水中毒になる原因や症状

2017年08月31日

水中毒になる原因や症状

水は体に良いものなのですが大量に摂取しすぎると「水中毒」になる場合もあります。


▼ 水中毒になる原因 ▼

水の大量摂取により血液中のナトリウム濃度が低下する症状


▼ 水中毒の症状とは ▼

・ 嘔吐
・ 痙攣
・ 意識の混濁
・ 昏睡


水を大量に飲むことで血液中のナトリウム濃度の低下が起こる「低ナトリウム血症

また水を大量に摂取する状態を「多飲症」といいます。

多飲症の症状が著しい場合は1日に10リットル以上の水を飲むこともあります。


水を飲むことは排尿にも繋がり

成人の場合 → 1日約1リットルから2リットルが尿量の目安

多尿 → 1日3リットル以上

頻尿 → 1日の中で日中8回以上、夜間2回以上の尿の回数

頻尿の原因 → 水中毒、尿路結石、尿失禁、前立腺肥大症など


▼ 1日に飲む水の量の適量は ▼

成人の場合 → 体重1kgに対し1日40mlが必要
※体重が50kgの場合、1日約2リットルの水が適量と考えられています

子供の場合 → 乳児は成長のために水がたくさん必要とされています
乳児の場合 → 体重1kgに対し1日100-150mlの水が必要と考えられています
乳児や子供の場合、体の水分保持機能が優れておらず代謝で汗をよくかくため、こまめな水分補給が必要です。
下痢や嘔吐などの症状がある場合は簡単に脱水症状になることもあるので注意が必要です。


下痢や嘔吐時はこまめな水分補給が大切ですが水だけを摂取せずに経口補水液などを利用しましょう。


▼ 経口補水液の作り方 ▼

経口補水液は薬局やドラッグストアでも売っていますが、家庭でも作ることができます。

水1リットルに対し塩3g、砂糖40g、レモン汁適量で完成です。


水を健康維持や体質改善のために飲むのは推奨されていますが、1日に飲む適量を守って正しく飲むようにしてくださいね。


◆ 楽天ブックス → 多飲症・水中毒 ケアと治療の新機軸 [ 川上宏人 ]

◆ アマゾン → 多飲症・水中毒―ケアと治療の新機軸



▼ こんな記事も読まれています ▼

記事 → 今さら聞けない経口補水液の効果とは

記事 → 水素水の選び方のポイント

記事 → 生理食塩水 経口補水液

記事 → 酸素水WOXが選ばれている理由

記事 → 成分表示から軟水のミネラルウォーターを選んでみる

記事ランキング
カテゴリーアーカイブ
リンク集
タグクラウド