プロフィール
ぷちそれいゆさんの画像
ぷちそれいゆ
2013年、何か新しいことを始めようと、ツイッターとこのブログを始めました。 ツイッターのアカウントはこちらです。 https://twitter.com/Petit_Soleil17
ブログ
プロフィール
最新記事
<< 2015年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
リンク集
カテゴリアーカイブ
Marche(32)
INFO(65)
History(28)
ネタ(10)
健康(10)
BOOK(21)
ビジネス(21)
メルマガ(4)
料理(14)
ネット(9)
社会(2)
にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
にほんブログ村
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2013年09月14日

アクセス解析を設置しました!

こちらのブログでアクセス解析が終了したので、

どうしたら、よいのか?と思って、検索しましたら、

他の方が、無料アクセス解析のエースアナライザーを

設置されている記事がありました。


簡単そうなので、私にもできそうなので、やってみました。


メールアドレスを登録すると、5分ぐらいでスイスイできました。


グーグルの各種ツールは、いつも複雑なので、苦手です。

何か登録すると、ややこしくて、いつも挫折します。

ace-analyzerは、機能もわかりやすそうだったので、

これに決めました。

設置のしかたは、ファンブログを参考にしました。

https://fanblogs.jp/fanblogfaq/archive/84/0

デザインの変更をクリックして、メインテンプレートをクリック。

そこに、エースアナライザーのタブを先頭か最後に貼り付けるだけです。

これが、無料で使えるのは、小さな広告入りだからなのですね。


アクセス解析を設置して、ブログが削除されることはないですよね。。。 (・ω・)


実は、ネットショップのアクセスは、

サーバーのロリポップで調べられるのですが、見てビックリ!


なぜか、アメリカから多くのアクセスがありました。

ご購入いただけるのなら、嬉しいのですが、

多分、運営サイトで海外配送はしていないので、

海外にいる方が、日本にいる方へのプレゼントであれば、

クレジット・カードなどで購入できます。


アマゾンのンマーケット・プレイスも輸出をしている方がいますが、

本の配送料が1冊、1700円で大赤字だったとか…ブログに

書いてあったので、私は輸出の登録はやめました。

本の値段が高いものは、たぶん、アマゾンでの輸出なのでしょうね。

だから、高くてもそれなりの数が売れているのだとわかりました。


アクセス解析をつけようと思ったのは、

やはり、真っ暗やみでブログを続ける気力はないので、

設置をしました。

ツイッターもアクセス解析があれば、いいのになぁ〜!(*´ω`*)


**************************************************************************************


月額2,980円!格安SEO対策ならパーフェクトSEO
posted by ぷちそれいゆ at 23:15| INFO

2013年02月24日

福島第一原発にイスラエルの会社の「謎」

素美女王のブログ より転載

いよいよ週刊誌に原発のマグナ社が登場

********************************************************************************
http://ameblo.jp/sumi-jon/entry-11475448927.html


福島第一原発にイスラエルの会社の「謎」

週刊 現代(掲載開始)

4月下旬、福島第一原発1号機原子炉建屋の立面図がネット上に流出し、世界中に晒された。

安全管理の脆弱さは津波対策だけに止まらないようだ。

そしていま、またも気になる話が持ち上がっている。

イスラエルの主要紙2紙が次のように報じたのだ。

防衛会社マグナBSPが福島第一原発内に設置した監視カメラは、問題が起きている炉心を内部当局者の視点で撮影し続けている〉(エルサレム・ポスト紙)

〈約1年前に導入されたマグナ社の警備システムは、(中略)放射性物質を入手しテロに利用しようとする敵対分子から発電所を守るため設計された〉(ハアレツ紙)

 記事によれば、福島第一原発の警備システムの一部を日本の企業ではなく、イスラエルの会社が請け負っているという。

マグナ社は10年ほど前に設立された社員十数名の会社で、昨年から東京電力と技術導入のため協議していたとのこと。

同社トップのハイム・シボーニ氏は、エルサレム・ポスト紙の取材に「このカメラは放射性物質を感知することができる」と話している。

 ではなぜ機密性の高い原発の警備システムの一部を外国の企業が請け負っているのか。

原子力安全・保安院は、「福島第一に限らず、どんな機器を採用しているかは保安院に報告の義務はないため把握していない」とする。

東電は「セキュリティに関しては一切お答えできません」とノーコメント。

 たしかに外国製機器を採用してはいけない、といった規定はない。

ただ、シボーニ氏は、「カメラの映像を受信するシステムに遠隔アクセスの設定もできるが、その許可は下りていない」と明かしている。

安全保障・危機管理専門家の古川勝久氏はこう話す。

「これが事実であるなら、原子炉建屋内の重要な装置や機器の場所に関する情報等、核物質防護関連の機密情報が外部に漏洩するリスクが考えられる。

外国企業とシステム運用ルールをしっかり決めて、契約履行の着実な管理が必須です」

 原発に対する不安は消えるどころか、増える一方だ。

(掲載終了)

********************************************************************************
原発事故がおきてから、空気清浄機を使うようになった。

マイナスイオンが部屋に充満していると、ホコリとか除去してくれる。

なんか、体調わるいって人には、お薦めします。 



posted by ぷちそれいゆ at 07:56| INFO

2013年02月23日

陰謀と秘密結社

宇宙人の独り言 サイトより転載

************************************************************************************
http://blog.goo.ne.jp/mama0114/e/d2cb7f7744553ab0f8b2d4d72ae27c68

裏天皇家「八咫烏」とは何か

次世代の天皇家は京都へ戻る

裏天皇として八咫烏組織に君臨する3羽の「金鵄」

忍者組織を創設したのは「聖徳太子=秦河勝」だった

古の神社に伝承される「龍の呪術」

プロの殺し屋は幼いころから殺人術を叩き込まれる

山の民ネットワークとスパイ学校

伯家神道の背景にはフリーメーソンの儀式がある

日本にある「イスラエル三種の神器」こそがすべての鍵である

「失われたイスラエル10支族」のミステリー

イスラエル大使館も「日本人は同胞だ」と認めた

日本の「三種の神器」に隠された仕掛け

日本をがんじがらめにする鎖がすべて外れる日は近い

新たな地震のために核爆弾が日本へ密輸される

だが、日本は奇跡によって守られている

欧米の闇に潜む支配階級の起源は中近東にある

ローマ帝国の血筋が現在の「ルシフェリアン13血統」になっている

ナチスのルーツはローマ帝国がつくったドイツ騎士団にある

9・11テロの直後、「愛国法=ナチス憲法」が成立した

戦後の日本はナチス=CIAによって支配されてきた

暗殺方法にも「お国柄」がある

ヒトラーはローマ皇帝となり「世界独裁政府=千年王国」をつくろうとした

日本人は「ナチス式プロパガンダ」によって徹底的に親米化された

「同性愛ネットワーク」で互いの自由を縛りつけ、結束を固める

バチカンが画策する「世界宗教統一」

「ヨハネの黙示録」の「偽預言者」と「獣」がまもなく現れる

経済破綻寸前のアメリカが打ってくる「次の一手」

フィリピンに埋蔵された日本の金は実在するか

「山下財宝」の山下奉文大将はフィリピンで匿われ高齢まで生きていた

永田町で裏で操るフィクサーの存在

中川昭一の英断が欧米による世界政府の野望を阻止した

福島第一原発の警備システムはイスラエル企業が担当した

関東を放射能地獄にする「スカイ・シャイン現象」はいつでも起きうる

「関東の放射能汚染」はデマか否か

アメリカ東海岸を100メートル級の大津波が襲う

「バチカン銀行の破綻」は吉と出るか凶と出るか

中国はまもなくアメリカによって解体させられる

「日本人削減計画」はすでに進行している

エルサレムを襲う地震が第3次世界大戦のきっかけとなる

私たちが教わった歴史は、操作されたもので、正しい歴史ではない

北朝鮮は日本の味方、同胞

IMFは、ロスチャイルドの泥棒機関だ

賄賂と自然死に見せかけた暗殺で権力維持している

月は、天体でなく闇の建造した人工の衛星である

長野県の某所には、巨大な軍事施設が密集している

プラズマシールド兵器は、あらゆる兵器を日本上空で破壊する

(参考:飛鳥昭雄 ベンジャミン・フルフォード著『八咫烏と闇の世界権力の真実』ほか)

************************************************************************************
posted by ぷちそれいゆ at 07:18| INFO

2013年02月22日

中国、地下水汚染も深刻、宣戦布告すべき事態だ!

レコードチャイナ より転載
***********************************************************************************************
中国、地下水汚染も深刻、宣戦布告すべき事態だ!
待たれる政府の早急な対策―米華字紙

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=69582

2013年2月19日、中国・山東省の製紙工場や化学工場が高圧ポンプを使って地下の土壌に工業廃水を排水していることによって、深刻な地下水汚染が発生していることがインターネット上に暴露されたことを受けて、環境保護活動家やメディアも地下水汚染に注目するようになっている。

一般市民が“微博”(中国版ツイッター)を通じてこれを明らかにすると、各界で論議がまき起こっている。
米華字紙・僑報が「水資源を守れ、中国は地下水汚染に宣戦布告すべき」として報じた記事を中国紙・環球時報が伝えた。

同様の地下水汚染は以前から取り上げられている問題。2010年5月付けの中国時事誌「半月談」誌では、一部の劣悪企業が高圧ポンプを使って工業廃水を地中に排水し、排出基準に関する当局の検査を回避していると伝えた。

また、2011年8月には雲南省で工業廃水による土壌汚染が水質悪化を招き、癌を発症する住民が急増。

2012年1月には広西チワン族自治区の企業が、高濃度のカドミウムを含んだ廃水を地下鍾乳洞に違法に廃棄していたことをメディアが伝えている。

中国はもともと水資源が乏しい。

国民の飲用水の3分の1は地下水を水源としている。


しかし、ある統計では地下水の90%がすでに汚染され、安全な地下水は3%しかないというデータもある。

違法な排水に対する厳罰化や環境保護・国土・水利・公安など関係機関の連携、市民からの通報システムの整備、国家第12次五カ年計画(2011年〜2015年)で計画されている地下水資源の徹底調査や諸外国の経験の応用などを含めた長期的な治水・水質管理を行う仕組み作りを早急に進めるべきだと、記事は指摘している。(翻訳・編集/岡田)


***********************************************************************************************
日本でも飲水には気をつかいたい。

おいしいお水が一番のぜいたく! (*^^)v



posted by ぷちそれいゆ at 07:38| INFO

2013年02月21日

最も儲かるのが、戦争ビジネス(略奪)

オルタナティブ通信 より転載

**************************************************************************************
http://alternativereport1.seesaa.net/article/324260830.html

次期・アメリカ中央銀行総裁・議長=事実上の世界の中央銀行総裁として名前の上がっている、スタンレー・フィッシャーとは何者か


 財産を最も迅速に増やしたいのであれば、イスラエルの戦争に投資する事が、最も早く財産を増加させる近道である。

イスラエル建国当時、イスラエル人は1丁10万円程のピストル3丁=30万円を購入し、深夜パレスチナの農家に「強盗」に押し入った。
パレスチナの老人、子供、農民夫婦全員を、皆殺しにし、あるいは銃で脅迫し追い出し、5000万円相当の、農家と広大な農場を奪う。

一晩で、30万円が5000万円に「化ける」。
1日で170倍、年率換算で620万%の高配当ビジネスである。
620%ではなく、620万%である。

これがパレスチナ問題の深層であり、

パレスチナ戦争とは、「極めて高配当」の投資ビジネスである。

パレスチナ人が住み、耕していたパレスチナの農地の93%が、こうして軍事力でイスラエルに奪われて来た。

93%=ほとんど全ての農地を、イスラエルが略奪した事になる。

住民であるパレスチナ人が全員追い出され、村全体がイスラエルに奪われた村は、531に上る。

仮に1つの村に1000人が住んでいたとすれば、53万人もの農民が住宅と農地を、暴力で奪われた事になる。

 世界各地の貧困地帯、紛争地域で、無料の医療活動を続け、ノーベル平和賞を受けた医師の集団「国境なき医師団PHR」は、パレスチナで調査活動を行い、「イスラエル軍に射殺されたパレスチナ人の過半数は、背後から頭を撃ち抜かれている」と報告している。

「パレスチナ人が襲撃して来たので正当防衛で射殺した」と言うイスラエル側の主張は、全くの嘘である事が分かる。

背中を向けて逃げる武器を持たないパレスチナ人を、イスラエル軍は、背後から、しかも殺害目的で、最初から頭を射撃している。

正当防衛なら、正面から手足を射撃しているはずである。

 米国は、このイスラエルに対し多額の軍事援助を行っている。

2004年には、イスラエルの核ミサイル研究「のみ」に1億3600万ドルを、米国はイスラエルに援助している。

日本の沖縄に駐留する米軍の活動費用を、日本が負担している事とは正反対である。

日本から米国は「金を絞り取り」、イスラエルがアメリカから「金を絞り取っている」。

アメリカのボスがイスラエルである事が、明確に出ている。

アメリカの資金援助によってイスラエルが核ミサイルを持ち、「奪われた土地をアラブ人が取り返そうとすれば、核ミサイル攻撃を受ける」という脅迫行為が行われる結果となる。

このイスラエルの核ミサイル企業の経営者が、前ブッシュ政権のチェイニー副大統領であった。

アメリカ政府は、チェイニー副大統領の企業に、1億3600万ドルもの「資金援助」を行ってきたことになる。

ホワイトハウスの政府要人が自分の経営企業にアメリカの国費を「資金援助させる」。
公金流用である。

アメリカ政府からの資金援助に「気を良くした」イスラエルの核ミサイル企業は、アメリカの軍需産業から兵器・核ミサイル部品を購入する結果となる。

こうして中東戦争によってアメリカ経済は「活性化する」。

620万%の高配当の「土地略奪」ビジネスで得た資金が、イスラエル軍事産業からアメリカ軍事産業への支払いに使われる。

この「支払い」によってアメリカの国家産業=軍事産業とアメリカ国家の財政が「運営されている」。

土地と家族の命を奪われたパレスチナ人の「嘆き」によって、世界の覇者=アメリカが豊かな生活を送る。

これが世界経済と国際政治の「現実」である。

 そして、この中東戦争という略奪ビジネスに、世界中から「高配当」を求め、投機資金が集まって来る。

長い間この資金集め担当を担って来たのが、銀行ベアスターンズの経営者アラン・グリーンスパンであった。

長年、米国中央銀行FRBを支配し、「世界の金融の中枢」となり、金融界の「神様」となって来たグリーンスパンが、なぜ世界の中心と「成る事が出来たのか」。

それは、グリーンスパンが、イスラエルの略奪ビジネスを「仕切って」来たためである。

誰でもが、この略奪ビジネスに投資出来る訳ではない。
グリーンスパンの「承諾」が無ければ、投資を「受け付けて」もらえない。

世界中の大富豪達が、グリーンスパンに「気に入られよう」と、グリーンスパンの「ご機嫌を取る」。

皆がグリーンスパンを「持ち上げ」、世界の中央銀行・米国FRBの総裁=議長に祭り上げて来た。

これがドルに支配された世界経済・金融の中枢=アメリカ中央銀行の総裁の権力の源泉である。

現在、アメリカ中央銀行・FRBの議長バーナンキの恩師である、スタンレー・フィッシャーが次期・FRB議長の有力候補として世界の金融界から支持を受けつつある。

フィッシャーは、「イスラエル中央銀行の総裁」出身である。

なぜイスラエルであるのか、理由は明らかである。

**************************************************************************************
Marcheぷちそれいゆ

posted by ぷちそれいゆ at 04:15| INFO

2013年02月16日

中国の特務機関、中国版CIA

オルタナティブ通信
********************************************************************************
http://alternativereport1.seesaa.net/article/124783770.html

中国北京の西宛に、中国共産党中央調査部というビルがある。

通称「中調部」と呼ばれるこの組織は、中国版CIAと呼ばれ、その諜報=スパイ能力はCIAの10倍と言われている。
 西宛のこのビルの4Fに「特殊組織対策部」という組織がある。

テロ組織等への対策本部という名目だが、実際にはチベット独立運動等への弾圧を仕事としている。
やり方は極めて乱暴で、独立を主張する人間を誘拐し殺害するという、荒っぽい仕事のやり方を取る。秘密工作と言う名の殺人部隊である。

 この特殊組織対策部の現在の最大の課題は、ウイグル自治区の独立運動の弾圧である。

この地域は、原油の埋蔵が確認されているだけでなく、ロシアから中国へのパイプラインの通過地点という要所になっている。

中国経済にとって生命線である。

 この地域の独立を抑えられなければ中国という国家の統一は崩壊するとまで言われる、国家統一の要である。

 ウイグルの独立運動は、アフガニスタン問題、チェチェンの独立運動と連動している。

 チェチェンの独立を何としても阻止したいロシアの諜報部と、ウイグルの独立を阻止したい中国の中調部、そしてアフガニスタンの米国からの独立を目指す、米国から見た場合の「アフガニスタンのテロ組織」対策に奔走するCIAが、この地域で連携し一体化し、動いている。

 チェチェン問題でロシアのプーチンが「お手上げ」状態になると、プーチンのボスであるロシア・マフィアの本拠地イスラエルのモサドが出てくる。

現在、チェチェンに網を張り、そこで諜報活動を本格化させ、独立運動への暗殺テロを行っているのが、イスラエルのモサドである。

 東京、ワシントン等々、世界の諜報機関が暗躍する地域は、当然その国の首都、政治・経済の中心地である。

 ロシア諜報部、CIA、中調部、モサドが暗躍するのは、ウイグル、チェチェン、アフガニスタンを含むこの地域が、やがてヨーロッパ、ロシア、中国、日本を含む「統一ユーラシア経済」、「統一ユーラシア国家」の交易の中心地となり、都市の発展の在り方次第では、この地域が「統一ユーラシア国家」の首都となるからである。

 ウイグルの石油、天然ガス・パイプライン企業を支配下に置く事は、日本にとって中国、ロシアの生命線を押さえるだけでなく、「統一ユーラシア国家」の動脈を押さえる事にもなる。

今ならウイグルのパイプライン企業を安価に入手出来るが、日本政府にそのような先見の明があるのか。

********************************************************************************

携帯サイト登録奉行
posted by ぷちそれいゆ at 08:12| INFO

2013年02月15日

中国が狙う豊富なチベットの資源

オルタナティブ通信  より転載
**********************************************************************
http://alternativereport1.seesaa.net/article/124303548.html

 チベットでは、西暦2000年を前後して銅、亜鉛・鉛、鉄鉱石の鉱山・鉱床が多数発見され始め、現在、中国政府が公表しているだけで、チベットのみでの年産が銅200万トン、亜鉛・鉛が1000万トンを超えている。

 また、さらに最近、わずか1ヵ所の銅鉱山で年産789万トン採掘可能な鉱山が発見されている。これは世界最大規模である。

中国政府は、こうした資源を運搬するために青海ーチベット間の1145キロに渡る青蔵鉄道を建設し、一昨年、完成させている。

 しかし、この資源開発からはチベット人が排除され、漢民族だけが資源を独占し、その利益は漢民族だけが独占している。鉱山開発による環境破壊も進んでいる。

 そして漢民族だけが鉱山開発の利益を得るために、続々と漢民族のチベット移住が行われ、漢民族がチベットで多数派を形成しつつある。チベットの中心都市ラサでは、既にチベット人15万人に対し、流入した漢民族が20万人となっている。

こうした漢民族の大量流入で、チベットの独自文化・生活習慣が漢民族化され、事実上のチベット文化の安楽死、チベットの「亡国」化政策が行われ、また資源略奪が続いている。

 資源を豊かに持つチベットの鉱山・鉱床の面積は、現在確認されているだけでも、総計で米国のカリフォルニア州、テキサス州、モンタナ州の3つを合計した広さになり、その無尽蔵な鉱床から、今後、どのような金属がどれ程見つかるか予測不可能であり、近い将来チベットが世界有数の資源大国になる事は間違いない。


 チベットを中国が軍事力で制圧し、植民地支配する理由はここにある。

**********************************************************************



posted by ぷちそれいゆ at 01:20| INFO

マッキンゼーの正体

オルタナティブ通信 より転載
**********************************************************************

http://alternativereport1.seesaa.net/article/125264646.html

 ロシアのサンクトペテルブルクの都市再開発が、米国のベクテル社と韓国のラッキー金星によって進められている。

 ベクテルは、ブッシュ前大統領一族の経営する世界最大の原子力発電所・建設会社である。

別名「株式会社CIA」と呼ばれるベクテル社は、元々、ナチスのアドルフ・ヒトラーとブッシュ一族が「共同で」創立した企業であり、現在、その経営戦略の「策定」を担当しているのが、コンサルタント会社マッキンゼーである。

日本でも、このマッキンゼー出身の都知事選挙に出馬し落選した大御所?評論家、最近、流行の社会福祉問題にマッキンゼーの統計手法を適用する女性評論家が「活躍している」。

社会政策に、費用対効果の数量計算・統計計算の手法を最初に導入したのは、アメリカの核兵器・核ミサイル戦略研究所=ランド研究所であり、日本の広島・長崎に原爆を投下した場合、通常の爆撃に比較して、どれ位、費用対効果があるか、原爆投下によって日本社会に、どれ位、恐怖と社会的アノミー=無気力を生み出し、「闘ってもムダであり、常にアメリカに従う方が良い」とする心理的効果を生み出すかを、「冷徹に統計計算した」のが、マッキンゼー手法の始まりであった。

 このマッキンゼーは、単なるコンサルタント企業ではない。アフガニスタン戦争、イラク戦争において、軍事作戦と、その費用対効果を米軍=統合参謀本部に指導=レクチャーした軍事戦略立案・企業が、マッキンゼーである。

 こうして、米軍は軍事作戦の立案まで「外注」している。米軍という軍隊のトップ=頭脳が、このマッキンゼーである(戦略作成には、ロックフェラーの企業アクセンチュアも加わっていた。)
アクセンチュアは、アメリカの巨大エネルギー企業エンロン倒産の原因となった、不正会計の責任者アーサー・アンダーセンが名前を変えただけの、デリヴァティヴ・金融投機ギャンブル企業である)。

 米軍と、その「頭脳」マッキンゼーを「共有」しているベクテル社が、ロシアの大都市再開発を担当する。そこにプーチン=ロシアン・マフィアと米軍の一体化を見る事が出来る。

 そこに韓国企業が参加している点に、韓国財界の米軍=ロシアン・マフィアへの「食い込み」具合が見て取れる。

**********************************************************************


posted by ぷちそれいゆ at 00:10| INFO

2013年02月14日

中国人民爆発寸前

中韓を知り過ぎた男   より i部分転載

*********************************************************************************
中国人民爆発寸前
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-949.html

なぜ中国は日本に牙をむくのか。

それは習近平が追い詰められているからです。

ここ2年中国経済は成長率の急激な下落と同時にインフレが上昇、収入が減って失業が拡大、不動産バブルの崩壊、8割の分厚い貧困層が食うや食わずの生活を強いられています。

その上汚染物質が大気中に滞留、北京で「晴れた日は4日だけ」という異例の事態になっています。

スモッグは17の自冶区、直轄市に及び8億人に影響がでた、国民の生命を脅かす問題だと「中国・新京報」が報じています。

国民の怒りは中国共産党幹部に向けられています。

ニューヨーク・タイムズが温家宝首相一族の個人資産が2千億円を超えると報道

薄熙来一族の個人資産がなんと1兆円を超えるという、

1年間に日本円にして10兆円が海外にマネーロンダリングされていると報道されています。

党、政府の役人のほとんどは家族とともに財産を海外に移しています。

香港の月刊誌「動向」によれば204人の中央委員のうち実に92%、187人の直系親族、総計629人が米国、カナダ、オーストラリア、欧州に移住し、中にはその国の国籍を収得している者もいると報じています。

このようなケタ違いの官僚の不正蓄財や腐敗構造がネットによって中国の若者の知る事とになり、その不満が爆発寸前になりつつあります。

見かけの力とは裏腹に中国はもはや限界に達しています。

崩壊を予知した共産党幹部たちは海外に逃げる準備をしています。

このような状況のもとではたとえ小さなこだまでも雪崩は簡単に置きます。

習近平の最大の不安は5年間支配者でいられるかどうかということです。

尖閣諸島で戦争を仕掛けるのは中国国民に日々の苦しさを忘れさせるためです。

**********************************************************************

飲み水が汚染されたら、国民は怒るよね。
大気が汚染されたら、雨水や川や水も汚染される。

赤ちゃんも安心して飲める、安全な水はこちら☟

ウォーターサーバーレンタル無料!
posted by ぷちそれいゆ at 05:32| INFO

2013年02月09日

大企業栄えて庶民凍死の韓国経済を直視せよ!!

神州の泉 より 転載

**************************************************************************************
http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/

(大木広也氏の子息の韓国情報)

私事で恐縮だが、私の息子は日本で売れない役者やモデルをやっていたものの、行き詰まりを感じたらしく女優の笛木優子さんの男性版を狙ってソウルに渡り、笛木優子さんと同じ大学に在籍しながら「韓流ドラマ」に関係するなどして二〇〇七年の暮れから四年半韓国で生活していた。

一年に二回ほどスカイプでソウルでの生活を中心に四方山話をしたのだが、その内容は最初のうち、にわかには信じられないものであった。

そのくらい日本で聞く話とはギャップがあったのである。

 「ソウル市役所の職員は冬になると毎朝、凍死したホームレスの死体を片付けるので大忙しなんだ。ソウルの地下鉄駅には乞食やホームレスが溢れているからね」

 韓国には国民健康保険も社会福祉制度も皆無であるから病気または失業は即、乞食への転落または死を意味する。また冬にはソウルの最低気温は零下二〇度まで下がる。

 「ソウルでは日本円で十万円出してもまともな住居には住めない。
一千万近い保証金が積めないなら、地下室とか屋上に建てられたプレハブくらいだね。
順番待ちのアルバイトの時給が二五〇円くらいのところでだよ」

 おそらく、いつぞやのIMF騒動の際に不動産が外国資本や一部特権富裕層に買占められてしまったのだろう。
本来、息子など人並みに部屋など借りられない身分なのだが、ろくに言葉も話せないうちから韓国人スッチーの部屋に転がり込んで家賃を不要としたのは天晴れとしか言いようがない。

 「KBSにずっと勤めている知り合いでも家が買えないんだよ。
KBSって言えば日本のNHKなんだけど、外国資本だから韓国人の職員の給料は死ぬほど安いんだ

 これも同じくIMF騒動のときに企業の株式が外資によって底値で買い占められてしまった結果だろう。これは日本でも二〇〇三年から既に現実になっていることである。

 「もう僕のいる大学を出ても実際に就職できるのは十人に一人くらいしかいない。
仕方がないから若い人は国外に出るんだ。

こっちに来て友だちになった四人は全員、香港、カナダ、シンガポール、日本に移住してしまった。女の子は売春しか仕事口はないよ」

 おそらく非正規就業者が五割を超えると若者が国外に流出し始め、国家のメルトダウンが開始されるようである。
そしてこれはアメリカに徹底的に収奪された一九〇〇年代後半の中南米諸国の動向を髣髴とさせる。

「国が崩壊するっていうのは怖いもので、こないだの延坪島砲撃事件で韓国軍が反撃したんだけど一発も当たらないんだ。
士気が衰えちゃって兵士が逃げ腰になっているからだと、こっちではいわれている」

 国家が崩壊・破綻してしまったなら、どれほど精神力を謳おうとも、軍隊は必ず烏合の衆の敗残兵集団と化すことは記憶しておかねばなるまい。

死力を尽くした戦争など出来るわけもない。
またこういうときに真っ先に腰砕けになって逃げ出すのは最も勇ましいことを声高に叫んでいた人間であるのは様々な戦史の等しく教えてくれるところである。

 「韓国みたいな完全植民地になると老人は飯も食えずに死んで行くしかないみたいだ。

こっちには日本の牛丼屋にあたる『キンパップ天国』という韓国式海苔巻屋があるんだけど老人がここで一本の海苔巻を三人で分けて食べるというのが当たり前の光景になっている。

大体一〇〇円のものをだよ。紅生姜みたいにキムチは食べ放題だからこれで出来るだけ腹を満たすようにするみたい。
それにスープも付くからね。日本人の間では『一杯のカケ蕎麦』をもじって『一本の海苔巻』って呼んでいるんだ」

 何とも悲惨な光景だが、一歩間違えると我国も十年、二十年先には、まさかと思いつつ、こういう状態になっているかもしれないことは十分、警戒する必要がある。油断大敵。

 そして韓国情報で何よりも恐ろしいのは、このような韓国国内の惨状が日本に一切伝わってこないことであり、おそらく正確な情報を完全に遮断したうえで巧妙なすり替えや情報の偽造が行われているものと推測される。

韓国の技術が日本の技術を凌駕したなどという韓国人経営者の傲(おご)った発言が報道されたことなど、その最たるものであろう。

 これは大きく見れば、戦時中、軍の開発した自決用の毒薬(帝銀事件でも使用されたといわれている)が服用から致死までにタイムラグを持っていたことによく似ている。

誰だって先に薬を飲んだ人間が、もがき苦しんで死んで行く様子を見れば警戒するなり躊躇するなりしてしまう。

韓国はハゲタカに食い荒らされて一足早く既に死に体となっているのである。

次の標的である日本に自身の近未来の姿を見せるわけにはいかない。

**************************************************************************************
ちょっと、観光旅行に行ったり、韓流ドラマをみてると、こんな現状なんてわからない。

本当なのかな?  在日の人達は、だから韓国に戻りたくないのかな? (*´ω`*)

でも、韓国がおかしくなったのは、日本のせいじゃなくて、欧米のせいなのに、
反日なのは八つ当たりもいいとこ。




posted by ぷちそれいゆ at 07:38| INFO
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。