ロッジシェルターT/Cの使用レビュー: ファミキャンGo!!

2018年07月17日

ロッジシェルターT/Cの使用レビュー

先日、ロッジシェルターT/Cをフィールドデビューさせてました。
遅くなりましたがロッジシェルターT/Cの使用レビューです。
IMG_8894.JPG

使用状況は、7月中頃、最高気温35度を超える真夏日。
標高500m程にあるオートキャンプ場。
ロッジシェルターは積載量が半端ないので、オートキャンプか車乗り入れ可能なサイト推奨です。
 
当日は15:00頃にキャンプ場に到着。
周りに木陰が一切ない場所だったので、あまりの暑さに熱中症になるかと思いました。
日陰づくりに一刻を争ってたので、設営時の写真は一切なしです、すみません。

組立は過去の試し張りの記事をご参考下さい。
小川キャンパルのロッジシェルターT/C の設営にいってきました。

今回はお泊りなので、インナーテントも設営しました。
IMG_8915.JPG
PVCシート(グランドシート)を下に引きます。
専用のPVCは分厚く丈夫で、支柱に引っ掛けられるのも便利です。
IMG_8851.JPG
インナーを鉄骨に吊り下げて完了。凄くカンタン。
IMG_8908.JPG

風が強かったので、前回省略した張縄もしっかりと。
楽しみにしていたサイドシートの跳ね上げにも挑戦しました。

暑さで死にそうになりながら設営したロッジシェルターT/Cはこちら。
IMG_8877[1].JPG

暑過ぎたので、スカートの裾のペグダウンのみ省略しました。

あと、実はインナーテントの位置が逆です。

手前が本体の前面で、インナーは本来、後ろ側が正解です。

設営してから朝の陽ざしがインナーを直撃することが発覚。
リビングも谷川の方が景観が良いので、インナーを吊り直しました。
暑くて全体の向きを変える気力がありませんでした・・・

逆サイドはお隣さんからの視線を防ぐためにサイドを少しだけ開けて設置しました。
IMG_8896.JPG
張縄なしで、本体のゴム+タープで使っているゴムフックだけで、丁度良い加減の空き具合に調整できました。

リビングはこんな感じ。ごっちゃごちゃで失礼。
IMG_8906.JPG
4人掛けの椅子とテーブルを置くのにちょうど良い感じ。
広々と中で過ごす場合は、お座敷スタイルがもっと良い感じ。
IMG_8857.JPG
今回は晴れていたので、後ろ側を開放して外へ進出。
IMG_8855[2].JPG
谷川に設置した絶景のキッチン。気持ちが良い!!
IMG_8874.JPG
夕方、虫が増えてきたので、サイドパネルはメッシュにして片側だけ跳ね上げに変更。
IMG_8887.JPG
このアウターのフルメッシュのお陰で、インナーの寝床には虫が入らないので、奥様と子供に大好評でした。
IMG_8907.JPG
このように状況に応じてアレンジができるのがロッジシェルターの魅力ですね。

さらに今回、インナーの中に専用のグランドマット(インナーマット)を引いてみました。
C5210AAD-6158-4F13-BF0D-8642D060C145.jpeg

嵩張るアイテムですがクッションは10mm厚あり、芝生の上ならこれだけで十分寝れました。
いつもは薄いインナーマットの上に空気で膨らむインフレーターマットを引いているのですが、設営・撤収も畳むだけなのでカンタンです。

その他、一泊してみての総評。

<本体>
・ロッジは組立てがカンタン。タープ+テントは位置決めが大変。
・コットン幕は日陰が濃いのでタープとしてめっちゃ優秀。
・日陰の動きに応じて、サイドパネルをアレンジできるので涼しい。
・フルメッシュ・フルクローズが快適。
・鉄骨屋根上で幕を畳める。所謂屋根畳みで撤収もスムーズ。
・とにかくアレンジが楽しい。見た目が可愛い。

<インナーテント>
・鉄骨に引っ掛けるだけなので、設営がカンタン。
・中が広くて天井も高いので超快適。
・サイドメッシュがないので夏場は少し蒸れます。
・寝床の広さと引き換えにリビングが狭くなる。
・夏場はフライのみでコット寝が最強だと思う。(虫が苦手でなければ)
・グランドマットは車の積載に余裕がある場合はお勧め。

全体的に機能性が高く、満足度が高いテントだと思います(流石小川のテント)
インナーテントはお気に入りのテントを中で使うカンガルースタイルを選ぶのもありかと。
グループキャンプ時は皆のリビングとしても使える。
大型のテントはこれがあればもう他のいらないと思いました。

重たいけど持ってきて良かった。

最後にマジックアワーのロッジシェルターT/C
IMG_8891.JPG

ロケ地は宮津天橋立から40分ほどの加悦双峰公園
見晴らしが良く星空も綺麗な素敵なサイトでした。
旅の記録は別記事でまた書きたいと思います。

★関連記事★
ロッジシェルターT/Cの使用レビュー
ロッジシェルターT/Cの設営
ロッジシェルターT/Cの車載
ロッジシェルターT/C購入しました

購入はこちらから









TCインナーもでた!!



【おすすめの記事】
スポンサーリンク

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7901589
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
目次
記事ランキング
  1. 1. Quechua (ケシュア) ポップアップテントは本当のところ便利か?
  2. 2. 最新ワンタッチタープ対決 コールマン インスタントバイザーシェード VS カンタンタープ キャンプカスタム
  3. 3. 続、ダッチオーブン選びに悩む。サイズは10インチか12インチか?材質は鉄かステンレスか?ユニフレーム黒皮鉄製、SOTOステンレス製ダッチオーブンの比較とサイズ選び。
  4. 4. 最高の保冷力で使い勝手も良い最新クーラーバック コールマン アルティメイトアイスクーラーII
  5. 5. ファミリーにお勧め!!お座敷スタイルの卓上BBQサイトのレイアウト実例
  6. 6. アウトドアでも活躍するイワタニのカセットコンロ
  7. 7. 小川キャンパルのロッジシェルターT/C の設営にいってきました。
  8. 8. ユニフレームの囲炉裏テーブル、いろりエクステンション(UF IRORI EXT)を購入しました。
  9. 9. 話題のトンネル2ルームテント、コールマン、トンネル2ルームハウス(アテナ)がセール中。欲しい・・・
Quechua(ケシュア)ポップアップテント特集
  1. 1. Quechua (ケシュア) ポップアップテントは本当のところ便利か?
  2. 2. QUECHUA (ケシュア) ポップアップテント 2 SECONDS XL の最新バージョン FRESH&BLACK が登場!!
  3. 3. Quechua(ケシュア)のポップアップテント、2 SECONDS 設置と撤収方法の説明ダイジェスト
小川キャンパル ロッジシェルター特集
  1. 1. ロッジシェルターT/Cの使用レビュー
  2. 2. 小川キャンパルのロッジシェルターT/C の設営にいってきました。
  3. 3. 最強のスクリーンシェルター。小川キャンパルのロッジシェルターの展示を見てきました。
  4. 4. 小川キャンパル2018年新商品ロッジシェルターT/Cを買っちゃいました。
ダッチオーブン特集
  1. 1. ダッチオーブン選びに悩む・・・
  2. 2. 続、ダッチオーブン選びに悩む。サイズは10インチか12インチか?材質は鉄かステンレスか?ユニフレーム黒皮鉄製、SOTOステンレス製ダッチオーブンの比較とサイズ選び。
  3. 3. 念願のダッチオーブンを購入。黒皮鉄製 ユニフレーム 10インチ スーパーディープ!!ファミリー向けダッチオーブン選びのポイント。
  4. 4. ユニフレームのダッチオーブン10インチ スーパーディープの使い始めの儀式、シーズニングを行いました。ついでにファイアグリルのエンボス鉄板も。
  5. 5. ユニフレームのダッチオーブンで手羽先のローストチキンに挑戦!
  6. 6. ダッチオーブンで石焼き芋に挑戦
キャンプ道具自作に挑戦
  1. 1. 折りたたみテーブル自作に挑戦 其の1(プロローグ)
  2. 2. <自作キャンプテーブルに挑戦>2分割して棚にもなるローテーブル @ 作成編
  3. 3. ユニフレーム焚き火テーブルをローダウン。座卓用に低く出来るよう改造してみました。
ファミキャン特集
  1. 1. 最新のファミリー・子連れ向けの、デイキャンプ・バーベキュー(BBQ)のお座敷、座卓スタイル、レイアウト実例
  2. 2. 2018年度のBBQ炙り始めと今年のファミリーキャンプスタイルについて
  3. 3. 2018年 ファミリー向けのお薦めデイキャンプ・ピクニックグッズ
キャンプ日記
  1. 1. グリーンパーク山東キャンプのレビュー 高規格オートキャンプで快適キャンプ
  2. 2. 赤礁崎キャンプ場のレビュー 福井海水浴キャンプの旅(1)
  3. 3. 赤礁崎キャンプ場のレビュー福井海水浴キャンプの旅(2)
  4. 4. 加悦双峰公園キャンプのレビュー 京丹後の旅(与謝野町、宮津天橋立)
タグクラウド
ストーブ・ヒーター特集
  1. 1. キャンプストーブ選びのポイントまとめと、武井バーナー購入までの考察
  2. 2. 武井バーナー301Aパープルストーブの初点火
  3. 3. 武井バーナー301Aパープルストーブの接続金具と収納ケースについて
  4. 4. ユニフレームのアウトドアヒーター、ワームU(ワーム2)を購入。早速使ってみました。


人気ブログランキングへ
<関連サイト>
ファミキャンGo!!
地元民おすすめ京都ラーメン
楽天おすすめ商品