プロフィール
ぷちそれいゆさんの画像
ぷちそれいゆ
2013年、何か新しいことを始めようと、ツイッターとこのブログを始めました。 ツイッターのアカウントはこちらです。 https://twitter.com/Petit_Soleil17
ブログ
プロフィール
最新記事
<< 2013年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
リンク集
カテゴリアーカイブ
Marche(32)
INFO(65)
History(28)
ネタ(10)
健康(10)
BOOK(21)
ビジネス(21)
メルマガ(4)
料理(14)
ネット(9)
社会(2)
にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
にほんブログ村
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2013年03月02日

日本人とユダヤ人の祖先は 同じ「クル族」

自然の力による「世直し」の軌跡 より転載

*******************************************************************************************
日本人とユダヤ人の祖先は 同じ「クル族」
http://amba.to/Zy00pm

ヘブライ人の名前が何故、日本語で書かれていたのか?

それは、日本人の祖先とユダヤ人の祖先が同じクル族であったからなのです。

古代イスラエルのあったサマリアは、もともとは「カルクー」や「クルクー」と呼ばれていました。

クーは国を意味するので、カルクーはカラ族の国、クルクーは、クル族の国となります。

つまり、ユダヤ人と日本人は、その昔カラ族と呼ばれた「日経(ひふ)る民」(ヘブライ人)から分かれた兄弟民族だったのです。

日本の神代文字で書かれたアンデスの黄金碑文に、ユダヤ人が長い間捜し求めてきたクルの宝、即ち地球大異変で滅び去った「太古日本の宇宙文明の遺産」のありかが記されていたと見られるのです。

ユダヤ人ロスチャイルドも人を使って必死に捜し求めており、神代文字

に異常な関心を寄せているのです。その宝とは何か?

日本人の祖先が世界を治めていた時代に使っていた「ヴィマナ」と呼ばれる空挺なのです。

地球の上空だけでなく、惑星間飛行も出来た航空機の構造と材料、性能、建造法、操縦法などが具体的に書かれた古文書「ヴィマニカ・シャストラ」が存在するのです。

太古日本の科学者は、重力の問題を解決し、あらゆる形の飛行機械を造れただけでなく、住いや都市、巨大な島さえ宇宙空間に浮かべることが出来たのです。

現代の地球科学より、数段進んでいた時代があったのです。

それがある時全て失われ、縄文時代に戻ってゼロからやり直したのです。

・縄文・弥生時代の遺物から発見された「古代文字」

話を本題に戻して、日本の考古学会では、今まで日本で発掘された縄文時代や弥生時代の遺物に書かれたものを、文字とは見なさず、「文様」だとして取り扱ってきました。

「文字らしく見えるもの」については、解読していますが、何故そのように読めるのか、その根拠は示されないままなのです。

例えば愛媛県・樹の本古墳から出土した「獣帯鏡」に記された九個の文字を、今までは「長・相・思・母・口・忘・楽・未・央」と読んできましたが、意味は不明であり、円形である為どこから読み始めるのが正しいのかも不明でした。

高橋さんは、古代人が方位や時刻を表す最初に使った「子(北)」の位置から読み始めました。そして見事に解読に成功したのですが、その結果は、「ニニギヲ タテマツロ」となったのです。

今から二千七百年前に、神武が権力を使って天皇になった時、天皇の祖先は、九州高千穂に天下った「ニニギノ尊」とし、それまでの歴史である伊邪那岐の時代を消し、天照(アマテル)天皇の時代を消し去ったのですが、その「ニニギを奉ろう」と書かれているのです。

東京国立博物館に保管されている「単圏銘帯鏡」の表面に、八つの渦巻文の間に、八個の文字が刻まれています。


帝国大学の権威者は、これを「見・日・之・光・天・下・大・明」と読みましたが、意味不明です。

高橋さんはこれをイズモ文字とトヨクニ文字の混用として解読しました。

その結果、「ヒツキヲアタヘム」となりました。

ヒツキとは、日継と同じで古代人の日月信仰に根ざした王位・王権を表しているのです。

従って、それを与えんとは、古代の日本を治めた天皇によって、各地諸侯の支配権を保証するものとして、与えられたということを意味しているのです。


このような鏡は、韓国、中国からも出土しているのです。

古代日本人が日本列島だけでなく、朝鮮半島、中国大陸でも活躍していた証拠が、次々と明らかになってきているのです。

このアヒルクサ文字は、今から三千数百年前まで遡ると言われている殷の甲骨文字の草書体であるということも発見されました。

しかし、肝心の日本でこのような文字が発見されない「理由」は何か?

奈良時代以前の歴史を封印した力、古代文字を否定し、漢字しかなかったかのように仕向けた力は、何か? 

そこにヒントが隠されています。

*******************************************************************************************

1分間勉強法ホームスタディ講座
posted by ぷちそれいゆ at 02:02| History
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。