2017年04月20日

LED丸形ランプ、アイリスお勧め!LEDに取替えて節約。

 ホームセンターを歩いていたら、明るく丸形ランプが展示されていました。

 ちょっと、気になってよく見てみてると、 LEDの丸形ランプでした。

LED丸形ランプ.jpg

LEDに簡単に取り換えられない蛍光管


 電球からのLEDへの交換は簡単ですが、蛍光灯をLEDに交換することは、グローランプの取り外しや、配線の変更など、気軽に交換できないというのが現状でした。

 グローランプのある器具は、グローランプを外すだけですが、グローランプの無いラビットスタートの器具は配線に手を加える必要がありました。

 また、蛍光灯をLEDに交換しても、そもそも蛍光灯そのものが、白熱電球より1/5程度と省エネでLEDに交換するメリットも白熱電球ほど効果が無いのです。

 よって、コンビニや会社では、お店やオフィスの模様替え時に、蛍光灯からLEDの器具へ、器具自体の交換など大掛かりになっていく傾向があります。

シーリングライトのLED交換


 通常シーリングライトは、複数の丸形蛍光管で明るさを調節しています。

 今回、アイリスオーヤマから発売されたのは、複数の蛍光管を1本のLEDランプにまとめて、スイッチオン・オフ、さらに明るさ調整までリモコンでやってしまうという物です。

 言い換えれば、外観は今のまま、中身は別物で照らすということです。

 これにより、取替えコストを下げて、節電額で取替え費用を回収してしまおうという魂胆です。

交換後の節約効果


 蛍光灯からLEDへ交換すれば、電気料金は、約1/2になり、さらに明るさに比例して電気料金も比例します。

 仮に、20W/Hの差があるとし、
一日8時間8時間で160W
一月4,800W 一年で57,600W、57Kwです。
1Kw/hあたり、25円の電気料金とすれば
1年で1,425円の節約です。

よって、3年で4,000円、購入代金の元がとれる勘定です。

実際、アイリスのHPには、こんな図が掲載されています。
程度の差はありますが、2年で元がとれると書いてあります。

蛍光灯自体の取替え費用も相殺すれば、2年ぐらいなのかも知れません。

節約効果アイリス.jpg
アイリスオーヤマのHPより

アイリスオーヤマの丸形LEDランプ


「今お使いの蛍光灯から工事不要で取り替え可能!丸形LEDランプで省エネ!」と言うサブタイトルです。

アイリス丸形ランプ.jpg
★楽天市場
★Amazon

 これだけではなく、いろんな特徴があります。

 大きな特徴は、一つのLEDランプで、丸形蛍光灯2つ分の明るさがあるっていうことです。
 
 それで、パッケージにも、30+30 とか、32+40 と、蛍光管日本文であることが書いてあります。

 通常、シーリングライトには、2~3本の蛍光灯が使われていることはご存じかと思いますが、丸形LEDランプは、天井のソケット等か直接電源をとって点灯しています。

 2つ目の大きな特徴は、スイッチオン・オフはもとより、明るさも5段階に調整できることです。
 よって、今までの蛍光管に比べて、明るさの調節範囲も、明るいから暗いまで広い範囲で調整できることです。

 お勧め! な蛍光灯交換用LEDランプです。

ポチッっとお願いします。 


2017年04月03日

マイホームのインターネット、ICT成長戦略に対応する。

 このブログの中で、マイホームのインターネットに関する最初の記事は、
 生活情報源インターネット回線で、2012年ですから、5年ほど前です。

 マイホームの光回線の引込と、LANケーブルの配線先について書いています。

 今回は、もっと掘り下げて、これからマイホームを建てる場合のLAN回線のあり方について書きたいと思います。

家庭のICT成長戦略


 ICT(Information and Communication Technology)は「情報通信技術」の略だそうです。

 事、日常生活に関していえば、今後の高齢化社会に向け、ICT(情報通信技術)は、すでに社会に大きな変革をもたらしているのではないかと思います。
 
 ただ、年齢や知識、経験などの差により情報格差が発生しないことが大切で、ICT成長戦略では情報格差のないように積極的に推進していくと謳っています。

 そのためには、現在のようにパソコンやスマホ、タブレットという情報機器の概念から、冷蔵庫やエアコンやテレビといった、誰でも使う家庭電化製品が情報機器の一部として機能していくのではないかと思います。

4K・8Kテレビ、白物家電

 
 以前の記事で、「4K・8Kテレビはいつ頃買えばいいのか?」 について、自分の場合・・・独断で書きました。

 今回は、今後普及する、4K・8K対応テレビ、既に、ひかりテレビチューナーや、インターネットブラウザが内蔵されています。
 さらに、基本機能であるデータ放送も受信できるようになっています。

 肝心な4K・8K対応の放送は、専用のチューナーも必要ですが、どんな回線を通じて受信可能かといえば、2つの放送があります。
 一つは、衛星放送、衛星放送のアンテナで受信する方法と、2つ目は、インターネット回線(ひかり回線)を利用して視聴する方法です。
 もう一つありました、ケーブルテレビです。

4K・8Kロードマップ.jpg

 テレビのカタログを詳しく見てみると、4Kテレビ放送は、実測値で約40Mbpsの回線速度が必要で、もっと精細な8Kテレビ放送は、4Kの4倍、約160Mbpsの回線速度が必要だと書いてあります。

 現在、一部光回線提供事業者の2Gbpsを除けば、日本全国で1Gbpsの光回線(フレッツ光)等を利用することができます。
 実測値で言えば、
 、光ケーブル自体は、1Tbpsのスピード容量にも対応できるようです。ただ、サービスプロバイダ等の装置や輻輳等により、実測値では、200Mbpsぐらいではないかと思われます。

 テレビの他の家電でについては、エアコンや冷蔵庫へのインターネットの取り込みはもちろん、独居老人等の見守りや、生活支援など色々なケースで利活用されていくと思います。

 さて、この項目のまとめとして、4K・8Kテレビ、白物家電のインターネット回線について、どの程度の規格、言い換えればどの程度のインターネットの回線スピードが必要かと言えば、当面1Gbps程度であればよいのではと思います。

マイホームのインターネット回線




 2F右側から引き込んで、PCコーナーに機器を置きます。
  光回線のルーター と IP電話ルーターが設置されています。
 ここは、
 共有スペース「PCコーナー」 です。


 1FリビングはTVの置く予定の場所です。
 右側は、LANの取り出し口とメタルケーブルの端子があります。

 我が家は木造のため、パソコンやスマホ、タブレットは、2Fからの無線ルーター一台でカバーしています。
 テレビは、合計5台ありますが、LANケーブルが接続されいてるのは3台です。

 今のところ、これといった支障はないですが数年後には、4Kや8Kなど、或いは機器の性能向上などで、無線LANではストレスになってくるのかもしれません。
 LAN回線についても、現在のケーブルではスピードに不満になってくるのかも知れません。 

ポチッっとお願いします。 


インターネット環境、LANケーブルと配管とコネクタ

 今回は、戸建でのインターネット環境構築に必要な知識等について書きたいと思います。

 これから、マイホームをという方、リノベーションや、露出でのLAN環境の構築もあると思います。

情報コンセント.JPG
 

家庭内LANを構築する材料


LANケーブルの種類


 普通LANケーブルは8芯を束ねて一本になっています。

 しかし、その8芯がどの様に束ねられて作られているかなどにより、LANケーブルには、いくつかの分け方があります。

 一つ目の分け方は、シールドしてあるかどうかです。
 シールドとは、LANケーブルにシールド加工施され、他からのノイズに強いケーブル「UTPケーブル」となります。
 家庭で使う場合は、非シールドのLANケーブル「UTPケーブル」で十分だと思います。

 もう一つは、撚り線かどうかでの分け方もあります。
 通常はLANケーブルは8芯で作られており。
 家庭では「非シールド対撚り線」や「ツイストペアケーブル」と呼ばれているものてOKだと思います。

 外に、細いLANケーブルや、平べったいLANケーブルなどもあり、絨毯の下を這わせたり、ドアの隙間を通したりも簡単にできるLANケーブルもあります。

 マイホーム建築時に壁の中を通すぶんには、ツイストペアケーブル、一番安価なもので十分です。

LANケーブルの規格CAT


 LANケーブルは、伝送速度、周波数の値でカテゴリ「CAT」で分けられている。
 カテゴリの数字が大きいほど、高速で高品位なデータ伝送ができる。
 これから先のことを考えたときに、どんな規格の物を使うか前項のケーブルの種類や形状より、どんな規格のケーブルを使うのがいいのか、という点の方が大事です。

LANケーブル_CAT6 .jpg
★楽天市場
★Amazon
★Yahoo!ショッピング

 通常、現在(2017年)使われているCATは、5以上と思っていいかと思います。
 このCAT区分にも多くありますが、ここでは現在の代表的な規格だけ抜粋します。

■CAT5  100Mbps

■CAT5e 1Gbps
 (1000Base-Tの場合)

■CAT6 1Gbps

 マイホームで先行配線するLANケーブルは、1Gbpsのスピード対応のCAT5e、CAT6の規格を選べばよいと思います。
 どちらと言えば、CAT5eとCAT6のケーブル価格はほとんど変わりませんから、CAT6のケーブルをチョイスしておけば問題ないと思います。

LANケーブル_CAT6.jpg
★楽天市場
★Amazon
★Yahoo!ショッピング

LANケーブル用の配管


 マイホームを建築する際、部屋のどの部分にLAN端子を引くのか、どんなルートで引くのか予めルートを決めておくのが大事です。

 前項ではLANケーブルの規格を書きました。
 ここでは、壁の中、LANケーブルを壁の中にどんな方法で通すのか、張るのか書きたいと思います。

 屋内配管ならCD管でもPF管でも基本的には問題ありません。
 
 CD管はオレンジ色コンクリート埋設専用「自己消火性」があります。
 よって、主に屋内の配管やコンクリートに埋設して使うようです。

CD管16mm.jpg
★楽天市場
★Amazon
★Yahoo!ショッピング
 
 PF管は「耐候性」があり自己消火性があります。
 よって、屋外の外壁などで露出配管しても劣化が少なく長持ちします。
 主にベージュ色、外壁のケーブル配線などでよく見かけます。

PF管16mm.jpg
★楽天市場
★Amazon
★Yahoo!ショッピング

 価格はCD管よりもPF管の方が若干高いです。
 太さは、色々ありますが、一般の住宅では16mmで十分だと思います。

LANケーブルのコンセント

 
 さて、配管とLANケーブル、次に出口をどうするかです。

 マイホームの場合は、合計3か所コンセント位置があります。
 施工は、「コンセント位置に、30cm程度LANケーブルが出ていれば良い。」ということで、コンセントの処理は自分ですることで、お願いしました。

 コンセントの差し込みにするのか、LANケーブルの終端のようにコネクタするのか、結果的には、一か所以外は全て、コネクタにして、コンセントからケーブルを引き出しておきました。

LAN電話コンセント.JPG

LANテレビ用配線.JPG

LAN配線、施工時に確認しよう。


 ルートが多くなればなるほど、長い配管、ケーブル等が必要になるのは当然です。
 図面に配管の記号があっても、配管を使わずLANケーブルを壁内にそのまま配線するという手抜きをする場合もけっこうあるようです。

 完成してまえば、壁内で見えないことや、LANケーブルを取り換える時以外配管の有無はわからないからです。

 「LANケーブルは、CAT6、配管は16mmで、配管には、LANケーブルと電話用の4芯と、リード線を入れておいてください」。

 どうしてもコストを抑えたい場合は、配管だけにしておいて、リード線を利用して、必要な個所だけ自分でLANケーブルを敷設することも比較的簡単です。

 このくらいの、知識があれば、マイホームを建てる時に、施工業者に確認すること、お願いすることもできますよね。
 あとは、情報コンセントの位置とルートを確認しておくことです。

ポチッっとお願いします    


2017年03月28日

USB2.0、USB3.0の規格、急速充電、違いは?!

 前の記事、「埋込USB充電コンセントの必要性」について書きました。

 これはあくまでも、充電のためのコンセントの設置の話です。

 ただ、USBといえば、データのやりとりもします。
 よって、ここでは、USBの規格について改めて、充電も含め自分なりにまとめてみたいと思います。

USB2.0とUSB3.0


 現在のUSBの規格といえば、通常「USB2.0」「USB3.0」なにく
USB機器には USB2.0やUSB3.0という表記を見かけることも多いと思います。

 最近(2017年)のパソコンのUSBポートは既にSB3.0対応となっているものがほとんどだと思います。

  USB2.0やUSB3.0の違いはいくつかありますが、その一つが伝送速度です。

■USB 2.0 2000年4月〜
 転送速度 480 Mbit/s 
 伝送距離 5m

■USB 3.0 2008年11月〜
 転送速度 5 Gbit/s
 伝送距離 3m

 USB2.0とUSB3.0では、約10倍の伝送速度の違いがあります。早いに越したことはないですよね。
 この他にも、USB3.1という規格もあり、伝送速度がUSB3.0の倍、10 Gbit/s となります。

 さらに、USB2.0とUSB3.0で異なるのは、伝送速度だけではありません。

 電圧5Vは同じですが、給電能力が異なります。
 USB2.0が、500mA。
 USB3.0が、900mAです。

 スマホやタブレットに充電するのなら、USB3.0のほうが早く充電できることになります。
 
 話は少し変わりますが、パソコン等のUSBポートが4ポート以上複数ある場合、全てUSB3.0にできないのは、多くの給電容量が必要になることも理由の一つです。
 通常USB3.0のポートは二つだけになっていることが多いです。

充電用USBポートの給電規格


 前項では、データ伝送を含めたUSBポートについて書きましたが、USB接続での充電器としての規格仕様等について書きたいと思います。

AndroidとiPhone用のUSB急速充電


 USB端子、ポートは同じですが、AndroidとiPhone用の充電器は仕様が異なります。

RAVPower USB充電器
USB充電器 RAVPower 24W.jpg
★楽天市場
★Amazon
★Yahoo!ショッピング

 USB充電器は、あたりまえですが、充電専用です。
 よって、より早く充電したいがため、給電容量の大きい充電器がほしくなります。
 それには、AndroidやiPhone自体も急速充電に対応した規格以上の給電容量を満たすことは勿論ですが、その急速充電の判断・仕組みがことなるようです。

 単に、電気的な回路が異なるというだけではなく、その抵抗値等もことなるようです。
 したがって、USB充電器の仕様として、AndroidやiPhone等の情報機器の急速充電に対応している旨の表記があるものを選ぶ必要があります。

 このことから、USB充電器と言えど、ある程度メーカー品をチョイスしたほうが良いのではと思われます。
 
 蛇足ながら、充電するためのケーブルも急速充電に対応した物を選ぶ必要があると思います。
 通常は、急速充電器に添付されたケーブルではあれば問題はないと思います。

USB急速充電器 RAVPower .jpg
★楽天市場
★Amazon
★Yahoo!ショッピング

ポチッっとお願いします    


2017年03月27日

埋込USB充電コンセントの必要性

 これだけ、スマホやタブレットが普及してくると、家の中の何処にいても、それら機器の充電を頻繁にしておく必要も出てくる。

 家の中で、人が移動すると、充電器やケーブルもいっしょに持ち歩くはめに。

 で、今回は、今後のマイホームには、USBの差し込みも壁のコンセントに必要になってくるのではと思ったんです。

USBのコンセントが必要な部場所


・各室のベットの近く
・ダイニングワーキングスペース
・学習机コーナー
・キッチン

パナソニック設置例.jpgパナソニック埋込型USB充電コンセント.jpg
パナソニックより

 思いつくのは、以上4つの場所でしょうか、ベットの近くには、必ずといっていいほど、スマホを置いておくと思います。
 キッチンや、ワーキングスペースでは、タブレットでレシピなどを見たり、音楽を聞いたりしながらの料理もよいかもしれません。

USB端子の仕様


 よくUSB充電器をみてみると、Android用とiPhone用があるようで、商品によっては、どちらも急速充電できるタイプもあるようです。

 USB端子は、Android用とiPhone用も同じですから、埋込のUSB端子を設置する場合は、どちらを接続しても基本的には機能することが大事になってくると思います。

 電気的には、ある程度のA数、最低2A以上あるかどうか、さらに、 AndroidとiPhoneどちらを接続しても性能が発揮され接続機器にも悪影響が無いことも大事かと思います。

埋込USBコンセント


 そんな、目線で埋込 充電用 USBコンセントをチョイスするなら、ある程度知名度のあるメーカー品が安心でしょう。

 端末機器の故障はもちろんですが、電子機器が商用電源に常時接続されていますから、コンセントからの火災なども心配されます。

パナソニック 埋込USBコンセント


 パナソニックWN1472SW-11C.jpg
★楽天市場
★Amazon
★Yahoo!ショッピング

サンワサプライ 埋込USBコンセント


埋込型USB充電コンセント_サンワサプライ.jpg埋込型USB充電コンセント_サンワサプライ2.jpg
★楽天市場
★Amazon
★Yahoo!ショッピング

 これら、埋込USB充電コンセントの設置工事には、国家資格が必要です。
 
ポチッっとお願いします    




ブログ内記事検索

現在の住宅ローンと比較してみよう。

PickUp 地震関連記事
PickUp LED関連記事
お役立ち情報

お勧め記事・カテゴリ

フランフランのソファー座面を修理。
ニトリブラインド加工・窓に合わせる。
玄関ドアの断熱性能UP
DIY・プラマードU取付、複層化
ポリカカーボでDIY内窓
DIY・窓通風・防雨の工夫
ガーデニング・花壇の作り方

季節家電・暖房器具
ダイニチ石油ファンヒーター
コロナ石油ファンヒーター
トヨトミ石油ファンヒーター
加湿空気清浄器
湯たんぽ
家具調こたつ
電気カーペット
最新記事
記事ランキング
カテゴリアーカイブ
DIY・日曜大工(11)
★住いの断熱のあれこれ(3)
★住いの結露防止あれこれ(7)
DIY・自作・内窓、二重窓(9)
DIY・プラマードU取付、複層化(15)
DIY・窓・ドアの断熱結露対策(11)
DIY・すき間テープネタ(2)
DIY・窓通風・防雨の工夫(7)
★住まいの雑学あれこれ(3)
DIY・夏のすだれ、日よけ(8)
DIY・ロフト熱対策、通風(3)
DIY・ガレージ天井いじり(8)
DIY・屋外、外構(4)
DIY・地震、災害対策グッズ取付(7)
DIY・防犯対策グッズ取付(5)
DIY・電気、弱電(4)
DIY・電動工具、道具(2)
DIY・材料(1)
マイホームの生活家電・AV(12)
季節家電の知っ得(5)
マイホームの季節家電(11)
ガーデニング(3)
マイホームの手入れ・清掃(10)
メンテ・補修・修理(20)
★災害対策、使えるグッズ(7)
マイホームの防犯・防災(4)
住宅関係書籍紹介(4)
インテリア・家具(3)
3.11東日本大震災(2)
★「マイホーム」創りの記録(4)
 着工から完成まで(23)
 戸建てかマンションか?(2)
 自分達に合った間取(9)
 建築中変更、修正して良かった。(5)
 こうして良かった!(9)
 住んでからの不満、不具合(8)
 土地・場所選び(10)
 建築基準法の中のマイホーム(3)
 地盤調査と基礎構造(3)
 工法・構造(11)
 断熱と結露(7)
 防音対策(3)
 健康的・長持ち建築材料色々(12)
 コストダウンの方法(3)
 住宅関係設備・機器など(12)
 快適・便利・こだわってみました。(8)
 住宅関係の費用や手続(5)
デザイン・外観(2)
YKKAP(2)
光熱水道、ランニングコスト(8)
施主支給(5)
ニュース・トピック(1)
住宅設備ウケウリうん蓄(7)
趣味の園芸(6)
今後の補修・維持費(1)
電力自由化メリット・デメリット(1)
情報機器・インターネット(6)
節約、節電節水・エコ(7)
★車いじり(3)
チャレンジ「アフィリエイト」(5)
★チョットいっぷく・・・・(7)
ご近所迷惑(3)
★建物の耐震化あれこれ(1)
☆彡ペット用品(1)
建築材料あれこれ(1)
税金の知っトク(5)
★防火対策(3)
写真ギャラリー
リンク集
Re pick up 着工から完成まで
最新コメント
プロフィール
八衛門爺さんの画像
八衛門爺
 50代サラリーマン、セルロースファイバー、スキップフロア、ビルトインガレージ、のあるマイホームが創れました。  いたってシンプル、オール電化でもありませんが、まとめました。  現在5年経過関連するネタをUPしています。
リンク集
スポンサー
申し込んですぐにブログを始められるだけでなく楽天やAmazonのアフィリエイトもすぐできる。審査無で初心者にお勧め、このサイトもa8です。 初心者じゃなくてもここだけはみんな押さえているようです。
楽天市場でのお買物はこれ!
楽天市場でのお買い物はポイントが2倍!このカードが絶対おトクです。申し込みから発行まで時間がかかるので早めに申し込みだけ済ませておきましょう。


 
ランキング、お願いクリック
にほんブログ村 住まいブログへ
ブログランキング @With 人気Web
ホームページランキングRank Now! BS blog Ranking


 猛暑対策! 過去記事 Pick Up!
 簡単なすだれの取付け方、猛暑対策効果抜群です。
 窓の猛暑対策、涼しい簡単、すだれ活用。(掃出窓編)
 ツインカーボと透明テープだけで作ってみました。窓通風!
 掃出窓の夜の通風、ダイソー実用新案編
 猛暑対策、小屋裏換気、ロフトへの換気扇2号機設置。
 窓の簡単防犯[カチカチロック]で通風

タグクラウド