最高の保冷力で使い勝手も良い最新クーラーバック コールマン アルティメイトアイスクーラーII: ファミキャンGo!!

2016年06月12日

最高の保冷力で使い勝手も良い最新クーラーバック コールマン アルティメイトアイスクーラーII

コールマンの2016年最新モデルのクーラーバック
アルティメイトアイスクーラーII 35L を購入しました。

鉄板のロゴスのハイパー氷点下クーラーとも迷いましたが、最新モデルのこちらも評判良いみたい。
ちょうど良いサイズ感と使い勝手の良さ、またコストパフォーマンスも高いため、こちらを選びました。

スポンサーリンク


さて、毎度、キャンプ用品あるあるですが、届いた箱でっけぇ。
image.jpeg
25Lと35Lがありましたが、我が家はこれをメインにするつもりなので迷わず35Lを選択しました。
保冷力にも定評があり1泊程度ならメインになりえるとの評判にも期待。
また、サイズをあげても高さが変わるだけのようなので車両への積載時のスペースはそれほど変わらないかと。
にしても箱がでかい。

image.jpeg
箱書きの特徴ですが、水を入れて冷やせる、コンパクトにたためる、冷気漏れを防ぐ上蓋がある、ライナーが取り外せる、そして、49時間氷をキープ。
まぁ、これは一定の条件下で氷が完全にとけるまでの時間なので、実用ではどこまでいけるのか。
またテストが必要ですね。

取り出したところ。
image.jpeg
やはり厚みがなかなかですね。
断熱材はソフトクーラーではダントツの厚み。20mm。
image.jpeg
なかなかしっかりとした作りに、所有欲が満たされます。

広げてみました。
image.jpeg
かなり入りそうですね。
image.jpeg
大きめのハードクーラーと同じようなサイズ。

家のソフトバックとの比較
image.jpeg
右の銀色のはコストコで買った安物のペラペラのやつです。

中身。
image.jpeg
側面の断熱材の厚さに保冷力の期待が高まります。
image.jpeg
底板もしっかりとした厚み。
image.jpeg
内側のライナーはマジックテープで止めるタイプ。
丸洗いできるので清潔です。

手提げと肩掛け。
image.jpeg
大きな荷物になりますが、しっかりとしているので安心できます。

背面にはキャリーオンできるスリープがあります。
image.jpeg
同社のキャスター付きハードクーラーの上に乗せることを想定し、そのキャリアーのサイズに設計されているため、大きめのコロコロ(キャリアー)にはサイズが合わないかもしれません。
実際に私の持っているキャリアーには入りませんでした。
おそらく幅23cmぐらいまでなら入ります。

全面に小物入れ付き。
image.jpeg
大したものは入りませんが、ティッシュなど入れられます

今回一番気に入っている点。
image.jpeg
冷気を漏らさないために配慮された小窓。
マジックテープで蓋できるようになっています。
ものを取り出すのに便利です。
全モデルは上蓋を開けた内側に小窓があったようですが、本モデルで改良された点となります。

折りたたみ方
image.jpeg
特にコツもなく、底板をはずしてたたんで紐で止めるだけ。
image.jpeg
image.jpeg
安物は薄っぺらいのでやはりコンパクト

image-3649b.jpeg
とりあえずこれからの時期重宝するので、車のトランクに放り込んでおきました。
遠出して買い物した時などは冷凍食品は諦めていましたが、これで心置きなく買い物できそうです。
あと、コストコで爆買いとか(笑)

また保冷力などは改めてレビューしたいと思います。
35Lサイズ



25Lサイズ



旧モデルと間違いやすいので新モデルの「U」であることをご確認ください。
新旧の違いは断熱材の厚みが20mmと厚くなった点と、上蓋が外についている点など違いがあります。

保冷剤はロゴスのLサイズがぴったり



関連記事
最高の保冷力で使い勝手も良い最新クーラーバック コールマン アルティメイトアイスクーラーII
アウトドア用のクーラーバックが夏場の買い物に大活躍
コールマン アルティメイトアイスクーラーU & ロゴス 氷点下パックの保冷力テスト


【おすすめの記事】
スポンサーリンク

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5154141
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
目次
記事ランキング
  1. 1. Quechua (ケシュア) ポップアップテントは本当のところ便利か?
  2. 2. 最新ワンタッチタープ対決 コールマン インスタントバイザーシェード VS カンタンタープ キャンプカスタム
  3. 3. 続、ダッチオーブン選びに悩む。サイズは10インチか12インチか?材質は鉄かステンレスか?ユニフレーム黒皮鉄製、SOTOステンレス製ダッチオーブンの比較とサイズ選び。
  4. 4. 最高の保冷力で使い勝手も良い最新クーラーバック コールマン アルティメイトアイスクーラーII
  5. 5. ファミリーにお勧め!!お座敷スタイルの卓上BBQサイトのレイアウト実例
  6. 6. アウトドアでも活躍するイワタニのカセットコンロ
  7. 7. 小川キャンパルのロッジシェルターT/C の設営にいってきました。
  8. 8. ユニフレームの囲炉裏テーブル、いろりエクステンション(UF IRORI EXT)を購入しました。
  9. 9. 話題のトンネル2ルームテント、コールマン、トンネル2ルームハウス(アテナ)がセール中。欲しい・・・
Quechua(ケシュア)ポップアップテント特集
  1. 1. Quechua (ケシュア) ポップアップテントは本当のところ便利か?
  2. 2. QUECHUA (ケシュア) ポップアップテント 2 SECONDS XL の最新バージョン FRESH&BLACK が登場!!
  3. 3. Quechua(ケシュア)のポップアップテント、2 SECONDS 設置と撤収方法の説明ダイジェスト
小川キャンパル ロッジシェルター特集
  1. 1. ロッジシェルターT/Cの使用レビュー
  2. 2. 小川キャンパルのロッジシェルターT/C の設営にいってきました。
  3. 3. 最強のスクリーンシェルター。小川キャンパルのロッジシェルターの展示を見てきました。
  4. 4. 小川キャンパル2018年新商品ロッジシェルターT/Cを買っちゃいました。
ダッチオーブン特集
  1. 1. ダッチオーブン選びに悩む・・・
  2. 2. 続、ダッチオーブン選びに悩む。サイズは10インチか12インチか?材質は鉄かステンレスか?ユニフレーム黒皮鉄製、SOTOステンレス製ダッチオーブンの比較とサイズ選び。
  3. 3. 念願のダッチオーブンを購入。黒皮鉄製 ユニフレーム 10インチ スーパーディープ!!ファミリー向けダッチオーブン選びのポイント。
  4. 4. ユニフレームのダッチオーブン10インチ スーパーディープの使い始めの儀式、シーズニングを行いました。ついでにファイアグリルのエンボス鉄板も。
  5. 5. ユニフレームのダッチオーブンで手羽先のローストチキンに挑戦!
  6. 6. ダッチオーブンで石焼き芋に挑戦
キャンプ道具自作に挑戦
  1. 1. 折りたたみテーブル自作に挑戦 其の1(プロローグ)
  2. 2. <自作キャンプテーブルに挑戦>2分割して棚にもなるローテーブル @ 作成編
  3. 3. ユニフレーム焚き火テーブルをローダウン。座卓用に低く出来るよう改造してみました。
ファミキャン特集
  1. 1. 最新のファミリー・子連れ向けの、デイキャンプ・バーベキュー(BBQ)のお座敷、座卓スタイル、レイアウト実例
  2. 2. 2018年度のBBQ炙り始めと今年のファミリーキャンプスタイルについて
  3. 3. 2018年 ファミリー向けのお薦めデイキャンプ・ピクニックグッズ
キャンプ日記
  1. 1. グリーンパーク山東キャンプのレビュー 高規格オートキャンプで快適キャンプ
  2. 2. 赤礁崎キャンプ場のレビュー 福井海水浴キャンプの旅(1)
  3. 3. 赤礁崎キャンプ場のレビュー福井海水浴キャンプの旅(2)
  4. 4. 加悦双峰公園キャンプのレビュー 京丹後の旅(与謝野町、宮津天橋立)
タグクラウド
ストーブ・ヒーター特集
  1. 1. キャンプストーブ選びのポイントまとめと、武井バーナー購入までの考察
  2. 2. 武井バーナー301Aパープルストーブの初点火
  3. 3. 武井バーナー301Aパープルストーブの接続金具と収納ケースについて
  4. 4. ユニフレームのアウトドアヒーター、ワームU(ワーム2)を購入。早速使ってみました。


人気ブログランキングへ
<関連サイト>
ファミキャンGo!!
地元民おすすめ京都ラーメン
楽天おすすめ商品