2021年06月24日

フリーエネルギー発電は存在した 洪水前の建築物は電気エネルギーを発電していた(社会分析)[真相探求]


》全サービス一覧《

[エンタメ一覧(サービス)]


フリーエネルギー発電は存在した 洪水前の建築物は電気エネルギーを発電していた

情報・分析・履歴
<真相探求>
[ニュース・社会分析]


『参考動画』

2021年6月21日



https://www.youtube.com/watch?v=yCrADpQEU6M

一日一食 OMAD エンドゥ 【マトリックス突破編】
チャンネル登録者数 3.41万人
今日は、私自身が今回初めて動画を見たチャンネル、新しい記録 オルタナティブの歴史からの翻訳です。早速始めます。  子ども時代、私たちは、スターリン様式の建物の屋根の上によじ登って遊んでいました。これらの建物は、日本人やドイツ人の戦争捕虜たちが建設しました。私たちにとって幸運だったのは、このような建設の専門性を有した捕虜たちがたくさんいたという事です。このような屋根の上には、立派なレンガでできた囲いがありました。私たちは、これらの囲いは屋根の上からの落下防止のために備え付けられているものと思っていました。そして子どもながらに、そのような奇妙な目的で多大な労力を払って設置していたという事に驚いて居ました。

と、いうのも、そのような目的であれば、このように簡素に仕上げることもできるからです。そのように、このレンガでできた囲いを見ていくと、それは単に装飾の意味があるのかと思えてきます。それでいて、屋根の上での作業の際に、安全性を確保するというわけです。

『適当機械文字起こし』

※機械なので文字起こしが間違っていることがあります。それから検閲によりワザとNGキーワードを避けるために他の表現や文字が使用されてる場合もあります。

00:01
皆さんこんにちは今日は私自身が今回初めて動画をみたちゃんねる
00:07
新しい記録 alternative の歴史からの翻訳です
00:12
それでは早速始めます子供時代私たちはスターリン様式の建物の屋根の上によじ登って
00:20
遊んでいました
00:21
ああああああ
00:22
これらの建物は日本人やドイツ人の戦争捕虜たちが建設しました
00:31
私たちにとって幸運だったのはこのような建設の専門性を有した惚れたちがたくさんい
00:38
たということです
00:40
このような屋根の上には立派なレンガでできた囲いがありました
00:45
私たちはこれらの囲いは屋根の上からの落下防止のために備え付けられているものと
00:52
思っていました
00:54
そして子供ながらにそのような奇妙な目的で多大な労力を払って設置していたという
01:01
ことに驚いていたものです
01:05
ていた
01:06
というのもそのような目的であればこのように乾燥に仕上げることもできるからです
01:14
そのようにこのレンガでできた囲い桜を見ていくとそれは単に装飾の意味があるのかと
01:22
思えてきます
01:23
それでいて屋根の上での作業の際に
01:26
安全性を確保するというわけです
01:30
しかしここで今回お話ししていこうとものはこのようなものが総合的に見てどのような
01:38
ものかを考えるためです
01:40
そうしていくと興味深い仮説が湧き上がってきますこういったかこいや
01:46
屋根の上に設置されたドームといったものはあまりに大量に建築物に備えられていて
01:53
それは
01:54
避雷針の役割があると考えられています
01:59
そしてその装飾的な意味合いは二次的に過ぎないというわけです
02:07
いずれにしましても
02:09
第1に重要なのは
02:12
これは
02:13
技術的な違いっ
02:16
このような技術性が明確に見られるのはなんといっても神殿や教会といった建物です
02:24
これらの教会の歴史については非常に興味深いものです
02:29
公式の歴史の観点で言うと私たちの祖先に端を与えて養うのではなく
02:36
祈りをする場所を提供するというのが最も重要だったとされています
02:43
居住するのは
02:44
は小さな木製の建物の中で毎週日曜日に歌謡協会は巨大で出来る限り医師でつくると
02:53
いうわけです
02:54
私たちが見るようにこの地上にどこにでも大量にある教会というものはあたかもそこに
03:03
住んでいる人間だ
03:04
市は教会に通うことだけを重要と見なしていたかのようです
03:11
祈って
03:12
神を崇めていたというわけです
03:17
私が調べていくと19世紀末に建設されたというきれいできた教会がありました
03:26
教会として全てのものが備わっており美しいを式で内装も祈りや儀式をするために整っ
03:35
ています
03:35
ドームもその他の石でできた教会と同様の姿です
03:40
いかなる技術的な意味合いも感じることはできません
03:46
私はこのような教会の内部に
03:50
need 入ったことがありますその木製の境界の下には石でできた地下と花崗岩の
03:58
ブロックでできたドーム状の屋根がありました
04:02
もしかしたらさらに下には建物のスペース
04:06
があるのかもしれませんしかし誰がその下へ行くことを許可するでしょうか
04:17
つまりこのような木製の境界というのは石でできた基礎の上に建設されたということ
04:24
です
04:25
その基礎はなぜか地下に掘られたのです
04:28
しかしもっと単純なことかも知れませんここにはもともと ec でできた教会が建っ
04:35
ていてその後小華
04:37
ティファによって上屋部分が吹っ飛び
04:40
さらに年度によって埋まってしまっただけではないでしょうか
04:46
その後人々がやってきてその基礎の上に美しい木製の境界を建設したのではない
04:54
でしょうか
04:57
このことを確信するためには実際にこの土地にかつては石でできた教会があったという
05:05
ことを認識する必要があります
05:07
しかしここにあったのは実は教会ではなく何らかの企業だったのではないでしょうか
05:15
公式の歴史家たちはそのような言葉を歴史的建造物に当てば
05:20
当てはめようとしません昔ここには何もなかったそれで終了というわけです
05:28
そして様々な場所に石でできた教会の廃墟があります
05:35
これらの境界の残骸からは一つの面白い特徴が見えてきます
05:40
表面には出ていない
05:43
金属のネットワークです
05:48
スタンプと体メーターに実現しん
05:53
もうチーム少しネーズっ
05:55
スマーフの時
05:58
てい
06:00

06:01

06:03
能力んですけど
06:05
建物の内部でも金属のネットワークが存在していてそれは壁の中また表面上でも確認
06:13
できます
06:14
そしてそのネットワークはドームとも結ばれていて建物全体一体となっています
06:21
誰かがい祈りを捧げる信者たちのためにこのよう
06:25
なネットワークを築き上げたのでしょうか
06:31
くるちゃんと大学のイオンシステムのラボの責任者
06:36
アンドレイボルコフはこれまで世界中のいかなる研究者も成功することができなかった
06:44
ことを成し遂げました
06:46
彼は科学的な実験をエルサレムのせい off
06:51
分母教会で行いその建物内部の電力を測定しました
06:58
聖なる儀式の間に測定機器は電磁気力が強烈に上昇するという現象を記録しました
07:11
もしかしたらこれらの信者たちのための境界とみなされているたてもとというのは
07:18
すべて回帰の電気エネルギーを集めるための発電の設備だったのではないでしょうか
07:27
その例としてはヴェネチアーノサンマルコ寺院です
07:31
待機中の電気エネルギーという観点からはこれらの戦闘や
07:37
ドームといったものは完全に説明可能なんものです
07:42
しか宗教的な観点からはこれらの頭や上部に設置した様々な建造物というものを説明
07:50
する合理的な理由を見つめ見つけることは困難です
07:55
何らかのシンボリズムのようなものですべてのこれらの安定2案についての説明を
08:02

08:03
思いつく必要があります
08:05
is
08:06
さあアンテナではなく戦闘ですね
08:11
当時はこのように
08:13
イルミネーションをしていたそうですこれはルーシュのお祝いで
08:19
1801年のアレクサンドル1世の妻鑑識の時の様子です
08:29
[音楽]
08:31
こちらはアレクサンドル3世の妻乾式で
08:37
1856年です
08:44
1883年のアレクサンドル3世の妻乾式です
08:51
[音楽]
08:57
これらの家を見ましたらそのことを覚えておいてください
09:00
もう少しで初めて発電所ができたのは1897年ですそれより少し後に
09:08
1912年になるとロベルト
09:11
暮らす村の送電ステーションが開発されてその発明
09:17
を行った彼の名前は未だに語り
09:23
次へられて言います
09:28
しかし皆さんが見ているこの絵画では東大からのサーチライトのようなものさえ見えて
09:36
います
09:36
これらの光は風が吹いても消えるものではなかったのでしょう
09:46
ヨーロッパやロシアの古い町マチがなぜ放射線状にその街を建設していったのでしょう
09:54

09:54
その例としてはロシアのコストロマがありますそしてこちらはドイツの町
10:01
カールスルーエですカールスルーエは最も発達した路面
10:06
電車も思った町としてドイツで有名です
10:10
いくつかの路線は
10:12
近隣の町にもつながっています
10:20
この写真を見ると何故この街で電気のインフラが発展しているのかという理由がわかる
10:29
気がします
10:30
当然のように放射線状の線はある一点に集約していてそこには教会が建っています
10:38
あるいはその強化
10:40
を破壊するまで渡っていましたそしてこのような街の設計が行われた理由は私たちに
10:47
対してその町の住人たちが日曜日ごとに簡単に教会に通えることができるためだと説明
10:56
されていました
11:03
しかしもしもこれらの境界が待機中の電気エネルギーから発電を行う機能を持っていた
11:11
とするとこの放射線状の道をたどっていけばその街のすべての建物に電気を効率的に
11:20
供給できるということになります
11:23

11:23
つまり街が一つのエネルギーを中心としたシステムとして設計されていたということ
11:30
です
11:30
そのことからさらに
11:32
古い町並みを上空から眺めるとその姿形は電子回路に似ているということの新たな説明
11:43
にもなります
11:46
この観点からさらに興味深いのはパリのエフェル等の1889年の建設の歴史です
11:55
これはフランス革命100周年を記念して世界版パックが開催されその際の入り口とし
12:03
て一時的な建築物としてこの頭を設置するということになったと言いますこの一時的
12:12
建造物は
12:14
26
12:15
カ月間で建設工事を完遂し
12:18
このような規模の建物としては非常に迅速に仕上げられました
12:24
しかしこの建設期間はわずか
12:28
2カ月程度だけ開催される
12:32
万博のためだけのものだとするとあまりにも長期間の工事です
12:39
エフェル等は連鉄でできていてその基礎はコンクリートです高さは300メートルで
12:46
重量は1万トンにも
12:48
呼びますさらにこの一時建造物には油圧式のエレベーターも設置しました
12:56
[音楽]
12:59
はり師の決定では20年後にエッフェル塔を撤去する必要があるとされていました
13:06
このためなのか fl 度を設計した
13:10
fl 者のエフェル社長は自身ではその設計を行わず単に自社の建築士から購入しまし
13:18

13:18
あーその気
13:19
過疎の石鹸設計会社の社員は
13:23
サボタージュ調子たほどですフェル等の建築ではリベットによる
13:29
結合が採用されましたこのエフェル塔の頂上部分には
13:34
へペル社長の居住場所もありこの建物を奪われることを阻止する
13:39
という意図があったようです私はここで言いたいのは
13:43
現在の建築でも長期的な視点で建設を行う必要はなく一時的な建設物を建てるだけで
13:51
十分だということです
13:52
このエフェル等のようにですよくわからない状況です
13:56
この写真を見てください
13:59
これは
14:01
パーリーですこの凱旋門は
14:04
fl 党などよりも両方道入口を想起させます
14:08
しかしどこへの入り口なのでしょうか私の観点ではこれはどこかからの出口のようにも
14:15
見えますもしかしたら
14:17
テレポーテーションのためのキャビンなのでしょうか
14:21
このようなものはサンクトペテルブルグにもあります
14:25
これは一方で入口としてはそぐわないですもちろんその下からどこか艶抜けることは
14:32
できますがしかしみたところこれはただの巨大なアンテナのように見えますそしてこれ
14:39

14:39
エフェルが設計する
14:41
前からここに立っていてエフェルがしたことというのは単にもともと立っていたところ
14:47
に再度設置しただけなのではないでしょう
14:51
ちょうど同じようなことが鉄道のため橋の設置で行われています
14:58
何らかの衝撃波に居るを破壊がをことあったっけが崩壊しましたがその三角のトラスの
15:06
残骸から後世の人間たちが再度立て直したのです
15:10
その橋のさ
15:11
感覚のトラスは再度設置されていったという様子は
15:16
ぶれー便のクレーンの構造図で示されていますしかし
15:20
端には金属が存分に使われていますが
15:23
クレーンには鉄が使われなかったというのも不思議な話です
15:27
このエフェル等の近くに一体何があるのか注目してくださいアンテナから受信した
15:33
エネルギーは
15:34
道を東
15:36
とって別の建物に流れていきますそして川の水によって冷却されるような作りです
15:44
そしてそのような受信設備はこの地球上に大量にあります
15:50
遠くまで行く必要はなく
15:53
サンクトぺテルベルグは代表的です
15:56
しかしこの世界には
15:58
大気からの電気エネルギーを受信する設備イッター気があるわけではありませんここで
16:03
はドミニカ修道院設備を見ていきましょうこれはポルトガルの田舎町
16:10
バタリアにあるものでこの町の人口は1万5000人ですこの修道院はユネスコの世界
16:16
遺産に登録されてい
16:18
ますみた感じは
16:20
普通の祈りを捧げるための建物です
16:23
このような形の建築物は世界中に立っていますしかしこのような宗教的建造物の姿は
16:31
一見して
16:33
マグネトロンにそっくりです
16:43
これが円形の銅でできたマグニトロンの団名です
16:48
ありきたりな電子レンジで使用されていますマグにトロントは広範囲に電子レンジで
16:55
使用されている主要部品の一つで非常に強力な電磁波を放出します
17:04
[音楽]
17:05
針金を溶かし
17:08
[音楽]
17:10
卵を破裂させ
17:15
蟹翔一応
17:26
空間で電球を光らせたりします
17:31
1 f 4 f 2 t 真英
17:38
まずのトロの構造では主要な根本的な部分言わあの
17:43
嘘そして通常6あるいはそれ以上の数の共振器が円形に設置されます表新規の数は偶数
17:52
である必要がありそのおかげ低床派といわれるかがはずよ
17:58
ますがそれはつまり共振がおり強大なエネルギーの洋室が土つ原料何がそうな木クロス
18:06
これだけ
18:08
てスラーも自身の事件でそのような定常波と共振を作り出すことに成功しました
18:16
て空は何度も繰り返した語りましたが共振なしに装置を動かすということは不必要な
18:22
エネルギーの浪費であるとしています
18:25
そしてこのような円形のマグニトロンから続いているのはたくさんの柱が設置されて
18:32
いる
18:33
ホールですこれらは音の
18:36
ジェネレーターの宿に沿って水平に設置されていてアンテナを通じて生成された
18:43
変動を放出するためにあります
18:46
根本的にこれらは通常の安定だと一切変わったところはありませんほぼ間違いなくこの
18:53
ような修道院では音の
18:56
変動振動はより正確には低周波音が放たれていたはずですというのもこのような建物に
19:04
設置されているガーゴイルの像は恐れを抜いて口を開いて耳を塞いでいるからです
19:11
これは通常人々が衝撃音から耳を守るために行う動作と一緒です
19:20
より強力なマグニトロンはポルトガルとマールのキリストし
19:26
教修道院で目にすることができます
19:29
この境界の外側にある共振器は
19:33
エネルギーを生成し内部の赤い柱に電動します
19:38
泊まるには修道院の西側からすぐに続く巨大ない様子井戸がありますもちろん
19:44
修道士たちがこの用水道必要とするほどの膨大な量の水を飲んでいたということもあり
19:51
得ますがおそらくこの水
19:53
はマグニトロンの冷却のために使われていたのでしょう
19:59
[音楽]
20:01
世界中人マグニトロンと種土居による包括的なシステムが存在しています
20:07
そのネットワークは数千キロメートルにわたるものでその方向性は規則正しく定まって
20:15
います
20:16
このシステムはこのようになっていますマグニトロンを装備したシュドインハ
20:21
参列するのには重要な2つの特徴があります
20:25
丸あるいは繁栄のホールで柱が立っているもの
20:30
そしてもうひとつは長方形のホールで円形のホールに接続していますそしてアンテナの
20:38
機能を果たして
20:41
これは止まるの修道院を上空から見たもので赤い線は低周波音が音響の窓を通じて伝達
20:49
していく方法でこの線をまっすぐ行くと正確にピ工やマーカー山に到達しますその距離
21:00
は1700
21:02
31km ですこの距離は低周波音にとっては問題となる距離ではありません
21:15
緑色の線は子午線を表していて
21:20
とマールの修道院のケースではその線に沿っていくと北にある
21:25
東大の塔強烈なネーミングのヘラクレスの頭に到達します
21:33
420キロメートル離れた場所にあります
21:36
[音楽]
21:38
こうして見えてくるのはこのシステムでつながっている
21:41
3つの場所ですマグニトロンは正確に火山の方向に向かっていて子午線をたどるとこの
21:49
灯台につながります
21:52
これに加えてこのシステムに必要なパーツがあります
21:57
バチカンの聖五景取る大政党です
22:00
聖ピエトロ大聖堂も巨大で複雑なマグニトロンを持っていますその姿はまたペ程度の鍵
22:08
にそっくりですこの大聖堂からの方向はエジプトの
22:12
をオベリスクを中心とした広場から始まってその方向は正確にパタリあ修道院に
22:21
つながります
22:23
聖ピエトロ大聖堂とパタリア修道院は直接的にピコ山の母山につながります
22:34
google マップを使用することで
22:37
これ以外にもそのシステムに該当する建造物を見つけることができますそして
22:43
その先には火山があるのです
22:47
私たちは母さんこそが強烈な亭主ハ音の源であるということを
22:55
現在も知っていますそうなってくるとこの世界にはこの地球上全体をめぐ
23:03
いるか座の定修版を利用するシステムが存在していたということになります
23:12
こうなると私たちはなぜこの低周波音を使っていたのかということについてはもはや
23:19
想像する今年買っていけません
23:21
これはもうしかすると情報ネットワークの一部でそれは低周波音の場合はいかなる障害
23:29
物も存在していきないからです
23:32

23:32
の中でも通っていきますし距離も問題にはなりません
23:37
これはもしかするとエネルギーを利用するためのもので
23:41
低周波音はなんといっても強大な変動の周波数でそうなると
23:47
テレポーテーションということもそんなにもファンタジーであるようには思えません
23:54
もしもさ見た目でこのような建造物が複合的に建設されていたという事を見ていくと
24:01
たった一つの機能のためだけにこれだけの土地を利用
24:07
してきたということはおかしいな話です
24:12
1点複合システムで
24:15
際立った特徴があります
24:18
それは
24:19
これらのものが向けられている方向というのが島の上の火山だということですつまり水
24:29
での冷却が可能仲里いうことです
24:33
私たちは火山の何を知っているのでしょうか
24:37
すべての火山の起源に関するせおりはこの地球が出来上がってきたということを表す
24:44
理論を根拠としています
24:46
この美しい画像は明らかに現実からはほどといい
24:51
ファンタジーでそれというのも地球がこのような状態であるということを示唆する以下
24:57
なる証拠もないからです
24:59
もっとも地下深くまで掘り下げたのはロシアのコラ半島の土地で
25:04
12.5km ですこれは人間の体で比較すると皮膚に傷をつけた程度ですそのような
25:12
調査で人間の体の内部について何かを学ぶことがあっていけるでしょうか
25:18
ちなみにコ
25:19
の調査を通じて地下10km まで掘り進めるとセ氏200度の温度になりました
25:25
しかし学者たちの試算ではこの深さであれば300度の高温になるはずだということ
25:33
でした
25:39
[音楽]
25:42
今度はマグマについてです
25:45
マグマは事実上ほぼ地表付近にまで登ってきていて
25:50
ある時にはそれが時表に出てきます
25:53
もしも冒頭でお見せした地球の分団ずを信じないのだとするとそれを根拠としたマグマ
26:01
の発生の理論も信じられないということになります
26:05
alternative の研究者たちはすでに
26:08
火山が噴火するメカニズムについて別の説を唱えていますこれは炭鉱の採掘で発生する
26:16
山と同様であると推測しています掘り出した可燃性の物質が山として退席し
26:25
提携し世のその結果協力の圧力がかかり
26:29
非常にこーんな
26:32
状態が維持されるというものですウクライナドネツクの炭鉱の山の状態を見ると
26:39
この推論は根拠があると言えます
26:45
しかしそれ以外のタイプの風間あるはずです
26:49
これらの火山の特徴は非常に大量の水の近くにあるということです
26:56
そしてマグマが煮えたぎっています10%程度の閣下山を今
27:02
想定してみるとその近くに多くの3
27:05
頭があるということに気がつきます今度はこれらの火山が単なる技術的な人工物である
27:13
と想定しますこれらは地球上の特定の場所に建設されそれはあるいは安全性を担保する
27:21
ための配置だったのかも知れませんこれらの件
27:25
動物を配置した理由は強大な低周波音を作り上げるためだというわけです
27:32
それらの低周波音はその場所から何百 km も離れた場所で利用されていました
27:40
その後これら人口の技術である火山は長期間メンテナンスを受けることもできなくなり
27:48
だんだんと壊れてきて強大なエネルギーを放出することとなり
27:54
マグマが噴出し大爆発が発生しましたこれが地球上の至る所で
28:00
見られる建造物等は何かを火山から受け取っていたのです
28:06
そしてこれらの境界のマグニトロンが建設されていたのはまさか
28:12
偶発的な自然現象を期待してのものではなかったはずです
28:16
私たちはこれらの建造物の痕跡から待機の電型エネルギーの利用のためという観点から
28:23
考察していきました
28:25
そしてこのような歴史的建造物は破壊されています
28:29
頻繁に古い教会に火事が発生
28:32
ですしその姿形が変わっています
28:35
そして屋根の上にある金属製の資金も取り払われて言っています
28:40
これらのものをその本当の名前で読むとしたら
28:44
電磁8接触器です
28:46
最後まで
28:48
ご覧下さり
28:49
ありがとうございました


【サービス】

》全サービス一覧《


◆[一覧・リスト]真相探求ニュース
》》一覧情報《《

情報!一覧中(集)
◆全メニュー◆



◆[一覧・リスト]真相探求ニュース[ミラーサイト]
》》一覧情報《《

なんでも!一覧中(集)
◆◆全メニュー◆◆



↑画面TOPへ↑


---以上
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10816764
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最新コメント
検索

他ジャンル
⇒ エンタメ!一覧中(集)

⇒ 音楽・エンタメ!

》サービス一覧《


ジャンル
メニュー(カテゴリー)(44)
世界ニュース(真相探求)(2505)
日本ニュース(真相探求)(209)
社会分析(真相探求)(478)
健康・ウイルス(真相探求)(699)
病気・病院(通常)(7)
ニュース(真相・陰謀探求)(51)
コミュニティ・メッセージ(177)
人物(像・ニュース・分析)(9)
気になる探求メディア(14)
ニュース(コレクション編)(54)
雑学(真相t探求)(2)
心理・占い・風水・血液(68)
宇宙、異次元、異常現象(19)
予言・預言・予測・未来(67)
コンピュータ(26)
ショッピング・商業施設(15)
災害・防災・危機(64)
学習(教育・学校・資格・講座)(268)
言葉遊び・雑学(2)
食べ物(23)
エンタメ(127)
グルメ・食品(375)
サバイバル(5)
政治・法律(47)
情報発信・受信(連絡・通信・マスメディア)(106)
雑学・ネタ(3)
映画集(3)
笑い癒し・ネタ事(1)
こよみ・出来事・行事(408)
有名人・芸能・エンタメ(2)
総合通販(39)
金融・投資・保険(246)
美容・健康(141)
美容(14)
健康(356)
アニメ・漫画(20)
ファッション・ブランド(382)
ゲーム(173)
WEBとインターネット(464)
ドラマ(12)
音楽・サウンド・音図鑑(19)
旅行・宿泊・レジャー・遊び場(98)
不動産・引越・リフォーム(108)
副業・ビジネス(81)
企業・会社・業界(41)
仕事・仕事関連・サポート(245)
CM動画中(147)
学び・資格(15)
インテリア・雑貨(147)
住まい・暮らし(201)
暮らし(49)
ギャンブル・ゲーム(13)
ポイント・懸賞(30)
ギフト・プレゼント(87)
スポーツ・アウトドア(106)
乗り物・移動手段・物流(155)
趣味(8)
結婚・恋愛(160)
物品(1)
生き物(動物、植物)(4)
ペット(96)
動物(2)
水中生物(1)
料理編(1)
植物(12)
便利ツール・サイト・用語(8)
生活便利(1)
祝い・イベント・行事・お祭り(63)
家電(電化製品)(96)
飲食店・外食産業(4)
時代の流れ、流行(1)
自然・環境(2)
買取・リサイクル・片付け(189)
資料・データ(1)
ビジネス・経済・経営・社会(27)
社会・文化・歴史(18)
自作・自給自足・DIY(2)
スマホ(アプリ)(3)
写真・美術・絵画(71)
玩具(おもちゃ)・ホビー(3)
パソコン(ソフトウェア)(8)
ベビー&キッズ、子育て、玩具(50)
その他(5)
更新・内容書き換えサイト(41)
終了(81)
最新記事
(07/30)「完全にワクチン接種された」医療従事者は、ジャブによって誘発された動脈血血栓に続いて両足を切断しなければなりませんでした。[G翻訳](ニュース)[新型コロナ]
(07/30)マスクを三重にして一生つけ続ける理由|コロナワクチン8割以上接種も・・・(分析)[新型コロナ]
(07/30)新日本プロレス飯伏幸太選手の件(ニュース分析)[新型コロナ]
(07/30)中日木下雄介投手の件(ニュース)[新型コロナ]
(07/30)河野太郎さんの「ワクチンデマについて」について(分析)[新型コロナ]
(07/30)CDCは、COVID-19「ワクチン」が医療デマであると告白します…ウイルス量が多く、スーパースプレッダーになる可能性があることが示されているvaxxed個人[G翻訳](ニュース)[新型コロナ]
(07/30)RUH-ROH:ワクチン接種率が最も高いカリフォルニア州の郡もデルタ感染率が最も高い[G翻訳](ニュース)[新型コロナ]
(07/30)新しいCOVID-19人の死者が世界で最もワクチン接種された国で爆発している:イスラエル[G翻訳](ニュース)[新型コロナ]
(07/30)バイデンのアメリカに対する戦争:国を運営し続けるすべての人々を大量殺戮するために、強制的で致命的な遺伝子治療注射で国の「人間のインフラ」を標的にする[G翻訳](ニュース)[新型コロナ]
(07/30)CDCは告白します:ワクチンは失敗しています、vaxxedはスーパースプレッダーになる可能性があります、vaxxedを含むすべての人のためにマスクマンデートに戻ることを要求します[G翻訳](ニュース)[新型コロナ]
(07/30)ワクチンが意味ないことをCDCが認め始めた。(ニュース分析)[新型コロナ]
(07/30)コロナワクチンデモ、日本のマスコミが報道しない精力的に発信しています。(ニュース)[新型コロナ]
(07/30)アマゾンで中国共産主義を喧伝する書籍を販売(ニュース)[真相探求]
(07/30)ワクチンをめぐる科学の検閲=ブレット・ワインスタイン博士(ニュース)[新型コロナ]
(07/30)【内海聡】酸化グラフェンについて質問してみた【質問会】(分析)[新型コロナ]
(07/29)衝撃!TOYOTAが開発する電気自動車の凄まじい性能に海外が震え出すww「本当なら世界が変わるぞ…」(ニュース)[乗り物]
(07/29)【日本初】 量子コンピュータ が稼働 量子コンピュータで世界はどうなる?(ニュース)[コンピュータ]
(07/29)【日月神示世界大転覆の予言】わからん者が上に立つぞ(分析)[社会・予言]
(07/29)【何かがおかしい!日月神示の大予言】ストレス・抑圧は酷くなり繰り返される 1(分析)[真相探求]
(07/29)【もうやってられない!日月神示の大予言】ストレス・抑圧が押し寄せる時が来る(GHQ洗脳)(分析)[真相探求]
ファン