2018年02月21日

拓馬篇−3章◇

 畳を敷いた部屋に二人の女性がいる。一人は守るべき娘、一人はその親。二人の近くには白い狐がしずかに座する。だれも狐の存在を気取らぬまま、千変万化の機械に注目した。そこに娘と瓜二つな歌女が映る。
「あ、融子ちゃんが出るのね!」
「ふーん。歌番組以外にも出るんだね」
 母は融子をわが子のような親しみをおぼえているらしかった。その一方、娘は己と似た者の話題を嫌っていた。嫌う理由を、狐はまだ理解できていない。
 時刻は狐の主要な務めを果たす頃合いになる。狐は家屋をすりぬけた。屋根へあがり、その近隣の屋根へと小さな体を跳ねる。狐は警官という職分の若い男に従い、住民を脅かす存在を捜す。捜索すべき対象のすがたかたちは聞かなかった。特定できるだけの情報が足りないのだ。こうなっては他人に危害を加える者すべてに対処すればよい。特に女子供を守ることはいまの主の意向にそぐう。そのような考えから狐は町を出歩いた。
 狐は自身が遣わされる事件の関係者のもとへ向かった。はじめの被害者を介抱したという女子の視察である。女子の宿舎に寄ると彼女の部屋の明かりは点いていない。若者の就寝にはまだ早い時刻だ。中を確認するも人はいない。部屋主は外出中だと判断し、べつの場所へ移る。
 狐は舗装された道に等間隔で立つ柱の上にのぼった。遠方を見渡したところ、奇妙な音が耳に届く。人間の声、それも悲鳴に近い。ただちに音の鳴った方角へ駆けた。
 木々に囲まれた公園の近く、地に伏せる男が二人いた。遅かったか、と悔しさを覚える。倒れた男に外傷はなく、呼吸も異常がない。あとは自力で起き上がれるかが問題だ。被害者の様子をうかがい、時が経過すると女が二人見えた。その片割れは先ほど侵入した部屋の主だ。スザカミヤという少女。もう一人の女の素性はわからない。
「また、人が倒れてる……」
「……行こう、お姉ちゃん。早く!」
 髪の長い少女が姉の手を引く。狐は街灯に照らされた女性の顔を確認した。姉とよばれるだけあって少女と似た容貌だ。二人が逃げるように走った。狐は彼女たちを尾行しなかった。行き先はすでに知っているからだ。
 狐は再び男たちの様子を見る。彼らが生きていることはいい。その後に目を覚ますかだ。そのいかんによって、犯人は特定でき、今後の行動に左右される。
 男どもがいまだに寝る様子に狐は痺れを切らした。平時はせぬようにと忠告された実体化を果たす。そして男の頬を突く。二、三突いて反応がなく、今度は勢いをつけて殴る。軽い悲鳴をあげて、やっと男が起きた。これで若い主が危惧する被害ではないとわかった。狐はムダな時間をついやした、と辟易しながら、守るべき者のもとへ帰った。

タグ:拓馬
posted by 三利実巳 at 23:59 | Comment(0) | 長編拓馬 
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集