2018年04月29日

【朗報】Keyさん、Summer Pocketsで久々に本気を出す

▼最近のゲームユーザーはまず知らないでしょうが、90年代後半から2000年代初頭にかけて、葉鍵系という言葉とジャンルが流行りました



リーフとKey。2つのゲームブランドをまとめてこう呼んでいた




2000年代当時、王者だった「ときメモ」や「サクラ大戦」が既に衰退していた事もあり、この2強でギャルゲー業界とエロゲー業界が回っていた




リーフはアクアプラスというCS用のブランドがあり、KeyはビジュアルアーツからCS移植を発売し、どちらの業界でも主流でした




当時は感動的なシナリオを売りにした泣けるゲームが流行っており、泣きゲーと呼ばれていました。



特にkeyのほうはこの泣けるの部分が色濃く、大昔に出た「kanon」の評価でさえ既に、エロゲーなのにエロが蛇足、エロがいらないとまで言われていた





熱心な信者が、「CLANNADは人生」




いい加減クラナドをエロゲと勘違いしている奴うぜぇ
エロゲじゃないし
ゼロの使い魔の方がよっぽどエロゲ

俺はクラナドキャラには萌えなんて感情は抱かないけどストーリーに魅入られた






という迷言を生み出すほどには、エロはいらないと言われていた




そのくらいストーリー、キャラクター特化型ゲームシリーズだったわけです





そんな今ではありえない時代で、テレビアニメ化や映画化など、メディアミックスにも成功していた




そう、エロゲーが映画化です。
(全年齢)



RPGでいうエニックスのドラクエと、スクウェアのFFみたいなものかな。凄い勢いだった(スクウェアとエニックスは、元々別の会社だったんですよ)










▼リーフの代表作は、「トゥハート」、「ホワイトアルバム」、「雫」、「痕」


Keyの代表作は、「Kanon」、「AIR」、「クラナド」







どれも有名ですね





…えっ?1つも知らないって?




まあそれもまた、時代…



移植はされていても、「クラナド」でさえ気付けば大昔のゲームなので、当然でしょう




何せオリジナル版はWindows98から対応、最初の移植がPS2ですから…




某大物youtuberも、キッズが「トゥハート」とマルチを知らない事に、時代を感じてたしね…
無題.jpg





マルチを知ってる人は知ってる人で、「古過ぎだろ!」と反応するとも言っていた…








▼まあそんな具合に、時代の激流には逆らえず古くなってしまったリーフもKeyも、徐々に衰退していった



今回は、そんな鍵をメインに触れます










▼鍵は、目立ったヒットが無いばかりか、売り上げ的に爆死することも増えました。



得意だったメディアミックスにも失敗するようになり、アニメ「AIR」の円盤売り上げが25000枚だったのに対し、「Rewrite」はたったの1800枚に終わった



コミケのジャンルコードから外れるなど、コミケが育てたブランドとしては、結構致命的な出来事もありました



これについてはコミケに詳しくないが、かなりの事件だったらしい



話としては分かります。



これまで、「特別枠」だった葉鍵が、「その他大勢」、「有象無象」にまで落ちた訳ですから…



しかもこの時、新設されたのが、「艦隊これくしょん-艦これ-」……



1つの時代が終わり、1つの時代が始まった瞬間でした







▼かくいう私も、リーフは「トゥハート2」、Keyは「クラナド」以降のゲームは、全くプレイしていません



なんか違うなというか、やる気がサッパリ出ないゲームばかりだったんですよ




少なくとも「Kanon」から続く、Keyの王道からはずっと外れてた



更にいえば、前身であるタクティクスの、「ONE~輝く季節へ~」からも外れてた














▼そんな、完全に忘れていたKeyから、黄金期のKeyを思い出すような、新作の体験版が出ました






それが本作、「サマーポケッツ」
1.jpg
(露骨に「AIR」を意識したイメージビジュアル)




略して「サマポケ」



田舎町を舞台にした、少年少女のひと夏が描かれる








流石に「クラナド」から15年近くが経ち、エロゲと勘違いされることはないだろうけど、一応補足すると、全年齢




まあ、そもそも最近のゲームユーザーはkeyを知らず何のイメージも持ち合わせていないので、勘違いする理由がないか…


それもまた、時代の流れ







▼体験版の感想を、ネタバレなしで結論から言うと…





これがまた、妙に面白いんですよ




Keyの旧作を思わせるセルフオマージュや、夏を連想させる音楽、美麗なCG、キレのいいギャグ、どこを取っても近年のADVで一級品



主人公は親戚の家に滞在することになるが、またいとこの加藤うみ、叔母の岬鏡子との会話が面白くて、笑えます



特にうみとの会話は一番面白くて気に入ってるので、シナリオにはかなり期待





これもkeyのゲームをプレイしたことが無い人は驚くでしょうけど、「クラナド」は、登場キャラほぼ全員にシナリオとエンディングがあるという、ありえないほど気合の入った大作だったので、「サマポケ」にも多分サブキャラルートがあるでしょう







▼中でもやはり、ノスタルジーを感じる描写がいい



ギャルゲーというより、寧ろ「ぼくのなつやすみ」っぽい





波でビショ濡れになって裸で帰ったり、子供達と一緒にザリガニ釣りをしたり、知り合った友達と秘密基地で卓球したり(しかもミニゲームとして実際にプレイできる)、舞台である、夏の海辺の田舎町を最大限に生かしてる




移動が、倉庫でホコリを被っていた原2のスーパーカブなのもまたいい。

わざわざ原2設定にしたからには、ヒロインと2人乗りするシーンがあるんでしょう



「AIR」は田舎でも、田舎特有のイベントや、こういうジュブナイルっぽいノリは無かったからね



これは、「AIR」の主人公がとっくに大人(22歳)で、しかもエロゲギャルゲには珍しい、終始クールなキャラだったことが理由でしょう。



逆に、「サマポケ」の主人公はまだ高校生なので痛いくらいにハジける






▼その反面、これまでのシリーズにあったSFファンタジー要素は、バッサリカットしているようなので、そこが評価を分けそう。王道っぽいし、余りネタバレになるようなネタもないんじゃないかな。



絵も従来の樋上いたるではなく、複数の絵師が描いてるので、キャラが集まると纏まりの無さが目立つかな



でもkeyゲーにいたるが絶対条件じゃないことが、これをプレイするとよくわかるね





▼最も時代が変わったなあ…と思ったのは、絵でも何でもなく、ヒロインに知ってる声優が1人もいない


経歴を見ても、それすら知りません



唯一知ってるのが、白石稔。でも主人公の親友とかではなく、ヒロインの祖父役…




ここ数年で、こういう風に声優を1人も知らないことがデフォになりました




私の関心がもうとっくに薄れてる事もありますが、それでも数年前までは、あ、このキャラはあのゲームに出てたな、くらいは分かったのですよ


でも今は、それすらもない。声優が、新人の使い捨てになったことが理由でしょう




能登可愛いよ能登とか言ってた人たちはどこに消えたんでしょう。





能登はもう可愛くないの?






そもそも能登はまだいるんでしょうか…





このゲームにも、「AIR」→「クラナド」の緑川光みたいに、1人は昔懐かしい人が欲しかった






▼発売は6月と夏にはまだ早いけど(「AIR」も9月だったが)、良作の予感がします。



かつてのKeyが好きだった人も、最近のゲームユーザーも、プレイしてみては




Summer Pockets

価格:9,504円
(2018/7/8 18:43時点)
感想(0件)





【送料無料】Key Summer Pockets

価格:7,970円
(2018/7/8 18:45時点)
感想(0件)





Key Summer Pockets (SUMMERPOCKETS)

価格:7,970円
(2018/7/8 18:45時点)
感想(0件)





▼そういえば、京アニでアニメ化も決定しているが、放送日が未定なんだね。


プロモーションを考慮すると発売時期を合わせるのがベストなんだが…(プレステ版「トゥハート」みたいにね)


これも、昔はゲームとアニメが大抵同時期だったような気がするなあ…



「サマポケ」アニメの放送時期は、PS4移植の際と予想







※後日追記

移植はスイッチとのこと。これは誰もが意外だったのでは?

携帯モードで遊べるので、歓迎しています。


この記事へのコメント
中の人も、亡くなってますからね。

当時、「鳥の詩?杉田かおる?」というボケが流行ったのですが、今ではこれも通じません。

もうAIRの鳥の詩のほうが知名度が無いですから。

正確なところとしては……当時から、世間的には鳥の詩といえば杉田かおるだったのですが、ゲームファンの間ではAIRだった。だからこそ、このネタが通った

でも今のゲームユーザーは、AIRはおろか、鳥の詩すら知らないでしょうから

サマポケが人気なら、旧鍵再評価の流れにも期待します。
Posted by 管理人 at 2018年07月11日 14:28
時代でしょうね
今の子のに鳥の歌とかゴールしていいよねといってもまず通じません
Posted by ちり at 2018年07月11日 11:09
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7601223
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最新記事
最新コメント
おすすめ名作フリーゲーム
  1. 1. 死月妖花〜四月八日〜 レビュー感想 守りたい、この世界
  2. 2. 夜底奇劇・星空物語 プレイ日記2(クリアまで)と総評 夜明け
  3. 3. 夏ゆめ彼方 レビュー感想 将棋を通じて少年の人生を描く一大叙情詩。傑作!(ネタバレ)
  4. 4. ほろびのゆりかご レビュー感想 ラストシーンで判明する真相は、最早SFファンタジーのスケールを超えた(ネタバレ)
  5. 5. 鼓草 レビュー感想 極限の花婿たち
  6. 6. 怨溺 ―ONDEKI― レビュー感想 世界は救われる、彼女を失えば
  7. 7. 籠の街 レビュー感想 少年の爽やかな成長物語と思いきや、まさかの欝ゲー展開に…
  8. 8. 電波障害ノベルADV AlexiA〜アレクシア〜 レビュー感想 もう、勇者しない。
  9. 9. Human killing レビュー感想 東出大好き
PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 ゲームブログ
にほんブログ村