森山ナポリが手がける新ブランド!本格・冷凍パエリア通販【パンdeパエリア パーティ】
ファン
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
検索


広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2014年04月20日

レモンバーム

レモンバーム

レモンバームは、種から簡単に育てられます
しかも自生力が強く、自分で種を蒔いていろんな鉢に顔を出します
昨年も雑草並みに大発生して、全て抜いてハーブティーにしたり、浴槽に入れてハーブ風呂にしたり有効利用しました

プランターなどに自生したものは、全部抜いて小さめの一つの鉢に植えたものが写真のものです
抜いたものを空いていた鉢に無造作に移しておいただけですが、写真のように既に生い茂っています
改めて自生力の強さに驚きました

しかもバジルの種を蒔いた鉢や、オリーブの鉢などいたるところに新しい目を出しています
さすがにこれには閉口し、他の鉢のものは雑草として扱っています

しかし、レモンバームについて調べると、思いのほか効能の多いハーブでした

【レモンバーム(英語:Lemon balm)】
学名:Melissa officinalis
分類:シソ科セイヨウヤマハッカ属
原産:南ヨーロッパ
和名:コウスイハッカ(香水薄荷)、セイヨウヤマハッカ(西洋山薄荷)
種類:多年草
草丈:50cm〜80cm
花言葉;「思いやり」「同情」

葉はシトラールを含みレモンの香りがします
小さな白または黄色の花をつけます
その花が蜜を持ちミツバチをひきつけるため、メリッサ(Melissa:ギリシア語でミツバチ)という名がついたそうです

繁殖力は非常に強く、精油(エッセンシャルオイル)として利用されます
精油とは、特有の芳香を持つ香料で、アロマテラピーにも使用されています

レモンバームは精油率が非常にひくいため、エッセンシャルオイルの価格は非常に高いそうです
そのためレモングラスなどをブレンドすることもあり、レモンバーム純正のエッセンシャルオイルは「メリッサ・トゥルー(真正メリッサ)」、他のエッセンシャルオイルとブレンドされたものは「メリッサ・ブレンド」と呼ばれ区別されているそうです

参考までに楽天で検索したところ下記の通り、5mlで6千円以上するんですね

メリッサ(真正)[レモンバーム] 5ml〜エッセンシャルオイル[精油]/アロマオイル〜(日本アロマ環境協会/表示基準適合認定精油/インセント)

価格:6,350円
(2014/4/20 15:23時点)
感想(0件)




エッセンシャルオイルは非常に高価ですが、レモンバームは安いので利用しやすいハーブです
その効能は、非常に優れていて、調べてみると、以下の症状に効果があるとされています

高血圧
神経性の消化不良
頭痛
ストレス
不眠
花粉症


また、脳の活性化や若返り効果などの効能があるとされていて、古代ギリシャ時代からヨーロッパでは長寿のハーブ活力の歓びと親しまれたハーブであるそうです

特筆すべきは、レモンバームに含まれるロズマリン酸というポリフェノールの一種が、アレルギー症状を抑える働きがあるそうで、花粉症の症状を緩和する効果が期待されているそうです

繁殖力の強さから、厄介者扱いしていましたが、調べると効能が多いので、さっそくハーブティーにして飲んでいます


【レモンバームのフレッシュハーブティー(2〜3人分)】

≪材料≫
レモンバームの若枝葉(葉が5〜6枚ついたもの):3〜4茎
熱湯:300ml

≪作り方≫
1.下の写真のように、洗った葉付きの枝をティーポットにいれます
レモンバームの準備

2.熱湯を注ぎ2〜5分ぐらい放置します(長く置くと風味が濃くなります)
レモンバームティーを作る

3.カップに注ぎいただきます
レモンバームティーを飲む

レモンの香りがしますが、酸味は無くすっきり飲みやすい感じです
味はどちらかと言うと、ミントティーに近いかもしれません
気のせいか、心が落ち着いたような気がします

種でも苗でも育ちが良く、多くの効能に期待できるレモンバームのハーブガーデニングをお薦めします
今からすぐに収穫を考えたら、苗だったらきっと2週間もすれば収穫できます
我が家では、勝手に生えてくるので収穫には困りません

ハーブ苗 レモンバーム

価格:250円
(2014/4/20 16:05時点)
感想(25件)





2014年04月17日

クンシラン(君子蘭)の花

クンシラン

ベランダのクンシランが花を付けました

ほとんど手入れをしていませんが、毎年良く咲いてくれます
手入れと言えば、3年に一回ぐらいの植え替えと、2月ごろの肥料やりぐらいしかしません。

このクンシランは、もう30年近くベランダで育っています

今のマンションに来たのは15年前ですが、まだアパート暮らしの頃から我が家で育っています
もともとは1株を祖父母の家からもらってきたものですが、今では6株三鉢にまで増えています

実はこのクンシラン株分けにより増え続けます
最初の頃は、嬉しくて増やしていたのですが、最近はこれ以上増えても困るので、植え替えの時期に良い株を残して分けた株を処分しています
今年は植え替えの年なので、花が終わったら、ぎっしり詰まった根を整理して、増えた株を取り除く作業を行います
捨てるのは心が痛むのですが、鉢を増やすわけにもいかず、やむなく処分しています

花を写真に撮ったのは初めてですが、奇麗なオレンジ色が目を引きます

ちょっと調べてみたら、下記のようなことがわかりました

・君子蘭と言う名であるが蘭の仲間ではなくて、ヒガンバナ科クリビア属(クンシラン属)の植物
・半耐寒性常緑多年草で、原産地は南アフリカの平原とのこと
・花が豪華であるため、古くから(日本では明治時代から)鉢花として親しまれている
・開花時期は3〜4月
・濃緑色の葉が美しいため、花だけでなく葉も同等に観賞対処
・植え替えは2年に一度が目安


日本の花かと思ってましたが、南アフリカ原産でした
我が家のクンシランの葉は美しいとは言い難いので、手入れをして観賞用の葉を目指したいと思います

最近では黄色のクンシランも流行っているそうで、楽天で探したら、以下のものがありました

黄色とオレンジの価格を比較すると、黄色は5倍ぐらいするんですね
見るのはタダなので、ショップの大きな写真で見て楽しんでください

黄花クンシラン(君子蘭) 6号

価格:5,184円
(2014/4/17 14:08時点)
感想(7件)



君子蘭(クンシラン) オレンジ 6号鉢植え

価格:1,296円
(2014/4/17 14:10時点)
感想(3件)



2014年04月15日

山椒の花

山椒の花

写真は山椒の花です
今朝、水をあげているときに見つけました

黄色い花はすごく小さくて、新芽と見間違うほど見つけにくいです

数日前の4月10日に山椒の芽の記事を記載したばかりなのに、こんなにすぐ花をつけるとは知りませんでした
葉も急速で成長して、こんなに若葉が茂っています

今までに見た記憶が無いので、5年以上見逃していたことになります

調べてみるとこれは、雄花であることがわかりました

白い腕のようなものを、4本出しているのが雄花だそうです
花びらは無くて、黄色っぽい部分は花粉のようです
雄花は花山椒として、利用価値があるとのことですが、なにぶんこの量では利用できないし、摘むのは心が痛みます
山椒の花は、毎年筍(タケノコ)の季節に咲くそうです

違う茎ですが、もう少し寄った写真が下のものです

山椒の花_2

真ん中の花は、おそらく花粉が飛んだ後だと思うのですが、なんとなく実がなりそうに見えてしまいます
我が家の山椒は「葉山椒」であることが、ほぼ確定しているので、結実はしません

こうなると雌花が見たくなりました
週末にでも近所の雑木林を散策に行ってみようと思います

あわよくば雌花の咲く株を持ち帰り、夫婦にしたいものです



2014年04月12日

バジリコ

バジルの芽

写真はバジル(スウィートバジル)のです

バジリコは、イタリア語で【Basilico】、学名【Ocimum basilicum】と呼ばれています
和名は【メボウキ】ですが、今では英名のバジル(Basil)の名が普通に使われています

シソ科メボウキ属の多年草ですが、日本では一年草として扱われています
それは、日本の気候では冬を越せないからで、イタリアなど温暖な気候では多年草となります

イタリア料理に良く使われるのは、【スウィートバジル(Sweet basil)】と、【ジェノベーゼ バジル(Genovese basil)】です

その他の品種としては、
【シナモンバジル(Sinnnamon basil)】:種は、日本でも手に入りやすいです
【レモンバジル(Lemon basil】
【ホーリーバジル(Holy basil)】
【タイバジル(Thai basil)】
【マンモスバジル(Mammoth basil)】
など多種にわたります

ハーブガーデニングとしては、スィートバジルが最もお手軽で、ハーブとしての利用価値も高いのではないでしょうか
自家製ピザや、パスタなど利用価値が高いハーブだと思います

ほぼ毎年、我が家ではベランダのプランター半分ほどに植え、10本程度が70cmぐらいまで育ちます
初夏〜秋にかけては、葉を収穫しながら育てています
花が咲いて種が取れますから、1〜2年ぐらいは種の再利用も可能です

冬になると枯れてしまうので、我が家では枯れる前に10〜11月ぐらいに全てを収穫します
収穫したバジルの葉は、オリーブオイルと一緒にミキサーにかけ簡易ジェノバソースとして保存します
半分ぐらいは冷凍保存して、翌年の収穫までスパゲッティバジリコが楽しめるようにしています

本物のジェノバソースはニンニク、松の実、エクストラ・バージン・オリーブ・オイル、バジルの葉、塩、パルミジャーノ、とペコリーノを材料とするなど、かなり厳密なレシピがあります
家庭ではオリーブオイルとまぜて冷凍しておけば、塩分も後から味付けできるので、重宝しています

食品メーカーが商品化している「乾燥バジル」とは、まったく異なるものと言っても良いでしょう
ここ5年ぐらいは、自家栽培の生バジルと冷凍簡易ジェノバソースを常備していますので、乾燥バジルのお世話になっていません

栽培は本当に簡単で、朝の水やりさえしておけば、十分に育っていってくれます
種からでも発芽率が良いので、初心者でも種からの栽培がおすすめです
まき時は、4月〜6月です(発芽適温20℃以上)なので、ちょうど良い季節になりました
適温であれば2〜3日くらいで発芽します

実は写真の芽は、3月中旬ぐらいに蒔きました
ちょっと早かったし、4月も寒い日もあったので、諦めかけていました
しかし、今日目を発見したので、さっそくブログに掲載しました
蒔き時を選ばなくても、発芽時期を選んで発芽してくれる優れモノのハーブです

育ってきたらまたブログに掲載します

【2014年5月13日追記】
5月13日に1か月後のバジルの様子と効能などの記事「スイートバジル」を掲載しました





2014年04月11日

今日のクミン(2014年4月11日)

クミン4月11日

写真は、今日の時点での鉢植えクミンの様子です

前回(3月28日)のブログでの報告では、1cmぐらいだった芽が、3cmぐらいに成長しました
3月27日の発芽の時のブログから、3回目の報告になります

2週間経過しているのに、成長が遅いのが気になります
いくつかの鉢のクミンは、発芽からの成長過程で枯れてしまいました
4月に入ってから、関東地方は少し寒い日や、風の強い日が続きましたので気候の影響だと思われます

寒い日が続くと写真のような細い葉がしおれて、地面に着いてしまいます
気がついて、夜間は室内にいれていたので、助かったのが写真の鉢です

あとは葉が細いので、水やりも注意しないと、じょうろで水を撒くと葉が倒れてしまします
今のところは、霧吹きで根元に水をあげるようにしています

こうして考えると、クミンを種から栽培することは、結構難しい方に入ると思います

バジルなどは、気候さえ合えば、簡単に大きく育ちますから、ここまで気を使うことは無いです
でもクミンシード(クミンの種)の、スパイスとしての利用価値を思い描き、一生懸命世話する次第です

もう少し成長したら、また報告します


今週末に安定して温かいようだったら、残りの種を蒔こうと思います
種から育てるときは、基本的に2〜3回に分けて蒔くと、失敗してもあと2回チャレンジできるのでお薦めの方法です

今週末の予定では、100円ショップで鉢を買ってきたので、それにパセリを植える予定です
イタリアンパセリでも良いのですが、葉の量と香りの好みで、カーリーパセリ(日本で普通のパセリ)にしました
芽が出たら紹介しますね




人気のPCゲームが勢ぞろい!
Yahoo!モバゲーに今すぐ登録!

2014年04月10日

山椒の樹

山椒

写真は我が家の山椒の樹です

新芽が出て若葉って感じですよね
この新芽を見ると、春って感じがしてきます

2〜3日前までは芽はもっと小さくて、見えるか見えないかぐらいの突起だったんですが、ここのところの温かさで急激に育ちました

実はこの山椒の木は、親戚の家の庭に雑草として生えていたのを、持ち帰り鉢に定植したものです
言わば野生の山椒ってことになります

どこからか種が飛んできて、芽を出し5cmぐらいに成長したところで、我が家に来たことになります

山椒のハーブとしての利用方法は、新芽を手のひらでポンと叩いて香りを出し、煮物などに添えたりします
また、その実は和風の香辛料として、じゃこと一緒に炒めたり、佃煮や、山椒パウダーとして香辛料メーカーが売っていたり、いろいろです

しかし、我が家の山椒は5年以上が経過しても実がなりません
何故かって最近気になり調べました

なんと山椒には、雄の樹と、雌の樹があり、雄の樹には実がならないそうです
雌の樹はというと、受粉すれば実がなるそうです
まれに雌の樹だけ植えていても実がなることがあるそうですが、単独でも実がなるわけではなく、実際には近所の雄の樹の花粉を受粉し、結実するようです

山椒の種類としては、ざっとですが以下のように分類できるようです
・花が咲くが実はならない(雄の樹):花山椒
・実がなる(雌の樹):実山椒
・実山椒の種子から発芽した葉山椒(雄の樹でも雌の樹でもほとんど結実しない)
・似た仲間にイヌザンショウ、ツルザンショウ、フユザンショウがあるそうです

あとは朝倉山椒というのが、園芸品種で実が非常に美味しいそうです

以上のことから考察すると、我が家の山椒は「葉山椒」ということで、実はならないようですね(残念)

ただし、 実がならなくても、木の芽として新芽を利用しているので、使い道は結構あります
簡単なところで行くと、冷奴の薬味として利用したり、葉をすりつぶして味噌と混ぜ、田楽味噌にしたりします

でも知ってしまうと、できれば朝倉山椒がほしいと思いますよね
ベランダのスペースと相談しながら考えましょう






2014年04月06日

日本産のハーブ

青ネギ

写真は和製ハーブの万能ねぎ(青ネギ)です
わけぎ、アサツキ、万能ねぎの違いって知ってますか?

実は私も知らなくて、さっき調べたら面白いことがわかりました

根本的な違いは、下記の通りです
わけぎ、あさつきは植物の名前
万能ねぎは商品名

知りませんでしたー調べてみるもんですね
ちなみに万能ねぎは、「九条細」というネギの品種を若いうちに収穫したもので、JA筑前あさくらが商標登録(昭和60年)しているそうです

「わけぎ」は、ネギとタマネギとの雑種でネギの一変種だそうです。
また、「あさつき」は、エゾネギの一変種です。
わけぎとあさつきともに、ネギと違い球根があることが、根本的な違いということでした

という訳で、スーパーなどで売っているもので、青ネギって言えるのは万能ねぎってことになりますね☆
※私の居住地の近所のスーパーで九条ネギその他は売ってないので^^;
また、わけぎとあさつきは、いろいろかけあわせて作られたもので、球根から育つっていうことにも驚きました

調べてみると、意外に面白いことがわかったので、今夜は得した気分です

なんで我が家の青ネギを掲載したかというと、私の青ネギ達は種でも、苗でも、ましてや球根でもなく、スーパー産なので、珍しいと思って紹介しました^^

スーパー産って言ったので、気がついた方も多いかもしれませんね
つまり、スーパーで買ってきた万能ねぎの根の部分を捨てないで、プランターに植えて育った結果が写真のネギなんです

万能ネギを買うと、必ずこうして2回は楽しみます(3回目以降も生えてきます)

知らなかった方は、ぜひ試してみてください
インスタントラーメンも、ベランダから収穫してきた青ネギが入れば、一味違いますよー^^

イチゴパックなどでの水栽培もできるみたいです

ちなみに奥のほうに、白ネギの子孫も芽が出てきています
こちらはまた、別の機会に紹介します


2014年04月05日

2種類のローズマリー

ローズマリーについて、4/2のブログで、
「品種はいくつかあり、大きくわけると立性と匍匐(ほふく)性の2タイプの分けられます」
と記載しました

実はその2種類! 2つとも我が家にあります^^
2つとも10年以上前に園芸店で苗を購入したので、品種名はわからないんです

最初に我が家に登場したのは、左の匍匐(ほふく)性のローズマリーです

数年後といっても今から10年以上前、このローズマリーが苗から大きく育ったため、大きな鉢に植え替えることになりました
植え替え直後に枯れそうな様子になり、既にローズマリーを料理に使っていた私は、あわてて園芸店に行き買ってきたのが、右の立性ローズマリーという訳です

枯れそうだった匍匐性ローズマリーは、その後息を吹き返し元気になったので、めでたく2本を育てることになりました
もうかれこれ10年以上、我が家にきれいな花と、心地よいハーブの香りをもたらしてくれています

いつもはラックの違う段に配置されています
写真はブログのために、はじめて並べて撮ったんですがー、ずいぶん高さが違うことに私もびっくりしました

匍匐性のローズマリーは、今年は花がいっぱい咲きました
2月ぐらいに満開となって今は終わりに近づいています

立性は花は少ないですが、今きれいに咲いています

立性は少し高く伸びすぎなので、本日、枝の先を収穫しようと思います
葉をバラバラにして、塩と一緒に鶏肉にまぶして2〜3時間おいてオーブンで焼くと、美味しい鶏のローズマリー焼きが出来上がります
鶏のむね肉でも美味しくパサつかずに焼きあがるので、ぜひ試してくださいね

って考えていたら、食の記憶がよみがえり、食べたくなってきたので我が家の今晩のメニューはこれになりそうです

オーブンからもハーブの香りがして、なんとも食欲をそそります
今日はワインでも開けてお洒落に飲もうかな〜って雰囲気です^^

2種類のローズマリー


2014年04月03日

オリーブの樹

オリーブの苗を購入しました☆

「オリーブは、マンションのベランダでも育ちやすく、葉も生い茂り落ちにくいのでガーデニングにむいている」
っていうことを知り、3月初旬に通販で衝動買いしました
また、ガーデニングのシンボルツリーとして人気が高く、垣根のような用途にも使われているようです

一度に3本の苗を購入し、3月9日に家に合ったありあわせの鉢に定植しました
写真は3月末ごろのもので、2週間近くたって少し成長した感じです

オリーブ.jpg

なぜ、一度に3本購入したかと言うと・・、たくさんの実を食べたくて・・ではなく(笑)、

オリーブにはいくつもの品種があり、自家受粉が苦手で、1種類の樹では花が咲いても実がならないということを、育て方を調べていて知ったからです
※自分の花粉では受精が困難な自家不和合性という特徴を持っているそうです

写真は右から、ネバディロ・ブランコ、ピアクル、マンザニロという種類のオリーブの苗です
特徴はそれぞれ以下の通りです

ネバディロ・ブランコ
成長が早く、樹形は枝葉が多く、生い茂るタイプ
実は早生で夏には結実します
何より花粉量が多く、受粉用の1種類として選ばれることが多い品種

ピアクル
枝葉が繁りやすく、樹形がまとまり、自家受粉できる数少ない品種
葉は緑でやや大きめ、実は黒く光沢のある楕円形が特徴
なかなか売ってない品種でもあります

マンザニロ
実がりんごの形に似た品種であることから、スペイン語で「りんごのような」というの「Manzanilla」と呼ばれています
葉は銀葉で、小型でやや丸みがります
風に強く、育てやすい品種で一般的です

苗は下記リンクのショップで購入しました
やや小さい苗ですが、なんといっても価格が安いことで決めました
苗というデリケートな商品を、丁寧に送ってくれるショップでした
問い合わせにも、丁寧に答えてくれたので、また利用しようと思ってます

他にも、バジルやクミンの種を購入しました
もうすぐ暖かくなるので、ベランダにハーブを植えて楽しみましょう☆

下記のリンクは、私が購入した苗です
すごく安く買えて、とても満足していますので紹介しますね^^ オリーブ苗が600円以内は珍しいので☆
(ただし園芸店などで売っているオリーブ苗と比較すると、すごく小さい苗です)

オリーブ・ピクアル 9cmポット

オリーブ・マンザニロ 9cmポット

オリーブ・ネバディロブランコ 9cmポット

オリーブ全体のページ




2014年04月02日

ローズマリーの花

ローズマリー

ローズマリーは、地中海沿岸地方の原産です
シソ科に属し常緑樹で背は高くなりません
ローズマリーの葉や花は、ハーブとして料理に使われます

属名Rosmarinus(ロースマリヌス)はこの植物の古代ラテン名で「海の露」と言う意味のようです
品種はいくつかあり、大きくわけると立性と匍匐(ほふく)性の2タイプの分けられます
花の色は、青か紫色のものが多く一般的ですが、白や桃色のものもあるとのことです

我が家のローズマリーは、写真のように紫がかった青の花がいっぱい咲いています
花は1月〜2月がピークで今は半分残っている感じです
でもきれいに咲くので気に入って、窓から見えるところに置いています

もう10年近く安定して育っています
定期的に葉を収穫して、肉料理の風味付けに使ったり、風呂に入れてハーブ風呂にしたりしています
鶏肉をオーブンで焼くときに、下味と一緒にローズマリーを一枝入れて漬け込むと、とても風味が良く、美味しく仕上がります

葉の先端を定期的に切っていると、写真の大きさで留まっているので、ベランダガーデニングに適しています

ハーブとしての利用価値も高く、花もきれいなのでぜひ育ててみてはいかがでしょう^^



プロフィール
やま☆さんの画像
やま☆
料理人&料理研究家のやま☆です 10年の料理人経験を生かし、現在は料理研究家として家庭で簡単にできるレシピを紹介しています
プロフィール

カカオ豆にこだわったチョコレート菓子
タグクラウド
最新コメント
日本産のハーブ by スーパーコピーブランド (10/29)
ホームベーカリーで簡単☆ソフトフランスパン(丸フランスパン) by 木村麻衣子 (01/18)
バジルとトマトのパスタ by ボリジ (07/21)
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。