2019年08月20日

短縮版拓馬篇の事情


急な思いつきでやりました。6月の予定では別の投稿をするつもりでした。
ただ、拓馬篇の簡略化は以前から考えていたことです。
さすがに30万字は長いです。普通の文庫本で一冊10万字前後が相場です。
野良のWEB小説で、30万もの長文を見ず知らずの人に読んでもらうのはハードルが高いと思いました。

どうにか減らして、20万字です。
場面を選定した以外にも、この物語では不要な説明をカットしました。
その影響で情報量は前回より減っています。
減らしたぶんの要素は主要でない場面で補足、または次の機会の話で取り入れるつもりです。

短縮作業を7月〜8月いっぱいかける気はなかったのですが、だいぶつまづきました。
長らく足止めされた箇所は終章です。
これといって主軸がなく、どの話題を残すかカットするかで大いに迷ったところです。
結局は終章3まで変更かけたきり、それからあとの編集は断念しました。たぶん直すことはないです。どう直すのがいいのかよくわからなってきました。

次の投稿は未公開の短編のつもりです。習一篇の直しはブランクが解消できてから取り組みます。

posted by 三利実巳 at 01:00 | Comment(0) | 後書き  

2019年07月05日

短縮拓馬篇−6章6 ★

 休み明けの放課後、拓馬は数人のクラスメイトとともに空き教室へ移動した。集合目的はヤマダによる大男捕獲作戦の聴講。同席者にはヤマダが協力を打診した須坂もいる。彼女はとくにゴネることなく、あっさり承諾したという。須坂は須坂で、大男が自分を守る理由を気にしていたので、その思いをヤマダが汲みとれたようだ。
 拓馬と須坂以外の聴講者は二人。こういった計画には確実に関わる三郎と、その日は参加できるか未確定なジモンも面白がってついてきた。性格的に参加しそうだった千智は今回欠席する。彼女は親に夜の外出を禁止されているという。そのせいで計画に加われないそうだ。
 拓馬たちは無人の教室に入る。めいめいに席につき、ヤマダひとりは教卓の上に作戦資料の入った紙袋を置いた。袋から大きい紙を出し、広げる。その紙は片面に絵や文字が印刷される。裏地の白いカレンダーのようだ。
 ヤマダは資料を黒板に当てた。紙の四隅を磁石で留める。紙には簡略化された地図が描かれている。地図上の四角い図形の中には、駅と公園とアパートの文字が書かれてあった。
「金曜日の夜に、大男さんを捕まえる計画を発表します。順番に説明するねー」
 参謀が紙の上に磁石を追加していく。増えた磁石には、字を書いた紙が貼ってあった。ヤマダは「父」と書いた磁石をつまむ。
「この日はうちのオヤジが駅前の飲み屋で酒を飲みます。いっしょに飲む人は昔の仕事仲間のジュンさんです。ジュンさんにお願いして、オヤジは酔っぱらった状態にさせます。そして公園のトイレ近くのベンチにオヤジを放置してもらう予定です」
 父磁石が駅から公園へ移動する。次にアパートの上にある「美」と書かれた磁石が公園にうごく。
「美弥ちゃんはお姉さんを迎えにいくふりをしつつ、公園のトイレにむかってもらいます。このときに着けてほしいのがこのバンダナ」
 ヤマダはたたんだ水色の布を美弥に手渡す。美弥は両手で布をためつすがめつ眺める。
「これを、どうするの?」
「頭巾にするよ、こうやって」
 ヤマダは美弥に渡したものと同じ布を出す。布を大きく三角に折り、頭に覆う。布の端をうなじのあたりでむすぶと、頭巾になった。
「オヤジにはまえもって『わたしが水色のバンダナを被っていく』と教えておきます。美弥ちゃんがこのバンダナを着けたら、オヤジは美弥ちゃんをわたしだと勘違いします」
「ノブさんが須坂に絡んできたら、大男が助けにくるっていう寸法か?」
 ヤマダは拓馬の予想にうなずく。
「それが一番いい『甲』の作戦ね」
 次に武田信玄の絵が印刷された磁石が紙上にあらわれた。その絵のセンスが謎だ。
「わたしたちは公園で待機してて、大男さんが現れたらファイト!」
「信玄の磁石はどういう意味だ?」
「大男さんのぶんの磁石です。絵柄はわたしの趣味!」
「わかった、スルーする。んで『一番いい作戦』ってことは、ほかにも案があるのか?」
 ヤマダは頭巾をぬぎながら「案ってほどでもないんだけど」と答える。
「予定通りにうごいてくれないのがうちのオヤジの困ったところでね。作戦実行中に、オヤジは公園で寝るかもしれない」
 ノブが美弥と接触してこなければ計画は成り立たない。イレギュラーが発生した場合の対処法を、ヤマダが説明していく。
「そのときは美弥ちゃんが酔っぱらいを心配する通行人になりきって、オヤジを叩き起こしてください。起きたら美弥ちゃんをわたしだと勘違いするから。これが『乙』の作戦」
 この対処にも穴がある。それを拓馬は指摘する。
「ノブさんが起きなかったり、公園で待っていなかったりしたらどーするんだよ?」
「そしたら美弥ちゃんはいっぺん駅にむかいます。その途中でわたしが美弥ちゃんに電話をかけます。会話内容は、お姉さんの都合が悪くなって今日は来れない、という感じです。適当にしゃべったら、アパートに帰りましょう。これが『丙』の作戦」
「作戦というか、失敗したときの後始末だな」
「そうだね。ほかの失敗原因は……オヤジ以外の人が美弥ちゃんに絡むこと」
 その事態がもっとも危険だ。ノブが須坂を自分の娘と見誤ったとしても、彼は家族に危害をくわえはしない。だが計画にくみしない他人ではどうか。
「厄介なのは、美弥ちゃんが公園に向かう道中か、『丙』作戦実行中。このときに大男が出ても出なくても、美弥ちゃんはわたしに連絡してください。知らせがきたらみんなで助けに行くので、それまで耐えてください」
「私にどう耐えろと言うの?」
「基本的に公園にむかうように逃げてね。だれかひとりは公園にいるようにするから」
 ヤマダは教卓の上に数枚置いてあるメモの中から一枚を取る
「美弥ちゃんの任務をまとめておいたよ」
 須坂はそのメモを受け取り、じっくり見た。ヤマダの講釈は続く。
「順調にオヤジが美弥ちゃんに絡んでも、大男さんが現れない可能性もある。これも作戦失敗。そのときは解散です。説明は以上!」
 ヤマダが話し終えた。口をつぐんでいた三郎が挙手する。
「その計画において、お前の父君が例の男に倒される危険があるわけだが──」
 三郎が懸念することは人として正しい。ヤマダはみずから父を犠牲にしようとしているのだから。
「それでもいいのか?」
 ヤマダは片手をぷらぷらふって「へーきへーき」と安請け合いする。
「うちのオヤジは殺したって死なないよ」
「あの男は他人を傷つける意思がないようだから、各自の負傷は心配していない。オレが言いたいのは、気絶した父君がちゃんと帰宅できるかどうかだ」
 その憂慮は作戦の成否に関わらず、つきまとってくる事柄だ。ノブが大男に襲われなかったとしても、彼は外で熟睡するおそれがある。酒が入った状態では朝まで野宿もありうる。
「お前の父はジモンと体つきが似ているそうじゃないか。意識のない大柄な男性を運ぶとなると、オレと拓馬の手に余りそうだ」
 ジモンが「ノブさんはわしより重いかもなあ」と補足した。ヤマダはひらひら手をふる。
「いーのいーの。最悪、オヤジを野宿させていいんです。そのうち目がさめたら帰るよ」
 ヤマダは身内をぞんざいに扱う前提でいる。三郎はヤマダの揺るがない不孝心を知り、あきらめたようにうなずく。
「お前がいいと言うのなら、オレから言うことはない。……その作戦に乗ろう!」
 質問をおえた三郎がジモンに顔を向ける。
「して、ジモンは当日、家の手伝いがあるんじゃないのか?」
「店にノブさんがおらんし、わしは出れんかもな」
「となると、オレと拓馬の二人で捕縛を試みるのか」
 ヤマダが「いや四人だよ」と異をはさんだ。三郎は首をかしげる。
「四人? ひとりはお前だとして……ほかはだれだ?」
 この疑問には拓馬が補足する。
「もうひとり協力してくれる人がいるんだ。ノブさんの友だちで、ジュンさんっていう」
「いましがた説明に出た、父の友人か?」
「ああ、その人だ。ジュンさんはかなり強いぞ。拳法とか暗器の使い手で──」
 三郎の目が光る。
「なに? そんな知人がいたのか」
「あ、あぁ……いつも仕事で会えないんだけど、ときたまヤマダんちに遊びにくるんだ」
「ほう! 機会があれば手合せ願いたいな」
「この件が片付いたらな。それで、ジュンさんはどううごく予定なんだ?」
 拓馬は省略された解説をヤマダに問う。ヤマダがメモを片手に「うーんとね」と言う。
「ジュンさんがオヤジを公園においてったあと、しばらく駅のほうに行くふりをして、その道中で待機。大男さんが出たらわたしがジュンさんに連絡して、公園にきてもらう」
「ジュンさんは公園にいない予定なんだな」
「うん。そのほうが大男さんの裏を突けるかなーと思って」
 まるで公園で張り込む人員が、大男に筒抜けであるかのような口ぶりだった。
「それは、やつに俺らのうごきがモロバレしてる前提なのか?」
「うん……どこからどう監視してるのか、わかんないからね」
 心もとない発言だ。事実、大男の能力は未知数。当然の警戒ではある。
「オヤジが役に立たなかったときは、ジュンさんが美弥ちゃんに絡む役をする、とも考えたんだけど、しょっぱなジュンさんが大男さんにノックアウトされたら、きびしいかな」
 ヤマダは作戦に協力する大人の戦力を第一に考えているらしい。拓馬もジュンがこの中でもっとも頼りになる人だと思う。だが──
「こう言いたかないが、ジュンさんがいても勝てる確証はないぞ」
「たしかに……出たとこ勝負だね」
 気弱な拓馬とヤマダは逆に、ジモンが妙案を得たかのように膝に手を打つ。
「そんなに強いならシド先生を呼ばんとな」
 皆が呆気にとられる。言われてみると、身近なところに強者はいた。だが安易にその人物を頼るわけにはいかない。
「先生に言ったら計画がパーになるだろ?」
 拓馬がそうさとすとジモンは「そういうもんかの」と納得しかねた。拓馬はなるべく平易に説明する。
「先生は俺らにこんな危険なまねをしてほしくないんだ。それは、わかるか?」
「そこんとこはわかる。シド先生はわしらのお守り役なんじゃろ?」
「そうだ。だからこんな計画を立ててるとバレたら、止めにかかるだろ」
「手伝ってもらえんのか?」
「きっとな。それが先生ってもんだ」
「犯人をとっつかまえりゃ、わしらがムチャをしなくなるとは思われんのか」
 その見方は建設的だ。このまま大男を野放しにしておくよりも、生徒の奇行に加担したほうが事態は収束にむかいやすくなる。だがシドは一度校長の叱責を受けている。ふたたび咎を食らっても平気でいられるだろうか。校長の顔を立てねばならぬ身分の彼に、そんな反骨精神は強要できない。
「そう思ったとしても、先生はやれないんだよ。立場ってもんがある」
「立場……?」
「そう。生徒がバカやれても、先生はできない。校長とか保護者とかの目があるからな。そのへんの大人たちから文句言われちゃ、先生だって学校にきづらいだろ?」
「ようわかった。話をこじらせてしもうて、すまん」
 ジモンの疑問が解消された。作戦会議は終了──するまえに、須坂が「ねえ」とヤマダに話しかける。
「昨日あなたから聞いた話だと、もうひとり協力してくれる大人がいるんでしょ。警察官だっていう人。その人はなにをするの?」
「えっと、その人は現場にこないんだけど、仲間を送ってくれることになってる」
「仲間? どんな?」
「たぶん、犬とか……」
 須坂は眉をひそめて「なんのために?」とたずねた。ヤマダがあたふたする。
「ちょっと、説明しにくいんだけど……わたしたちに危険がないように、守ってくれる」
 ヤマダはあえて本旨と外れる理由をのべた。シズカの仲間のことを正直に言っても理解してもらえないからだ。大男の本性についても同様だ。それゆえ、まだ話の通じやすい副効果を挙げた。それでも現実離れした理由にはちがいなく、須坂の追究はやまない。
「警察犬が警察官ぬきで、人を守れるの?」
 須坂は現実的な解釈をしてくれた。事実とは異なるが、その解釈にヤマダが乗っかる。
「うん、わたしもまえに守ってもらったことあるし……ねえ?」
 ヤマダは拓馬に同意を求めた。シズカの友が拓馬たちを守ったことは多々あるため、拓馬は首を縦にふる。
「そのへんは安心していい。でもその警察犬……シズカさんの仲間は、大男を倒すことには手を出さないらしい」
「中途半端な協力の仕方ね……」
「これでも譲歩してくれたほうなんだ。シズカさんは、俺らにはおとなしくしてほしかったみたいだし……」
 拓馬たちが我を通した成果なのだと知ると、須坂は「そっちも複雑なのね」と同情めいた笑みを見せた。
 ヤマダは「決行時刻は当日に知らせるね」と言い、片付けをはじめる。これで会議は完了したと拓馬は察し、空き教室をはなれた。

タグ:短縮版拓馬
posted by 三利実巳 at 18:00 | Comment(0) | 長編拓馬 
プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集