macでWindowsの最新記事

mac Windowsを外付けHDD・SSDにインストール&起動する Part2

Part1の続きです。
  1. Part1 準備:必要メディアの入手

  2. Part2 準備:USBフラッシュメモリにISOを書き込む

  3. Part3 WindowsOSのインストール


Part1に引き続いて、Windows8をインストールします。

3. WindowsOSのインストール(Windows8 Enterprise)


USBポート2つ使います。
USBポート2つ、未使用状態にしてください。

Windows8のISOを書き込んだUSBフラッシュメモリを差し込みます。
Windows8Install-001-USBMemoryInsert

現在の状態
PORT1: USBフラッシュメモリを差し込んだ状態
PORT2: 未使用


3.1 コマンドプロンプトの起動


MacOSを再起動してください。

OPTIONキーを押しっぱなしにします。

Windows8Install-002-BootOption

この画面が表示されたら、OPTIONキー離して大丈夫です。
矢印キーまたは、トラックパッドでWindowsアイコンを選択状態にして、
リターンキーまたは、クリックで確定させます。

Windows8のインストーラが起動します。USBフラッシュメモリ経由なので、
若干時間がかかります。

Windows8Install-003-SelectRepairComputer
キーボードの設定後の画面で、「コンピュータを修復する」をクリックします。

Windows8Install-004-Option1
オプションの選択画面で、「トラブルシューティング」をクリックします。

Windows8Install-005-Option2
トラブルシューティングの画面で「詳細オプション」をクリックします。

Windows8Install-006-Option3
詳細オプションの画面で「コマンドプロンプト」をクリックします。

3.2 USB ストレージにWindows8を準備


PORT2にUSBストレージを差し込みます。
Windows8Install-007-USBHDDInsert

現在の状態
PORT1: USBフラッシュメモリを差し込んだ状態
PORT2: USBストレージを差し込んだ状態

Windows8Install-010-DiskPartListDisk
コマンドプロンプト
> diskpart
DISKPART> list disk

ディスクの一覧が表示されます。
差し込んだUSBストレージがどれに当たるか、容量で判断します。

Mac野郎なのかは、ディスク2がUSBストレージです。

USBストレージを選択します。

DISKPART> select disk 2

USBストレージが選択されていることを目視します。
DISKPART> list disk
Windows8Install-011-DiskPartSelectDisk
(ディスク2の左に「*」が表示されています。)

(指差し確認お願いします。disk2 select よし!)
At Your Own Risk: ディスク間違えていると消去します。)

以下に記載したコマンドを実行すると、即時、ディスクに書き込みが発生します。
つまり、ディスク間違えていると消え去ります。

危険なコマンドを実行します。取り扱い注意です。


不安なので、もう一度!
DISKPART> list disk
(指差し確認お願いします。disk2 select よし!)

USBストレージをクリアし、パーティションを作成します。
今回使っているのは1TBのHDDディスクです。
余らせた状態ですが、以下のように構成します。
[ EFI: 256MB ] : BOOTに必要な領域
[ EXFAT: 250GB] :Mac/Win共用用
[ NTFS: 250GB] : Windows8

以下コマンドを打ち込んでいきます。
(01)DISKPART> clean
(02)DISKPART> convert gpt

(03)DISKPART> create partiton efi size=256
(04)DISKPART> format fs=fat32 quick label="EFI"
(05)DISKPART> create partition primary size= 256000 (250G)
(06)DISKPART> format fs=exfat quick label="Share"
(07)DISKPART> create partition primary size= 256000 (250G)
(08)DISKPART> format fs=ntfs quick label = "Windows"
(09)DISKPART> assign letter=I
(10)DISKPART> select partition 1
(11)DISKPART> assign letter=S

コマンドを翻訳するとこんな感じです。
(01)ディスク2(USBストレージ)の内容クリア
(02)GPT形式に変換
(03)256MBのEFI形式パーティションの作成
(04) (03)のフォーマット
(05) 250GBのパーティション作成
(06) (05)Mac/Windows共用のため、exfat形式でフォーマット
(07) 250GBのパーティション作成
(08) (07)Windows8用にNTFS形式でフォーマット
(09) (07)のNTFSをIドライブ
(10) (03)のEFIを選択
(11) (03)のEFIをSドライブ

Windows8Install-013-DiskPartListVolume1
DISKPART> list volume
ボリュームの一覧で、ドライブを確認します

DISKPART> exit

Windows(ドライブI)にWindowsイメージを展開します。
> X:
> cd X:\Windows\System32
> dism /apply-image /imagefile:C:\Sources\Install.wim /index:1 /applydir:I:\

Windowsをbootするように設定します。
> bcdboot i:\Windows /l ja-jp /s s: /f UEFI

3.3 Windows8ブート 1/2


コマンドプロンプトを終了します。
オプションの選択画面でPCの電源を切るを選択します。

PORT1のUSBフラッシュメモリを取り出します。

現在の状態
PORT1: なにも差し込んでいない。
PORT2: USBストレージを差し込んだ状態

Macの電源をONします。
OPTIONキーを押しっぱなしにしてください。

Windows8Install-020-ChooseUSBHDD
EFI Bootを選択し、起動します。

しばらくするとWindows8のロゴが表示されます。
デバイス準備中が完了すると画面が真っ黒になります。

そのまま再起動するまで待機します。

1分ぐらい経過すると自動的に再起動します。
OPTIONキーを押し、StartupManager画面を表示させます。

3.4 画面が黒い現象を回避する


USB HDDを抜きます。
USBフラッシュメモリを差します。

現在の状態
PORT1: USBフラッシュメモリを差し込んだ状態
PORT2:なにも差し込んでいない。

Windowsを選択し、3.1 コマンドプロンプトの起動手順と同様にコマンドプロンプト
を立ち上げてください。

コマンドプロンプトを立ち上げたら、USBストレージを差し込みます。

現在の状態
PORT1: USBフラッシュメモリを差し込んだ状態
PORT2:USBストレージを差し込んだ状態

Windows8Install-021-DiskPartListVolume
> diskpart
DISKPART> list volume
Label、容量、fs(ファイルシステム)から
USBストレージ Windowsフォルダを特定します。
(おそらくDドライブになっていると思います。勝手にマウントされているはずです)

DISKPART> exit
> d:
> cd d:\Windows\System32\Drivers
> move igdkmd64.sys d:\

3.5 再びWindows8のインストールを再開 2/2


コマンドプロンプトを閉じて、PCの電源を切るを選択します。

USBフラッシュメモリを抜きます。
USBストレージを差します。

現在の状態
PORT1: なにも差し込んでいない。
PORT2:USBストレージを差し込んだ状態

Macの電源をONにします。
OPTIONキーを押しっぱなしにします。
Windows8Install-020-ChooseUSBHDD
EFI Bootを選択し、起動します。

今度は、真っ黒ではありません。


Windows8Install-InstallStep0
しばらくするとWindowsのライセンス条約の承諾画面が表示されます。

後は、普通にWindows8のインストールですが、
通信関連のドライバ等がないので、「自分で設定する」を選んでおいてください。

Windows8Install-USBHDD-RunningWindows

USBHDDに入れたWindows8無事、立ち上がりました。

3.6 BootCamp Support Softwareを適用します


Windows8Install-030-UnknownDevices
不明なデバイスがたくさんあります。
USBフラッシュメモリにコピーした、BootCampフォルダからSetup.exeを起動してください。

不明なデバイスがすべて消えるはずです。

USB HDDブートなWindows環境が作成できる


これで安心して、Windows8 Pro DSP購入できますw

参考:説明に使用したWindows8稼働機器


こちらのプロフィールにあります。

関連記事


こちらはWindows8用の記事です。Windows8.1用は以下にあります。
  • mac Windows8.1を外付けHDD・SSDにインストール&起動する Part1


    参考:
    http://thetecherra.com/2012/12/11/tutorial-install-windows-8-on-a-mac-via-native-efi/
  •  

     

    mac Windowsを外付けHDD・SSDにインストール&起動する Part2
    サブコンテンツ

    コメント

    comments powered by Disqus

    2018.12.15 macyarounanoka(管理者)のメールアドレスを失って、disqusにログインできなくなっていました。 そのためmacyarounanoka-2で返信するように変わっています。 エキサイトのフリーメールアドレス使っていたことに気がつけませんでした。 ちょっとやってしまいました感がありますOrz。 記事へのコメントはいままで通りdisqusでお願いします。 個別のお問い合わせはお問い合わせからお願いします。
    2013.8.19 DISQUS(外部コメントサービス)の利用を開始しました。
    Facebook, google, Twitter等のアカウントで投稿可能です。


    ↓↓Office365 Soloは年間契約がお得です↓↓
    Microsoft Public Affiliate Program (JP)

    • 祝!初マック(mac book retina 13インチ)!retina美しいです^^マックに関係するTips、情報、はまったことの解決策等
    • Mac野郎なのか
    • プロフィール

    このページの先頭へ