次期領主の資格がないと官吏や民衆が考えたなら、それでよろしいじゃありませんの。真実を告げないまま、公女だ領主だと慕われるより、よほどましだと思います」
 クロアはそっと顔を父に向けた。すると父は悲しそうにうつむいている。
「私は……クロアにはこの町にいてほしいと思っている。クロアの強さと、民衆を想う気持ちは、このアンペレに必要なものだ」
「みなもそう思うのなら、真実を知っても……いままでどおりでいてくれますわ」
 クロアはぎこちなく笑った。クノードも口元に笑みがもれる。
「そう、だな……私はあまりにも他人を信じきれないでいたようだ」
 なにかが吹っ切れたように、クノードは退室した。

タグ:クロア
posted by 三利実巳 at 00:00 | Comment(0) | 長編クロア
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集