2018年04月27日

拓馬篇−5章◆ ★

 日付がもうじき変わるころ、ヤマダは夜道を歩いていた。その動機は父が勤務先の店でわすれてきた手帳を取りにいくこと。いまの父は酩酊しており、足元がふらつくありさまだったので、娘が代わりに店まで向かう。娘を送り出す父は例の大男の出没を心配し、家にある木刀を持っていくよう勧めたが、ヤマダは断った。そんな棒切れで対処できる相手ではないとわかっていたからだ。それに、大男が気に掛ける少女はしばらく夜間の外出をしない。その男が出る可能性は低かった。

 ヤマダが歩を進めていると、街灯の光の中に影がよぎる。ヤマダはびっくりして、足を止めた。目を凝らし、影が何者なのか確認する。背の高い人だ。高い位置にあるつば広の帽子、父以上に大きな体。それらの特徴をありのままに目にすると、ヤマダの全身に緊張が走った。
 噂に聞いた対象が、いる。よもやあらわれはしないと思っていた存在だ。
(引き返す?)
 だが遺失物を一晩放置しておくわけにはいかない。店にはせっかちな店員がいる。その人物はジモンの母。彼女は息子とちがって効率的、かつ人情に欠けた速断をする場合がある。この状況下で起こりうるのは、店内の清掃の邪魔になる遺失物をばっさり廃棄すること。というのも、店の本格的な清掃は従業員が帰ったあとにジモン一家がおこなう。それゆえ、忘れ物を回収するならいまがチャンスだ。
 どうしたものかとヤマダは迷う。
(でも、あの人におそわれると決まっちゃいないし……)
 まだこちらに勘付いていないのかもしれない。ここは待機し、大男に先行させることにした。ヤマダは電灯付きの電信柱の影に隠れる。
(だいたい、あの人がわたしを捕まえる意味がある?)
 大男は不審者ではあるが、変質者とは毛色のちがった人物。なんらかの信条にもとづいて行動する男性であり、その行動理由にヤマダは抵触しないはずだ。そのように考え、ヤマダは平常心をとりもどした。
 問題の人影が見えなくなる。不可解な対象は遠のいた。ヤマダが歩こうとしたとき、後方に奇異な気配を感じた。体を圧迫するなにか。
(なにもいないはず……)
 と思いつつも、右拳を思いきり後ろへ振る。放った裏拳は、なにかに接触する。
(え、人?)
 ヤマダの右手は大きな手の中に収まった。何者かが拳を受け止めたのだ。その人物は、ヤマダの視界では顔が入りきらなかった。いま見えるのは、厚い胸元だ。
「……よく、気が付いた」
 低い声だった。ヤマダが声の主を見上げてみる。相手の目元は黒いレンズの眼鏡でおおわれていた。暗い夜にもかかわらずサングラスをかけた大男。拓馬が伝えてくれた通りの外見だ。ヤマダは瞬時に自身の危急をさとった。
「大人しくしていれば痛いことはしない」
 次の瞬間、視界が旋回した。大男に腕を引っ張られ、ヤマダは背後をとられる。痛めつけない、との宣言と捕縛術のごとき行動は言行が一致していない。そう感じたヤマダは不信がこみあげる。
「わたしを捕まえて、なにする気だ!」
 ヤマダはさけんだ。その行為には、緊急事態を近隣住民へ伝える意図もあった。
「力を分けてもらう」
 案外、大男は素直に答えた。話せばわかる人かも、とヤマダは希望が湧く。だがその言葉の意味はよくわからない。
「チカラって? 栄養ドリンクじゃダメ?」
「……こちらの人間が摂る栄養では足りん」
「『こちら』って……じゃあ、あなたはちがう世界の人?」
 拓馬には年上の知人がおり、その人物が訪れたという異世界がある。その知人はそこから特殊な犬猫らを呼び出し、日々人助けをしているのだ。彼は拓馬の知り合いゆえに、ヤマダは直接話を交わした経験がない。かの人物に、いろいろとたずねてみたいという知的好奇心をずっとおさえていた。欲求を満たせる人物がこの場にいる。ヤマダは大男への恐怖よりも好奇が上回ってきた。
「いずれわかる」
 大男の手のひらがヤマダの顎に当たる。彼の指がヤマダの頬をつつんだ。思いのほかソフトに触れられており、ヤマダはこの態勢に危険を感じなかった。そのまま話を続ける。
「力をあなたにあげたら、わたしはどうなるの?」
「どうもしない。眠くなるだけだ」
「いまねちゃったらマズイよ。オヤジの忘れ物を取りにいくところなんだから」
 大男は返答しない。ヤマダがあまりに普通に物を言うので、彼が当惑したかのような雰囲気が伝わった。ヤマダ自身も、この状況下で平常心をたもつ己が奇特だと思う。なぜだか、彼とは常識的な出会い方をすれば友人になれる気さえしていた。ヤマダは大男への理解を深めたいと考えたが、徐々に体の力が抜けてきて、思考がにぶくなる。
(ほんとに、眠気がきた……)
 大男の宣告通りだ。彼が手にかけた被害者のように、野宿させられてしまうのだろうか。ヤマダは外でねたくない、と意思表明したかった。しかし声が出なかった。
 ヤマダが睡魔におそわれる中、かすかに人の声が耳にとどく。声は一種類のみ。電話を通じての会話中らしい。電話中の人物がヤマダの視界に入る。ヤマダは内心驚いた。あの長めな金髪は三郎たちが挑んだ不良集団のリーダーだ。
「……このあたりの野郎だってわかってる──」
 金髪はずんずんとヤマダたちのいるほうへ近寄ってくる。彼は通話に夢中になっているのか、ヤマダたちを視認できる範囲に入っても反応はない。
「…………あんな暴力教師にビビってられるか! 情けねえ──」
 自分を痛めつけた者たちへの報復を画策しているようだ。その場にいたヤマダも対象だろう。ヤマダはこの現況こそをマズイと感じた。こちらは穏便にすませられそうにない。
「馬鹿なことを……」
 頭上より憤慨が混じる声が漏れる。大男の非難は金髪がヤマダらの目の前を通過する際に発せられた。至近距離での発話があっても、金髪は無人のごとき態度をつらぬく。
(もしかして、わたしたちが見えてない?)
 姿が消え、発した言葉も常人には感知できない──それは人ならざる者たちが有する特徴だ。どういうわけか、ヤマダもその同類と化しているらしかった。
 金髪の少年は暗がりに溶けた。ヤマダは眠気で立つ力を失い、体の重心を後方に預ける。ヤマダを拘束する両手が離れた。大男は自由になった手で、ヤマダの腹部を支え、頭をなでる。ヤマダは彼の行為を不快に感じなかった。むしろ庇護されているような安心感を得た。
 ヤマダは睡魔に屈し、まぶたを落とす。本格的に寝に入ると大男に体を持ち上げられた。その抱え方は横抱きだった。
(先生……?)
 ヤマダはいまの自身の姿勢をもとに、金髪らと衝突した直後のことを思い出した。あのときも、ヤマダは横抱きで運ばれ、その移動中をねてすごした。偶然だろうか、と考えるうちに意識が混濁してしまい、それ以上の思考はとだえた。

posted by 三利実巳 at 23:55 | Comment(0) | 長編拓馬 
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集