2018年06月27日

拓馬篇−7章2 ★

「その子に手を出すの、なしね」
 ノブの友人──崔俊という中国人──が立ち上がる。一見普通の中年男性だが、その体は図抜けてタフかつ身軽だ。大男はぐったりするヤマダを寝かせ、彼女から離れる。
「……何者だ?」
「ただの会社員ね」
 ジュンは上体を前のめりにして走り、攻撃を仕掛ける。対する大男は迎撃姿勢もとった。
 ジュンは身を低くし、足払いをかける。大男が軽く跳んでかわした。その直後、ジュンはベルトのバックルを振りはらった。バックルには鞭のような細長い帯状の金属が繋がっている。ベルトに似せた武器だ。ジュンは腰に巻いていた暗器で大男の上着を裂いた。ジャンプしていた大男が地に足をつける。そして彼の衣服に損害を与えた獲物を見る。
「腰帯剣《ようだいけん》……」
「おや、物知りね。その通り、これヤオダイジェンよ」
 大男は暗器の使い手を見据えた。ジュンはしなる剣を振るう。その剣は刃先が丸い。
「なまくらだけど、当たると痛いよ」
 ジュンの剣は鈍器のたぐいだ。それを彼は「なまくら」と表現した。
 武器で威嚇されても大男はひるむ様子がない。彼は大胆にジュンに詰め寄り、剣の射程内へ入る。剣による攻撃を待っているようだ。見え透いたカウンターを警戒してか、ジュンは大男の顔めがけて蹴りを放った。
 大男はかがんで攻撃をかわした。同時に大きく踏みこむ。ジュンが後退する暇を与えないまま、ジュンの顔面をつかんだ。絶体絶命──かと思われたが、ジュンは手中の剣で大男の首をねらった。直撃寸前、大男の空いた手で刃は受け止められる。すると武器は乱暴に投げ捨てられた。
 ジュンは武器を失った。それでも彼の闘志は衰えず、自身を捕縛する大男の腕の上と下から、手刀を繰り出した。上下からの打撃が命中する。しかし頑強な太い腕には効果がなかった。依然として拘束は解けない。
「お前……並みの暴漢ではないね」
 ジュンは自身の顔を圧迫する手をつかむ。
「なにが目的でこの子たちを狙う?」
「……答える義理はない」
 大男が片手でジュンを持ち上げる。顔をしめつけられるジュンは苦悶の声をあげた。痛々しい声は長く続かず、即座に捕捉者がジュンを投げ飛ばす。ジュンは軽々と吹っ飛び、木の幹に背中を強打した。
 大男はジュンを一瞥した。敵の復帰に時間がかかると知るや、立ちすくむ須坂を見る。
「もう、会うことはない」
「えっ……?」
 大男は一言つぶやいたきり、静かに去る。須坂はその後ろ姿を見たまま、呆然とした。
 勝負は完敗に終わった。達人級に強いと拓馬が思っていたジュンでも、大男には歯が立たない。結果は出せなかったが、敵対する者が無敵だという収穫はあった。それゆえに無力感が拓馬にのしかかる。
(やっぱり、シズカさん頼りになるか……)
 わかってはいた事態だ。こうも完膚なきまでに負けるとかえってすがすがしい気もする。
(ジュンさんが勝てないんじゃ、俺がどうがんばっても勝ち目ないってことだな)
 普通の人間では太刀打ちできない相手──それが視覚化されて、ふんぎりがついた。
 拓馬は重い体を強引に起こす。拓馬より先に戦闘不能になった者もぞくぞくと復帰する。
「くっ……してやられたな……」
 三郎が竹刀を杖がわりにして立つ。その声は腹立たしげだ。
「結構たくましい体だったわね〜」
 反対に千智は座ったまま、大男との遭遇をよろこんでいた。彼らは無事だ。拓馬はもっとも激しい打撃を受けた者の容態を確認しにむかう。拓馬が潜伏していた茂みを越えた場所に顔見知りの男性が木の幹にもたれている。
「ジュンさん、無事か?」
「メイシ、なんともないよ」
 ジュンがすっくと立つ。座っていた人がただ腰を上げたような、しっかりした動作だ。その仕草からは深手を負っていないように見えた。拓馬は安心する。
「よかった……いちばん酷くやられたジュンさんが、なんともなくて」
「たぶん、あの男はさじ加減をわかってやってるね」
「なにを?」
「『これぐらいの攻撃は耐えられる』という見極めだよ」
「痛めつけていい人とダメな人を、区別してる?」
 ジュンは両手を上下から背に回して、ぽんぽんと埃を払う。
「そう。長く戦っていたら、大ざっぱにわかるようになるよ」
「じゃああいつ、わりと歳食ってんのか?」
「それはどうかわからないね」
 拓馬がジュンによる大男の印象を聞くところを、三郎がとぼとぼと歩み寄ってくる。
「オレは須坂と千智を送ってから帰ろうと思うが……」
 三郎はちらっとジュンを見た。拓馬とジュンが協力して、ヤマダ親子の帰宅をうながすことを期待しているらしい。拓馬は「ヤマダたちは任せてくれ」と先に言う。
「ジュンさんと一緒ならなんとかなる」
「では頼む」
 三郎はジュンに「勝手ながらお願いします」と一礼した。この礼儀正しさが目上の者からの評判がよいポイントなんだろう、と拓馬は思った。
 三郎と女子二人が公園を後にし、この場には拓馬たち計四人が残る。うち二人は地面に寝そべったままだ。拓馬は覚醒の望みのあるヤマダを起こしにかかる。彼女の頬を軽く叩くと、すぐに目を開けた。
「大丈夫か?」
「あ、タッちゃん……」
 ヤマダがむくりと上体を起こす。拓馬の後ろに立つジュンを発見すると「どうだった?」と拓馬にたずねる。
「わたし、途中から寝ちゃって……」
「負けだ負け。ジュンさんでも勝てる気配ゼロだったぞ」
「そっか……完敗かぁ」
「それよか、お前の体は平気か?」
「うん。痛いところはないよ。いきなり抱きつかれたのはびっくりしたけど」
 大男は器用な回避行動をとっていた。ヤマダが上段から両手で木刀を振るう、その腕と腕の隙間に自身の頭をつっこんだ。体格差のいちじるしい相手に、そう簡単にやれることではない。
「あいつ背がデカいのに、よくあんなのやったよな」
「あの姿勢ってどうやってたんだろ。アキレス腱伸ばしでもやってたのかな?」
「俺もそこまで見てない」
 二人の会話を、ジュンが「話は帰り道で」と中断させる。
「トンちゃんは持ってきた道具を回収! わすれものがないようにね」
「あ、うん……片付けするよ」
 ヤマダは最初に潜んだ場所へ向かった。ジュンも大男に投げ捨てられた暗器を回収する。しなる剣を、鞘にあたるベルトに収納していく。拓馬は身一つで集合したのでやることがなく、パッと思いついた疑問をジュンに聞く。
「ジュンさんはもっとはやく公園にくるもんだと思ってたけど、なんかあった?」
 大男登場から戦闘開始まで、ノブが予定外の時間稼ぎをしていた。にもかかわらずジュンの到着は他全員の全滅と同じタイミングだった。そこになんらかの手違いがありそうだ。
「ヤマダの連絡がミスってたとか……」
「遅れてすまないね。トンちゃんの連絡はとどいていたんだけれど、こっちもハプニングがあったよ」
「なにが起きてた?」
「髪を染めてる男の子……が倒れてた。話しかけても反応はないし、救急車をよんであげたらいいんだろうが、そんな時間がなくて……近くの家の人におしつけてきたよ」
「それ、倒れてた人がどうなったのか聞きにいったほうがいいんじゃ?」
「そのつもりはあるんだがね……まあシェン兄を運ぶのは後回しでいいか」
 ジュンの武器の柄がバックルに擬態した。移動の準備ができたジュンはヤマダのいるほうへ体を向ける。
「トンちゃん、家に帰るまえにすこーし待っててちょうだいよ」
「わたしもついていっていい?」
「かまわないけど、なぜに?」
「よく町中をうろついてる『髪を染めてる』『男の子』には知ってる子がいるの」
 その人物は拓馬も心当たりがある。まさか、とは思うが、あの喧嘩っ早い性格では何者かに昏倒させられる事態もありうると思った。
「じゃあトーマにはシェン兄を見張っててもらおうか」
 ジュンが拓馬にそう指示した。うなずく拓馬に、ヤマダが自身の荷物を渡す。
「これも見てて!」
「わかった。荷物番をしとくから、はやくもどってきてくれよ」
「うん。じゃあオヤジに気をつけてね。ヘタに近寄ったら抱き枕にされるからね」
 光景を想像したくない忠告だ。ヤマダは気味の悪い助言をしたあと、ジュンと一緒に公園を出る。公園に居残った拓馬は、すこしまえまでノブが座ったベンチへ腰を下ろした。

posted by 三利実巳 at 02:50 | Comment(0) | 長編拓馬 
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年12月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集