アフィリエイト広告を利用しています

2024年05月24日

筋肉

ここ最近ルーティンのジムワークの中で増やしたことがある。
インスタ動画で見つけた股関節ストレッチ。簡単な動作なので加えた。最初はその姿勢をするだけで股関節と足首が異常なほど硬いことに気づかさせられる。
それが苦痛でなくなってきた。ということは柔らかくなったのだろうか。
足首をナナメにして立つ台があるが、それの2番目の角度でけっこう足首がキツかったのがラクに立てるようになった。
確かに少しは柔らかくなったという実感はあるが、それが全体的な動作にどう良い影響を及ぼしているかまでは判っていない。まあ硬いより柔らかいほうが良い程度だ。

強い低気圧もないようで疼痛や痺れが酷くならずに安定している。
日曜日に筋トレをして木曜日と中4日空いたのだが、昨日は夕方に軽い筋肉痛を感じた。それほど真剣にマシンを動かしたわけでもなかった。筋肉の落ちるスピードが速くなっているのだろうか。
速筋線維と遅筋線維があり、速筋線維は落ちやすいようだ。ただ日常生活で筋肉を使っていたらたかが数日で落ちるわけはない。
だが左の前腕筋がすぐに細くなる。筋トレ後すぐにしぼんでしまうのだ。やはり左腕は神経の伝達が良くないので筋肉が付きにくい状態なのだろう。
筋トレマシンのグリップの持ち方を変えたのが2か月前くらいだが、これも影響しているか。マシンで効く筋肉がグリップ変更で変わって、前腕への刺激が少ないのだろうか。

何のための筋トレか。
他に思いつかないのだ、習慣としてのリハビリを。前にも調べたが、速筋線維と遅筋線維のうち遅筋線維を鍛えることがふらついたり、しっかり歩くことが必要な自分には重要なのだろう。
時々ふらつくことがある。体重がナナメにかかった時に支えきれなくなるようなイメージ。ただその状態になって転ばずにいられるのは筋肉のおかげだろう。昔は似たような状況…それは酔っぱらって家に入った玄関口で起こった…身体を支えきれずに倒れたことが何回かある。
ふつうは身体のバランスを取るものだが、その感覚も少し麻痺しているのかもしれない。
まあ詳しく考えず、できることをやるだけ。それも続けられることを。

もう金曜日、早い。同じことを来週も言っているだろう。
【このカテゴリーの最新記事】
posted by shigenon at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリ
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/12563664
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2024年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
shigenonさんの画像
shigenon
2014年クリスマスイブのプレゼントは最悪でした。 「頸髄損傷」というケガなのか病気なのか・・その症状との戦いの記録と現在の日々をアップします。 (2018年4月追加) 不全の頸髄損傷は「健常な人」に見えます。“ふつうに見える”様に努力をしています。が、反面、「もう良くなったんだ」と思われがち。 骨折とは違い、中枢神経の損傷は完全回復はしないという現実。 「健常に見える」「もっと良くなるよう努力する」「もう治っているんでしょ」の狭間で何とか毎日を過ごしています。
プロフィール