2019年05月16日

クロア篇−終章2

 伝え虫を追跡する者のうちには、クノードとタオの飛獣のほか、リックとフィルの二人組もいた。リックたちは領主からの待機の命令を聞かなかったのだ。魔人が人間の言うことを兵隊ばりに遵守するなどとはクロアたちも期待していないので、だれも咎めなかった。
 白い竜と化したフィルは我先にとばかり速度を出す。伝え虫は追跡者との距離を感知して速度を増減する仕組みのため、続く飛獣たちも全速力を出す事態になった。そうして着いた場所が山奥の山荘だった。開けた空間がすくない場所ゆえ、飛竜を着地させられない。フィルは大胆にも空中で人型へ化け、リックとともに落下した。クロアも空から降下しようかとしたが、マキシに止められる。
「まあ待て。こんなときにも飛獣が役立つぞ」
 マキシが女の妖鳥を呼び出した。妖鳥は人の腕でマキシとクロアを抱える。
「まずは僕らだけで降りよう」
 妖鳥は二人を運送する。クロアが地に足を着けたとき、地上にはすでに父の飛馬がいた。騎手が夫人の下馬を手伝っている。
(ここで……お母さまとはおわかれ?)
 クロアは母を連れ去ろうとする魔人がどこにいるか、辺りを見回した。
 山荘の扉が開く。現れた者は上背のある男だ。服は上等なもののようだが、袖や裾がぼろぼろになっていて、みすぼらしさがある格好だった。そんな衣服をまとっていながら、首から下げた十字の装飾品だけは煌びやかで、見る者の目を惹いた。
(こいつが……ヴラド?)
 この大男が普通の人間ではないとクロアは肌で感じた。男の眼光が、自分と同じ輝きをしていたせいだろうか。
 男はフュリヤの姿を認め、おもむろに近寄ってきた。クノードがフュリヤの前に立つ。すると男があからさまに不機嫌な顔になった。
「あなたは魔人のヴラド……ですね?」
 クノードが緊張した面持ちでたずねる。男は「そうだ」と低い声で答えた。
「あなたが協力する賊たちはどこへ行ったのですか?」
「……町へ行った」
「どの町へ? なんの目的で?」
「知らん。そんなことはどうでもいい。後ろにいる者を渡せ」
 クノードは後方を見て、何事かしゃべる。フュリヤが前へ歩み出た。ヴラドは手を差しのべる。だがフュリヤはヴラドに近寄らず、足を止める。
「わたくしは長い間、あなたのおそばを離れて、過ごしてきました」
 夫人は組んだ手を震わせながら告白する。
「ほかの男性の連れ合いになって、子どももできました。こんな不義不貞の女でも、あなたはわたくしを、そばにおいてくださるのでしょうか?」
 ヴラドは無言で接近する。フュリヤが体を硬直させた。クロアは無意識に杖を握る。大男は臨戦態勢のクロアを一瞥した。だが警戒の素振りなく、フュリヤを片腕で抱き寄せる。
「……ずっと、さがしていた」
 心なしか柔らかい声音だった。求めたものが無事に手元へ帰ってきたことを、純粋に喜んでいるようだ。その言葉には、妻の放蕩に対する非難の念はなかった。
 捜し物をついに発見した魔人の肩に、トカゲの顔がのぞいた。小さい飛竜だ。取り巻きの身に甘んじていたフィルが「坊やちゃん!」と声を張り上げた。飛竜が魔人から離れ、貴婦人の胸へ飛びこむ──いや、フィルが仔竜を自身の胸元へ引きずりこんだ。フィルは仔竜の翼の根元をがっちりとつかみ、抱きしめている。
「あぁ、やっと見つけた!」
 仔竜はされるがままに、養母の愛撫を全身で受ける。ほほえましい母子の再会のかたわらで、竜の主同士が目を合わせた。巨漢は肩を怒らせる。
「このオマヌケ野郎! おめえが女の名前を忘れっからメンドーが増えたんだぞ」
「どういう意味だ……?」
「このあたりの住民にフュリヤっつう名前をたずねていけば、領主の妻だとすぐにわかったんだ。盗賊の子分にならなくたって、その女を見つけられたんだぜ!」
「そうだったか。労苦をかけた」
「謝るなら領主と公女にやれ。おめえが賊の味方をするせいで、こいつらの計画が失敗してんだ」
 ヴラドは腕の中にあるフュリヤに確認した。フュリヤがリックの言葉が真実だと言い、自身の家族を紹介する。
「あちらの男性がアンペレ公のクノードです。あの方が……あなたの娘を立派に育ててくれました」
 魔人の視線がクロアに集中する。ヴラドはフュリヤを抱く手を放し、クロアとの距離を詰めてきた。ヴラドの予期せぬ挙動に対し、クロアはどぎまぎする。
「な、によ……わたしに用があるの?」
 クロアは杖を両手に握りなおし、大男をにらみつけた。にらまれた側はまったくひるまずに、クロアに手をのばす。クロアはびっくりして、半歩後ろへさがった。それでも大きな手はちかづいてくる。その手に敵意は感じられないので、クロアはざわつく心を抑え、目をつむった。
 ごつごつとした手のひらが、クロアの頬をさする。その感触は心地よいものではないが、不思議と不快には思わなかった。
「娘、か……」
 頬にあった大きな手が、今度はクロアの頭をなでる。クロアはその手に親にちかい温かみを感じた。その反面、はじめて出会う異性に接触されることへの反抗心が芽生える。
「あなたがわたしの父だなんて、認めません!」
 頭上の手を払いのけた。ヴラドが身に着ける首飾りを、彼の顔代わりに見据える。
「あなたはお母さまを連れ去るんでしょう?」
 問われた魔人は呆気にとられた。クロアはその能天気な反応を見て、いらだちを加速させる。
「お母さまを、棺の中に何年も閉じこめるのでしょう!」
「いけないのか?」
「よくないに決まっているわ! のこされた家族はどうなるの? お父さまはまた最愛の人を失ってしまうのよ。お婆さまも心の拠り所がなくなるわ。幼い妹たちだってそう。でもいちばん困るのはお母さまよ。お母さまは家族が悲しい思いをするのを、平気で見ていられる人じゃない……」
 クロアは人間の情など知りようのない魔人と目を合わせた。人間の勝手な言い分を蔑んでいるだろう、と思ったが、彼の瞳はクロアとはじめて遭遇した際のするどさを失っている。
「フュリヤも、嫌なのか」
 そう言うヴラドはなぜか、視線をフュリヤには向けず、仔竜を抱く貴婦人に向けた。フィルが大きくうなずく。
「手塩にかけて育てた子と一生会えなくなって……平気でいられる母親はいませんわ」
 魔人はうなだれた。クロアの背丈を上回る巨体が、ちぢんでしまったようにも見えた。
(この人は……落ちこんでるの?)
 クロアは存外この男がやさしい気質なのではないかと、疑いはじめた。

 場が予想外な雰囲気を形成する中、突然、この場にいないはずの声が聞こえた。音源はクノードの目の前にある非生命体だった。伝え虫が二つも宙に浮いている。クノードが血相を変える。
「町が賊に荒らされているそうだ! クロア、もどろう!」
 クノードはフュリヤを見たが、なにも告げず、飛馬に乗った。クロアは物影にいたダムトと合流し、ベニトラに騎乗する。マキシは妖鳥に運ばれて空へ上がった。山荘付近に残るのは魔人の関係者のみ。彼らの行動は自己判断任せで、クロアたちは帰参を急いだ。

タグ:クロア
posted by 三利実巳 at 00:00 | Comment(0) | 長編クロア
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集