プロフィール
ぷちそれいゆさんの画像
ぷちそれいゆ
2013年、何か新しいことを始めようと、ツイッターとこのブログを始めました。 ツイッターのアカウントはこちらです。 https://twitter.com/Petit_Soleil17
ブログ
プロフィール
最新記事
<< 2013年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
リンク集
カテゴリアーカイブ
Marche(32)
INFO(65)
History(28)
ネタ(10)
健康(10)
BOOK(21)
ビジネス(21)
メルマガ(4)
料理(14)
ネット(9)
社会(2)
にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
にほんブログ村
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2013年03月01日

日本の「天皇」が 世界を統治していた

自然の力による「世直し」の軌跡 より転載

*******************************************************************************************
日本の「天皇」が 世界を統治する
http://amba.to/V4LGG3

超古代には、今以上に文明が進歩しており、日本の天皇を中心とした世界の統治が行われていたのです。

私達が学校で習ったように、腰蓑を巻き、竪穴を掘ってバラックを建てて住んでいた原始人が、我々の祖先であると信じきっていますが、真実は全く違うようです。

恐らく、その歴史事実は、核戦争などで人類が文明を跡形も無く破壊した後の姿だと考えられるのです。

天皇は、天空浮き船に乗って、世界各地を巡回し、その地区の統治者を「王」として任命していたということです。

日本語が世界各地に残っているという証拠とも附合するのです。

反重力を利用したUFOのような乗り物から現代のジエット機のような乗り物も存在したようです。

羽とか、飛鳥という言葉は飛行場を意味しており、日本各地に羽(ハネ)のついた土地が存在するだけでなく、世界にも残っているのです。

羽田は言うに及ばず、地上絵で有名なペルーのナスカ高原も「飛鳥」から来ている古代の飛行場なのです。

UFOの形は、日本に現在使われている「お神輿」の形にも使われています。

「皇」という文字も、上部の「白」はUFOの形から来ており、その下に王という文字を配置したのは、まさに、これに乗って移動する王を、皇と表現したということです。

アメリカ合衆国は、コロンブス以後、アングロサクソンの人種が多く住んでいますが、本来はアメリカインディアンの世界であり、日本人が彼らのルーツであり、日本の天皇が治めていたのです。

宣教師と共に乗り込んだイギリス人は、飴と鞭でインディアンを奥地へと追い詰めていきました。

西部劇映画は、インディアンを野蛮な悪者に仕立てて、白人を英雄として描いたものが全てですが、インディアンこそ日本人がルーツであり、同胞なのです。

約束しては裏切り、手段を選ばぬ殺戮をインディアンに仕向け、土地や住いを奪い取り、奥地へ奥地へと追い詰めていったのです。

そのカルマは今もアメリカ人に残って消えません。

日本人は信義を守り、酷い仕打ちを受けても耐える民族ですが、インディアンも同じです。

彼らの言葉の中に日本語が多く残っている事、部族名は、全て日本語から付けられていることを、高坂和導さんは発見したのです。

例えば、ホビ族のホビは、天皇家の穂日命の流れをくむ部族という意味から名付けられています。アパッチは、ああ、ばっちし、見事な部族、

コマンチエは、困ってしまう部族、
モヒカンは、墓碑が環状にある所の部族、
セネカは、山の背中に住む部族と言った具合です。

十六世紀にヨーロッパ人が入ってくるまで、アメリカインディアンは、日本語を使い、自然と共生する社会を築いていたのです。

インディアンが名付けた地名が、現代のアメリカに残っています。

例えばミズリーは、水売りから来ています。

マイアミは、箕網から、イリノイは、入りの江から、カンザスは、かんざしからと言った具合です。他にも沢山あるのです。

アメリカインディアンのナバホ族には、「あっち」「こっち」「汝(なんじ)」「じょこう(徐行)」などの言葉が今でも使われているのです。

ちなみに、メソポタミヤに最初に文明を築いたのは、天皇が派遣した十六人の皇子のうちの一人で、名前を「ヨイロバアダムイブヒ赤人女祖氏(アカヒトメ・ソタイ)と竹内文書に記されているのです。

ヨーロッパという地名や、聖書にあるアダムとイブも、ここから来ているのです。

これだけでは、ありません。十六地方全てに派遣された皇子の名前が明らかになっており、世界の現在の地名と繋がっているのです。

オオストラリニンユイタム赤人祖氏は、オーストラリア担当、アフリエジフト赤人王は、アフリカエジプト方面、ヨハネスブルク青人民王などは、現在の地名と同じであり、赤、青、黄、白、黒の名前が付いているのです。

まさに、五色人を治めた皇子の名前なのです。

*******************************************************************************************
超古代のお話はロマンがある。

ただ日本が世界の中心だったというトンデモ話とは思わない。

超古代の優れた文明も愚かな人々により、滅亡してしまったという記憶を

日本人は遺伝子のどこかに持っていると感じる。

略奪文明の末路は滅亡だ。

日本人は変わるべき時がきている!

1分間勉強法ホームスタディ講座
posted by ぷちそれいゆ at 07:04| History
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。