プロフィール
ぷちそれいゆさんの画像
ぷちそれいゆ
2013年、何か新しいことを始めようと、ツイッターとこのブログを始めました。 ツイッターのアカウントはこちらです。 https://twitter.com/Petit_Soleil17
ブログ
プロフィール
最新記事
<< 2015年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
リンク集
カテゴリアーカイブ
Marche(32)
INFO(65)
History(28)
ネタ(10)
健康(10)
BOOK(21)
ビジネス(21)
メルマガ(4)
料理(14)
ネット(9)
社会(2)
にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
にほんブログ村
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット

広告

posted by fanblog

2015年02月04日

ギャップをうめるビジネス

日本の停滞した、希望の見えない寒い地方都市から
飛行機でたったの4時間で、真夏の好況にわくフィリピンの
新興都市、マカティへ行くと全く違う現実があります。

アマゾンでのご注文も数日、待って頂き、ご理解頂いたので
フィリピンまで行くことができました。
ありがとうございます。m(_ _)m

若い人々が多く好景気で希望にあふれるフィリピンの人々が輝いて
まぶしく見えました。

もちろん、フィリピンも日本と同様に格差社会ですが、
経済が7%成長し、イケイケ・ムードの雰囲気が、
かつて、日本がたどった道に重なり合って見えました。

韓国経済はボロボロで、この先日本の助けがなくてどれだけできるのか? 見物だと思います。

韓国があれだけ、発展できたのは日本から多くの技術者が年に何十回も出張、指導したからですが、
そういう事実を忘れ、傲慢に振る舞っているのをみると、
フィリピンの人々は親日的で、とっても感じが良くて
私は大好な国になりました。( ^ ^ )

人口ボーナスの恩恵を受けて成長して行くフィリピンの未来は明るく、
いろんなチャンスにあふれています。

日本より、いろいろと不便である現実がビジネスの種で、
改善できる「伸びしろ」が至る所にあります。

反日の国より、親日のASEAN東南アジア諸国連合にもっと、
もっと日本は投資すべきだと思います。

フィリピンでのワロタ、ネタを一つ披露。

エレベーターの中での会話。(原語は英語)
男「どこから来たの?」
私「日本」
男「部屋番号は何?」
ここで、私は目が点に! (; ̄O ̄)

ちょうど、エレベーターの扉が開いて、
他の人が乗り込んで来たので、会話は中断。
すぐに1階についたので、スルーしてホテルから外出。

しっかし、私が与えた情報は「日本」だけ、
それで部屋番号を聞き出すという根性に呆気に取られました。
「私が札束に見えたのかしらん?」と思いました。 ~(・・?))

日本では、あり得ない会話が飛び出してくるので、
面白いとゆーか、日本の草食系には想像つかないでしょう。
www ( ´ ▽ ` )

こういう開けっ広げな会話は、ラテン系の乗りだよなぁ〜!と、
かつて、イタリアでナンパされたコトを思い出したのでした。

些細なコトは気にしない南国気質というのは、
大らかで笑っちゃいます。(^^)

常夏の国だと、外で寝ても凍死するコトもないし、
貧しくても、なんとかなるっていうのが、
子だくさんの要因かなぁ〜と感じました。

日本のように冬のある国では、工夫しないと寒さはしのげないし、
冬を生きる知恵を使うようになるなぁ〜と思います。

日本人が常に創意工夫をする文化なのは、ちょっとでも
快適に暮らすための知恵が国民に染みついているからだと思います。

だから、日本人がフィリピンを見ると、改善できるところだらけで、
ビジネスの余地があちこちに見えてしまいます。

日本はやり過ぎ、過剰サービスの国で、不便なコトは何でも
即、改善して、問題解決してしまう国柄。

常夏の30度のフィリピンから戻ってきたら、日本は寒い!と体感しました。

フィリピンでエアコンがきいた部屋で袖なしの服で数日、過ごして日本に戻ってきたら、
急激な気温の変化でクシャミが出てしまいました。

生姜入りはちみつレモンと、甘酒を毎日、飲んで、
食事は粕汁で免疫力アップで風邪を撃退しています。(^^)

フィリピンは常夏だから、食べ物は傷まないよう、揚げ物が多く、
肉食系の食事も多く、野菜料理が少なく感じました。

毎日、フィリピン人は脂っこい料理を食べているのに、
そんなに肥満体の人々がいないのは、運動量があるからなのかしら?と思いました。

夕方になると、毎日、通りに人々がいっぱい並んでいるので、
「何があるのか?」 タクシーの運転手に尋ねたら、
ジープニー(トラックの乗り合いバス)を待つ行列だと教えてくれました。

どこにも、停車駅の表示はなくて、大勢の人々が毎日、通りで
大行列に並んで通勤しているのをみると、通勤用の電車路線が足りなさ過ぎ!と、思います。

高架鉄道より路面電車だと、割と簡単に低コストで敷設できるだろうに、
なんでフィリピンに路面電車がないのかしら? と思います。

フィリピンの大交通渋滞は、経済的なロスも多く、
もったいない!と、思います。

例えば、コンビニの棚とか、欠品したままなのは、交通渋滞で
物流が滞っているからなんだろうなぁ〜と感じました。

フィリピンで物流・配送システムが整えば、もっと人々は、モノを安く買えるのに! と思います。

物流・配送業で雇用が何十万人も創出されれば、
フィリピンの人々が海外に出稼ぎに行かなくてもいいのに!

ショッピング・モールで人々が大荷物を各自が持ち帰っていましたが、
物流・配送システムが整備されていれば、みんな持ち帰りに苦労しなくてもいいのに、と思います。

フィリピンでは、モノが無くなると言われますが、私はSMモールで買物して、
ジャケットを包装する台の上に忘れていたコトをタクシーの行列に30分、並んでいる時に気がついて
店に戻りました。

SMモールのサービス・カウンターで事情を話して待っていたら、
ちゃんと私の上着を見つけてくれ、無事に手元に戻ってきました。

ちなみに、カウンターに椅子を持って来てくれ、捜している間、座って待っていました。(^^)

実は、上着が惜しくて戻ったのではなくて、
「フィリピンのスーパーってどうなのか?」
顧客対応の実情が知りたくて、サービス・カウンターに行きました。

ちゃんと、客の忘れ物を取っておいてくれたのが嬉しかったです。

SMモールのスーパーは華僑系の経営だから、シッカリ対応しているのかなぁ〜と、思いました。

ちゃんと、マネージメントされている会社だから、
SMモールはフィリピンで成功しているんでしょう。

配送や物流業界もフィリピンは、激しく改善できると思いますが、
日本の会社は、フィリピンに進出しないのでしょうか?

日本国内では、過当競争で何でもすぐに、改善してしまうのに、
フィリピンでは、物流や配送が、ずっと不便なままなのは、謎です〜。~(・・?))


アジアオプショナルツアー最低価格で検索
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/3247924
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。