プロフィール
ぷちそれいゆさんの画像
ぷちそれいゆ
2013年、何か新しいことを始めようと、ツイッターとこのブログを始めました。 ツイッターのアカウントはこちらです。 https://twitter.com/Petit_Soleil17
ブログ
プロフィール
最新記事
<< 2015年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
リンク集
カテゴリアーカイブ
Marche(32)
INFO(65)
History(28)
ネタ(10)
健康(10)
BOOK(21)
ビジネス(21)
メルマガ(4)
料理(14)
ネット(9)
社会(2)
にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
にほんブログ村
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2015年02月23日

♡ フィリピン旅行記 2 ♡

私もそうだったのですが、多くの日本人は、フィリピンに対して二昔前のイメージのままで

最近の好況に湧くフィリピンの都会的な部分は知らない人が多いので、

ブログに書くことにしました。

すっかり、フィリピンにはまってしまいました。(^^)

男性の場合、フィリピンにはまるというのは、大体、フィリピン・パブとがで

若い女性に魅了されているようですが、私の場合は、訪れてみて、

街の魅力、南国的な雰囲気、文化などに引かれたのです!

フィリピンは訪れる場所によって、全く、印象は違います。

私もまだ、初心者なので、行きやすい都会的な場所(マカティ)などが、

女性には良いと思います。


韓流ブームも終わり、中国もまだ、反日の怖いイメージがありますし、

親日国のフィリピンは英語圏なので、治安の良い場所を選べば一人旅でも大丈夫です。(^^)

日本の偏向テレビはどうでもいい反日国、韓国の話題ばかりで、

フィリピンやアセアン東南アジア諸国について情報が少ないので、

発信していきたいと思います。


♡ フィリピン旅行記 ♡ フードコートはお薦め! (^^)

https://fanblogs.jp/marcheps/archive/100/0

2014年07月02日

「集団的自衛権の行使」の、真相

「オルタナティブ通信 」からの転載です。

*************************************************************************************

「集団的自衛権の行使」の、真相

http://alternativereport1.seesaa.net/article/400572064.html

 中国に対潜水艦魚雷システムを売ったのは米国の軍事産業ディロン社である。

ディロン社は、前ブッシュ大統領の軍事産業専門の投資会社カーライルの親会社である。

中国の持つ旧式のロシア製戦闘機のハイテク化のためのハイテク軍事工場を、中国に建設したのもディロンである。

93年から2008年までに850機の最新鋭戦闘機の販売契約を、中国と結んだのも米国政府である。

中国の旧式のF8型戦闘機の最新鋭化の仕事を、請け負っているのも米国である。

3基の軍事通信衛星を中国に販売したのも、米国である。

ロシアが中国にミグ31とSU27戦闘機、ディーゼル発電潜水艦を売り、ウクライナが航空母艦を中国に売った時も米国は何も抗議しなかった。

ただ米国は、兵器販売でロシア、ウクライナに負けないように、ロシア、ウクライナの売買契約成立直後に、「あわてて」米国製の自走迫撃砲を大量に中国に売りさばいた。

中国の軍事的脅威に備え、米軍は兵器・軍備の増強を計っている。米国は、日本にも中国の脅威に備え、最新鋭の兵器を売却している。

これは、どういう事なのか?

この米国と共に、「集団的自衛権の行使」を行う日本は、米国=日本 VS 中国の戦争を開始する事になる時が来る。

中国にとって敵の最前線基地は、日本本土である。

日本本土が攻撃のターゲットとなり、日本人が多数、死傷し、太平洋を隔てたアメリカ本土は無傷となり、アメリカ人は死傷しない。

日本は反撃のため米国から大量の兵器を買い、アメリカ軍事産業は活況を呈する。

そして上記のように、日本を攻撃する中国の兵器は、アメリカが中国に販売したものである。

死ぬのは日本人と中国人、利益を得るのはアメリカとなる。

これが「集団的自衛権の行使」の、真相である

*************************************************************************************

これは、正に戦争屋=キリスト教原理主義者の考え方です。

富を手に入れるためには、神に生け贄を捧げなくてはならない。

アメリカの支配層が超富裕層でいられるのは、

常に生け贄を神に捧げているからです。

戦後、豊かになった日本人は、丸々と太った食べ頃の豚なのでしょう。

戦後、70年かけて豊かに実った果実(日本)を食い荒らそうとしている…アメリカ。

コレが日米同盟の現実だというコトに、国民は気がついていません。

今、歴史の曲がり角に私たちはいます。

どこで、私達は間違ったのか?

未来の世代から、問われるでしょう。

アメリカの戦争屋の手先になるために利用される日本人。

そんな危ない日米同盟が必要でしょうか?
posted by ぷちそれいゆ at 07:00| 社会
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。