ファン
検索
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
Mihoiさんの画像
Mihoi
日本で6年+α看護師をしていました。 当面は、ここドイツの病院で働くことが目標です。
プロフィール

2021年04月12日

ドイツでの病院での看護師実習もそろそろ3か月目に入ります、、

4月のドイツの天気はめまぐるしいのが普通!


なんて言われていましたが、

本当にその通り、、



先週の最低気温がマイナスだったとおもったら、
今週はぽかぽか20℃超える日もざらにあったり!


しまったばかりの冬服をなんども出してはしまい、を2ー3度繰り返しましたよ!(笑)



NHK出版 これならわかる ドイツ語文法 入門から上級まで

新品価格
¥3,300から
(2021/4/12 23:02時点)







というわけで、あっという間にそろそろ3か月目に入る実習状況ですが!



1月25日に突如複雑な形で始まった私のドイツ看護師免許書き換えのための実習ですが、


そろそろ3か月に突入しようとしています、、、!!





はやい( ;∀;)!




週39時間(100%のフルタイム)勤務、

かつコロナでロックダウンしていることもあり、


1月から今日まで本当に自宅と職場病院の往復しかしていなかったので、


何の思い出もなく冬を越してしまいました(笑)





そして突然始まった部屋持ち



補助者っていうビザで働いているから、

本当はダメなんだけど、、、





とかいう建前文句を一応言われてたんですが、


仕事始まって2か月たつ頃から気づいたら

10人ほどの部屋の受け持ちが始まっていました(◎_◎)





まあ、自分で受け持ち持って動くほうが、気は楽っちゃー楽なんですがね





というわけで、

前回は2週間の実習でわかってきたことを記録してたかと思うんですが、


今回はこれまでの3か月の実習で分かってきたことを追記してメモしておこうと思います!





労働者にとっても優しい勤怠管理



日本の病院はなんてブラックだったんだってつくづく思うところが、勤怠管理システム!



私の今働いている病院ですが、

ロッカールームに入る手前に勤怠管理システムがあり、


そこでカードキーをスキャンしたら私の勤務が開始。


逆に、勤務終わりも、着替えてそこを通り過ぎるまでが私の勤務時間。



ですので、普通に申し送りをして病棟を去っても、
毎日10−15分ほどのわずかな残業時間が発生していることになります。






そして先週

実習指導の日があったんですが、

実習担当者の臨床指導みたいなのが2時間くらい早く終わった日がありました。




すると病棟の師長さん、



いつもちょっとずつ残業ためてるから、

こういう時くらい早く帰りなさい




って





日本だったら、

普通に暗黙の了解的に規定時間まで病棟の手伝いして帰るところですが、


こういう時間にフレキシブルな配慮があるの、


本当にありがたいところです






記録が圧倒的に少ない



受け持ちして、自分の受け持ち患者の記録を始めてから気づいたことなんですが。


こちらの病院は、圧倒的に記録物が少ないですし、


看護記録もメモ並みです(うちの病棟では)




こちらはほぼすべての病院が無料で公立になるので、


まずコスト入力が無い


CV入れたりしたら、セットと、麻酔と、へパフラと、、、っていうのが、無い(笑)




医療区分は一応あるんですが、


日本の看護度入力のように複雑ではないので、こちらもさらっと。

自由に動けるか、介助が必要か、完全にベット上か、 そんなもんです






観察項目なんてほぼほぼあってないようなもんだし、


なんなら「それって医者が見ることじゃないの?」


って逆に突っ込まれたりすることもしばしば




看護問題・看護過程がほぼ無いに等しいので、



これにかかる記録もまったくありません







そうしていろいろミニマイズしていった結果、

残る私がやるべき記録物は、


バイタルサインと、点滴のサインと、1日のメモくらいです(笑)




必要な日常生活援助に関してはなぜか紙ベースで、

こちらもやる気のある看護師は勤務終わりに書いてますが、

時間がない人は全く白紙のまま。(笑)






私、ここを経験すると、

次日本でまた働けるのかすごく心配です(笑)






「受け持ち看護師が休憩中だから、待ってて」て言える



人にもよりますが、

ナースコールいかない人は結構鳴り響いたままになってます(笑)



まして、

ナースコール鳴らしている人に、


「受け持ち看護師が休憩中だから待ってて」って説明すると、


患者さんも普通にわかってくれたりします(笑)





なんでしょうね、


消化器内科だから、


結構絶食の指示が頻繁に入るんですが、




明日検査があるから朝ごはんは絶食でって説明を受けている患者さんに、



食事が配膳されてご飯を食べてしまっても、



「あの人説明うけたのに、ご飯食べちゃったの!

信じられない!」



ってなります(笑)



日本ならインシデントレポートだなぁと




患者様ではなく、あくまで対等な関係ですので、


まーずばずばお互い言いますよ。





患者もうかうかぼーっとしてられないってわけです





身体拘束がほぼ無い


患者の権利に敏感なヨーロッパですので、


身体拘束はこれまでに一度もみたことがありません。



Vラインの自己抜去→再挿入→自己抜去→再挿入→、、、


なんてこともしばしば。


Vラインも、病棟スタッフが入れられないので、

まあ、こちらとしてはいいっちゃいいんですけど、、



ただ、せん妄でオラオラしてる患者の手背に細々とライン入れていくのは

いかがなものかとは思いますが(せめて上腕とか、服で隠れやすいところにいれてくれw)






せん妄と認知症の違いもあいまいなスタッフが多いし、


せん妄の対応はもうちょっと指導入れてほしいなと思うところではあります




ICUで人工呼吸器とか、大きな術後のセデーション下とかになると、

どうなるんでしょうね?



実習がもうちょっと進んで、


コロナのICU戦争が落ち着きそうなタイミングで

一度ICUの見学をお願いしようと考えているので、



そしたらまたICUのこと書きますね













というわけで



その日その日で小さい愚痴もあるんですが、


私結構忘れっぽいので、


今のところあまり不満はないです(笑)



まあ、こちらの看護システムにも慣れてきたし、大きな不満自体ないということですかね





通常の会話のドイツ語も、医療用語のドイツ語に関しても、

やはり3か月ちかくなると結構伸びてきました!


恐れていた電話対応も、結構慣れてきたしww




ベースでB2の試験まで受かっていると、

その後ドイツ語の環境に入りさえすれば結構勝手に伸びていくんですかね。




こちらのスタッフも

このUnknownな日本人看護師の存在に結構慣れてきてくれたようですしw




気づけば実習ものこり6か月とわずか!





また分かったことがあれば書いていきます〜

2021年02月11日

留学やワーキングホリデーにドイツをおすすめしたい5つの理由

2020年は世界中のコロナパンデミックの影響で

海外への移住や短期留学などを断念せざるを得なかったという人も多かったのではないでしょうか。



ドイツの街でも、
いつもならHeidelbergやStuttgartなどでは日本人の方々をよくみかけたものの、

今年はめっきり少なかったように感じます。


(ロックダウンなどで、そもそも人通り自体が少なかったですが。。)





年の瀬からはワクチンの接種が
イギリスはじめドイツでも急ピッチで進められてもいますし



2021年は少しでもこの不自由な身動きとれない状況が
改善されることを願うばかりですね







ということで今回は

今後のコロナ終息を願いつつ、



前々から私がまとめておきたかった


留学やワーキングホリデーにドイツをおすすめしたい5つの理由 というテーマで

書いていこうと思います。










いまさらですが




軽く私の自己紹介しておきます


大学時代からバックパック旅行をはじめ、


その後日本で看護師として働き出してからも、
おおよそ毎年バックパックを背負って1週間どこか旅行へ行っていました。


20代のうちにワーキングホリデービザを使って

アイルランド、ドイツでそれぞれの国に1年ずつ滞在し



語学学校に通いながら
現地の老人ホームや病院、ゲストハウスなどでアルバイトを経験しました。





現在は、ドイツで就労ビザをもらい、こちらメインで生活しています。





ドイツをおすすめしたい理由その1:ヨーロッパの中心地の魅力


IMG_20181202_124810_836.jpg
ローテンベルクの街の中心




ワーキングホリデーで言うと、カナダやオーストラリアなどの人気はやはりずば抜けていますが!


カナダやオーストラリアでは体験できないこと、





それは、ヨーロッパの美しい街並みや歴史の中で生活することです。




ドイツで言えば、

各州や街ごとに実に様々な特色を持っているので、


自分が住んでいく街を選ぶのも楽しいですし、





週末に国内旅行する程度でもかなり楽しめます。


というか、
電車や飛行機を使えば


かなり格安で、
しかも数時間で別の国に飛べるので、


ドイツだけと言わず

いろいろな国の旅行の拠点としてもかなりおいしいです!



2020年はコロナ渦下でしたが、

リスク地域に指定されていない

スイスやリヒテンシュタインへのドライブ旅行も行けました^^


DSC_0883.JPG
リヒテンシュタインの街




このコロナ制限が自由になったら、

次はポルトガルに行っておいしいスイーツを食べ歩きたいです、、、(笑)





ドイツをおすすめしたい理由その2:英語にもある程度フレキシブル




ドイツへ来た当初、
私はほぼドイツ語が出来ない状態でした。


それでもこちらの外人局でワーキングホリデービザ申請や銀行開設、

老人ホームでのお仕事などなど、、



運よく、要所要所で英語でも対応してくれる人が居て

はじめの数カ月くらいはほぼほぼ英語で生活していました。




若い世代は英語を上手に話せる人たちがけっこういるので、



私のドイツ語が伸びて来た今でも、

時折英語で話しかけてくるドイツ人の友人も中には居ます。






ただ、やはりご年配の方には英語通じませんし、

田舎に行くほど英語だけではやはり生活が成り立たなくなってくるので、


ワーキングホリデーなどの長期滞在となると


やはり語学学校などでのドイツ語学習は必須になるかと思いますが、、、!




DSC_0598.JPG
シュトットゥガルトの街の中心にあるお城




ドイツをおすすめする理由その3:学費を安く抑えられる方法がある





さて、上の語学学校からの流れを受けて。




ドイツには多くの移民がいるので、

ドイツ国内あらゆるところで移民向けのドイツ語教室を開催しています。



一番有名なところでいうと、


Goethe-Institut(ゲーテ・インスティトゥート)


世界各国にオフィスがあるほか、日本にも3か所コースを受けられる教室があります。

ドイツ政府認定のオフィシャルなドイツ語試験も作っている会社ですので、

教室自体もかなり質が担保された、ハイクオリティーな学校です




インテンシブコース内容(1099€〜)

・コース期間は約 2 – 3 週間
・内容: 80 レッスン(各45分)
・時間割:月曜日から金曜日まで、1日あたり 5 - 8 レッスン
・最大参加者数:16人
・レベル: A1、A2、B1、B2、C1、C2
・コース開始前の無料レベル設定テスト
・教材は全て提供されます
・メディアライブラリでの個人学習
・広範な文化およびレジャープログラム
・参加証明書を提供
・レベル証明試験も受けられます


↑日本語でネットにのっているので、
申しこみも簡単ではありますよね





私、大学生の頃

ミュンヘンのインテンシブコース(当時は4週間だった)行ったんですが、


4週間で1000ユーロ、学生ながらにちょっと痛いなぁと思った記憶があります(笑)



いや、もちろん質はいいんですよ!

学校のパソコン室とか図書館の教材も使えるし、

Goethe試験の対策も自然にやってくれますし!




ただ半年くらい通いたいとなると、さすがに、、、







と言う方にはこちら!




市民学校(VHS:Volks Hoch Schule)

ほぼどの街にもありますし、本当に小さな村みたいなところにもあったりします。


もともとは市民向けの習い事の場みたいな場所のようで、

料理コースやヨガ、水泳、ダンスなど、


成人向けの余暇活動の場みたいな感じだと思うんですけど、



移民者向けのドイツ語のインテンシブコースを設けている場所がけっこうあります。

(ドイツ語以外にも、英語、フランス語、中国語など、
場所によってはけっこうマニアックに開設しています!)






私はVHSでA2.1からB2,2まで、インテンシブコースを6回受講したのですが、


私の街のVHSでは

・1クール 3−4週
・月曜日ー金曜日まで 午前中 8:30〜13:15 まで(休憩はさみ)
1クール 350ユーロ
・1クラス10名前後
・テキストは事前に自分で準備



VHSでは先生の質がかなりまばらで、

クラスによっては20人ちかくの学生がいるところもあるとか聞いていたんですが、




私は運よく

少人数クラスで、

かつ先生も外国人に教え慣れた 素敵なおばちゃん先生に当たりました





というか、1クールで350ユーロは破格すぎますよね(笑)





当たり外れも多いというのがやや難点ですが、


語学学校ビザも申請できるはずですので、


語学留学やワーキングホリデーを安く済ませたい場合には


この学校を利用することも一つの作戦になるのではないでしょうか




ドイツをおすすめする理由その4:大学への正規留学や現地インターンなど、その後のキャリア展望への利点



ヨーロッパの国公立の大学では、授業料無料で受けられるところがけっこうあります。


その恩恵は、もちろんドイツでも



ドイツの大学や大学院への留学に関しては、

こちらのホームページで詳しく解説されていましたので、

ご参照ください





学費無料?ドイツに留学を完全解説!(入学条件・費用・出願流れまで)








また、ドイツはヨーロッパでも屈指の経済大国



車などの工業製品、電化製品、ITなど世界的に有名な大企業がたくさんあります。


日本企業の支社や、日本の企業と提携しているドイツの会社などもあるので、




こちらで学び

その後の就職・キャリア展望へとかなり前向きに考えることができるのではないでしょうか^^








私の場合ですが





私は看護師というやや特殊な状況ではありますが、

現在こちらで看護師免許の書き換えを行っているところです。



日本の国家資格にあたる職業は、

ドイツ国内においてそのまま使えるわけではありません。



有給インターンや実習を経て(ない場合もあるかもですが)、


Anerkennung(資格の書き換え)という作業が必要になります。





看護師の免許の書き換えに関してのみ言えば、


英語圏では通常、看護師資格の取得に、C1レベルの英語が必須と言われています。


しかしここドイツでは、

看護師資格の書き換えに必要なドイツ語はB2と1ランク設定を下げていますので、


そういう意味でも、ドイツの看護師移民への道はやや広められていると言えそうです。




将来は日本を出て海外で働いてみたいと考えている看護師さん!

語学の壁は、
他英語圏よりも1段低いですよ


IMG_20170816_173808815.jpg
ニュルンベルクの旧市街地





ドイツをおすすめしたい理由その5:日本人が感じる居心地の良さ



これはちょっと主観的になってしまうかもしれないのですが(笑)



ありがたいことに、

日本っていう国そのものが、

第一印象よかったりするところもあるのですが



ドイツではことさら、

その恩恵を受けることが多いような気がします。




アニメ・ゲーム・オタク文化がヨーロッパでも特にしみついている印象を受けるドイツでは、


日本人に対してもわりとはじめから親しく話しかけてくれるドイツ人が多いです。



IMG_20190323_193643_287.jpg
テュービンゲンの中心地を流れる川沿い




そしてもうひとつ私が居心地よく感じるのが、

ドイツの個人主義の考え方。



日本的な

「出る杭は打たれる」

「人並みに足をそろえる」


があまり得意ではないというか、いつもどこか違和感を感じていた私ですが、



ドイツ人の個性を大切にという考え方に触れて、

これからの人生を改めて、

自分のために大切に生きて行こうと考えて行くきっかけにもなりました







サービス残業だらけの日本の病院勤務、

有給なんて年間1週間あるかないか、

家でも持ち帰って係活動や委員会活動する、みたいなことやってたことありましたが、




ドイツでは残業ほぼなし!

始業ギリギリにみんなやってきます!


有給はみんな年間30日きっちりとる!


係活動などがある人は、別に「オフィス勤務日」があって、しっかりお給料もらっている!



休みの日は個人のもので、家族と過ごす日!




人足りないからって、

急に病院から召集されるかもしれないことをドキドキしながら待つ日じゃありません(笑)










学校、職場、社会、

いろんな肌の色・髪の色の人が居て、


服装・オシャレ、文化など

業務に差し支えない限りは、個人の自由です。


風紀を乱さないとか身だしなみを正すとかって、


一体だれのためだったんだろう、とふと思ってしまいますよね^^;


NHK出版 これならわかる ドイツ語文法 入門から上級まで

新品価格
¥3,300から
(2021/2/12 21:27時点)








いかがでしたでしょうか



今回は、ドイツへの留学やワーキングホリデーについて5つの項目にわけていいところをまとめてみました!




もちろん、

長期になってくると不便に感じてくるところなどありますが、


留学やワーキングホリデーに関しては


いかに個人がその制度・しくみを使って積極的に・クリエイティブに楽しんでいくか

ってところかと思います。



「語学留学は、こうしなきゃいけない」

「ワーキングホリデーは、はじめ必ず語学学校に通って、慣れた頃に日本食レストランで働くものだ」



そんなこと全然ないんです。




ことに、ドイツに関しては

田舎・都会どちらの生活も選びやすいですし、自由度も高いのではないかと思います!





是非、これからヨーロッパ移住を考えている方は


参考にしてみてくださいね^^





それでは〜

2021年02月08日

ドイツの病院で働き出して、2週間が経ちました

2020年の年の瀬に労働許可で少々もちゃもちゃした私の看護師実習ですが、

1月25日から無事に近所の総合病院の混合内科で実習を始められました^^



今日(2月8日)で丁度2週間経ったことになるので、

これまでの私の状況をおさらいしてメモしておこうと思います。



※あくまで私の施設ですので、すべてがこういうわけではないと思いますので、
参考程度に!




DSC_1738.JPG
街の中心・Rathaus前広場
火・木・土の午後1時まで、市場やってて最近利用しています。







私の実習条件


Regierungspräsidium(保険局)から言い渡された、

私の看護師免許書き換え条件は 9カ月の実習でした。

うち、5カ月外科、2カ月老年、2カ月訪問でっていう謎の指定もあったのですが、


今回実習まるまるお世話してくれる実習先の病院では、


「9カ月ぶっ通しで、消化器の病棟で行きましょう。」


と言われております。



その他もろもろ詳細を書くと、

・労働許可(Arbeitserlaubnis)は看護助手(Pflegehelferin)として、1年間
・100%フルタイム(週38時間)
・お給料は学生としてではなく、看護助手としての基準料金
・有給28日間つき


簡単にこんな感じでしょうか。





当初お給料は看護学生3年目の基準と同様に、と言われていたのですが、

運よくArbeitargenturのチェックが入り、

州が定める最低賃金を満たさなければ労働許可が頂けないとのことで、


その結果看護補助者としての雇用契約に切り替わり、
お給料基準もそれに合わせてきっちり頂けることになりました




実習先の環境



家から1−2kmくらいにある、1000床前後の総合病院で、


私が9カ月お世話になるのは 消化器メインの混合内科です。



指定されていた、外科病棟ですらないという(笑)


1病棟は36床あって、

1シフトあたり受け持ち看護師が2〜3人
また普通の看護学生や私のような免許書き換えの実習生が受け持ち看護師とペアになり

その日のケアやバイタルサイン測定などを一緒にこなしていきます。



スタッフが少ない時には1人の看護師に最大18人受け持ちがいることもあるらしいです






消化器メインの混合内科ということで、

メインにくるのは膵胆管肝臓系、消化管出血、ERCPやカメラなんかが多いですが、


たまに循環器のアブレーションや整形外科の術後なんかもきます。



1日のながれ



こちらの病院は3交替で、おそらくドイツでは多くの病院がこんな感じのシフトらしいです。


早番: 6:00−14:20
遅番:13:00−21:50
夜勤:21:15−06:00


休憩30分(夜勤はやってないので、ちょっと不明ですが)






清拭は基本的に早番がお昼までに終わらせておきます。

患者全員を看護師が関わる必要はなくて、
部屋の洗面室に備え付けのボディソープやタオルがあるので、
できる人はどんどん自分でやってもらいます。




ケア度高い人は全身清拭とかしますが、
日本のような陰洗ボトルなんてものはなく、
陰部もさらっと清拭して終了。(笑)



清潔ケアのプランとかもないので、
汚れそうならしっかりやる。

昨日全身清拭したから、
今日は陰部だけサラっと拭いて終わり。とか、そんな感じです(笑)



口腔ケアや男性のひげそりなども、
受け持つ看護師にかなりゆだねられている感じですし、

なんならみんな足の皮膚乾燥でパリパリです(笑)





受け持ち患者の人数がいかんせんおおいので、

早番は部屋周りのラウンドと清潔ケア・食事介助したらほぼそれで終わりに近いですね。




遅番は、

午後に医師の指示が入ることが多いので、

その指示受けをさばいていくといつの間にか夕ご飯の時間になります。



医師とのやりとりは直接受け持ち看護師がここはしています。








リーダー看護師はいないのですが、

医師のアシスタントというポジションの看護師が居て、
ステーション横の受付で電話応対や、緊急オペ・入院の書類のあれこれなどをさばいています。




ちなみに、
こちらの病院では(というか、ドイツ全域?)


看護師がVラインや採血をとれません。

採血は午前中その筋の人がやってきてとってってくれますし、

自己抜針などがあったら医師に依頼、


抗生剤なんかがあっても急ぐ事なく余裕でスキップしときます(笑)






患者さんのごはん






ドイツではまずいことで有名な病院のごはんですが、



ごめんなさい、

本当にまずそうです(笑)



日本も前まではまずいまずいなんて噂あったようななかったような?



でも、私が実際に働き出してからは、


患者さんのほうが私よりいいもの食べてんじゃないかって思うことさえありましたけど。(笑)






ドイツの、

これまでの2週間でみた食事内容の1例をメモしておくと


【常食】

朝ごはん:冷たい黒いパン スライス1−2枚 チーズ・ジャム +温かいハーブティかコーヒー
昼ごはん:温かいスープものや、パスタ、お肉など +付け合わせのパン(Brötchen)
夜ごはん:冷たい黒いパン スライス1−2枚 チーズ・ハムに、スープ(Topf)が付くことも+温かいハーブティ


昼ごはんは温かくて、
まぁどーんとしたものがでます。


野菜少ないし、

魚はまぁ出ないし(もともと食べない地域ですしね)


朝夕必ず出るあの黒いスライスパンはさすがにかわいそう、、、、



日本みたいに、栄養士がきちきちに管理していないようなので、

まあ炭水化物だけの時もザラです。



病院食って、

治療として大事だと思うんだけどなあ。。。




【嚥下・ミキサー・きざみ食】
※嚥下障害や食上げ時など、日本ならおかゆとペースト状になったおかずがでます

朝ごはん:スープ、Brei(何かの穀物のおかゆ)+ジャム 
昼ごはん:スープ、Brei+ジャム、プリン
夕ごはん:スープ、Brei+ジャム



三食!www


スープはさすがに、ちょっとバリエーションかえてきますが、

普通にさらさらの具なしコンソメスープがでることもあります(笑)



患者さん、むせるので、そのまま下膳します




日本なら、魚とか野菜でもきちんとペーストにして食事にバリエーション出してくれます。


日本の管理栄養士さんたち、


すごいですね。(笑)




そして、噂の残業しないというアレ



日本でも新人の前残業させないとか、残業減らそうとかいろいろやってるみたいですが、


ドイツの看護師事情からみたら、


甘いですね!wwwww





ここの病院に関して言えば、


病院の玄関口にすぐ出刻・退勤管理ができるシステムがおいてあるので、

そこを通過したらもう私の勤務開始になります(笑)


6時開始の早番なら、

5:45に出刻 となり、15分のオーバーアワーが計算されているみたいです(笑)


勤務は14:20までとあるのですが、


こちらも遅番者への申し送りが終わってさえしまえば
みんなそうそうに帰ってしまいます。


結局着替えて病院外まで出る時間も勤務時間に加算されているようですので、

時間前10、15分前に病棟を出ても全然OK。








じゃあどこで情報取るんだって話なんですが、

めっちゃほわっとした病歴と治療方針、食事、血糖測定だけは申し送りで伝えられるので、


ほんとそれだけしかしません。


抗生剤とか補液は、夜勤が準備してくれたもの定時につなぐだけ。






採血データとか、レントゲンCTなんてほぼ見ません(笑)






確かに、さすがに18人も受け持ちがいて、

自分で歩いていろいろできる人も中には混じっているので、


みんながみんなきっちり情報とってなんとかってのは要らないと思うんですが、



日本ほど丁寧にやってたら絶対終わらないし、


ドイツ式をそのままやると絶対どこかでミスがおきそうだし、



どうにかミスせず最低限の丁寧さを保って仕事していけるように考えて行きたいところではあります(笑)




Fit furs Goethe-Zertifikat: B2 Book mit Audios online 2019 Edition

新品価格
¥2,647から
(2021/2/8 22:41時点)








そして1年に30日とれるという有給



出ました。


30日とれるんですって。




それでも週38時間換算なので、週休2日も加わえられるので、
まるまる一か月以上有給使って休めるんですね!



ドイツの看護学生たちですが、
実習という名目ではありますが、
病院からお給料もらって働きながら座学もうけて、という形になるので、


彼らにも同様に有給取得権利があるわけです。




日本の看護師なんて、年間1週間もらえるかもらえないかっていうのに、


こちらの学生の方がもらってんじゃないでしょうか。(笑)





これは、

日本の看護協会さんだか病院だか、


はやくなんとかしないと、


日本の優秀で働き者の看護師たちは外国に出て行っちゃいますよ(笑)












コロナの状況ですが



ドイツのBW州では、11月2日からロックダウンが強化されています。

クリスマスも終え、寒さも時々和らいできたかな、という今日この頃


コロナおお流行りしてた年末年始は1日の新規患者がドイツ全土で4万人こえた時もあったらしいですが


最近は1万人下回る日も徐々に出てくるくらいになりました。




それでも、


私の病棟は3週間前までは完全に病棟閉鎖するほどコロナ大流行りしちゃってましたし、


この2週間、うちの病棟で
これまでに家族らの面会や出所不明のコロナ感染者3名の発生を目撃しました。


本当に、ちょうど受け持ちから出たので、
一応追跡調査の対象には私もなるんですが、

基本N95マスクとゴーグルを着用して対応しているということで、


すぐに隔離ということにはならないようです。








病院の現在のコロナ対策ですが、
・スタッフの週2回のコロナ迅速テスト義務化
・スタッフはN95マスクと、ゴーグル装着
・患者はサージカルマスク着用
・休憩室の利用人数制限
・コロナ専用病棟(疑いのある患者もそちらにただちに移動)の設置



といったところでしょうか。




ワクチンに関しては自由接種で、

希望者にはもう1月から接種の予約が可能になっているみたいです。



それでも、希望者はこれまででまだ半分にも満たないくらいだそうです。




(私もまだ迷い中、、)










そんなところでしょうか



2週間終えて、わかったところはそんなところでしょうか?




この地域で日本人自体が珍しいらしく、

物珍しげに同僚も患者さんもなんだか親しく話しかけてくれますし、



ドイツ語に関しても
褒めてくれる人が多くて本当にありがたいです!^^





病棟の内容的に

自分が新たに調べなきゃわからないようなことや複雑な看護技術は特にないので、


自宅ではその日きになったドイツ語3,4単語眺めるくらいで、



本当にゆっくりとオフの日を過ごしています^^



実習生って課題とかあるのかと思ってたら、本当に何にもないんですよね。


臨床指導者?的な人も居なそうだし、かなりゆるめ。






早番の朝が早いストレスは多少ありますが、


その分夜も早く寝るようになったので、いい感じなんじゃないでしょうか^^








はやく温かくなって、


コロナがまた落ち着いていくことを願いつつ




実習・病院勤務でまたわかったことがあったら書きます!





それでは〜〜



2021年01月18日

コロナ渦でも楽しい、ドイツ人の冬の過ごし方5選

日本の大雪がインターネットを通してすごい配信されていますね!



なんと、北陸の大雪に関しては、

ここドイツの地元テレビ番組でも大きく取り上げられていたので、


こちらの友達から

「実家大丈夫?!」

と連絡をもらうこともありました





そして
もともとそこまで雪の降らないドイツですが、


今年はなんだか気持ちいつもより雪を見る日が多い気がします^^



スイスとかオーストリアの国境付近はゲレンデも多く、結構雪降るみたいなんですが、


そもそもの北大西洋の温かい海流の影響と、

内陸のため雪雲が届かないこともあるのか


ドイツはかなり高緯度であるにも関わらず、それほど雪は降らないのです。

(そして、気温もマイルドに温かい)



緯度でいうと、北海道より北なんですけどね。



北海道の−20℃の生活を経験している私からしたら、

生ぬるい冬です(笑)





そんなドイツで雪が降ると、交通のトラブルなど困ったことも起こりますが、


大人も子供も大喜び!(笑


もともと自然遊びが上手なドイツ人ですから、


冬の雪だって上手に遊びこなします^^



コロナのせいで、

仕事以外は家でずっと引きこもっている私ですが、

その姿勢にすごく刺激をうけたので、


今回記事にまとめてみました。






その前に、現在のドイツのロックダウンの状況ですが



現在ドイツでは、11月上旬からはじまったロックダウンが今も続いて居ます。



ルールや週ごとや地域ごとに変えられていくので、


ドイツの新聞やニュース番組のインスタグラムなどのSNSでフォローして

そのルールを確認していくのに毎回必死です(笑)




今この記事を書いている、BW州の2021年1月18日現在はと言いますと、、、


・日常生活用品を扱うお店以外は全店クローズ
 →やっているお店
   ・スーパーマーケット
   ・dm、Müller、Rossmann などのドラックストア
   ・薬局(Apotheke)
   ・パン屋
   ・肉屋
   ・テイクアウトのレストランや軽食
   ・(オンラインで注文した場合の)店頭での商品受け取りサービス

 →やっていないお店
   ・服屋
   ・靴屋
   ・家具屋
   ・本屋
   ・ホームセンター
   ・レストランやカフェのイートイン



・郵便局・銀行は通常営業
・学校は、年齢別で違うみたいです。オンライン対応になる学年と、自由登校になる学年など。→児童を全く見ないので、むしろほぼクローズしてるのかも
 VHS(市民学校)は、1月終わりまでお休みを発表しています
・自宅付近15km圏内の移動のみ許可(仕事の場合を除く)
・友人を訪れる際には、2世帯まで。かつ、最大3名。
・夜間外出禁止令(夜20時から朝5時まで)



生活圏内の15km以内まで移動可能ルールが追加



新しいところでは、

この15kmルールが新しいかと思います。



冬になり、毎年スキーリゾートで冬のUrlaub(バケーション)を楽しみにしてきたドイツ人達が


こぞって密に集中しちゃったことが、


このコロナ渦では大問題になりました。


ホテルなどの施設はこのロックダウンで閉めていたとしても、

日帰り・家族ずれでスキー場を目指す車が、Autobahn(高速道路)に渋滞を作ったらしいですから(笑)





そこで、それに対する形でこのルールが追加されたようです^^;






でも、そんなことじゃドイツ人めげません^^




デモしたり、
心が強いドイツ人たちは、

それでも前向きにこの冬を乗り切ります!(笑)




さて、

前置きが長くなってしまいましたが、


ここから、ドイツ人たちのそんな冬の楽しみ方をまとめていきます!



楽しみ方@:とりあえずどこでも散歩する!



コロナパンデミックが問題になって以降顕著に変わったことは、


外を歩く人が増えたこと!


お年寄りだけじゃないです、

本当に若いカップルや10代の子供らまで、


何もない畑やワインエリアなどの郊外を家族や友達とせっせと歩く姿が本当に印象的!





冬の日照時間が短いドイツでは、

冬になると16−17時くらいにはやんわり暗くなります。


ビタミンDは骨と免疫のために大事!


というのは、もうドイツ人達の合言葉ですので、


晴れ間なんで出ようものなら、


彼らは太陽を浴びるためにこぞってわらわら外に出てきます。




身体を動かすこと自体がストレス発散になったり、

頭の中もクリアになって、前向きになれるって言いますよね。


今すぐにでもはじめられるいい趣味ですよね^^





楽しみ方A:雪が降ったら外に行こう!



DSC_1716.JPG
昨日散歩した様子です


日本では、雪が10cm降ったくらいでこんなにはしゃぐ人たちをみたことなかったんですが、、(笑)


昨日雪が降るなか散歩に出て見つけたのは、


・丘で子供と一緒にそりすべりをするお父さん
・ベビーカーと一緒に丘の小道をすべり降りているお母さん
・公園内でクロスカントリーをする若者
・畑エリアでスノーモービル



10cmでっせ!(笑)


子供たちだけじゃなくて、

大人も一緒になってこんな遊びをするって、


そういえばあんまり日本じゃみられないことかもしれません



そういえば、
ドイツ人の相方も雪が降るとすごい楽しそうに雪かきをしてます(笑)




根本的に雪が好きな人たちで、

しかも自然で遊ぶことが上手な人たちを野に放つと、こうなるんですね(笑)




昨日で言えば、外を散歩して出会う人の数は、

通常のかるく2−3倍はいましたね(笑)



本当に、来年はクロスカントリースキー買おうかと一瞬考えました^^





楽しみ方B:今からでもはじめてみよう、ウィンタースポーツ



私は昔から雪山が近い環境だったので、

小さい頃からスキー・スノボーにはかなり慣れ親しんだ環境でした。


しかし、大人になって関東に出ると、


あれ?

みんな冬ってスノボしに山行かないの?


っていう、どこかカルチャーショック(笑)





ドイツでは、

もともと休暇には田舎や郊外に行ってのんびり過ごすことが王道的なので、

スキー・スノボー文化もそこそこにあるみたいです。




「やったことがないから」と敬遠されやすいウィンタースポーツですが、


泊まりがけで行って、のんびり雪山を楽しむ!


温泉にゆっくりつかる!


ちょっと滑ってみる!



これだけで、十分すてきな旅行になりそうですよね^^




※現在コロナのため制限されていますので、
 来シーズンにはもうちょっと規制緩和されるのを期待したいですね^^





楽しみ方C:冬ならではの料理に手間をかけて



ドイツでは特にクリスマスの伝統的な煮込み料理だったり、

あとはクリスマスマーケットでよく出店されるグリューワインだったりなど、


冬を連想させる料理がいくつかあります。



もともと11月の終わりから1月6日までと、
1カ月以上はクリスマスのイベントでほぼ押さえてあるくらいですから、

料理だけとは言わず、

お菓子作りも盛んになる時期とも言えそうです。





職場に手作りのお菓子などを持参するドイツ人も多く、

(特にクリスマスには爆発的な量を食べることなります)


そういう贈り物もそこそこ喜ばれるみたいです。





寒い中、たまには家にこもって
凝った料理やお菓子を作って冬をじっくり楽しむのもいいですよね^^





楽しみ方D:植物の準備をする!



散歩以外にも、

コロナ渦でドイツで人気が出たのが、園芸でした



家庭菜園ももちろんですが、

室内の小さな花や緑の鉢植えなど、



もともと人々に愛されていた趣味が、さらに加速した感じです


オーガニックとかBIOとかのワードが大好きなドイツ人ですので、


健康のためにも、食べる物にも気を使いたい⇒自分で作ってしまえ という







冬に咲く花もいっぱいありますし、


春にむけての準備も、こういう時ならじっくり取り組めそうですよね^^






いかがでしたでしょうか



外での活動が制限されることも多い中、


それでも開き直って楽しもうとするドイツ人達の姿勢には、感服するところがあります




是非、参考にしてみてください^^




それでは〜


2021年01月16日

ドイツ語B2合格しました〜(^v^)

12月12日に受けていたドイツ語の試験結果が届きましたよ〜

とSMSで連絡が入ったので


今日期待半分!
次の試験の準備半分!

な気持ちで、取りに行ってきましたぁ〜!




Mit Erfolg zum Goethe-Zertifikat: Testbuch B2 passend zur neuen Prufung 2019

新品価格
¥2,852から
(2021/1/16 02:01時点)



おすすめの、ゲーテB2対策の教材です。


というのも




私、今回新しいスタイルになってからのドイツ語B2試験うけるの、3回目でした。



1回目、2020年9月(ハイルブロン)



全く期待していないながら、

まさかの4モジュール中3つ合格。



あとリスニングだけやーん、と調子にのる

リスニングスコア:50点/100点


2回目、2020年10月(フランクフルト)



リスニングだけなんで、よゆーやわぁ!


と調子乗った私。

次受けたら受かるわと変な自信もあって、

一番早い時期に受けられた

フランクフルトの会場へ。



なんとなく手ごたえあった気がしたのに、


結果、惨敗w



リスニングスコア:43点/100点



3回目、2020年12月(ハイルブロン)



こんなことあるんですね。


まさか、

フランクフルトで受けたリスニングのテストと、今回ハイルブロンで受けたリスニングのテスト、


全く同じ問題やったんです!



でも、解答と問題用紙は試験後にすぐ回収されるわけですから、

もちろん自分で答え合わせなんてできないですからね!





でも、

会話の内容とかはけっこう話の概要を覚えていたので、


前回よりなんとなく点数とれるだろうなとはうすうす期待していました





20点上昇なんてあるのか?



それでも、20点もあがるかなぁ〜。



なんて絶望半分で今日結果もらいにいったら、




リスニングスコア:73点/100点中




同じテストして、

33点もあがっとるwwwwww






その場で受け付けのおばさんと一緒にはしゃぎました(笑)

おばさんも、「よかったねぇ」て一緒に喜んでくれて、いやはや良い人♡




今回私が使ったテキストですが


1週間の準備コースはうけましたが、

それも7月のこと(笑)


主には、老人ホームで働きながら自習する形になりました。


おすすめのテキスト、あげておきますね


Mit Erfolg zum Goethe-Zertifikat: Testbuch B2 passend zur neuen Prufung 2019

新品価格
¥2,852から
(2021/1/16 02:01時点)





Fit furs Goethe-Zertifikat: B2 Book mit Audios online 2019 Edition

新品価格
¥2,685から
(2021/1/16 02:15時点)






こちら(上)2つは、予想問題集として何回もやりました。



テスト対策で一番大事なのは、

問題の形式を知って、慣れて、コツをつかむこと

(受かったから、やっとこれ偉そうに言える・・・(笑)




・問題が全部で何問あって、

・1題目は会話の聞き取りで、2題目は講義の内容で、とか

・どこの問題に時間を割いて とか


やっぱり練習問題とか過去問題をとくと、こういうことが自然にわかってきます。



「まだまだ基礎ができていないから、練習問題なんて早い、、」


て思っている人も、是非早めから挑戦していくことをすすめます!


問題の傾向が分かっている人とわかっていない人では、



基礎レベルも覆るほとの違いになると思うので!





あとは、こちらの参考書ですね。

NHK出版 これならわかる ドイツ語文法 入門から上級まで

新品価格
¥3,300から
(2021/1/16 02:16時点)




日本語で説明している参考書で、

初心者向け(A1−A2レベル)のものってすごい多いんですけど、
なかなか中級向け(B1ーB2)ってないんですよね。


この参考書は、A1からB2まで扱っていると言っても過言じゃない広さですので

ドイツ語の学習や、留学・ワーホリを考えている人には、

是非おすすめしたい参考書です!^^






とまだ自習もしましたけども!

やはり、老人ホームで、スタッフとか利用者さんとの日常会話が、

なんだかんだ一番私のテスト対策になっていたかもしれませんね^^



やっぱり、言語習得は、使ってなんぼですね。






というわけで、

合格の報告でした〜♪

2021年01月11日

正式に労働許可がようやく下りた話

「あなたのお給料低すぎるので実習生としてであろうが、就労許可あげれません」

って、

まさかの労働局・外人局連合軍からのチェックを受けた私でしたが!w







先週末に外人局の人から突然連絡がきて、

一応仮の労働許可と

正式な労働許可をもらうためのお役所の予約を取ってくださいというご案内を頂きました!







HORIZON_0001_BURST20201011145620932_COVER.JPG
年末年始は冷え込みましたが、今日なんかは晴れてとてもかなりの散歩日和でした家の近所。






さて、ご案内にそれによりますと




今回もらえた労働許可は、

・pflegehelferin (看護補助)として
・1月25日から勤務開始OK
・仮発行なので、今後2月以降に窓口で正式なやつもらってください



とのことでした。







なんで1月25日から?w




もう1月4日から働いてるはずだったんですけど、

そこ変えてもらえないんですかねって電話できいてみたら、


「それは、病院側からもらった新しい雇用契約書にそう指定があったので、

それはこちらでは変えられないのよ。」




とのこと。



Fit furs Goethe-Zertifikat: B2 Book mit Audios online 2019 Edition

新品価格
¥2,685から
(2021/1/11 01:24時点)







あたらしい、こようけいやくしょ?





「え、そんなの出たんですか?」



て、思わず外人局の人に聞いたら、


「ええ、あなたのお給料にそもそもチェックが入ったからね。

病院側があなたの契約を修正しなければ、今回の労働許可はできなかったのよ。」




とのこと。




ということは、


病院の
「この人実習生扱いなので、最低賃金以下のお給料でも働かせていいんですよー」

という主張が

退けられた形になるわけですかな?







病院の人事のおじさん(話の展開を早くしてくれるおじさん)にことの流れを聞いたら、


「来週新しい契約書を渡したいので、もう一度来てくださいね、はは!」


と。




これは、俄然お給料アップ期待したいところですね〜





いや、まさかの、労働目的などの一部分が、

「労働」→「学生」

とか、


まさかの微調整で済んじゃったパターンも考えられそうですがww







とにもかくにも






お給料に関しては淡い期待くらいに済ませておいて(笑)



1月25日からはようやっと正式に働けることになったらしいので、


今はそちらを楽しみにして行こうと思います^^




いきなり1カ月のお休みをもらえたわけですからね

コロナロックダウンでどこも行けませんが、



とりあえずコロナでぶにならんように、散歩して周りたいと思いますw




そうそう、そろそろ12月に受けたGoetheB2試験(リスニング)の結果も来る頃なので、

また何か新しいことあったら書きます〜





それでは〜







2021年01月04日

新年早々ドイツのお役所に出ばなくじかれた話^^

あけましておめでとうございます!


クリスマスからお正月まで、

どうお過ごしでしたでしょうか^^





私は2020年の12月いっぱいで、約7カ月働いた老人ホームのお仕事を終え、

最後はクリスマスきっちり遅番をこなして、


笑顔でお礼を言って去ってきました^^

DSC_1631.JPG
老人ホームの中庭
雪がもともと少ない地域ですので、5−6cm積もってもすぐ溶けてしまいます



いや、本当にお礼しかないですね!

コロナ渦でゴタゴタして、ビザすら危うかった3月4月に、
ここの施設長さんは雇ってくれたわけですから!(゜レ゜)






というわけで免許の書き換え進行状況ですが





11月終わりに、
Regierungspräsidium(保険局的な部署)から、実習のお達しを頂いて以降は

免許の書き換えについて話がトントントン拍子中だった私ですが!




一応おさらいすると

9カ月の実習を言い渡されたので、
そのBescheid(結果)を持って近所の総合病院に
Anerkennungspraktikanten(実習生)としてアプライすると、

11月の中旬に1日体験実習とインタビュー、
その翌週には、実習生として受け入れますよとお返事頂きました。






12月1週目にAusländerbehörde(外人局)にVertrag(雇用証明)を含むすべての書類を提出し、


同時進行で
産業医の検診もうけて、
所属先の師長さんにも「1月4日から勤務です」って連絡をもらって






さぁ残りの老人ホーム勤務を心おきなく楽しもうと思っていたその時!







やってきた不吉な一通のメール



クリスマスの休暇を過ぎて、12月28日のこと。

「労働局からあなたの給料形態にチェックが入りました。
あなたの賃金が最低賃金に達していないので、今回は労働許可をするわけにはいきません。

却下します。」









え、ありがとう!





でも、いまさら?!





1月1日から働きますんで、お願いします早く返事くださいって当初から言い続けてきて、


これかい



いや、でもお給料につっこんでくれてうれしいけど!



今なの!?w





案の定初回勤務に間に合わない私の労働許可



結局、年末年始体制に入っちゃって、

外人局も病院の人事さんも連絡がかみ合わなくなって、



はい正月ー。



予想どおりですけどね!(笑)





そして今日1月4日

病棟に勤務開始前に訪問してことのいきさつを説明(労働許可がまだないので働けないこと)し、


もう一度病院の人事課に行って
やさしいおじさん(このごたごたに全く関係ないw)に事情を説明し、

外人局にメールを書いてくれましたとさ。


おじさんがいうには、

私の雇用は実習生としてだから、お給料も学生としての支給になること。

ですので、我々は最低賃金の違反はないですよ。


とのこと。




ちぇーー





労働許可なしで働くと、500万罰金なんだよね^^


て笑顔で冗談とばしてくれるこのおじさん、
(本当のことだけど)

はじめからこのおじさんに連絡とっとけばよかったー、、、

めっちゃ話通じるし、
話が早いーーー



「外人局の返事がくるのが、明日かもしれないし、来週かもしれないし、2月かもしれない。

でも、今君を働かせちゃうと、500万罰金になっちゃうからね。はは!

残念だけど、待つしかないね!はは!」







というわけで、今日から返信がくるまで自宅待機です!



1月から勤務開始って、

そんな早く話進むんかなぁと11月から半信半疑ではあったので(笑)


もうこんなことじゃ動じませんねwww






しばらく書いてないブログを更新して、

消化器分野のドイツ語の勉強を進めて、


おいしいお茶を飲んでリラックスして過ごします(笑)






では、また〜

2020年11月26日

ドイツでの看護師実習先病院から内定頂きました!

病院面接から1週間を待たずして、

病院人事さんから正式に実習OK(実習生としての内定OK)のお返事を頂きました!




DSC_1567.JPG
ハイルブロン市内中央を流れるネッカー側
紅葉めちゃめちゃきれいです^^



やっとこ始動できそうです!



まだそのOK頂いただけなんですけど、



来年一日から受け入れOKですよ、とのことでした!




まじで、2年半越しにようやくここまでこぎつけた感じで、

お返事頂いた時には1時間くらい興奮していました(笑)








ただ、具体的な条件については



ただし、この9カ月間の実習に関しては、

やや厳しめの条件であるのは確かです。



前回の記事にもかいたんですが


ー厳しいお給料事情=税金もっとひかれる

ー100%(週39時間)

ー外科病棟のみ(私全く経験なし)

ー早番(6時から)、遅番(14時から)のみで、夜勤なし





今老人ホームで80%でお仕事しているんですが、

お給料がおおよそそこの半分になる計算です、、、



しかも病院によってこの実習生の待遇がガラっとかわるところでもあるので、

なかなか悔しいところでもあるのですが、、、、、




近所ですもの、仕方ないですよね。。


早番の時の睡眠時間を考えると、

近場であることに全くこしたことない!




そして
実習が終わっても働き続けることを考えると、

仕方ないですね!





他の病院の実習生の例では、もともと予定していた1年間の実習期間を

半年間で切り上げてくれたところもあるときいたので、



こちらでもそのように取り計らってくれることを祈るばかりです!





いや、うまくやってみせよう!(笑)



というわけで



急ぎ、緊急報告でしたが!


今の働き先にもまだ伝えられていないので、


ビザの切り替えの仕方、


また実習が始まるまでの準備など、


またいろいろわかったら書いていきます^^




それでは〜〜


2020年11月20日

ドイツの病院の1日体験実習と面接に行ってきました

この1カ月で自分をとりまく環境が瞬く間に変化していて

状況の整理が追いついて居ない現状の私ですが


また一つ進展があったので書いておきます!




DSC_1598.JPG
Heilbronnから車で1時間くらいの湖
砂浜もあるので、夏場はけっこう泳ぐ人多いそうな




ずっと狙っていた近所の総合病院の面接と、1日体験実習行ってきました



家からね、1kmちょいくらいのところに、

大きな総合病院があるんですよ(笑)


そりゃ、そこ行きたいですよね^^;




でも、ドイツに来てから2年間の間、

これまでに何度も看護補助で働けないかってアプライしてきてたんですが、


Anerkennung(免許の書き換え)をしてから出直してください
※かなり脚色w


と突っ返されてきたわけなんですが、


10月にRegierungspräsidium(保険局的な部署)から正式に9カ月間実習してくださいというお達しを頂き、


それをもってもう一度こちらの病院にアプライしてみたところ、


今度はすんなりと

面接と1日体験実習してみましょう!


となったわけですな!








ここ2年分くらいどっと老けこんだ気分になった1日



それで、

昨日その1日Hospitation(体験実習)だったんですが、


なんかどっと疲れた(笑)



実習自体、外科がメインになるので、
外科病棟で1日シャドーウィングしてきたんですが

それは、よかったです。



患者さんの病室は予想通りきったなかったし、

床頭台ごちゃごちゃ、床はなんか濡れてる、
上にティッシュとかシリンジのごみクズが落ちてる、




ドレーン管理も患者さんが付け外しとか勝手にしてるし、


食事はまずそうだし、


CVある患者の固定ゆるゆるすぎて、
テガダームはがれてますけど!



動くたびに引っ張られてて怖いんですけど!!!!!!




ってのは、

想像の範囲内でしたので(笑)






予想外の抜き打ちテストされた面接




んで、実習の終わりに
30分ほどの面接を

人事の人と師長さんとしました。


が、


それまで優しかった人事の人が軽く豹変w(したように思えたww)




今からドイツ語の知識テストしますので、こたえてください


ーあなたが今日1日でみた、体験したことを教えてください

ーあなたが今日この科で出会った役職の人すべてを教えてください

ーあなたがわかる範囲で、解剖生理、内臓など教えてください
  
ー@△×●□について、教えてください(聞き取れなかった)

ー血栓予防の看護について教えてください

ー褥瘡予防について教えてください

ー@△×●□について、教えてください(聞き取れなかった)

ー与薬の手順について教えてください

ー手洗いを行うタイミングについて教えてください



こんなとこだったでしょうか、、、


ちょっと準備しといたほうがいいよ、とは事前に言われてたんですが、


ストライクにこんなところ聞かれるとは思わなかったので、


若干シドロモドロ



しかも2つわからんやつがあって、

すごい変な汗かいた;;;;;;;






これまでの私の経歴とか聞くこともなく、それでお話は終了!




いや、経験聞いてくれよ!www





あとは、働く条件についての確認

ーBrutto(総支給額)の提示

ー夜勤なし(早番:6時から、遅番14時から)

ー100%のフルタイム(週39時間)

ー外科のみで9カ月の実習調整となりそう




私を正式においてくれるかどうかは、

1週間後をめどに返答くれるそう



なんといってもドイツ語が重要なので。



と念を押して言われたのは、


まだ私がドイツ語B2レベルを完全に合格していないこともあって、

それに受かってからの採用になる可能性もある、とのこと。



あとは今の時点で1人すでに外国人実習生がいるので、

その人が実習を終えてから、ということも考えられるそう。



っていうか、

そもそも私を雇ってくれない可能性すらあるなんて


看護師受け入れもっとやさしくしといてほしいぜドイツ


日本じゃこんないろんなこと突っ込まれたことなかったのにー(;一_一)





にしてもこの条件もすごいよな



今働いている老人ホームだと、

80%(週33時間)で総支給額1700ー1800ユーロ

+日曜日手当とかもろもろで、大体2000ユーロいくんですよね。

(そこから鬼のように税金ひかれますが)


もちろん、まだなにもAnerkanntされていないので、

無資格という条件下でこのお給料です。





たいして、
外国人実習生(経験者)という枠組みにもかかわらず、

100%フルタイム(週40時間)でこの額?って値。





これまでのお給料が破格だっただけに、

なかなか納得しにくいというのも事実



しかもきくところによると、


病院によってこの給料明細が大きく違うみたいで


実習生でも総支給額で500−600ユーロ上乗せてもらえるところもあるそう!



もっと選べる可能性があればいろいろ聞いて回りたいところですが、


わりと田舎に位置する私の家から

この病院の実習以外はあまり現実的ではないかなというのが現状、、









実習以外の方法についても考えてみたんですが




一応、Regierungspräsidiumが提示したのは、


ー9カ月の実習

ー口頭・ペーパーテスト+その準備コースをうける(月2〜3回×半年間)


って2つの条件でした。



病院の方が家から近いし、給料も当然あがると思ってたので

あんまりテストについて考えてはいなかったのですが、



このまま半年の準備コース(月たった2〜3回だけ)をうけながら、

もう半年今の老人ホームで80%で働く方がお給料的にも断然いいんじゃないかと思い始めたところです。




それもそうなんですけど、



私の担当者さん曰く、

これから老人ホームで働くつもりなら構わないけど、


その病院のICUで働くことを目標にするんだったら、


9カ月はちょっと我慢して

早くから病院のしくみとか記録の方法に慣れて行ったほうがいいんじゃないの?とも。






ごもっともですね









というわけで結果




私の希望は変わらず病院で9カ月間実習生として働くこととして、


病院からの返事を待つつもりです。




もしこれがだめなら、

仕方ないので

今の老人ホームのお仕事を続けながら準備コース半年受けて、

口頭・実技試験をうける、という形になるのかなと思います。






どちらにせよ、

早番が6時から、というシフトは

老人ホームにせよ病院にせよ避けられないんですね、、、www


早起き過ぎて、夜勤よりつらい





というわけで、


また病院からお返事があったら書きます!


それでは〜!

2020年11月13日

似ているようで全然違う!ドイツの老人ホーム事情

ドイツで老人ホームでの仕事をはじめて、

かれこれ半年になります!


働きはじめた当初は日本の老人ホームとそんなにかわらないのかなと思っていたけれど、


半年経ったいまでも驚きの事実があったり、


なんとも新鮮な毎日です^^;




今回は、そんなドイツのびっくり老人ホーム事情を少しメモがてら残しておこうと思います。


※今私が働いている勤務先のお話ですので、
他施設ではまた仕組みが違うかもしれません!

あくまで、目安として読んでください!!










時給が良い!




週によって違うものの、

現在のドイツのだいたいの最低時給が10ユーロ前後らしいです。



まだ看護師として働いて居ないので詳しい給料の比較はできないのですが、



看護補助としての施設の時給が、

今のところ13ユーロちょい。


1ユーロ124円だとしたら、1600円超えるんですよね!


こちらでは今のところ無資格という立場にもかかわらずこれだけ頂けるのは、

すごいのではないでしょうか!





日曜日手当がある



アイルランドもそうだったのですが、

キリスト教エリアは日曜日=安息日の考え方が根強いらしく、

日曜日にシフトがあるとお給料+日曜日手当がもらえます。


アイルランドの時は、お給料が純粋に2倍くらいだったかなー、、


今のところは、時給が5ユーロほど上乗せされます。




いや、どんどん日曜日シフトいれてくださいって思っちゃうくらいですけど、

いちおう、月に日曜日シフトは2回?までだか、限度があるらしいです!

残念!




交通費や住居手当が、おそらくない!



日本の病院ではわりと普通にもらえる交通費も、


こちらではどうやら交通費の支給はあまりないそう。


もともと自転車通勤してはいるので、詳しくはわかりかねますが。




有給消化率がすごい!





有給って、一年間のうちに30日必ず消化しないと行けないんですって(笑)


まとめて6週間ちかく、夏休みとして取る人もいますし、



私は年の途中からだったので、

とれるつきに1週間ずつちょいちょい消化しました。


スタッフも、しばらくみないなと思ったらだいたいUrlaub(ヴァケーション)に行っていることが多く、



年に1回、
1週間の夏休みで浮かれていたあの頃はなんだったんだろうとふと思うことすらあります(笑)





みんな平等にとらないといけないですからね、

いや、本当にいいシステムです








税金の引かれ方がえぐい



Brutto = 総支給額

Netto = 手取り額


と言いますが、


Bruttoがある一定以上もらえる人は、


なんと45%近く税金で引かれることになるらしいです。




半分近く



私はもちろんそんなにいきませんが、

大体総支給額の30%近く引かれている感じでしょうか。。




そもそも健康保険システムが結構ちがって、

基本的に病院受診にかかる利用者負担はゼロですので、


仕方ないかなーと思う反面



あまり病院を利用しない若い世代は、やはりどうしても損な感じがして仕方ないですが、、、




日本のように、

絶対的に個人的な医療保険がいらないので、

それで浮く分ではあるのかな、、




Rente(年金)がもらえる年齢もほぼ日本と同じ。


日本での加入時期もドイツで加算してもらえるらしいのですが、


日本での支払い額のほうが圧倒的に少ないはずですので、

どうなるんでしょうか、、、




年功序列がない!




年上を敬えって、中国由来の考え方らしいですね?


アジアには広まりましたけど、


ヨーロッパではもともと敬語の種類も少ないし、


若い人・年上、あまり関係なくみんなフレンドリーです。



経験年数による先輩・後輩関係もほとんどないので、


余計なこと考えずにわりと仕事に集中できるのはとてもいいところ!




ただし、


ねちねちした人間関係はないかわりに、


何か問題がおこると戦争みたいな言い合いが勃発することもめずらしくはありません(笑)




外国人だらけ!




ドイツ自体、医療福祉における外国人労働者の受け入れを進めているのもあるかと思うのですが、


今働いている老人ホームでは、

軽く半分以上がドイツ以外の国籍なんじゃないでしょうか、、


育った環境が違うから、

当然常識の範囲も全然違う




そんな人たちと仕事をするのは、


お互いにいいことも悪いこともいっぱい起こるもんです^^;






何か問題が起こったときには、


「何もいわなくてもわかってくれよ」

を期待するのではなく、



きちんと中立的に相手に的確に伝える能力がすごく求められる場です。




ドイツ人って、わりとこういうこと上手な人多いんですよね。



日本人は話の聞き手側の能力ばかりが開発されて、

目を見て話をきく、相手の言いたいことを察する、あいづちをうつ、

なんてことは大変上手なんですけど



問題がおこったときに、

感情的にならずにその場ですぐ相手に伝える話し方


下手な人多いですよね。(私もそうなんですけど)




今まさに、そこの修行中です私(笑)



炭水化物摂取量が多い!




ある1日の利用者さんの食事を例に出しますと、、、



朝ごはん:
ジャムパンとコーヒー
オレンジジュース
週2で茹で卵1個


昼ごはん:
コンソメスープ
フライドポテトのクリームチーズ添え
デザート(アイスクリーム)


夜ごはん:
黒パンスライス 2枚+バター・チーズ載せ
ハーブティー




もちろん、
昼ごはんでステーキのような肉(もちろん柔らかい)とか煮野菜が出ることもあるんですが、


朝ごはんジャムパンだし、

夜ごはんもほぼ黒パンスライス+バター、チーズはかなりの確率




昼ごはんとして、

激甘のクレープ・バニラソース添えがでることもあります(笑)

しかも、デザートにヨーグルトとか(笑)


メインディッシュの方が甘いんじゃないかという




将来は、
私はとてもドイツの老人ホームのお世話にはなれないと思います(笑)


やっぱ、お味噌汁は食べたいですよね










とまあ。。





今ざっと思い出せるだけで、


こんな感じでしょうか!



来週ドイツの病院の、いよいよ面接になって、

なんとか実習始められるかなーというところまできたので、


病院の雰囲気がわかったらまた書こうと思います^^




それでは!