2020年11月23日

ポストCovid・ワールド、WEFの極悪計画:「仕事の未来をリセットするアジェンダ」−「グレート・リセット」後。恐ろしい未来 By Peter Koenig(グレート・リセット)[経済]


『ポストCovid・ワールド、WEFの極悪計画:「仕事の未来をリセットするアジェンダ」−「グレート・リセット」後。恐ろしい未来 By Peter Koenig』
(グレート・リセット)

[経済・金融]


『お勧め記事』


さてはてメモ帳さんのサイトより
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/5f18c13e90f7860df5c32d2776902b66
》》外部サイト《《

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2160288.html
》》外部サイト《《

ポストCovid・ワールド、WEFの極悪計画:「仕事の未来をリセットするアジェンダ」−「グレート・リセット」後。恐ろしい未来 By Peter Koenig Global Research, November 11, 2020 Theme: Intelligence, Police State & Civil Rights
https://www.globalresearch.ca/world-economic-forum-step-two-resetting-future-work-agenda-after-great-reset/5729175




世界経済フォーラム(WEF)はこのほど(2020年10月)、『仕事の未来をリセットするアジェンダ−ポストCovidワールドにおける途絶と刷新』と題する、いわゆる白書を発表した。

この31ページの文書は、クラウス・シュワブ[Klaus Schwab]、創設者兼CEO(1974年のWEF設立以来)と彼のアソシエイトであるティエリー・マレレ[Thierry Malleret]による『Covid-19 - The Great Reset』(2020年7月)を「実行」する方法についての青写真のように読める。







彼らは『未来のリセット』を白書と呼んでいるが、これは最終版ではないことを意味している。人々の反応を測るための、一種の草案、試験的な気球である。それは確かに処刑人の物語のように読み取れる。多くの人はそれを読まないかもしれない−その存在を認識していない。もし彼らが認識した場合、彼らは腕を上げて、WEFによって世界に提供されたこの最新の全体主義的な青写真と戦うだろう。

それは、(生き残った)人口の80%以上の人々に恐ろしい未来を約束している。ジョージ・オーウェルの「1984年」は、WEFが人類のために考えていることに比べれば、良心的なファンタジーのように読める。

時間枠は10年−2030年までに−国連アジェンダ2021-2030を実行に移すべきである。
COVID-19に対応した計画的な事業対策(措置):


●デジタル化された作業プロセスの加速は、デジタル、または仮想/ビデオ会議としてすべての作業プロセスの84%へとつながる。

●83%ほどの人々がリモートで仕事をすることが計画されている−すなわち、同僚間の相互作用がなくなる−絶対的な社会的距離、人類の人間的接触からの分離。

●すべてのタスクの約50%が自動化される予定である−言い換えれば、リモートワーク中であっても、人間の入力は大幅に減少するだろう。

●スキルアップ/再スキル化のデジタル化を加速させる(教育テクノロジープロバイダーなど) −スキルアップや新しいスキルのためのトレーニングの42%がデジタル化される。



●スキルアップ/再スキルプログラムの実施を加速する−スキルの 35%が「再教育」されることが計画されている−つまり、既存のスキルを放棄−廃止を宣言することが計画されている。

●進行中の組織変革(リストラなど)を加速する−現在の組織機構の34%が「リストラ」される予定である−あるいは、言い換えれば、既存の組織構造が陳腐化していると宣言されるだろう−新しい組織フレームワーク、すべての活動を最大限にコントロールするデジタル構造のためのスペースを作るために。

●一時的に異なるタスクに労働者を再配置する−これは、労働力の30%に触れることが期待されている。それはまた、完全に異なる給与体系を意味する−ほとんどの場合、おそらく生活できない賃金、それはまた計画された「普遍的な基本給」または「ベーシックインカム」を作るだろう−あなたが、かろうじて生き延びるに明らかな必要性を満たすのがやっとの賃金。−しかし、それはあなたをシステムに完全に依存させるだろう−あなたが何のコントロールも持っていないデジタルシステム。

●一時的に労働力を減らす−これは人口の28%に影響を与えると予測されている。その「一時的に」は、フルタイム(正社員)に戻ってくることはないだろうから、偽装した、追加の失業の数字である。

●恒久的に労働力を減らす−13%の恒久的に減らした労働力。

●一時的に労働力を増加させる−5%−労働力のどのようなタイプかについての言及はない− おそらく、遅かれ早かれまた、職場のAIとロボット化、自動化によって置き換えられるであろう未熟練労働。

●具体的な施策は実施せず−4%−それは、たった4%が手付かずのまま残ることを意味している?アルゴリズムとAIに指示された新職場の出現から?―その数字が小さくて取るに足らないものであるので、それは決して達成されない「希望的観測」のように聞こえる。

●恒久的に労働力を増加させる−「恒久的に労働力を増加させる」と予測されているのは、わずか1%である。これはもちろん化粧品ですらない。冗談である。


これこそが、提案されている、すなわち、グレート・リセットを実行するための具体的なプロセスである。

また、グレート・リセットでは、一つの信用スキームも想定している。そこでは、個人の借金をすべて「帳消し」にする−すべての個人資産を行政機関−もしかしたらIMFかもしれない、に引き渡すのを担保として。 (訳注:借金を帳消しにすると、マネー資産も消える仕組みですからネ)

だから、あなたは何も所有しないで−幸せになるでしょう。なぜなら、必要なものはすべて供給されるだろうからである。



また、このシステムに反対することは、あなたには起こらないだろう。なぜなら、そろそろ、あなた方一人一人がcovidワクチンを接種され、ナノチップ化されているからである−それで、5Gともうすぐ来る6Gでは、あなたの心を読み取って影響を与えることができる。

これを陰謀論と呼ばないでください。これは白書であり、WEFによる「権威ある報告書」です。

DARPA - 国防高等研究計画庁は、国防総省の一部であり、数年前に技術を開発した。それを実装するのは時間の問題である。そして、それが将来実装されるのならば、もし私たち、人民が、抗議しない場合、それは、あるだろう−大規模な市民的不服従は道理である−そして、かなり遅かれ早かれのものである。

我々が行動で待つほど、我々はこの絶対的な人間の災難に夢遊病的に入っていく。

社会的・人間的関係は、どんどん剥奪されている。

これは、この斬新な「全体主義的」なWEFの人類へのアプローチ、つまり人類を支配するためのアプローチは、いくつかの利点を有している。

−我々「人民」は反乱を起こすことができず、我々はもはや自分たちの間に結束力を持たない。

−「我々、人民」は、お互いに対戦することになるだろう−そして、小さなスーパーエリートによって遂行される−人類に対する絶対的なデジタル制御がある。

−私たちはこのデジタル制御にアクセスすることはできない−それは私たちの手に届かないところにある。そのアイデアは、私たちはそれに徐々に向かっていく−生き延びる可能性のある者は、というものである。一世代かそこらのうちに、それがニューノーマルになると期待されている。

その「サバイバルの観点」は、『グレート・リセット』でも、「実施ガイド」でも、つまり白書『仕事の未来をリセットするアジェンダ―ポストCovidワールドにおける』でも、直接言及されていない側面である。

ビル・ゲイツ、ロックフェラー、キッシンジャーらは、世界は人口過剰化しており、文字通り人口を減らさなければならないという彼らの強い意見を秘密にしたことはない。私たちが相手にしているのは優生思想家である。

世界の人口を減らすための完璧な方法は、ビル・ゲイツが主導し、WHOが支援するワクチン接種プログラムである。このような悲惨なワクチンプログラムが子どもたちの死を招いた不祥事は、インド(1990年代)、ケニア(2014年以降)などで記録されている。

2010年2月のビル・ゲイツによる「ゼロへの革新」という非常に明快なTedTalkも参照してください。そして今、私たちはそれを生きている。それに殆ど抗議していない−世界全体、つまり国連加盟国193カ国が−この世界規模の忌まわしい人権侵害に従わざるを得なくなって(吸収・強要されて)いるのである。

『グレート・リセット』と「『仕事の未来をリセットするアジェンダ』のどちらの報告書も言及していないのは、これらの厳格な新しいルールを誰が実施するのか?ということだ。−それは、現在、都市戦や暴動や社会不安を鎮圧するために訓練されているのと同じ軍隊であると考えられている。

私たちの市民的不服従の人民組織の一部は、この小さなエリートが何のために利用するのか、最終的には彼らもまた、私たちの残りの部分と同じように、ただの人間であることを、警察や軍に知らせることに焦点を当て、話しかけ、教育し、知らせる方法に焦点を当てることになる。だからこそ、彼らは人々の防衛のために、人類のために立ち上がるべきなのである。同じことが、教師や医療関係者にも行われる必要がある。

それが課題だ。成功すればゲームは終わりである。しかし、それは長い道のりである。

メディアの偽情報は、残忍で強力であり、「私たち」のために反論するのは難しく、カウンタープロパガンダのためのかなりの予算がなく、そして、人々のグループとして、まさにメディアによってこれまで以上に分割されている。強制的なマスクを着用すること、そして社会的距離を置くことは−すでに、我々が、同僚、友人であったものの内で、さらには家族内でさえ敵を作っている。

この絶対的命令だけでも、私たちの社会の中で分裂と不和を作成することができた。

恐れることはない−しかし、『仕事の未来をリセットするアジェンダ』と『グレート・リセット』を文字通り粉々に砕くことは、WEFのような組織や、WHO、ユニセフ、WTO、世界銀行、IMFのような国連機関のような癒着した機関を排除し、ひょっとしたら国連システム全体を解体するような、人間的な代替案を提示することになる。このプロジェクトの背後にある政財界の指導者たちは、行く手を阻まれねばならない。ニュルンベルクを含む国際法の基本原則が適用されなければならない。

*

Note to readers: please click the share buttons above or below. Forward this article to your email lists. Crosspost on your blog site, internet forums. etc.

ピーター・ケーニッヒ[Peter Koenig]は経済学者、地政学アナリスト。水資源と環境の専門家でもある。世界銀行や世界保健機関に30年以上勤務し、環境と水の分野で活躍。米国、ヨーロッパ、南米の大学で講義を行っている。Global Research、ICH、New Eastern Outlook (NEO)などのオンラインジャーナルに定期的に執筆している。著書に『Implosion - An Economic Thriller about War, Environmental Destruction and Corporate Greed(内破−戦争、環境破壊、企業の強欲を描いた経済スリラー)』がある。また、『World Order and Revolution! ? Essays from the Resistance(世界秩序と革命!レジスタンスからのエッセイ)』の共著者でもある。グローバリゼーション研究センターの研究員。

The original source of this article is Global Research
Copyright c Peter Koenig, Global Research, 2020



https://twitter.com/Melodicles/status/1327902711652597760
Melodicles@Melodicles

この騒動を仕掛けている人々は、世界中にいます。
そして、この騒動を支えている多くの人々は、真実を知らず、利用されている事に気がついていないのでしょう。
ロックダウンや人々への過剰な制限を行使しようとしている国々は、皆彼らの仲間です。 誰が、彼らの仲間なのか判りやすくなっています。


【購入方法】

[音楽・動画(サービス)]

◆グレート・リセット―新しい経済と社会は大不況から生まれる
リチャード・フロリダ 、 仙名紀



◆グレート・リセット ダボス会議で語られるアフターコロナの世界 (日本語) 単行本(ソフトカバー)
クラウス・シュワブ (著), ティエリ・マルレ (著), & 4 その他



◆2020X日本崩壊: 第0節 グレートリセット 202X日本崩壊 Kindle版
クロキゴウ (著)




[ 商品(楽天) ]

[視聴・商品(Amazon)]


【関連・参考情報サイト】



【サイト更新・追加情報】

このページ内を書き換えや更新・追加したときの為のサイト更新履歴情報です。


◆グレート・リセット(一覧)[社会]
》》詳細情報《《

↑画面TOPへ↑


---以上
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10358363
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最新コメント
検索

他ジャンル
⇒ エンタメ!一覧中(集)

⇒ 音楽・エンタメ!

》サービス一覧《


ジャンル
メニュー(カテゴリー)(44)
アニメ・漫画(16)
国際(海外)ニュース(1)
ニュース(5)
ゲーム(172)
ドラマ(12)
映画集(3)
心理・占い・風水・血液(65)
音楽・サウンド・音図鑑(18)
WEBとインターネット(441)
コンピュータ(19)
ショッピング・商業施設(7)
学習(教育・学校・資格・講座)(263)
こよみ・出来事・行事(408)
総合通販(42)
美容・健康(125)
美容(14)
健康(256)
食べ物(17)
グルメ・食品(358)
ファッション・ブランド(381)
旅行・宿泊・レジャー・遊び場(98)
金・貨幣(マネー)関連(11)
金融・投資・保険(193)
不動産・引越・リフォーム(107)
副業・ビジネス(81)
企業・会社・業界(24)
仕事・仕事関連・サポート(242)
CM動画中(147)
学び・資格(15)
インテリア・雑貨(150)
住まい・暮らし(195)
暮らし(50)
エンタメ(118)
ギャンブル・ゲーム(13)
ポイント・懸賞(30)
ギフト・プレゼント(87)
スポーツ・アウトドア(95)
乗り物・移動手段・物流(148)
趣味(8)
出会い(コミュニティ)(2)
結婚・恋愛(156)
物品(1)
生き物(動物、植物)(3)
料理編(1)
生き物(植物)(9)
便利ツール・サイト・用語(8)
生活便利(1)
ペット(96)
祝い・イベント・行事・お祭り(63)
情報発信・受信(連絡・通信・マスメディア)(65)
言葉遊び・雑学(2)
家電(電化製品)(93)
飲食店・外食産業(4)
サバイバル(2)
時代の流れ、流行(1)
災害・防災・危機(18)
買取・リサイクル・片付け(189)
資料・データ(1)
宇宙、異常現象(2)
予言・預言・予測・未来(13)
ビジネス・経済・経営・社会(11)
社会・文化(7)
自作・自給自足・DIY(2)
写真・美術・絵画(71)
玩具(おもちゃ)・ホビー(3)
パソコン(ソフトウェア)(8)
スマホ(アプリ)(2)
ベビー&キッズ、子育て、玩具(49)
終了(72)
政治・法律(3)
その他(5)
更新・内容書き換えサイト(41)
最新記事
(01/19)[機械翻訳]ナチスがドイツ国会議事堂放火を使用したため、左側は国会議事堂の侵略を使用しています(米大統領選挙)[政治・社会]
(01/19)『ハイ!トラ○プが勝ちました!』ピーター.ナ○ロ.レポート第3弾!&米国極秘対中戦略計画書わざと公開!そこに書かれていた日本の運命とは(米大統領選挙)[政治・社会]
(01/19)[20210118(2)]通常検索では探しにくい最新、真相を探求ニュース(米大統領選挙2020)[政治・社会]
(01/19)[20210118]247 Japan(米大統領選挙2020)[政治・社会]
(01/18)[機械翻訳]アメリカがトランプに行動を求めている間、民主党はトランプとDCの周りに壁を築いて人々を締め出します(米大統領選挙)[政治・社会]
(01/18)ワシントンからのメッセージ!臨時の軍事政権 現職継続へ『米軍が仕掛けた驚くべき罠』ジョン・F・ケネディ・Jr の登場はいつ!?量子システムと今後の展開について[BBニュース](米大統領選挙)[政治・社会]
(01/18)緊急放送システムか?(真相探求)[ニュース]
(01/18)(緊急インテル情報!)ワシントンの軍事作戦の真相!! 大統領選「Miyoko Angel」(米大統領選挙)[政治・社会]
(01/18)ビッグテックのような検閲する企業に違法に凍結されたら賠償責任を負わせる法案提出!(真相探求)[ニュース]
(01/18)[20210118(1)]検索表示しにくい!真相探求((主要・社会)[ニュース]
(01/18)アメリカ共和国第19代大統領!?2021年1月17日「はろーふろーむロングビーチ」(米大統領選挙)[政治・社会]
(01/18)ワシントンD.C.緊急事態宣言下、就任式会場[我那覇真子](米大統領選挙)[政治・社会]
(01/18)アメリカの国境周辺中国軍25万人!トランプ大統領が 南部国境一帯に国家緊急事態宣言![メイカ(鳴霞)](米大統領選挙)[政治・社会]
(01/18)トランプ応援YouTuber各位「闇のクマさん」(米大統領選挙)[政治・社会]
(01/18)【第76弾】いよいよ120まで残り2日です!!「石川新一郎」(米大統領選挙)[政治・社会]
(01/18)[20210118]Harano(米大統領選挙)[政治・社会]
(01/18)[20210117]なんでもニュース女子(真相探求)[ニュース]
(01/18)[20210117]247 Japan(米大統領選挙2020)[政治・社会]
(01/18)[20210117(3)]検索表示しにくい!真相探求((主要・社会)[ニュース]
(01/18)[20210117(2)]検索表示しにくい!真相探求((主要・社会)[ニュース]
ファン