2020年11月10日

TOWER of HANOIでリアルとバーチャルを駆け抜ける 攻略日記3(二の塔六階まで) 俺自身が「監察官」になる事だ

ネタバレあり。引き続き攻略中。












二の塔は病院がモチーフなので、医療関係のトラブルの話なんてどうでもいいよ、病院なんて派閥があって当たり前だし…



そう思っていたのだが、途中から様相が変わってきた




中間からはテーマが「自己犠牲」などにシフトした感がある



これはちょっと興味深い




何故かっていうと、病院のキャラクターたちは明確に金や権力がらみの「悪役」として描かれてたんだけど、中間からの病人たちには、割と同意してしまうんだよね




臓器移植とか、私だってどこの誰かもわからない体に移植されるのは嫌だよ




一見後ろ向きなメッセージなんだけど、「普通そうじゃね?」みたいに同調するプレイヤーは多いでしょ












シンディが親密度Aに。


あんだけ男性恐怖症だったのに、デレたらデレたで……








この女の手のひら返し、熱すぎだろ(笑)。
yasashiisekai_No-0014.png












ミラも親密度Aに。



コーラルとは義理の母子…というよりも疑似母子のような関係。
yasashiisekai_No-0008.png












この2人の流れを見るに、それぞれのHANOIと、疑似〇〇という関係を築くのかな




シンディは疑似恋人っぽいが、他にも疑似兄妹、疑似親友もHANOIの中にいるんだろう









いつかの攻略日記で「HANOIたちに名前で呼んでほしい」と書いたが、どれだけHANOIの親密度を上げ疑似母子や疑似恋人のような関係を築こうとも、「「監察官」とHANOI」という関係は絶対的なものであり、変わらないのだな
yasashiisekai_No-0016.png


yasashiisekai_No-0010.png










「監察官」は常にHANOIの生殺与奪があり、気に入れば「監視タグ」をつける



人間の母子や恋人、親友なら当然タグなどつけない



でもコーラルは、命がけでHANOIを守る



「監察官」コーラルとHANOIはタグで命を結んだ、ピュアでいびつな関係なのかもしれない






……




このあたりから受ける感覚は、このゲームならではだな







普通なら相手が異性ならイチャコラ、同性ならホモになるからね






「サクラ大戦」にしたって、上官と部下でも恋人関係になる








でも「TOWER of HANOI」はお互い、強い線引きをしてる


















世界が分断されるところまでシナリオを進めた。



ほかの連中はどうでもいいが、吉田と話せなくなったことが悲しい。まさか最後までこのままなのか…
(´;ω;`)











01が倒れたが、散々HANOIを馬鹿にしていた所為か、誰も心配していない




ミラのベッドで看病されてるけど……めっちゃいい匂いしそうやん




お前何そこで寝てんだよと









もうそのまま死ねよとか思っ




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10329237
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最新記事
最新コメント
おすすめ名作フリーゲーム
  1. 1. 死月妖花〜四月八日〜 レビュー感想 守りたい、この世界
  2. 2. 夜底奇劇・星空物語 プレイ日記2(クリアまで)と総評 夜明け
  3. 3. 夏ゆめ彼方 レビュー感想 将棋を通じて少年の人生を描く一大叙情詩。傑作!(ネタバレ)
  4. 4. ほろびのゆりかご レビュー感想 ラストシーンで判明する真相は、最早SFファンタジーのスケールを超えた(ネタバレ)
  5. 5. 鼓草 レビュー感想 極限の花婿たち
  6. 6. 怨溺 ―ONDEKI― レビュー感想 世界は救われる、彼女を失えば
  7. 7. 籠の街 レビュー感想 少年の爽やかな成長物語と思いきや、まさかの欝ゲー展開に…
  8. 8. 電波障害ノベルADV AlexiA〜アレクシア〜 レビュー感想 もう、勇者しない。
  9. 9. Human killing レビュー感想 東出大好き
PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 ゲームブログ
にほんブログ村