ランドクルーザープラドにYAKIMAのルーフラック メガウォーリアーを取り付けました。: ファミキャンGo!!

2020年02月17日

ランドクルーザープラドにYAKIMAのルーフラック メガウォーリアーを取り付けました。

ランドクルーザープラドにキャンプの積載用にルーフバーとラックを装備しました。
90169284-DA68-4807-A78F-4A58B7AD03CB.jpeg
今回は、ランドクルーザープラドにピッタリのルーフラックの紹介をしたいと思います。

今回取り付けたのはアメリカのYAKIMAというメーカーのメガウォーリアーです。
DA294638-BCBF-4312-B7EC-4B93DA9D165F.jpeg

ルーフラックは色々なメーカーから出ていますが、メガウォーリアーがプラドに一番ピッタリきます。
E0406734-0D77-4593-8953-6C8A01772E3F.jpeg

ルーフラックの取り付けには、ルーフバーが別途必要です。
ルーフバーもYAKIMAのレールバーを購入しました。
628E7CB1-9918-44DB-AB63-DC397E6AC1B3.jpeg
このルーフバーはフットとバー部分が一体で、バーは平べったいウィングタイプになっています。
06FF7559-7584-48EE-881A-6A9CC0162FB8.jpeg
車高の高いプラドにラックを乗せると立体駐車場の車高制限にひっかかる恐れがあります。
少しでも低くなるようこのレールバーを選びました。

ルーフバーの設置は簡単でバーの両端をルーフレールに噛ますだけです。
19F83591-A8AF-4EB4-88C6-2F05230F2D76.jpeg
ルーフバーに内蔵されている六角レンチで調整します。
127CACA5-3955-4C23-A126-92CD81FC373E.jpeg

メガウォーリアーの組み立ても簡単です。

配送時の梱包・・・でかいです。
6DCB88BD-27CF-4130-A2E5-E5B67045B4EE.jpeg
開封すると
DC87DE44-04F4-44BB-BBB1-AE9E42D021BB.jpeg
半分に分割された状態で届きます。
959E9701-43CC-4708-B3FA-AD8AD6491DAD.jpeg
ガシャンと合体させて
B8244A59-D4E6-4A96-93BB-E4ABF29ED98A.jpeg
ドライバーでネジを止めます。
4ED4772D-95D9-48B9-A8F6-43D903900C88.jpeg
キャリアへの固定部品を取り付けます。
ルーフバーの間隔は76cm〜97pに対応します。
7F6FE219-1CC3-45EF-9A68-650CBD9C74B5.jpeg
両端から2個目の場所に固定部品を付けると75cmの間隔になります。
22BB8B8F-B885-4A34-8BD6-ECB515C8A3A8.jpeg
網目の間隔に合わせる必要があるので、予め車のルーフバーの設置位置と合わせておきましょう。
固定金具用のボルトはキャップがあるので荷物を傷つける心配がありません。
取り付け取り外しも手動で可能です。
C59CB112-6A8D-4613-AA71-C9EB0C47A0AB.jpeg
前面にはフェアリング(風よけ)が付きます。
この作業は車に設置する前にやっておいた方が作業しやすいです。
D54BE354-BCAE-40F4-A501-22C68F46379E.jpeg
フェアリング(風よけ)の取り付けもボルトをキャップで締めて止めます。
6A6F52C8-9B88-4A9E-A8F0-8ECCD966B97A.jpeg
※YAKIMAのロゴが気になる人はロゴを裏にして取り付けることもできます。

ラック設置位置はプラドの場合はルーフバーの位置は後方はルーフレールの一番後ろに設置。
93BB0DFB-7E6C-4C3D-B7CA-89C569CD2902.jpeg
前方はそこから75cm前に設置すれば、丁度、ムーンルーフと面一になります。
BDE0E306-424C-45E1-BAFA-603B487D62C1.jpeg

ルーフへの設置は男性なら持ち上がらないこともないですが、車体に傷がつく可能性があるので二人での作業を強くお勧めします。

ドルフィンアンテナ(シャークフィンアンテナ)への接触もなく大丈夫でした。
3CBD088B-9299-4164-BFD2-0E1571505964.jpeg

プラドの車高はルーフレール搭載車では189.5cm。
YAKIMAのレールバー(2cm) +ラック(16.5cm) = 18.5cm。
合計で208pになり210p以内に収まります。

やはり、高くてもYAKIMAのレールバーにして良かったです。

ヘビーデューティな感じが気に入ってます。
0EE14DE0-84FE-4C56-89A0-455C5E64D66D.jpeg
992EED18-A020-4D85-9E60-149F562A8A43.jpeg


幅が外寸で縦132p×横121pと大きいので、沢山のものが載せれます。
二人掛けのベンチを乗せてみましたが横幅にまだ余裕があります。
A84F526D-5A79-4ADA-9253-DC176FF68209.jpeg

さらにエクステンションで188pまで延長することができます。
73A9B50C-5E04-4B46-8463-6C75FEBA07DB.jpeg

また、キャンプ道具を積載したらレビューしたいと思います。

YAKIMAのメガウォーリアーの購入はこちらでしました。


YAKIMA 150系プラド対応レールバーはこちら


今後ネットなんかも必要ですね。



【おすすめの記事】
スポンサーリンク

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9640530
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
目次
記事ランキング
  1. 1. Quechua (ケシュア) ポップアップテントは本当のところ便利か?
  2. 2. 最新ワンタッチタープ対決 コールマン インスタントバイザーシェード VS カンタンタープ キャンプカスタム
  3. 3. 続、ダッチオーブン選びに悩む。サイズは10インチか12インチか?材質は鉄かステンレスか?ユニフレーム黒皮鉄製、SOTOステンレス製ダッチオーブンの比較とサイズ選び。
  4. 4. 最高の保冷力で使い勝手も良い最新クーラーバック コールマン アルティメイトアイスクーラーII
  5. 5. ファミリーにお勧め!!お座敷スタイルの卓上BBQサイトのレイアウト実例
  6. 6. アウトドアでも活躍するイワタニのカセットコンロ
  7. 7. 小川キャンパルのロッジシェルターT/C の設営にいってきました。
  8. 8. ユニフレームの囲炉裏テーブル、いろりエクステンション(UF IRORI EXT)を購入しました。
  9. 9. 話題のトンネル2ルームテント、コールマン、トンネル2ルームハウス(アテナ)がセール中。欲しい・・・
Quechua(ケシュア)ポップアップテント特集
  1. 1. Quechua (ケシュア) ポップアップテントは本当のところ便利か?
  2. 2. QUECHUA (ケシュア) ポップアップテント 2 SECONDS XL の最新バージョン FRESH&BLACK が登場!!
  3. 3. Quechua(ケシュア)のポップアップテント、2 SECONDS 設置と撤収方法の説明ダイジェスト
小川キャンパル ロッジシェルター特集
  1. 1. ロッジシェルターT/Cの使用レビュー
  2. 2. 小川キャンパルのロッジシェルターT/C の設営にいってきました。
  3. 3. 最強のスクリーンシェルター。小川キャンパルのロッジシェルターの展示を見てきました。
  4. 4. 小川キャンパル2018年新商品ロッジシェルターT/Cを買っちゃいました。
ダッチオーブン特集
  1. 1. ダッチオーブン選びに悩む・・・
  2. 2. 続、ダッチオーブン選びに悩む。サイズは10インチか12インチか?材質は鉄かステンレスか?ユニフレーム黒皮鉄製、SOTOステンレス製ダッチオーブンの比較とサイズ選び。
  3. 3. 念願のダッチオーブンを購入。黒皮鉄製 ユニフレーム 10インチ スーパーディープ!!ファミリー向けダッチオーブン選びのポイント。
  4. 4. ユニフレームのダッチオーブン10インチ スーパーディープの使い始めの儀式、シーズニングを行いました。ついでにファイアグリルのエンボス鉄板も。
  5. 5. ユニフレームのダッチオーブンで手羽先のローストチキンに挑戦!
  6. 6. ダッチオーブンで石焼き芋に挑戦
キャンプ道具自作に挑戦
  1. 1. 折りたたみテーブル自作に挑戦 其の1(プロローグ)
  2. 2. <自作キャンプテーブルに挑戦>2分割して棚にもなるローテーブル @ 作成編
  3. 3. ユニフレーム焚き火テーブルをローダウン。座卓用に低く出来るよう改造してみました。
ファミキャン特集
  1. 1. 最新のファミリー・子連れ向けの、デイキャンプ・バーベキュー(BBQ)のお座敷、座卓スタイル、レイアウト実例
  2. 2. 2018年度のBBQ炙り始めと今年のファミリーキャンプスタイルについて
  3. 3. 2018年 ファミリー向けのお薦めデイキャンプ・ピクニックグッズ
キャンプ日記
  1. 1. グリーンパーク山東キャンプのレビュー 高規格オートキャンプで快適キャンプ
  2. 2. 赤礁崎キャンプ場のレビュー 福井海水浴キャンプの旅(1)
  3. 3. 赤礁崎キャンプ場のレビュー福井海水浴キャンプの旅(2)
  4. 4. 加悦双峰公園キャンプのレビュー 京丹後の旅(与謝野町、宮津天橋立)
タグクラウド
ストーブ・ヒーター特集
  1. 1. キャンプストーブ選びのポイントまとめと、武井バーナー購入までの考察
  2. 2. 武井バーナー301Aパープルストーブの初点火
  3. 3. 武井バーナー301Aパープルストーブの接続金具と収納ケースについて
  4. 4. ユニフレームのアウトドアヒーター、ワームU(ワーム2)を購入。早速使ってみました。


人気ブログランキングへ
<関連サイト>
ファミキャンGo!!
地元民おすすめ京都ラーメン
楽天おすすめ商品