2017年10月17日

拓馬篇前記−拓馬5

 拓馬はヤマダを無事に家まで送りとどけた。懇意であるヤマダの家族とは会わず、すぐに帰宅する。玄関には白黒の飼い犬が待っていた。ほどほどに撫でてやる。皮膚に近い内側の毛は温かいが、外側の被毛は冷えている。
「もー部屋に入っとけ、な」
 拓馬はリビングの戸を開けた。入室せずに立っていると犬がみずから暖かい室内へ入る。利口なやつだ。尻尾が引き戸のレール上を通過した頃合いに拓馬も進む。はたと足を止めた。ほかにも部屋へ入れるべきものがある。ヤマダがくれたパンだ。拓馬は下足棚の上に仮置きした紙袋をつかむ。
(今日中に食べないとな)
 廃棄のタイミングを二度逃したものだ。明日になったら本当に棄てるはめになるかもしれない。リビング続きの台所にいる母に紙袋を見せ、その旨を伝えたあと、拓馬は自室へ行った。
 自分専用のパソコンデスクの椅子に座った。連絡相手は就業時間の不安定な警官である。まずは話せる状況なのか確認する目的で携帯電話を操作した。電話はかけずに文章で伝えておき、返信を待つ。
 拓馬はシズカと込み入った会話をする時はパソコンでやり取りすると決めていた。その支度としてパソコンの電源を入れるのはもちろんのこと、足元に設置した電気ヒーターを稼働し、椅子の背もたれにかけた室内用の上着を羽織った。
 今日のシズカが携帯電話さえ確認できない可能性もある。時間を浪費しないために学校の宿題をやっておこうと拓馬は思った。数学の問題を解こうとして鞄を探す。するとパソコンからピコピコと電子音が鳴った。拓馬を通信相手として登録する者が鳴らす音だ。
 拓馬はパソコンにヘッドホンを接続し、それを耳にあてた。
『こんばんは、拓馬くん。どんなことがあったか詳しく話せるかい』
 拓馬はシズカに今日あったことを洗いざらい打ち明けた。一通り話し終え、シズカが不良との格闘を『豪儀だね』と感嘆する。拓馬は恥ずかしくなる。
「そこは問題じゃあないんです」
『わかってる。大きな体の男の人と、黒い生き物が危ないかもしれないってことだね』
「危険なのかわからないですけど、シズカさんには報告しておきたかったんです」
『うん、きみはおれが見えない人外も見えるからね。なんでも言ってくれるとありがたい』
「それで、どうします? ほうっておいても大丈夫だとは思うけど」
 ヤマダが人外を引き連れることはたびたびあった。彼女は生まれつき異形に好かれるタイプだ。その魅力につられて亡くなった人物がついてきたり、妖怪のような生き物がくっついたりする。時間が経てば人外たちはヤマダに飽きて去っていく。放置してもよいのだが、あまり相手がしつこく居座るとヤマダが体調不良を起こす。その点、シズカに依頼すれば早期に人外を追い払える。拓馬はその判断を仰いだ。
『ヤマダさんにはアオちゃんを送るよ。茶色のワンコだ。それと拓馬くんには探索も兼ねてウーちゃんを預けよう。こっちは猫だ』
 シズカが派遣するのは普通の動物ではない。彼が友と称する、化け物の類だ。この世界とは異なる世界へ訪れた際にシズカが仲間にした生物であり、世界を超えて呼び出すことができる。その能力は異世界においてありふれたものだという。ただしこちらの世界で使いこなす人は少ないそうだ。
『いっぺん二体とも拓馬くんの部屋に行かせる。着いたらおしえてね』
 シズカの声が遠のいた。拓馬は一度ヘッドホンを外す。シズカの使いは部屋の窓に現れるため、窓をながめた。
(シズカさん、真剣に聞いてくれたな)
 今日出会った人外はあまり危険性がないように拓馬には感じられた。そのことはシズカに伝えてある。本当に厄介な場合、拓馬が存在を見抜いた程度ではいなくならないのだ。
(何日かすぎたら猫たちに帰ってもらおう)
 シズカと拓馬の家は離れている。シズカは隣県の人だ。普通の交通手段では最低でも一時間かかるだろう。だがシズカの使いには尋常でない速度で移動できる個体がいた。
 五分と経たぬうちに部屋の窓に白く丸いものがひょっこり現れる。鳥の頭だ。形はカラスに似ている。その左右に黒猫と茶色のサモエド似の尨犬(むくいぬ)も並んだ。拓馬はヘッドホンを装着する。
「三体来ました。白いカラスのほかに、犬と猫です」
『よし、じゃあカラス以外がそっちに残るよ』
 カラスと犬は窓から消える。黒猫が窓のガラスをすりぬけてきた。
「猫は、ずっと俺のとこにいるんですか?」
『今晩は念のために居させてくれ。なにも起きなかったら調査に回すから』
「はい、わかりました」
『ヤマダさんが不安がっているなら、彼女にもこのことは伝えてほしい。かわいいワンコがそばで守ってるってね』
「見えもさわれもしないのに『かわいい』犬がいると知らせたら、あいつは生殺しの気分になりますよ」
 シズカの友らは通常、人には見えない姿で活動する。幽霊と同じだ。幽霊との違いは常人にも見える姿に変化できること。その変化は生身の動物に擬態するか危険物と相対した時に限定された。
『あはは、そのへんのニュアンスは拓馬くんに任せるよ。じゃ、ほかにおれに言うことはないかな?』
「はい、どうもありがとうございます」
『じゃあね、おやすみー』
 通信は切れた。拓馬はパソコンの稼働を終了させる。あとにはベッドの端に座る黒猫が残った。布団やシーツに物が乗るとその近辺にシワが寄るはずだが、猫の回りにはない。それがこの動物に実体がないことを証明した。

タグ:拓馬
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6867750
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集