広告

posted by fanblog

2016年10月25日

電話級アマチュア無線技士(昭和48年不合格・51年合格)

しばらくは過去の合格記録を書きたいと思います。古すぎて参考にならないとは思いますが。

この資格は、現在は第四級アマチュア無線技士といいます。ご挨拶で書いた通り、小学校6年生の時授業を早退して、大田区蒲田にある日本電子工学院に行きました。きっかけはラジオ少年だったので、世界と交信することに憧れたからです。当時はまだ平日の試験しかなく、先生と同級生に見送られました。失敗した場合のことを考えるとイヤでしたねえ。

結果としてまったく手応えがなく不合格。勉強不足というレベルではなく、そもそも勉強ができる子でもないのに、独学での理解なんて無理でした。見事に赤っ恥です。

当時の記憶として、受験申請書の書き方がよく分からないため、雑誌「初歩のラジオ」の誠文堂新光社に、詳しい書き方を問い合わせたことがあります。国家試験の時期の付録だったのです。しかし現在のようにインターネットは無い時代です。調べるのも手続きも大変でした。当時の編集部の皆さんには、感謝の気持ちでいっぱいです。

時は過ぎ高校1年生のとき、リベンジを果たしました。とはいえ平日の受験は嫌だったので、夏休みを利用して約2週間、養成課程講習会に通いました。講習会というとバカにされがちですが、最後の試験は国家試験と異なり、選択式ではなく筆記式で面倒でした。現在の講習会は2日で済むようで、時代は変わりましたね。また当時は免許証の申請に当たっては、医師の診断書が必要で、親に費用を出してもらうのが嫌だったなあ。

denwa.gif

ちなみに当時の免許証は紙製のこんなやつです。「日本国政府」と書かれているのが重々しいですね。その後ラミネート型に変わり、現在はホログラムが付いたクレジットカードサイズのプラスチック製です。

初級アマチュア無線予想問題集2021年版: 完全丸暗記

新品価格
¥1,320から
(2021/2/28 14:04時点)






posted by nawojiro at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 無線関係
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/5565599
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2022年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
リンク集
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


資格・スキルアップランキングへ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。