カンタンタープの次世代バージョン、キャンプカスタム が気になる。そして、ポチル。: ファミキャンGo!!

2017年05月24日

カンタンタープの次世代バージョン、キャンプカスタム が気になる。そして、ポチル。

ワンタッチタープで有名なブランド「カンタンタープ」が気になっています。

しかも、最近、2017年の新モデル

次世代バージョンの「キャンプカスタム」が販売されました。

カンタンタープというのは、よくBBQ会場とかフリーマーケットでみかけるあれです。

組立不要で足を広げて、布をかぶせて終わりのこんな奴。
41QHvn3culL.jpg

なんだかキャンプの雰囲気でないし。

私は、タープは断然、オープンタープ派。

ユニフレームのRevoタープかっちょいぃぃ!!

今まで、頑なにそう思っていました。

でも、オープンタープは少人数でのデイキャンプやBBQでは、設置にどうしても時間がかかります。

嫁さんも、何を大層な・・・という目で見ています。

実際に小さな子供を連れてBBQするには、かなり不便を感じていました。

よく見ると、BBQの会場は、この手のワンタッチタイプが殆どの割合をしめています。

こちらは、そっちのポール持ってぇ!! と大騒ぎ。

オープンタープを立てている間に、あっちはもうコンロで火を起こし始めている!!

時間が経って日陰が移動したら、タープを全体的に移動が可能!

と、隣の芝が青く見えてきていました。

でも・・・

ワンタッチタープって、どうせ、風に弱いんでしょう。

さぞかし、嵩張って、重たいんでしょう。

と、思っていたら。

はい、出ました。

キャンプ仕様で頑丈で、軽量なものが。

それが、カンタンタープのNEWモデル。

キャンプカスタムです!!

見た目はこんな感じの流行の中間色カラーです。

サファリ(ベージュ)!
image_01.jpg

ディープシー(紺色)!
image_02.jpg

どちらも今までにはない、落ち着いた色味。

これは、一気に購買意欲が沸きました。

今までの事務用みたいなイメージを払拭する、お洒落仕様!!

最近なら、SNS映えもするんじゃないでしょうか。

フレームは伸縮式ではなく、一部組立を必要とします。

それでも3分で組み立てられるそうです。

その分、伸縮式より強度がアップ!!
image_07.jpg

定番のサイドウォールオプションもあります。
51260qK7fSL._SL1000_.jpg

巻き上げと、ファスナーでの連携が可能。

そして、2.6メートルサイズには。

なんと!

フルクローズ可能なメッシュスクリーンもあります!!
image_01.jpg

image_06.jpg

メッシュスクリーンは類似品にも多くありますが、

フルスクリーン仕様とは珍しいです。

これはズルい!

そんなん、こうてまうやろ!!

グランドシートとタオルケットがあったら、夏場はこれだけでお泊りできます。

下からの風・虫を防ぐスカートもしっかり付いているし。

秋冬の防寒にもしっかり対応できそうですね。

ユニフレームのRevoタープのオプションのコンプリート後にこれは辛い。

ユニフレームのメッシュウォールはメッシュだけでフルクローズできないんですよね。

で、カンタンタープのキャンプカスタムですが。

かなり悩みましたが、昨日ポチりました。

一旦は本体だけ。

夏のハイシーズンで、品薄になりそう。

特に、ベージュ色は今までなかったカラーリングなので、人気が集中すること間違いないです。

届いたらまたレビューします!

サイズは2.0M 2.6Mの2種類

小さい方が軽量コンパクトですが、ここは、メッシュスクリーン対応の2.6m推しです!
<詳細>
サイズ 組立時:幅260×奥行き260×高さ240cm
軒下:180/240cm
収納時:幅20×奥行き20×高さ98cm
重量 (約)11kg
使用人数目安 大人4人、子供2人

カンタンタープ260キャンプカスタム


カンタンタープ260キャンプカスタム専用メッシュスクリーン


T/C幕も新発売されました!!


TC幕に組み合わせるフレームのみはこちら


★追伸 購入後のレビューを動画で紹介しています★

★関連記事★
カンタンタープ キャンプカスタムのサイトレイアウト実例
カンタンタープ キャンプカスタムの組立て方
ワンタッチタープ コールマン VS カンタンタープ
カンタンタープ キャンプカスタムが気になる

関連記事(タープ)

【おすすめの記事】
スポンサーリンク

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6298168
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
目次
記事ランキング
  1. 1. Quechua (ケシュア) ポップアップテントは本当のところ便利か?
  2. 2. 最新ワンタッチタープ対決 コールマン インスタントバイザーシェード VS カンタンタープ キャンプカスタム
  3. 3. 続、ダッチオーブン選びに悩む。サイズは10インチか12インチか?材質は鉄かステンレスか?ユニフレーム黒皮鉄製、SOTOステンレス製ダッチオーブンの比較とサイズ選び。
  4. 4. 最高の保冷力で使い勝手も良い最新クーラーバック コールマン アルティメイトアイスクーラーII
  5. 5. ファミリーにお勧め!!お座敷スタイルの卓上BBQサイトのレイアウト実例
  6. 6. アウトドアでも活躍するイワタニのカセットコンロ
  7. 7. 小川キャンパルのロッジシェルターT/C の設営にいってきました。
  8. 8. ユニフレームの囲炉裏テーブル、いろりエクステンション(UF IRORI EXT)を購入しました。
  9. 9. 話題のトンネル2ルームテント、コールマン、トンネル2ルームハウス(アテナ)がセール中。欲しい・・・
Quechua(ケシュア)ポップアップテント特集
  1. 1. Quechua (ケシュア) ポップアップテントは本当のところ便利か?
  2. 2. QUECHUA (ケシュア) ポップアップテント 2 SECONDS XL の最新バージョン FRESH&BLACK が登場!!
  3. 3. Quechua(ケシュア)のポップアップテント、2 SECONDS 設置と撤収方法の説明ダイジェスト
小川キャンパル ロッジシェルター特集
  1. 1. ロッジシェルターT/Cの使用レビュー
  2. 2. 小川キャンパルのロッジシェルターT/C の設営にいってきました。
  3. 3. 最強のスクリーンシェルター。小川キャンパルのロッジシェルターの展示を見てきました。
  4. 4. 小川キャンパル2018年新商品ロッジシェルターT/Cを買っちゃいました。
ダッチオーブン特集
  1. 1. ダッチオーブン選びに悩む・・・
  2. 2. 続、ダッチオーブン選びに悩む。サイズは10インチか12インチか?材質は鉄かステンレスか?ユニフレーム黒皮鉄製、SOTOステンレス製ダッチオーブンの比較とサイズ選び。
  3. 3. 念願のダッチオーブンを購入。黒皮鉄製 ユニフレーム 10インチ スーパーディープ!!ファミリー向けダッチオーブン選びのポイント。
  4. 4. ユニフレームのダッチオーブン10インチ スーパーディープの使い始めの儀式、シーズニングを行いました。ついでにファイアグリルのエンボス鉄板も。
  5. 5. ユニフレームのダッチオーブンで手羽先のローストチキンに挑戦!
  6. 6. ダッチオーブンで石焼き芋に挑戦
キャンプ道具自作に挑戦
  1. 1. 折りたたみテーブル自作に挑戦 其の1(プロローグ)
  2. 2. <自作キャンプテーブルに挑戦>2分割して棚にもなるローテーブル @ 作成編
  3. 3. ユニフレーム焚き火テーブルをローダウン。座卓用に低く出来るよう改造してみました。
ファミキャン特集
  1. 1. 最新のファミリー・子連れ向けの、デイキャンプ・バーベキュー(BBQ)のお座敷、座卓スタイル、レイアウト実例
  2. 2. 2018年度のBBQ炙り始めと今年のファミリーキャンプスタイルについて
  3. 3. 2018年 ファミリー向けのお薦めデイキャンプ・ピクニックグッズ
キャンプ日記
  1. 1. グリーンパーク山東キャンプのレビュー 高規格オートキャンプで快適キャンプ
  2. 2. 赤礁崎キャンプ場のレビュー 福井海水浴キャンプの旅(1)
  3. 3. 赤礁崎キャンプ場のレビュー福井海水浴キャンプの旅(2)
  4. 4. 加悦双峰公園キャンプのレビュー 京丹後の旅(与謝野町、宮津天橋立)
タグクラウド
ストーブ・ヒーター特集
  1. 1. キャンプストーブ選びのポイントまとめと、武井バーナー購入までの考察
  2. 2. 武井バーナー301Aパープルストーブの初点火
  3. 3. 武井バーナー301Aパープルストーブの接続金具と収納ケースについて
  4. 4. ユニフレームのアウトドアヒーター、ワームU(ワーム2)を購入。早速使ってみました。


人気ブログランキングへ
<関連サイト>
ファミキャンGo!!
地元民おすすめ京都ラーメン
楽天おすすめ商品