2022年11月24日

久しぶりのはしご酒

週中に祝日があると嬉しい。週末が1週間に2回あるようなものだ。
これまでは酒を呑んでも翌日は平気だったが、身体が疲れた状態で平日を過ごすことを避けたい。だから外呑みは休前日。
Mちゃんから電話をもらっていた。「服、どうする」
Mちゃんは縫製工場の社長だ。工場で作っているのはそこそこのブランドのカットソー。
残った服をよく貰っていた。1か月ほど前にMちゃんに長袖のカットソーちょうだいよと電話していたのだ。

22日に呑もうという話になったが、19時半くらいという。じゃあ洋食屋でねと。
仕事が終わるのが16時半なのだ、どう時間を過ごそうか。週末は長野に旅行で居酒屋Qに行けないから顔を出しておこう。19時まで呑んでそれから洋食屋という段取り。
居酒屋Qで呑んでいたらMちゃんから電話、近くだから服を持って車で寄るという。
Mちゃんが来てしばらくノンアルコールで呑む、この後帰って洋食屋行く?と聞いたが行かないとのこと。もう自分としては洋食屋へ行くつもりだったので早々に居酒屋Qを後にする。

洋食屋には常連が2人。一緒にカウンターで呑んで閉店の21時。
久しぶりに勢いがついた、そのままバーへ行こう。大通りに出てタクシーを待っているとちょうどバスが来た。バスの降り場にはラーメン屋がある。あっさり喜多方ラーメン。バーで呑んだ後では閉まっているだろうから食べておく。食欲も旺盛だ。
バーに行くと友達がいた。K君だ。数か月前にジムを出た後にばったり会ったKちゃんの元亭主。彼の横で一緒に呑む。カウンターには他に知り合いの常連の顔。
1時間半くらい過ごしたか。もうそんなに呑めなかったのだ。

そんな祝前日を過ごした翌日は雨で寒い1日だった。
午後からジムに行こうと思っていた。でもどうしても家から出る気がしない。お昼ごろに最低気温11℃を切ったようだ。
気の向くままがいい。何もしない休日も良いではないかと思いながらも、ずっとそんな休日だなと。
英会話をこなしたくらいか。

少し右脚の痺れが強いか。先週の鍼でのパルス、右太ももから足先へ響いていた。
それが筋肉痛になっていた。これまでパルスで筋肉は大きく動くものの筋肉痛にはならなかったのだが。
それと同時に足首の前方の痛みが強かった。鍼で調子が変わることはよくある。
鍼前はかなり良い調子、鍼後にどこか痛くなることがある。でも気にしない。それは何か変化を及ぼしたということだ。身体は良いように変化するように出来ている。もともと鍼は身体の良くする復元作用なのだ。

今日は昨日行けなかったのでジムに行こう。
そして明日は長野だ。善行寺には行こうと思っている。
posted by shigenon at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリ
ファン
検索
<< 2022年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
痺れと痛みをどう我慢するか by まっきー (04/25)
痺れと痛みをどう我慢するか by shigenon (04/22)
痺れと痛みをどう我慢するか by まっきー (04/22)
疼痛について by shigenon (04/21)
疼痛について by まっきー (04/21)
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
shigenonさんの画像
shigenon
2014年クリスマスイブのプレゼントは最悪でした。 「頸髄損傷」というケガなのか病気なのか・・その症状との戦いの記録と現在の日々をアップします。 (2018年4月追加) 不全の頸髄損傷は「健常な人」に見えます。“ふつうに見える”様に努力をしています。が、反面、「もう良くなったんだ」と思われがち。 骨折とは違い、中枢神経の損傷は完全回復はしないという現実。 「健常に見える」「もっと良くなるよう努力する」「もう治っているんでしょ」の狭間で何とか毎日を過ごしています。
プロフィール