2021年01月21日

中国人民解放軍兵士25万人:メキシコとカナダの両国境から米国に侵攻? 追記:カナダの裏切り(真相探求)[ニュース]

中国人民解放軍兵士25万人:
メキシコとカナダの両国境から米国に侵攻? 追記:カナダの裏切り

(真相探求ニュース)

[政治・社会]


『お勧め・参考記事』

ザウルスでござるさんのサイトより
https://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/189cfd983741321a0c4a446d536b9390
》》外部サイト《《



◆中国人民解放軍兵士25万人:メキシコとカナダの両国境から米国に侵攻?

このタイトルを見て、ふつうの日本人は 「25万人?アメリカ大陸にどうしてそんなにたくさんの中国の軍隊がいるんだ?そんなわけないだろう。」 と思うはずだ。

それが “常識” というものだ。(笑) しかし、“現実” は常に “常識” を超えてしまうのだ。(笑)

今回の最初の “情報源A群” は以下の3つである。

"They Are Already Here, Within Our Borders"! - Must Video
Sunday, January 17, 2021 12:48


https://www.brighteon.com/a62580be-8ea7-438c-bdab-33bf38faf2a9








これら3つの情報源をまとめると、以下のようになる。

● 中国人民解放軍兵士25万人がメキシコとカナダの両国境を突破した模様

● 南のメキシコ国境では17万5千人: もともとメキシコのアメリカ国境近くには、滑走路を有した複数の広大な軍事基地が存在していた。(笑)

● 北のカナダ国境では7万5千人: もともと6万人が駐留していたが、去年から増派して7万5千人の人民解放軍兵士が待機していた。

ケ小平時代(1978-1989)から人民解放軍の海外派兵は始まっていたそうである。つまり、中国によるアメリカ打倒のための物理的な布石は30年前から始まっていたということである。

そこで、確認のためにカナダとメキシコにおける中国軍のプレゼンスについてリサーチしたところ、驚くべき事実が掘り出されてきた。

以下はザウルスがリサーチしてきた “情報源B群” である。機械翻訳のままなので読みづらいところはご容赦願いたい。



https://concienciaradio.com/ab/intel_agencies_know_of_12_chinese_bases_in_mexico.htm



米国の軍部は、9年前の2012年段階ですでに中国の軍事基地がメキシコに存在することを十分に認識していたのだ。

ショーの焦点ファイル>
アメリカの共産主義イスラム侵略:
ロシアの軍用貨物機がメキシコのベラクルスに着陸

◆2012年9月24日更新: GodLikeProductionsフォーラムで投稿を見つけた読者からメールを受け取りました。「メキシコの中国軍のローダウン 」というタイトルの投稿は、オーストラリア国防信号局で働いており、のスーパーシークレットパインギャップ施設で働くCIAおよびNSAの従業員と直接接触している諜報員の直接の親戚からのものです。オーストラリアのアウトバック。パインギャップは、衛星通信を監視することにより、NSAとCIA、およびSISとMI6と連携して機能します。実際、エシェロンシステム全体はこれらの機関を通じて運営されています。

この諜報員の兄弟から提供された情報の重要性のため、CRNレジスタードマークはGLPから取得した投稿をここに完全に転載することを決定しました。これは非常に証拠となる人間の知性であり、つまり、現時点でのメキシコでの中国の軍事作戦のより広い範囲と規模を私たちに与えてくれます。また、この情報でレポートをまもなく更新します。

「2012年」というから、少なくとも8年以上も前から知られている事実である。それでもアメリカは大騒ぎをせず、メキシコ政府を公けに追及も抗議もしていないのだ。(笑


◆メキシコにおける中国軍のローダウン
出典:God Like Productions Forum

わかりました。明らかな理由で名前を付けませんが、私の兄はECHELONシステムのオーストラリア軍の一部として防衛信号局で働いていることをお伝えします。ほとんどの場合、官僚的な紙のシャッフルだけです。情報収集は厳密には彼の仕事の一部ではありませんが、彼はパインギャップで働いているアメリカのCIAとNSAの個人と定期的に連絡を取り合っており、彼らは話し合っています。

年に1、2回、兄に会うことはあまりありませんが、集まると酒に酔いしれてしまいがちです。そのとき兄が話します。詳細にたくさん話します。あらゆる種類のクレイジーな話を聞いたことがありますが、メキシコでの中国軍に関する最近の噂は、私の兄のお気に入りの話の1つを呼び戻します。、だから私は覚えていることを共有したいと思いました。

さて、これが最近GLPを回っている写真に関係するかどうかはわかりません-もちろん、私の兄は私にこれらの場所の写真を見せたことがありません-しかし彼の言い方では、数年前から中国人はメキシコ北部に軍事基地を設立するためにメキシコ政府との間で締結されている秘密条約。ダース 以上、多分それ以上だと彼は言ったと思います。 砂漠に広がる巨大な基地。それぞれが50〜60,000人の中国軍全体を収容するように設計されています。これは「グループ軍」であり、私の兄はそれらを呼んでいます。兵舎、司令部、飛行場、修理施設、工事があり、すべて鉄道と高速道路で海岸の港に接続されています。

しかし、これらの基地?それらはすべて空です。

そのとおり。兄は「裸の拠点」それらを呼び出して、保守担当者やセキュリティのスケルトン乗組員によって有人。各基地には、タンクやトラック、舟橋、軍需品、燃料の山がありますが、すべて倉庫や掩蔽壕に座っているだけです。私の兄弟によると、1万台以上の装甲車両だけでも、そこには何千人もの人々がいて、その唯一の仕事は大砲を掃除し、時々エンジンをひっくり返すことです。彼らはこれを毎日毎日行っています。もちろん

、アメリカの諜報機関はそれについてすべて知っています。彼らはいつも持っています、彼らはそれをすべてスパイ衛星から、そして地上の人々から見ています。そして中国人はアメリカ人が知っていることを知っています、しかし彼らはとにかくこれらの基地を建設しそして拡大し続けます。ほら、台湾で危機が発生したとしても、70年前の日本と同じように、アメリカは台湾を占領しても、空と海で戦争を続ける力があることを中国人は知っている。中国の港は封鎖され、中国の産業は停止するでしょう。したがって、彼らが思いついた戦略は、一種の大規模な人質交換です。

台湾の独立宣言に続いて彼らが期待する戦争に至る緊張した時期に、中国軍は彼らの装甲および機械化された部隊の大部分をこれらのメキシコのステージング基地に輸送して飛ばすことを望んでいる。アメリカがイラクを侵略するのに十分な力を構築するのに6か月かかったとき、それは91年の砂漠の盾のようにはならないだろうと私の兄弟は言います。いいえ、すべての装備と備品が準備できて待っているので、50万から百万の軍隊で移動し、台湾での射撃が始まったら、リオグランデを押し上げる必要があります。

戦略は、テキサスと中西部でこれらのアメリカのスーパーハイウェイシステムをロールアップし、ミシシッピ川とロッキー山脈の間のできるだけ多くの領土をできるだけ短時間で占領することであると考えられています。大都市を迂回して、カナダとの国境を管理できるのであれば、カナダとの国境まで押し上げてください。その後、勢いが衰えると、彼らは最前線を強化し、現在支配地域にあるすべてのアメリカの都市を包囲または占領します。占領下の数千万人のアメリカ市民、そしてすべてのテキサスの石油生産は安全です。それから交渉が始まり、占領国の返還を求める台湾の交換、そしておそらくもっと多くのことを要求します。

クレイジーだよね?アメリカのスパイもそう思います。この戦略が成功のチャンスにさえ耐えるために、中国人は彼らの軍隊を太平洋を横切るために数週間を持たなければなりません、そしてアメリカ人は彼らがハートビートで輸送船団をシャットダウンすることができると考えます-その日の大統領が最初に撮影を開始するバックボーン。そうでなければ、私の兄弟は、これらの中国の装甲部隊はすべて、まだ開かれた国をめぐってアメリカ空軍に直面しなければならず、彼らがそれに対抗する方法を知らないと言います。それは虐殺になるだろう、と彼は言います。戦争に至るまでの緊張の中で、国防総省はメキシコ国境から200 km以内のすべての人を避難させ、地域全体を爆撃範囲に変えることを計画しています。アメリカのインテルの連中はそれを「百万人の死の行進」と呼んでいる。

そして、もし彼らがどういうわけか空軍を接地したのなら、それはテキサス州兵だけだと思います、そして私の兄弟は彼らを「チコム戦車の下のスピードバンプ」と呼んでいます。

メキシコ人がこれらすべてから何を期待するかに関しては、おそらく彼らはテキサス、アリゾナ、ニューメキシコのような古い失われた領土の返還を約束されています。私はカリフォルニアについて知りません、私の兄はそれについて言及しませんでした。しかし、本当の動機は賄賂です。メキシコ大統領からの大規模な中国の賄賂。おそらく、これらの基地から遠ざけるために、地元の警官と麻薬カルテルの権利。私が言ったように、インテルの人たちはすべてを知っています。彼らは、メキシコ政府が戦争が起こるとは本当に考えていないことを知っています。彼が言うように、古い「冷戦の戦士」を除いて、誰もしません。誰も戦争を望んでいません-中国人は金持ちになるのに忙しく、アメリカ人は台湾に愚かなことをしないように大きな圧力をかけています。それはブラフの大きなゲームです。

しかし、第一次世界大戦と第二次世界大戦の前に、人々はそう言ったと思いますね?

とにかく、もっとたくさんありましたが、それは私が覚えているすべてであり、私が思っていた以上のものです。GLPが実際に何が起こっているのか知りたいのではないかと思っただけです。



◆メキシコ北部ということは、もちろんアメリカ国境付近である。(笑) そこに何万人も収容できる中国軍の軍事基地を作ることに メキシコ政府は合意しているのだ。それらの基地には飛行場も、兵舎や修理工場もあり、鉄道や高速道路で港につながっている。













◆一方アメリカはそうした中国の動きを軍事衛星などによって過去10年以上逐一把握している。そして、中国人民解放軍が国境を侵犯してアメリカの領土に対して侵攻するならば、攻め込む全軍を殲滅する計画もきちんと立てて手ぐすねを引いて待っているのだ。(笑) アメリカの軍部はその侵攻を 「百万人の死の行進」 とあらかじめ呼んでいるのだ。(笑)





◆トランプ大統領が2016年の就任早々に着手したメキシコとの国境に築いた 「トランプの壁」 は、不法移民と違法ドラッグの流入、人身売買の阻止などがその大義名分であった。

もちろんそうした意味もあるにはあるが、最大の目的はメキシコからの中国人民解放軍の侵攻を阻むことであったことは疑いを得ない。

以上は、南のメキシコ側の話であるが、以下は北のカナダ側の話である。

“カナダの裏切り”

カナダにおける中国軍の存在について調べて見ると、メキシコよりも歴史はずっと浅く、2019年頃からである。

https://exonews.org/china-amassing-tens-of-thousands-of-troops-in-canada/



中国がカナダで「数万人」の軍隊を驚かせている

ハルターナーによる記事2020年10月9日(theblogginghounds.com)

•2019年後半、カナダと中国は、2020年以降、中国人民解放軍が中国軍をカナダに駐留させることを許可する条約に署名しました。中国がメキシコ南部に軍隊を集結させていると長い間噂されています。しかし、中国軍がカナダに基地を設置したという噂は、ブリティッシュコロンビア州バンクーバー近くのソルトスプリング島の道路に沿って行進している中国軍のビデオが登場するまで、かなり笑われました。(以下の35秒のビデオを参照)

•カナダのブリティッシュコロンビア州の米国との国境で中国軍は何をしているのか?2020年1月15日のカナダ独立プレスレビューレポートによると、「外国投資保護法(FIPA)の条件の下で、2019年にトルドー政府によって中国と承認された二国間条約により、中国の治安部隊はカナダに駐留することができます。地方自治体の知識や同意なしに、重要な中国の投資を保護するための土壌。」

•ジャスティン・トルドー首相がなぜそのような条約に入るのか?カナダには「重要な中国の投資を保護する」ための独自の軍隊がありませんか?それとも、トルドーはこのように米国を裏切るために中国から報われたのだろうか?

•ブリティッシュコロンビアの地元住民によると、人民解放軍の軍隊は、常設基地の建設を待つ間、バンクーバーのスタンレーパークに駐留している軍隊です。バンクーバー警察によって施行されたように、スタンレーパークは現在カナダ人の立ち入りが禁止されています。あるカナダ市民は、次のように述べていると言われています。「プリンスルーパートを拠点とする人民解放軍は、海岸のいたるところにいます。彼らの軍の情報人の束は町(バンクーバー)の領事館の外で働いており、彼らはここで突撃部隊を1時間で空輸することができると私は言われました。

•ハルターナーラジオ番組のハルターナーは、米軍がF-22とF-35のジェット機をアラスカに再配備する方法について数週間前にニュース記事があったと述べています。3月のABCニュースの記事によると、トランプ大統領は100万人の米軍予備役の活性化を承認した。これらの反対運動は、米国が西部カナダからの中国の侵略に備えるためのものでしたか?

•夏の間、米国西海岸では、数百万エーカーを燃やし、数万のアメリカの家屋を破壊した猛烈な山火事が発生しました(火災はカナダとの国境で止まったようです)。これらの火災は、米国西海岸から人口を追い払うために調整されましたか?Dutchsinse.comは、山火事に向けて発射されている近赤外線スペクトルの文字通りの「ビーム」を拾った米国の衛星からの「環境ビデオ」に出くわしました。(ここの記事を参照してください)これらの「指向性エネルギー兵器」のビームが当たると、火はすぐに広がり、強度が増します。地上の人々はまた、山火事を作成または拡散するために空から来るこれらのエネルギービームの写真を撮りました。

•国防長官のマーク・エスパーは、中国とロシアが「宇宙を武器にした」ことを明らかにした。エスパーは空軍会議の演説で、中国とロシアは「非対称能力」を採用していると述べ、「指向性エネルギー兵器」を備えた「兵器化された空間」を持っていると述べた。山火事の現場で撮影された車の画像は、車の車輪が実際にどのように溶けたかを示しています。薪を燃やすとどうやって鋼が溶けるのですか?それはできません。燃焼温度が十分に熱くなりません。しかし、指向性エネルギー兵器はそれを行うことができます。

•中国は、米国憲法修正第2条に基づいて米国市民が武装していることを知っています。西海岸のアメリカ人の人口を減らして、武装した市民の多くに直面しないようにするという彼らの戦略はありますか?彼らは侵略のために西海岸を和らげていますか?中国人は、戦車、装甲兵員輸送車、自走砲、ヘリコプター、飛行機などの軍事装備も持ち込んでいますか?

• [編集者注] 中国軍が、米国が気づいて準備ができていなくても、ブリティッシュコロンビアからの米国の侵攻を上演するのに必要な数の軍隊を集めることができるとは考えられないように思われる。しかし、マイケル・サラ博士は、中国人がカナダに駐留する別の目的を示唆しています。「小惑星の影響やEMP攻撃など、米国のインフラストラクチャを破壊するある種の偽旗作戦のために中国軍が事前配置されている可能性が高いです。 、彼らは完全な侵略ではなく、「人道支援」のために国境を越えて流れています。」これらの軍隊は、人道支援を装って米国に入国し、主要な通信センターと電力網を無力化する立場にあり、中国の主要な地上侵攻への扉を開くための先駆者となる可能性があります。

ディープステートはすでに強硬な中国政府と軍隊に浸透しているので、この動きに対抗するためにアライアンスのホワイトハットはどのような対策を講じていますか?ディープステートを打ち負かし、世界の金融システムを転換し、腐敗した共産主義の中国を西大統領の下でゲサラ共和国に置き換えることは確かに仕事をするでしょう。


カナダのジャスティン・トルドー首相

2019年後半にカナダと締結された条約の下で、中国人民解放軍は2020年の初めから静かにカナダに軍隊を集結させており、それらの軍隊は実際の米国への軍事侵攻の準備ができていると考えられています。
中国が同様の侵略目標のためにメキシコ南部で軍隊と鎧をまとめ始めたと長い間噂されていたが、カナダに現れたそのような軍隊の言葉は今年だけ始まった。今週、ブリティッシュコロンビア州バンクーバー近くのソルトスプリング島の裏道で中国軍のビデオが登場するまで、これらの噂はかなり笑われました。これがその35秒のビデオです:

カナダで中国軍の実際の証拠が明らかになった後、私たちは彼らが米国の土壌との関係でどこにいるのか、そしてカナダが米国の同盟国であると「想定」されたということをどのように与えることができるかを掘り下げ始めました。

カナダのグローバリスト/コミー首相、ジャスティン・トルドーが条約に署名したことが判明しました



指向性エネルギービームの疑い
2019年後半の中国。2020年1月、Canadian Independent Press Reviewは、次のように報告しました。 '外国投資保護法(FIPA)の条件に基づき、2019年にトルドー政府によって中国との間で承認された二国間条約治安部隊は、地方当局の知識や同意なしに、重要な中国の投資を保護するためにカナダの土壌に配置することができます。–カナダ独立プレスレビュー、2020年1月15日




トルドー首相がなぜそのような条約に署名するのか、疑問に思う必要があります。カナダには「重要な中国の投資を保護する」ための独自の軍隊がありませんか?カナダは、独自の王立カナダ騎馬警察を信頼していませんか?カナダの州警察はどういうわけか不十分ですか?それとも、トルドー首相は、中国が自国で軍隊をまとめることを許可することが彼自身にとって有益であるかもしれないとどういうわけか見つけましたか?トルドーは、このように米国を裏切るために中国から巨額の見返りを得ましたか?他にどのような説明がありますか?



ブリティッシュコロンビア州の地元住民によると、人民解放軍はバンクーバーのスタンレーパーク(公園の島全体)に駐屯している軍隊であり、恒久的なものが割り当てられるまで仮設住宅として使用されています。

ああ、これを入手してください。。カナダ人は、中国の人民解放軍に乗っ取られたため、その公園に入ることができないと言っています!公園に入ろうとする人は誰でもバンクーバー警察に止められ、人民解放軍の軍隊でない限り入場を拒否されます!

あるカナダ人は、「プリンスルーパートの外に拠点を置く、海岸のいたるところに(人民解放軍)を手に入れた」と言っています。彼らの軍の情報人の束は町(バンクーバー)の領事館の外で働いており、彼らはここで突撃部隊を1時間で空輸することができると私は言われました。

その同じ情報源は続けて言った、「それはそのクソ裏切り者トルドーが北京とそれを手配した方法です、男。西海岸は彼らのものです。彼らは門限とそれに続く他のすべてのたわごとを管理するものになるでしょう。

カナダのソルトスプリング島での中国軍の35秒のビデオ(「BananaJSSI」YouTube)

Chinese Military Like Soldiers Train on Salt Spring Island, Canada



https://www.youtube.com/watch?v=3bnWoZg_L1E


◆ちなみに、カナダの現首相のトルドーは、キューバのあの共産主義者カストロが愛人に産ませた子供(妾の子)だそうだ。(笑)






骨の髄まで反米の伝説的共産主義者であったフィデル・カストロ。

そして、その隠し子のジャスティン・トルドー。妾の子ほど父親との絆を必死に確認しようとするものだ。(笑)





この “カナダの裏切り” については、張陽チャンネルの動画が詳しい。

保守の復活?【第98回】


https://www.youtube.com/watch?v=p7Kea4fbngI

今回のメキシコとカナダからの人民解放軍の動きは、アメリカの軍部にとっては何年も前から予想していることで、青天の霹靂でも何でもなかったことがわかる。一般大衆が驚いているだけである。

さて、冒頭で

「● 中国人民解放軍兵士25万人がメキシコとカナダの両国境を突破した模様」  と書いた。

ちなみに、日本の自衛隊(陸・海・空)の人数は以下のように、この25万人にも及ばない22万人である。(笑)

▼[更新・追加はこちら]▼


【関連商品】

》サービス一覧《


【関連・参考情報サイト】



【サイト更新・追加情報】

このページ内を書き換えや更新・追加したときの為のサイト更新履歴情報です。


◆[2021]真相探求ニュース(一覧)[国際]
》》一覧情報《《

◆[2021]真相探求ニュース(一覧)[国内]
》》一覧情報《《


↑画面TOPへ↑
---以上
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10483449
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最新コメント
検索

他ジャンル
⇒ エンタメ!一覧中(集)

⇒ 音楽・エンタメ!

》サービス一覧《


ジャンル
メニュー(カテゴリー)(44)
アニメ・漫画(17)
ニュース(真相探求)(1)
ニュース(コレクション編)(52)
予言・預言・予測・未来(36)
コミュニティ・メッセージ(23)
ゲーム(172)
サバイバル(4)
人物(4)
ドラマ(12)
映画集(3)
政治・法律(30)
心理・占い・風水・血液(66)
音楽・サウンド・音図鑑(18)
WEBとインターネット(452)
コンピュータ(20)
ショッピング・商業施設(8)
学習(教育・学校・資格・講座)(268)
こよみ・出来事・行事(408)
総合通販(39)
美容・健康(126)
美容(14)
健康(283)
食べ物(17)
グルメ・食品(358)
ファッション・ブランド(381)
旅行・宿泊・レジャー・遊び場(98)
金・貨幣(マネー)関連(12)
金融・投資・保険(211)
不動産・引越・リフォーム(107)
副業・ビジネス(81)
企業・会社・業界(28)
仕事・仕事関連・サポート(242)
CM動画中(147)
学び・資格(15)
インテリア・雑貨(150)
住まい・暮らし(196)
暮らし(50)
エンタメ(119)
ギャンブル・ゲーム(13)
ポイント・懸賞(30)
ギフト・プレゼント(87)
スポーツ・アウトドア(95)
乗り物・移動手段・物流(148)
趣味(8)
結婚・恋愛(157)
物品(1)
生き物(動物、植物)(3)
料理編(1)
生き物(植物)(9)
便利ツール・サイト・用語(8)
生活便利(1)
ペット(96)
祝い・イベント・行事・お祭り(63)
情報発信・受信(連絡・通信・マスメディア)(74)
言葉遊び・雑学(2)
雑学・ネタ(1)
笑い事・笑いネタ集(1)
家電(電化製品)(94)
飲食店・外食産業(4)
時代の流れ、流行(1)
災害・防災・危機(29)
買取・リサイクル・片付け(189)
資料・データ(1)
宇宙、異常現象(4)
ビジネス・経済・経営・社会(14)
社会・文化(7)
自作・自給自足・DIY(2)
写真・美術・絵画(71)
玩具(おもちゃ)・ホビー(3)
パソコン(ソフトウェア)(8)
スマホ(アプリ)(3)
ベビー&キッズ、子育て、玩具(49)
終了(74)
その他(5)
更新・内容書き換えサイト(41)
最新記事
(03/05)議事堂にアンティファはいなかった FBI長官の証言に矛盾(真相探求)[ニュース]
(03/05)みずほ銀行のトラブルは搾取階級の資産凍結?(真相探求)[社会分析]
(03/05)なぜ日本はカバールの標的にされるのか。(真相探求)[社会分析]
(03/05)キャンセルカルチャーの波 これはやばい…天皇陛下が・・・![予言・予知]
(03/05)「歩く」を徹底サポート!【アルークα HMBプレミアム】[健康食品(サプリ)]
(03/05)男の下半身のお悩みなら【ペニ活サプリ】 [健康食品(サプリ)]
(03/05)3月4日にワシントンDCでトランプが共和国大統領に就任という情報はDS側の工作ですね(真相探求)[社会分析]
(03/05)[機械翻訳]ホワイトハウスはビッグテックと協力して、いわゆるワクチンの「誤報」を抑制している(真相探求)[ニュース]
(03/05)みずほ銀行システム障害!2/28に続き3/3も!日銀は4連続ストップ高との関係は!GESARA(量子金融システム)移行に関連は?(真相探求)[社会分析]
(03/05)伊藤博文暗殺玩具、韓国で絶賛発売中←頭おかしいのか?(真相探求)[ニュース]
(03/04)【唖然】伊藤博文銃撃シーンを再現した韓国企業の正体が酷すぎた(真相探求)[ニュース]
(03/04)【悲惨・・】スリーピージョー、記者から完全に子供あつかいされる/記者:「何を学んだの?」、バイデン:「たくさん」(真相探求)[ニュース]
(03/04)「日米韓、協力を」訴えたが……隣国の対応に手を焼く米国 なぜ足並みがそろわない(真相探求)[ニュース]
(03/04)NFLワシントン、チアリーダー廃止 男女混合ダンスチーム結成へ(真相探求)[ニュース]
(03/04)Tチームのテレグラム Qの機密解除(デクラス) 情報選別の仕方 偽旗作戦と3月5日の件(真相探求)[社会分析]
(03/04)新しいタイムライン 金融リセット(真相探求)[メッセージ]
(03/04)元ホワイトハウス「マケナニー報道官」、FOXニュースファミリーに加わる!/美人妹も祝福(真相探求)[ニュース]
(03/04)このままでは尖閣諸島は占領される! 中国に媚びるのは二階幹事長だけではない(真相探求)[ニュース]
(03/04)韓国報道:海上自衛隊がレーダー照射されにくい護衛艦を進水(真相探求)[ニュース]
(03/04)福原愛不倫を報道した日本マスコミのせいで東京五輪中止(真相探求)[ニュース]
ファン