2018年07月22日

拓馬篇−9章3 ★

「箱を集めてきましたよ。解答は任せます」
 赤毛は両手に持った箱をヤマダ付近の机に置く。あらたに現れた箱は二つだ。
「二個か……さっきあんたが持ってきたのは三個で、一個はとなりの教室にあったから……全部で六個だな」
「あとひとつは持ちはこべない場所にありました。ここにある箱を処理した後、ナゾナゾを解きに行きましょう」
「了解。んじゃ、やってくか」
「よーし、どれから……て、あれ? タッちゃんがもう解いたのもあるの?」
 ヤマダは紙が乗る箱に注目した。その紙は拓馬がメモ書きしたものだ。
「ああ、答えらしい答えはわかったんだけど、まだピースをはめてなかったんだ」
 解答権がヤマダにのみ与えられている、との事実を伝える間もなく、ヤマダは「ほかのもさきに答えを考えようか」と言う。まずは一通りの答えの候補を挙げる、というやり方で拓馬が取り組んでいると考えたらしい。
 二人はどの問題から取りかかるか選定した。そこを赤毛がヤマダに話しかける。
「アナタだけでも問題は解けそうですか?」
「んー、イケると思うよ。文章は初歩的だし、試験より簡単」
「それは結構。しばし一人で解いてもらえますか。坊ちゃんに知らせることがあるので」
 ヤマダはすっかり謎解きに集中しており、「いいよー」と生返事をした。
 赤毛と拓馬は教室の後方へ移動する。少女はヤマダの隣に座ったまま。赤毛は少女がこちらに関心がないのを確かめ、拓馬の着席を促した。拓馬は素直に椅子に腰を下ろす。だが赤毛の話が始まるまえに「聞きたいことがある」と先手を打つ。
「あんたは言ったよな。犯人は俺らの身近にいるやつだって」
「ええ、そうですよ」
「なんでわかった?」
「まずはひとつ確認しましょう。ここへ入室する前のアナタの言葉から察するに、アナタは精神体の異界の者が見えるようですね?」
「俺は幽霊もごちゃ混ぜに見える。どっちがどの世界のやつだか区別できやしない」
「つまり、アナタが学校にいる間に不審な幽霊がうろついていれば、すぐに発見できますね。頻出するようなら、シズカさんに伝えて対処してもらうのではありませんか? そして、その連絡をアナタはしなかった」
「そうだけど、だからなんだって言うんだ?」
「この学校は異界の者が創出した偽物です。似せるには、隅々までよく知る必要があります。ですからこの昼間の建物内を再現するに至るまで、異界の者が潜入を繰り返したことになります。それにアナタが気付けず、我々は現在まがい物の学舎にいる」
 赤毛の主張は、現状におちいった原因が拓馬にあると言いたげだ。その意見は不快だが一理あり、「俺がにぶくてわるかったな」と拓馬は嫌々ながらも認めた。赤毛は「反省しようがないことですよ」となぐさめる。
「アナタが鈍感なのではありません。異界の者がアナタをうまくだましていたのです」
「それが、身近にいた人だっていうのか?」
「教師、職員、学生、なんでもよろしい。それらになりすまして日常的に学舎に入り、この空間を生み出した。そう考えると無理がないでしょう?」
 赤毛の推論はもっともらしかった。拓馬は異議をとなえず、赤毛の話を継続して聞く。
「この国は戸籍管理が厳重だそうですね。簡単になりすますにはこの学校に所属する人を殺害し、その人に化けるのがよいでしょう」
「さらっとムゴイことを言ってくれるな」
 拓馬が残虐性のある仮説に難色を示した。赤毛はその非難を無視する。
「しかし、中身が別人になっていてはそのうちボロが出ます。最近、性格が変わった知り合いはいますか?」
 拓馬は赤毛の軽薄な態度に嫌気がさすが、必要な質疑ゆえに返答をとどこおらせない。
「いないな。けど、三か月前にこの学校にきた人がいる。その中で怪しいのは……」
 拓馬は銀髪の少女に目をやる。彼女は銀髪の教師に似た姿に変化した化け物。その姿はヤマダが想像したものだ。ヤマダが少女に、新任の教師に共通する特徴を与えたわけとは──ヤマダが例の教師を、黒い化け物の一味だと疑う思いが具現化したのではないか。
(でも、決定的な証拠はないんだよな)
 状況的に不審な点が多いとはいえ、まだシドが黒幕だと決定づける段階ではない。
(あいつは、見つけたんだろうか?)
 拓馬が見逃した証拠を、ヤマダは発見しているかもしれない。それを問いただしてよいものかどうか、迷いが生じる。話の途中で沈思黙考した拓馬に対し、赤毛は不敵に笑う。
「怪しいのはだれです? 嬢ちゃんには言いませんから、安心して言ってください」
 拓馬が黙した理由はヤマダにあると赤毛は思ったらしい。当たらずとも遠からずだ。拓馬は不確実な推論で返答する。
「……今月で退職する英語の先生だ」
「エイゴ、というと箱に書かれた言語は?」
「英語だよ。扉の問題文も、綴りは英語」
「では犯人はその教師で決まりですね。退職するのは、あとで逃走するためでしょう。あの娘を捕えるためにずいぶん回りくどいことをしたものです。潜伏の期限がせまってきたので事を起こしたのでしょうが、多大な労を割いてこの場に囲った目的とは……」
 赤毛が言葉に詰まったかと思いきや、「ああ、そうです」となにかを思い出す。
「アナタは箱の引き出しのことを気にしていましたっけね。どうして嬢ちゃんには開けられるのか、知りたいですか?」
「ああ、まあ……」
 赤毛はにんまり笑い、「考えられる理由は三つ」と語りはじめた。

posted by 三利実巳 at 17:00 | Comment(0) | 長編拓馬 
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集